に ぶん の いち 夫婦 最新 話。 にぶんのいち夫婦【最終回】全話ネタバレ!結末はどうなる?|女性まんがbibibi

にぶんのいち夫婦【全巻無料】で読む方法!結末が気になるあなたへ|女性まんがbibibi

に ぶん の いち 夫婦 最新 話

「さんぶんのいち:36話」のネタバレ 夏でよかった この夏、紫陽花と慎はリスタート。 学校での昼休み、二人が一緒に教室から出ていくのを見ていた遊は複雑な思いを抱える。 その心中を察した小田がお菓子ならあると遊を屋上へ誘い出す。 遊は失恋したのが夏でよかったと呟き、小田が不思議がると暑さからのストレスで紛れるからだと続ける。 アイスでもご馳走すると微笑む小田に、弱っているときに優しくされると男は勘違いすると遊は言う。 その言葉が簡単に出るということは自分の気持ちに全く気付いていないと小田は密かに察していた。 慎のキャラ変 紫陽花と慎が復縁したことは学校内でも話題となっていた。 それもそのはず、昼休み慎は人目もはばからず紫陽花にベッタリ。 恥ずかしくなった紫陽花は涼しいところへ移動しようと図書室へ誘う。 そこでも慎は紫陽花を見つめて手に触れたり握りしめたりスキンシップが止まらない。 ガマンできないと呟いた慎は紫陽花を連れて人気のない場所へと移動する。 後ろから抱きしめられながら紫陽花は慎のキャラが変わったと恥ずかしがる。 紫陽花の体温を感じることで生きていると実感できるのだと言う慎は、ダサいかもしれないけれど紫陽花ありきの人生なんだと告げる。 紫陽花の進路 帰り道、ニューヨークでは何をしていたのかと尋ねる紫陽花。 慎はバツが悪そうにほとんど雑用に近いことしかしていないと返す。 自分に才能があるとかないとかは関係ない。 努力するしかない世界だと知ったという慎に、紫陽花は尊敬の眼差しを向ける。 反対に進路を尋ねられた紫陽花は、気まずそうにまだ何も決まっていないことを明かす。 慎がニューヨークから帰ってきたとき地元にいた方がいいとか、専門学校に行こうとか、かといってなんの専門かとか何も決まらないと落ち込む。 まずは勉強を頑張って選択肢を増やすと意気込む紫陽花に、まもなく始まる夏休みにみんなを誘って勉強合宿をしようと慎が提案する。

