新型 コロナ ウイルス 徳島。 新型コロナウイルス 徳島県藍住町の女性の名前と入院している病院はどこ

新型コロナウイルス感染症について

新型 コロナ ウイルス 徳島

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 徳島県は22日、県内各地の高速道路のインターチェンジ(IC)や観光施設などで県外ナンバーの車がどの程度、流入しているかを調べる実態調査をした。 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、県境をまたぐ移動の自粛を求めているが、「県外ナンバーの車を多く見かける」といった指摘が県に寄せられていることから、実態把握に乗り出した。 この日、数十人の県職員が県内のICや観光施設、商業施設、遊興施設などで調査を実施。 ICを通過する車や駐車中の車のナンバープレートを目視で確認するなどして、県外ナンバーの車の台数を調べた。 神戸淡路鳴門自動車道の鳴門ICでは、県職員5人が双眼鏡で車のナンバーや車種を確認し、それぞれの台数を紙に記録。 県の担当者は「集めたデータをもとに県外の人たちの流入状況を分析し、今後の対策に役立てたい」と話した。 飯泉嘉門知事は緊急事態宣言が全国に拡大された翌日の17日の会見で、施設や店舗に対する休業要請は見送る一方、県民に対して「不要不急の帰省や旅行など、都道府県をまたぐ移動を自粛してほしい」と要請。 県外在住者に対しても、「来県をお断りする」と表明し、県所有の公園や文化施設などを休業にしたり、県外客の利用を制限したりしてきた。 しかし、その後「県外ナンバーの車を多く見かける」といった指摘が県に寄せられていたという。 飯泉知事は21日の記者会見で、「感染リスクの高い地域との往来は危険。 県外ナンバーの車がどれくらい来ているか実態を把握する」と説明した。 今回の調査で、駐車場に県外ナンバーの車が多く止まっていることが確認された施設には、休業要請をすることなども検討するという。 (吉田博行).

次の

新型コロナ 京都で4人の感染確認 徳島では「クラスターの可能性がある」

新型 コロナ ウイルス 徳島

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中国・湖南省の婁底(ろうてい)市から徳島県三好市に医療用マスクが届いた。 婁底市には世界農業遺産の棚田があり、2月に同市関係者が三好市に視察を予定していたが、中止になった。 届いた2万1600枚のマスクには、「婁底市の感染症対策経験を共有し、ともに困難を乗り越えていきたい」などとする黒川征一市長あての手紙が添えられていた。 黒川市長は「頂いたマスクを必要とされる場所に届け、市民の生命を守るために全力で取り組む」とコメントしている。 また県と友好交流提携を結んでいる湖南省からは、県に1万2千枚の医療用マスクが届いた。 県ダイバーシティ推進課によると、県は2月に医療用マスク900枚、通常のマスク4500枚、医療用ゴム手袋3万枚を同省に送っていた。 同課は「友好提携による相互支援ができた。 関係部局と連携して有効に活用したい」としている。 マスクは、高齢者福祉施設や障害者支援施設などに配るという。 (福家司).

次の

新型コロナウイルス感染症に関する主な公共交通機関の状況(令和2年6月18日時点)|徳島県ホームページ

新型 コロナ ウイルス 徳島

以下のすべての要件を備えている事業者が支給対象者となります。 令和2年2月以降に、徳島県中小企業向け融資制度「セーフティネット資金」もしくは「新型コロナウイルス感染症対応資金」(以下、「県セーフティネット資金等」という。 )による融資を受けている者であること。 申請日において、令和2年2月以降の売上高等の状況が、以下のいずれかに該当する者であること。 ・最近1か月の売上高等が、前年同月比で50%以上減少しており、かつ、その後2か月を含む3か月間の売上高等が、前年同期比で50%以上減少することが見込まれること。 ・最近2か月の売上高等が、前年同期比で50%以上減少しており、かつ、その後1か月を含む3か月間の売上高等が、前年同期比で50%以上減少することが見込まれること。 ・連続した3か月間の売上高等が、前年同期比で50%以上減少していること。 概ね雇用が維持されていること。 以下の書類をご準備いただき、県の各申請受付窓口までお越しください。 徳島県新型コロナ対応!企業応援給付金支給申請書(様式第1号) 2. 県セーフティネット資金等の融資実行を証する書類 ・金銭消費貸借契約証書の写し ・徳島県信用保証協会発行「信用保証決定のお知らせ(お客様用)」の写し 3. 雇用維持に対する取組状況に係る調書(様式第1-5号) ・令和2年2月1日から5月1日の間に、雇用保険被保険者の離職があった場合は、すべての離職者の「雇用保険被保険者離職証明書(事業主控)」を持参 5. 委任状(事業主本人以外が申請する場合).

次の