美味しい から 揚げ の レシピ。 【プロが作る完全保存版】絶対に美味しい唐揚げレシピ【人気必至】

美味しいから揚げレシピ、コツ教えて下さい!

美味しい から 揚げ の レシピ

冷めても美味しいトンカツの作り方 3つのポイントを押さえることで、失敗なく、冷めてもサクサクしたおいしいトンカツにすることができます。 そのポイントとは ・油の量は2㎝の深さまで注ぐ。 ・180度の温度確認を必ずする。 ・揚げ物を入れたら箸で動かして油を対流させる。 という点です。 この3つのポイントは、その他のフライを作る際にも共通することで、変わってくるのは下ごしらえと揚げる時間、余熱の時間だけです。 フライ全般に共通する揚げ方のコツと仕組みは下の記事に詳しくまとめているので、今回は割愛してとんかつの揚げ方を詳しくご紹介しますね。 ボウルに卵を割り入れ、小麦粉、水を加えて箸ではなく手で混ぜ合わせる。 手を使うとだまにならず、素早く混ぜることができます。 ホットケーキミックスより少し柔らかい程度が目安です。 2、バットにパン粉をたっぷりと広げる。 具材をバッター液にドボンと漬け、パン粉の上に置く。 上からたっぷりとパン粉をかぶせ、優しく押さえる。 3、鍋に2㎝の深さまで油を注ぎ入れる。 熱したら菜箸で混ぜ合わせ、対流させて温度を均一にする。 かき混ぜることで温度を均一にすることができます。 4、粗塩を加えて音をチェックし、180度になっていることを確認する。 それから2を寝かせるようにそっと油の中に入れる。 衣が固まるまでの最初の10秒間は触らず、強火で加熱する。 5、10秒待ったらゆっくりと菜箸で動かし、油をゆらゆらと対流させながら揚げる。 表面が色づいたらひっくり返す。 きつね色になるまで、厚み1㎝のトンカツの場合両面を約1分半ゆらゆらさせながら揚げる。 6、揚がったら立てて油を切る。 余熱で約3~4分火を通せば完成です。 まとめ 揚げ物は大人から子供まで好きな方が多いと思いますが、家庭で揚げたてのサクサク感をキープするのって結構難しいと思っていました。 この作り方だとお肉もしっとり仕上がり、時間がたっても衣もサクサクっとした食感がキープされます。 とんかつは試験の前や運動会の前などに作るご家庭も多いと思います。 3つのポイントを押さえるだけなので、是非作ってみて下さいね。 おすすめ関連記事 同じ方法でこちらのレシピも作ることができますよ。 是非試してみて下さね。

次の

【プロが作る完全保存版】絶対に美味しい唐揚げレシピ【人気必至】

美味しい から 揚げ の レシピ

冷めても美味しいトンカツの作り方 3つのポイントを押さえることで、失敗なく、冷めてもサクサクしたおいしいトンカツにすることができます。 そのポイントとは ・油の量は2㎝の深さまで注ぐ。 ・180度の温度確認を必ずする。 ・揚げ物を入れたら箸で動かして油を対流させる。 という点です。 この3つのポイントは、その他のフライを作る際にも共通することで、変わってくるのは下ごしらえと揚げる時間、余熱の時間だけです。 フライ全般に共通する揚げ方のコツと仕組みは下の記事に詳しくまとめているので、今回は割愛してとんかつの揚げ方を詳しくご紹介しますね。 ボウルに卵を割り入れ、小麦粉、水を加えて箸ではなく手で混ぜ合わせる。 手を使うとだまにならず、素早く混ぜることができます。 ホットケーキミックスより少し柔らかい程度が目安です。 2、バットにパン粉をたっぷりと広げる。 具材をバッター液にドボンと漬け、パン粉の上に置く。 上からたっぷりとパン粉をかぶせ、優しく押さえる。 3、鍋に2㎝の深さまで油を注ぎ入れる。 熱したら菜箸で混ぜ合わせ、対流させて温度を均一にする。 かき混ぜることで温度を均一にすることができます。 4、粗塩を加えて音をチェックし、180度になっていることを確認する。 それから2を寝かせるようにそっと油の中に入れる。 衣が固まるまでの最初の10秒間は触らず、強火で加熱する。 5、10秒待ったらゆっくりと菜箸で動かし、油をゆらゆらと対流させながら揚げる。 表面が色づいたらひっくり返す。 きつね色になるまで、厚み1㎝のトンカツの場合両面を約1分半ゆらゆらさせながら揚げる。 6、揚がったら立てて油を切る。 余熱で約3~4分火を通せば完成です。 まとめ 揚げ物は大人から子供まで好きな方が多いと思いますが、家庭で揚げたてのサクサク感をキープするのって結構難しいと思っていました。 この作り方だとお肉もしっとり仕上がり、時間がたっても衣もサクサクっとした食感がキープされます。 とんかつは試験の前や運動会の前などに作るご家庭も多いと思います。 3つのポイントを押さえるだけなので、是非作ってみて下さいね。 おすすめ関連記事 同じ方法でこちらのレシピも作ることができますよ。 是非試してみて下さね。

次の

【超簡単】今日の夕飯メニュー人気ランキング30選|夕食おかずレシピの和食から洋食まで!決まらないあなたへ!