次の

にぶんのいち夫婦・第32話のネタバレと感想|マンガボックス|女性・少女漫画紹介サイト【manganista】

に ぶん の いち 夫婦 最新 話

「にぶんのいち夫婦」のあらすじ 主人公の文 あや と和馬 かずま は結婚2年目の夫婦。 周囲もうらやむイケメンで優しい旦那と平穏な生活を送っていた。 ある日、旦那のスマホに届いた意味深なメッセージを見てしまう。 文は年末ということで仕事が忙しく家で食事をしなくなった夫に不安が募ってくる。 今までなかったクリスマスイブの飲み会、終電を逃し朝帰りと疑えば次々と不満が湧き出てくるように、浮気を疑いたいけどしつこいと嫌われるというジレンマに文の悩みは次第に深くなっていく... 「にぶんのいち夫婦」のネタバレ 「にぶんのいち夫婦」 1話 二日酔いで昼まで寝ている妻に優しく世話をする夫。 しかし、近所でも評判の優しい夫は二日酔いの妻を残し可愛くて小柄な彼女と浮気をしている... 話は半年前、文の友達との飲み会でも和馬の評判は上々、次男でカッコよくて優しくてマメ。 そんな旦那と結婚し幸せの絶頂期にいた文。 夜長遅くに家に帰ると和馬はすでに寝室で寝ていた。 そして和馬のスマホに着信音。 そこには 立川さとみという女性からの「今日は楽しかったね」というハート付きのメッセージがあった。 文はスマホの中を見たい衝動に駆られるが、和馬が起きそうになり未遂に終わる。 それから1か月、立川さとみについて聞きたかったがなかなか聞けない文。 ここのところ仕事で毎日遅い和馬は結婚記念日のクリスマスイブにも仕事で遅くなるという。 しかも今までに一度もなかった朝帰りという和馬に、少しでもいいから24日帰ってきてほしいと懇願する。 文は先日のスマホのメッセージに 完全に心が不安的になっていた。 「にぶんのいち夫婦」2話 今日も仕事で遅くなる和馬を問い詰めたい文だったが 家庭が壊れるのがこわくなかなか切り出せない。 そして今日も和馬は仕事で遅くなるという。 一方の和馬は、午後11時半に帰宅、家の前で「家に帰るのが憂鬱」と考えていた。 文が問い詰めたいのを我慢して和馬に謝り少し仲が戻ったというときに、和馬のスマホにメッセージが... そして 険しい顔でそのメッセージを読む和馬だった。 そしてクリスマスイブの日、和馬はなんとか終電で帰ると約束してくれたことからウキウキの文。 エステや買い物、ご馳走を作って待つが... 「にぶんのいち夫婦」の登場人物 中山 文 結婚2年目の29歳でコールセンターで働いている。 誰もがうらやむイケメンで優しい旦那と平穏に暮らしていたが、夫の浮気を疑いだしてからはなにもかも空回りしだす。 中山 和馬 文の旦那で3歳年上。 優しくて争いが嫌いな性格。 最近はなぜか家に帰るのが憂鬱だったり、仕事が忙しく終電を逃して帰ることも。 エッチの回数が極端に減ったり、文に隠れてスマホをチェックしたり怪しい行動をするように。 立川 さとみ 和馬の会社の女性で既婚者キラーの文とは正反対の性格の小柄でかわいらしい女性。 深夜に和馬に意味深なメッセージを送ってきたことから文の浮気の疑念が始まる。 文との直接の接触はないが、和馬の浮気相手ではないかという認識をしている。 樋口 文の勤め先のコールセンター仲間。 20歳の学生アルバイト。 席が隣のためか普段は雑談などして仲がいい。 歳の差もあって文にその気はないが、樋口は文のことを気に入っているためちょっかいを出してくる。 「にぶんのいち夫婦」のラスト、最終回の結末 「にぶんのいち夫婦」ラストのネタバレ!に行きたいのですが、残念ながらまだ連載途中で結末はわかりません。 しかし、 今までの漫画の内容からラストの結末を予想してみましょう。 現在までの整理とラストの結末予想 現在出ている巻までの話を整理すると、立川さとみと和馬の浮気は確定しているわけではありません。 怪しいのが、仕事で毎日遅いこと、クリスマスイブの日に結局終電で帰ってこなかったという和馬の行動。 そして文は立川さとみのSNSアカウントで既婚者のKという人物と2ヶ月前に恋人になった事実。 さらにところどころで出てくる、 和馬の「家に帰るのが憂鬱」「アレが起動せず妊活できない」「不自然な終電帰り」という心情が浮気を連想させています。 それを踏まえて私の予想では、 和馬と文は結局、元に戻る と思います。 理由としては、このまま伏線通りにいったら単純すぎるからです。 これで立川さとみと浮気してて別れちゃったらフツーすぎる不倫話ですよね。 これだけ面白い話を描くのですから、やっぱり 1回2回はどんでん返しがありそうな気がします。 例えば和馬は実は男色で同僚の高梨とできていた... とか 笑 また、まだ疑わしいというだけで、浮気をしているという確定的なことは何もないんですよね。 異世界でリアル感がない方が気楽ですが、でもやっぱりリアルを求めちゃいます。 感情移入しやすいんでしょうね。 「にぶんのいち夫婦」も、「これは不安になるな~」とか「妊活に走るのもしかたがないよな~」と文の気持ちがわかっちゃうところが多いですよね。 しかし、イケメンで優しくて理想的な旦那さんですが、やっぱりマンネリ化しちゃうんですかね。 奥さんまだ30前だったら若くていいと思うんですけどねー。 そのうち男性側がこのときどう思っていたかとかの裏側の展開も見せてくれると面白そうです。 何考えているのかイマイチわからないですからね。 そして話は文の方にも男性のカゲが見え始め、ダブル不倫となるのか旦那が嫉妬で戻ってくるのか気になる展開ですね。 どこの電子書籍サイトの配信巻も価格も同じでしょ?と思うかもしれませんが、実は微妙に異なっているんです。 少しの差かもしれませんが、 何冊にもなるとトータルで漫画が1,2冊分ぐらい違ってきますよ。 でも、どうせなら ページ数が多い方がたくさん読めるので参考になりますよね。 結論から言いますと、 試し読みのページ数はどのサイトも同じです。

