ひくいどり。 「ひくいどり」の配合表|テリーのワンダーランド3D攻略広場

こんな生きもの、絶対に出会いたくないっ! 超危険生物勝手にワースト5選

ひくいどり

目次 [閉じる]• ヒクイドリの特徴 ヒクイドリは世界で一番危険な鳥として知られる怪鳥です。 人間並みの大きさ、立派なトサカ、青い顔に黒い毛、強靭な足、喧嘩っぱやそうな見た目ともう見るからに怖いです。 名前の由来は「火食い鳥」ですが、もちろん火を食べるような習性は持ち合わせていません。 この見た目から連想されるおどろおどろしいイメージが独り歩きした結果、火を食べると信じられてこのような名前が付けられたと思われます。 この見た目の割に好戦性は高くありません。 しかしこの巨体を保つために大量のエサを必要としており、エサ場=縄張りを荒らすものには容赦しません。 重い体と小さい羽のため空は飛べませんが、その太い足で時速40kmもの速さで疾走します。 喧嘩の際には太く強力な足で蹴りかかり、足先のカギ爪で引き裂きます。 その威力は「人を殺せる」と言われるほどで、飼育下のヒクイドリが鉄のケージを蹴って曲げることも珍しくありません。 小さい時にはオオトカゲなどに狙われることもありますが、成長してしまえば天敵はいません。 しかし生息地である森林の減少などの要因で生息数は減少しています。 ヒクイドリの生態 生息地 オーストラリア北東部、インドネシア、ニュージーランドの熱帯雨林に生息します。 繁殖期以外は単独で縄張りを持って生活しています。 普段の生活 昼行性で日中に採食し、夜は木陰で休息します。 草食寄りの雑食で主に果実を食べる他、種子、昆虫なども食べます。 繁殖と成長 卵生で6~10月に繁殖期を迎え、地上に営巣して一度に3~5個の卵を産みます。 なお抱卵と子育てはオスが行い、メスは卵を産むと次のオスを求めてさっさといなくなります。 およそ2~3か月で孵化し、ヒナは9か月ほどオスに育てられます。 子は4年で成熟し、寿命は20年ほどです。 記事カテゴリ• 139•

次の

ヒクイドリ (ひくいどり)とは【ピクシブ百科事典】

ひくいどり

概要 鳥綱ヒクイドリ目ヒクイドリ科ヒクイドリ属に属する鳥の総称。 島およびオーストラリア北西部に3種(パプアヒクイドリ、コヒクイドリ、ヒクイドリ)が分布。 日本語の表記は「火食い鳥」。 中国語で「食火鶏」。 頭高は1. 5~1. 7m、体重60~80㎏。 外見はダチョウに似るがずんぐりとしており、足も太い。 足の指は3本。 頭に大きな骨質のを有する。 頭と首は裸出し、鮮やかな赤・青・緑などの肉垂が存在する。 飛べないが走るのが速く、も巧みである。 森林の地面に落ちている果実を主な餌としているが、キノコや昆虫、甲殻類なども食べる。 一羽のメスが数羽のオスと性交渉を持ち、巣作り・抱卵・育雛はオスが行う。 気性が荒く、また足に 長さ10㎝もの鋭いを持ちキック力が強い事から、しばしば 「世界一危険な鳥類」と評される。 実際、彼等の棲息域では丸腰の人間が森の中でヒクイドリに襲われ、蹴り飛ばされて 内臓破裂で死んだ事例が少なくない。 飛べないための変化に弱く、3種総てがの危機に瀕している。 見つけても絶対にを売ってはいけない。 仮に勝っても捕まります。 余談 英名はcassowaryで、『』や『』でも殺し屋の異名に使われている。 また、でもというモンスターがいるが、外見は全く異なる。 氏の動物最強を決める格闘漫画『』では、をモデルとしたシャオロンとして選手に選出され登場した。 日本にはすでにに南蛮から持ち込まれていたといわれ、伊予()に伝わる火を吐くの妖怪として「絵本百物語」に描かれた姿のモデルであるといわれる。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