美味しい から 揚げ の レシピ

から揚げが上手く出来ません。。 お店で食べるとおいしい~!と思うのですが、 自分で作ると、こんなもんかな~と思うだけで、 お店で食べるような感動をしたことがありません。。 定番の味の「から揚げ」を作りたいんです。 1 下味で足りない物や、他のレシピがあったら教えて下さい。 2 丸い形にならず、皮が飛び出た形になり、その部分が 黒っぽく焦げ気味になってしまいます。 我が家では、鶏肉に日本酒、おろししょうが、おろしにんにく、黒コショウを混ぜて揉み、30分ほどなじませて、 揚げる直前に、溶き卵を加えてまぜ、醤油少々、最後に片栗粉。 下準備で、余計な脂や血管は丁寧に取り除く事。 2)については、ほんのひと手間。 揚げる時に皮を伸ばして形を整えて揚げる事。 3)については、170度で2-3分。 取り出して5分休ませ、180度で2-3分。 これで中も大丈夫。 カラッと揚がります。 1回休ませるのが、ナマでなくやわらかく仕上げるのに重要です。 4)白っぽいのは、片栗粉が固まっているんだと思います。 特に問題はないかと。 普段よりちょっと手間をかけてあげるのが、「お店の味」にするコツかとおもいます。 ウチの定番は ・下味 肉(ももかむね)しょう油、酒、すった生姜を適当と水(肉1枚に大さじ 2くらい)をビニール袋に入れ、軽くもんだら、余分な空気を口で吸って 口をしばり、10分以上(他の料理の兼ね合いでかなり適当に(笑))放置 ・衣 ビニール袋に小麦粉と片栗粉を1:1の割合で入れ(分量は肉1枚に 大さじ大盛り2位づつ)、今度は口で空気を入れてふくらませてから 口を閉じ振って粉を混ぜ、次に肉を入れて(汁は入れないで)また 空気を入れてふくらませ、しっかり口を閉じたらひたすら振る! はじめ粉だらけで見えないのですが、衣がついてくると中が見えるように なってきますので、今度はもう一度片栗粉を少し入れて再度振ります。 衣がまんべんなくついたら10分くらいなじませます スパイスが好きな方は衣にスパイスを混ぜるといいです ・揚げる 普通に揚げます・・・ あまり考えたことないです(笑) あ でも 衣に、ビニール袋の中に残るダマ?をしっかりくっつけて 揚げます。 カリカリして美味しいんですよね 以上です。 (ツユの素は隠し味なので どのメーカーでもOK) お砂糖を使うより みりんを使った方が しょうゆが強く出ないので黒く焦げないと思いますよ^^b 長く漬け込んでも味がしょっぱくならないので フォークで刺さないで 鶏肉を一口大に切ったら そのまま ドボンしときましょ~。 粉の方は 片栗粉と小麦粉を混ぜて使ってます。 お箸で油をかき混ぜて 温度を均等にするのも忘れずに。 (慣れてくると お箸に付いたブクブクで温度もわかるようになりますよ^^b) 鶏のモモ肉なら 180度の油に入れて 浮き上がってきたら 火が通ってると思います。 浮き上がってきて 色が自分好みになったら 網にあげます。 (下味+水に20~30秒もみこむ) 3、溶き卵につけてから粉をつける。 (これで冷めても美味しい) 4、180度の油で1分半揚げ、外に出して4分放置。 で、再び40秒揚げる。 (肉を衣の余熱で蒸らすのがポイント) 全国のスーパーのお惣菜コーナーを渡り歩いて教えている方のレシピだそうです。 試してみてください。 調味料が残らないようによくもみこむ。 2、鶏肉にたっぷり片栗粉を付けて揚げる。 ときどき油から出して空気にふれさせまた揚げる(焦げないように)。 3、揚がったら、一口大に切ってねぎソースをかける。 1.味を染み込ませた鶏肉に、揚げる直前に20~30秒間、水大さじ2をもみ込む(鶏肉400gに対して)。 酢を小匙1程度入れても良い。 片栗粉をつける前に溶き卵にくぐらせる。 2.揚げる前に形を整えるか(手で握って整える)、自分で切るときに良く切れる包丁を使う(鶏肉はなるべく新鮮なもので、皮に張りのあるものを選ぶ)。 3.揚げる温度が低すぎ、180度ないと。 4.そうですね、片栗粉のでんぷん質です。 から揚げとは少々違いますが、 半身の鶏または丸鶏に、熱い油をかけて(皮の方から)火を通す揚げ方があります、時間がかかるのですが、とても美味しいです。 A ベストアンサー どれもこれもを並行して調べたり考えたりでないと、出てこない金額が多いように思います。 例えば渋谷の一等地で出店と、田舎の空き部屋と借りるのならテナント料が違いますよね。 テナント料が違うと契約料や保証金が違う。 出店地も、繁華街にするのか住宅街にするのか畑の真ん中にするのかで、何かと変わりますよね。 テナント料が高いところなら資金が必要。 資金がないなら、移動車販売から、となるかもしれません。 