次の

にぶんのいち夫婦・ネタバレまとめ【分冊版の最新話から最終回結末考察まで】|女性・少女漫画紹介サイト【manganista】

に ぶん の いち 夫婦 最新 話

にぶんのいち夫婦・第32話のネタバレ 謝りながら別居を提案する文。 荷物を抱え、寂しそうな眼をして自宅を出る文の姿…。 和真は朝に目が覚めても、昨夜のそんな光景が頭に焼き付いて離れませんでした。 文のいない時間は永遠のように長く感じますが、自分のまいてしまった種で文を傷つけたので耐えるしか有りません。 起きても隣に文がいない。 部屋はがらんとしてただそこに自分だけがいる空間。 和真は孤独に包まれて、もはや五感も鈍くなってきていることに気が付きます。 思い返せば5年前。 文と出会う前の和真は、女性に対して冷めていました。 そんな時、高梨が合コンに誘ってきます。 新婚で妻が妊娠中という状況で合コンに誘ってくる高梨に呆れる和真。 しかし強制的に合コンへ連れて行かれるのでした。 4対4の合コンで、女性側の幹事はさやかでした。 女性側は3人しかまだ来ておらず、正直言って同じような流行を取り入れた女性たちの外見に和真は見分けがつかない…と冷めた態度。 そんなところに遅れて参加してきた文。 ボーイッシュで知的な雰囲気に和真は好みだと感じますが、目を合わせても文にはすぐにそらされます。 合コン中盤。 和真をロックオン状態のさやかに、和真はたじたじ。 文に目を向けると、高梨が文にべったり…。 高梨を遠ざけないと文に迷惑がかかるのでは…と和真は高梨を文から剥がそうとしますが、さやかが『酔っちゃったみた~~い』と和真の腕を離しません。 外で涼みたいと言うさやかに、渋々、和真は付き合います。 さやかのありきたりのぶりっ子テクニック!!あからさまですが、和真は断りきれません笑 さやかと外に行っても和真は文が心配で、さやかのアタックはかわされ続けます。 もっと和真と話したいと言うさやかの腕をはらい、和真は『実は気になる子がいる』と文の元へ走っていくのでした。 さやかは一瞬、驚きましたが去っていく和真の背中を見て不敵な笑みを浮かべます。 席へ戻っても文と和真はおらず、和真はトイレへ向かいますが、そこには高梨が。 どうやら文のトイレを待って、出てきたタイミングで口説こうとしていた様子。 和真は文になにかしたら、お前の妻に合コンのことバラすと言います。 お前、文狙いだったのか?!と高梨は言いますが、和真は顔を赤らめて文が騙されるのを見ていられないだけだと呟きます。 そんなところに、具合が悪そうな文がトイレから出てきます。 どうやらワインが合わなかった様子で帰宅しようとしています。 素っ気ない文の態度に、相手にされてないのかとがっかりする和真。 しかし、外に出て文を追いかけます。 そして、寒いから…と自分のマフラーを文に貸す和真。 文は恥ずかしそうに笑い、 和真はその笑顔にドキドキしてしまうのでした。 そして、タクシーを待つ間、実は文は人見知りで緊張していたこと、高梨には気をつけてほしいことなど、案外会話が弾む2人。 タクシーが来てから、文はマフラーを返そうとしますが、和真はまた会いたいからそれまで持っていてほしいと言います。 私も同じ気持ちだと俯きながら恥ずかしそうに言う文。 和真は文の乗ったタクシーを見つめながら、 自分が文に一目惚れしてしまっていることに気がつくのでした。 ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!! にぶんのいち夫婦・第32話の感想 今回は文と和真の出会いについて細かに描かれていました。 付き合った経緯は以前にも描かれていましたが、今回は初対面の和真と文の話。 結果的に隠したことが文を傷つけてしまいましたが…。 さて、さやかの件は一件落着したものの、文の離れた心は戻ってくるのでしょうか…。

次の