ヒクイドリ|世界で一番危険な鳥 | 動物図鑑

ひくいどり

概要 DQ5などに登場するモンスター。 火喰い鳥の名が示すように紅蓮の羽根を持ち、炎を食べて生きるとされる伝説の怪鳥…とのことだが普通に出てくるので伝説感はない……。 炎を食べて生きるというが、主人公一行を見かけると炎を吐きかけてくることのほうが多い。 食べたものを吐き出している…と考えるとなんだか気分が悪くなってくる。 ちなみに我々の世界にも「ヒクイドリ」なる鳥は実在している。 オーストラリア北部およびニューギニアに生息しており、ダチョウと七面鳥を足して2で割ったような姿をしている。 空もとばないし、もちろん火なんか食べない。 名前の由来は諸説あるが、喉の赤い肉垂が火を食べているかのように見えた事から名づけられたとの説が有力である。 現実では強靭な脚力に加え鱗に覆われた強固な足と鋭いツメをもち、その足で攻撃されると重症、あるいは死もあり得るので、「世界一危険な鳥」としてギネス認定されていたりする。 ただし生来臆病な性格の為、危険を感じるような事がない限りヒクイドリが襲いかかることはないらしい。 ビジュアル的にはのほうが現実のヒクイドリに近い特徴を持っている。 2D作品では常に炎を吐いているようなグラフィックだったが、不自然になると思ったのか3D作品では待機中は炎は吐いていないグラフィックに変更されている。 これは上位種も同様。 上位種にと、がおり、系統最下位種。 テリワン3Dにおいてリデザインされたもこの系列で、モンスターズサイドでは伝統的にホークブリザードの上位種になっている。 DQ5 主に大陸北部に出現するほか、 やにも同種3匹のグループで出現する。 空中に出現し、通常攻撃のほかを吐いてくる。 見た目からして実に分かりやすい。 攻撃力・守備力ともに同時期に出会う敵より低めであり、この頃には耐性装備もあるため火炎の息程度では大したダメージにはならないはず。 ただ、素早さのみ82と周囲の敵より頭二つほど抜けて早いため、余計なダメージを食らいやすい。 火炎の息が強化されたリメイク版では注意したい。 とが無耐性で、やがあれば一掃できる。 また、補助呪文も軒並み有効で、も弱耐性なので、でも一掃可能。 かろうじては完全無効だが、名前や見た目に反して・は強耐性どまりで、やろうと思えば焼き殺すことも可能。 SFC版では高貫通化すれば炎は素通しになる。 落とすアイテムは。 全く似つかわしくない所持品である。 テリワン3D 自然系Bランクになったのでマインド弱点に。 ちなみにホークブリザードはBランクに昇格したが、ギリギリのところで下位止まり(位階はホーク305、ひくいどり312)だったため上位種の座をキープ。 野生ではさいはての扉、たくらみの扉、ほむらの扉に生息。 ヘルコンドルとフレイムの配合でできるのは同じなので、頑張れば序盤からにじくじゃくも目指せる。 特性はスタンダードボディ、みかわしアップ、ふくつのとうし。 +値を上げることでマホキテボディ、光のはどうを習得する。 DQMJ3、DQMJ3P 魔獣系に戻ったが、ランクは変わらずBのまま。 スキルは。 のフィールドとレジスタンス秘密基地に出現し、とを使う。 こちらに気付くと物凄い勢いで突っ込んで来る。 どの方向から近付いてもこちらに気付く上、どういう訳か同種にライドしていても襲い掛かって来るので注意。 また、秘密基地に生息しているものは天敵にライドしていてもその場で立ち止まるだけで逃げない 天敵以外の2枠モンスターにライドしていると逃げる。 夜または悪天候時のフィールドに出現するものと秘密基地に生息しているものは、どういう訳か 最初からテンション最大という鬼畜仕様になっている。 おまけに3~4体の集団で現れることが多く、初手で激しい炎を使われる確率は決して低くはない。 こいつの激しい炎はになっており1ターンに1体までしか使って来ないが、テンション最大からの激しい炎は無耐性or弱点で 288(激しい炎の)もの大ダメージを受けるので1発食らっただけでも危険。 状態異常や、炎耐性の高いモンスターなどで対処しよう。 また、プロ版の秘密基地でがコイツのお供として出てきた場合、サウルスロードもテンション最大の状態で出現する。 おまけにサウルスロードも激しい炎持ち。 こちらは1ターンに2回行動する内の1回目は必ず通常攻撃をするようになっているのでテンション最大からの激しい炎は使わないのが救いだが、で攻撃力が高いので危険なのには変わりない。 フィールドに生息するものは時々を捕まえて連れ去っているが、主人公がマグマロンにライドして近付くとサイズ差に関わらず襲い掛かってくる上、突っ込んで来る時に肉の吹き出しを出すという芸の細かい仕様になっている 全滅してもマグマロンが食べられてしまうことはないのでご安心を。 マップ上で他のモンスターを襲うモンスターは他にもいるが、わざわざこのような仕様になっているのはこいつだけである。 秘密基地の個体は野生のマグマロンには目もくれない癖に主人公がマグマロンにライドして近付くと肉の吹き出しを出す。 には秘密基地の個体もマグマロンを連れ去ると書かれているが、これは誤りである。 今作ではフィールド上で他のモンスターを連れ去るモンスターには専用のモーションが作られているのだが、こいつのみ何故か「マグマロンを捕まえた直後にリアクターを起動すると専用モーションをせず待機モーションのまま連れ去る」というバグが存在する。 が前作と同じくこいつとホークブリザードをそれぞれ2体ずつの4体配合で作れるほか、こいつの4体配合で、との配合でれんごくちょうが作成できる。 突然変異した個体は 【電撃ガードEX】を持っていることがある。 プロ版での合体特技は、合体特性は。

次の