物件をいろいろ調べて値段を知る。 唐揚げを出して売れるのはどういうところか考える。 郊外の畑地の中でも、おいしければわざわざ買いに来てくれるかもしれません。 無鉄砲というラーメン屋さんの本店は、すごいところに立ってますよ。 でも県外どころか、びっくりするような遠いところからも食べに来られます。 味が良ければ立地はなんとでもなるということでしょうね。 調理器具ですが、コロッケ屋さんやお弁当屋さん、マクドナルド、コンビニなどであげているところを見ることができます。 油をため加熱しあげる物、揚げたものの油を切るザルというか網目のもの、油切りの済んだものを置くトレー何かが有りますよね。 おいしいレシピで作るなら、何か秘密の道具がいるのかなあ。 大きなボールや肉切り包丁やまな板、冷蔵庫と冷凍庫、なんかも必要ですね。 お店の大きさで、調理器具の大きさも変える必要が有るでしょうし。 頑張ってください! どれもこれもを並行して調べたり考えたりでないと、出てこない金額が多いように思います。 例えば渋谷の一等地で出店と、田舎の空き部屋と借りるのならテナント料が違いますよね。 テナント料が違うと契約料や保証金が違う。 出店地も、繁華街にするのか住宅街にするのか畑の真ん中にするのかで、何かと変わりますよね。 テナント料が高いところなら資金が必要。 資金がないなら、移動車販売から、となるかもしれません。 物件をいろいろ調べて値段を知る。 唐揚げを出して売れるのはどういうところか考える。 Q もうだいぶ前の放送になるんですが(2年前位) はなまるマーケットでおいしかったレシピ特集みたいなものを やっていて薬丸さんが「今まで食べた焼きそばの中で一番おいしい」 と大絶賛したソース焼きそばのレシピをご存知の方教えてください。 携帯とメモ帳にソースの分量を書いていたんですが、携帯は機種変更をしたときに、メモ帳は引越しをしたときに紛失してしまいました。 本屋さんでもはなまるの本を見てやきそばあったんですが、違う焼きそばでした。 多分放送のときに千秋さんもいたように記憶しています。 ずっとあのレシピで作ってきて誰にだしても大好評だった ため、違うレシピでは作る気がしません。 ソースはオイスターソース、砂糖、塩、しょうゆなどが 使われていたと思います。 A ベストアンサー から揚げがうまく揚がらない原因で、思い当たる点がいくつかあります。 粉は肉に対して十分な量を使う 粉が少ないと衣が薄くなりすぎてしまい、衣がない部分が出来てしまうこともあります。 下味の水分はやたらとふき取らなくてもいいです。 むしろ水分が足りないと衣が肉のひだなどにつかなくて、よくありません。 その分粉を多めに使うほうが美味しく仕上がります。 揚げ油はたっぷり使う 揚げ油はから揚げがしっかりと漬かるぐらい用意しましょう。 油から出ている部分が中途半端に蒸されて、よくありません。 それに揚げているうちに油の量が減ってくるので、最後の方は揚げ時間が長くなってしまいます。 こうなると肉が硬くなって美味しくなくなります。 から揚げを揚げるときは2度揚げする 素人が揚げるときは2度揚げが一番簡単で失敗しません。 まずは少し低めの温度で数分間揚げます。 衣に色がついて、中に火が通ったぐらいで一旦油から上げます。 次に油の温度を上げて、そこへ肉を戻して表面に色がつくまで短時間 30秒~1分程度 揚げます。 いずれも揚げたお肉は油きり用の網の上においてください。 揚げてすぐに油を切らないと後でべたっとします。 持ち運ぶときは下にペーパーを引いて余分な油を吸わせる 容器に詰めるときは必ず完全に冷めてからにします。 そして下にキッチンペーパーなどを引いて余分な油を吸わせます。 もし温かいままで運ぶ場合は、蒸れないように注意します。 バットなどの平らな容器にペーパーを引いてから揚げを並べます。 そして上から布やペーパーで覆いをして水分が中にこもらないようにします。 それでもべたっとした場合は、当日のパーティー会場でから揚げを温めなおしてください。 この場合はオーブントースターを使います。 低めの温度設定で温めななおすと、余分な油がおちてからっとします。 から揚げがうまく揚がらない原因で、思い当たる点がいくつかあります。 粉は肉に対して十分な量を使う 粉が少ないと衣が薄くなりすぎてしまい、衣がない部分が出来てしまうこともあります。 下味の水分はやたらとふき取らなくてもいいです。 むしろ水分が足りないと衣が肉のひだなどにつかなくて、よくありません。 その分粉を多めに使うほうが美味しく仕上がります。 揚げ油はたっぷり使う 揚げ油はから揚げがしっかりと漬かるぐらい用意しましょう。 油から出ている部分が中途半端に蒸されて、よくあ...

次の