重ね重ねありがとうございます。。 「重ね重ね」の意味とは?メールでの使い方も例文つきで解説

『重ね重ね』の意味と使い方【社会人が知っておきたい常識用語】

重ね重ねありがとうございます。

年齢確認 このページには18歳未満(高校生以下)の方に好ましくない内容が含まれる 可能性があります。 18歳未満(高校生以下)の方の閲覧を固くお断りいたします。 ご利用のブラウザはJavaScriptが無効になっている可能性があります。 ブラウザの設定を確認し、JavaScriptを有効にしてください。 ご利用のブラウザはjQueryが利用できない可能性があります。 ブラウザやセキュリティ対策ソフトの設定を見直してください。 ご利用のブラウザはCookieが無効になっている可能性があります。 ブラウザの設定を確認し、Cookieを有効にしてください。 現在表示中のページは小説家になろうグループの管轄ではない可能性があります。 アドレスバーを確認し、URLのドメイン部分が nl. syosetu. comである事を確認してください。

次の

「重ね重ね」の意味とは?メールでの使い方も例文つきで解説

重ね重ねありがとうございます。

このような場で「重ね重ね」を用いると、夫婦の離別や死別が続くことを連想するため、縁起が悪いと言われています。 「お願い」「ご依頼」「説明」のような名詞の前では「重ね重ねの~」という言い方になります。 「重ね重ね」を頻繁に使うことで、相手に誠意が感じられないと受け取られ、逆効果になることがあるので注意しましょう。 「重ね重ね」の類語 次のような言葉がありますが、「重ね重ね」とは微妙にニュアンスが異なるのでそのまま置き換えられない言葉もあります。 重ねて 「重ね重ね」は「重ねて」を繰り返した言葉なので、「重ね重ね」とほぼ同様に使用できます。 かえすがえす 「かえすがえす残念だ」など、過去の出来事について、悔やむ気持ちを表わすので、少しニュアンスが異なります。 重々(じゅうじゅう) 「重々承知の上で」など、「十分に」、「よくよく」の意味で使われることが多い言葉です。 度々 「何度も繰り返して」、「しばしば」の意味で、「重ね重ね」を繰り返しの意味で使う場合と同じように使えます。 「重ね重ね」のように改まった言葉ではないので、ビジネスでよく使う表現です。 再三 問題が繰り返されることへの非難の意味があるので、そのまま置き換えては使えません。

次の

英語で「ありがとうございます」|ビジネスシーンの丁寧な表現からカジュアルな表現まで

重ね重ねありがとうございます。

「重ね重ね」は、ビジネスシーンで多く用いられるとご紹介していますが、それだけに使う際のマナーや使ってはいけない場面についての知識も深めていくことが重要です。 「重ね重ね」を使うにあたって、もっとも注意しておかなければいけないことをいくつか挙げておきますので、ぜひチェックしておくようにしましょう。 例えば、「重ね重ねの不始末をお詫びいたします。 重ね重ね、申し訳ございませんでした」のような表現のしかたはとてもくどく感じてしまいます。 「重ね重ね」自体に「何度も繰り返す」という意味があるのにもかかわらず、二回使っていること、また文章として書き表した時の「重ね重ね」という字面を考える面でも、あまりいい表現ではありません。 特にメールや手紙など文書内で使う場合はなるべく文末で使うことを心がけましょう。 文章の最後の部分、まとめや総括の意味で気持ちを伝える時のとっておきの表現として用いるほうが、先方により強く感情が伝わる効果も期待できます。 「忌み言葉」はお葬式などの弔事、または結婚式などの慶事において避けたほうがいいとされる言葉で、「重ね重ね」はこの両方の場合に当てはまる言葉のため、注意が必要です。 お葬式の場合、故人を悼む気持ちがどんなに強くても、「重ね重ねお悔やみ申し上げます」とは絶対に言いません。 「重なる」という言葉もそうですが、同じ言葉を二回繰り返していることが「不幸が連なっていく」と連想させてしまうことから、「重ね重ね」はふさわしくないとされています。 また、結婚式の場合も「重ね重ね」のように同じ言葉を繰り返している表現は好まれません。 結婚はおめでたいことながら、繰り返し「結婚する」ことは「離婚」を意味しているともいえますから、「重ね重ね」のような言い回しは避けなければならない表現だとされています。 「重ね重ね」の例文 「お詫び」の気持ちを伝えたい時、より深く謝罪していることを表現できるのが「重ね重ね」です。 先にご紹介しているように、ビジネスシーンではよく用いられる表現ですので、しっかりと確認しておくことをおすすめします。 「すみません」という言葉の意味は曖昧であり、あるいは謝罪ではなく感謝の気持ちを表しているとも言えますから、この表現方法は日常でもしばしば使われる表現です。 逆に、ビジネスシーンでは自分に身近な存在に向けてのみ使用し、上司や取引先など目上の人にはあまり使わないほうが無難です。 先ほど挙げた例文とは逆に、職場の上司や先輩など目上の人を対象にしている少しかしこまった場面の「重ね重ね」のため、「すみませんでした」と続けるよりもふさわしい「申し訳ありませんでした」が使われています。 この場合も、ビジネスシーン、プライベートシーン両方で用いることができるので、覚えておくようにしましょう。 例文の場合は、「連絡をいただいたこと」と、「依頼を快諾してくれたこと」の二つについて、お礼を述べています。 また、たいそうなお祝いの品まで頂戴しましたこと、重ね重ね御礼申し上げます」 一つの文章ではなく、一度「ありがとうございました」とした後に、もう一度感謝の気持ちを表すための「重ね重ね」と「御礼申し上げます」を添えた表現です。 このように、「重ね重ね」は最上級に相手を敬った表現をする場合にもふさわしい表現方法です。 繰り返しや念を押す意味での「重ね重ね」 主に使用される「お詫び」や「お礼」、「感謝」を伝える場合以外にも、「繰り返して~する」であったり、「念を押す」という意味合いで「重ね重ね」という表現を使うことがあります。 直接言葉で伝える場合よりも、手紙やメールなどでの書き言葉としての表現で、多く用いられます。 これも大変便利な表現ですから、ぜひどんな場合に使われるのかと合わせて覚えておくといいでしょう。 「重ね重ね恐縮ですが」 ・「商品は、大変お手数ですが着払いにてご返送いただくようお願い申し上げます。 また、重ね重ね恐縮ではございますが、その際にアンケート用紙もご同封いただけると幸いです」 何度もお詫びしなければならない状況も心苦しいものですが、例文のように一度に何度もお願い事をしなければならない場合にも、申し訳なさを伝えるために「重ね重ね」を使うことができます。 こちらの都合を押し付けるだけではなく、相手の都合についても配慮していることをアピールできるというメリットがあります。 主としてビジネスシーンで使われる場合が多いですが、こうした心づかいが感じられる言葉遣いができると、高い評価を得ることができます。 「重ね重ねご自愛ください」 ・「梅雨も明けましたが、今年の夏も厳しい暑さが予想されています。 重ね重ね、どうぞご自愛くださいませ」 主に、手紙で用いられる表現である「ご自愛ください」を強調するために「重ね重ね」を使っていますが、「ご自愛ください」は「どうぞ体に気をつけてください」という意味ですから、相手を心配し労わっている気持ちが十分に伝わる表現になっています。 話し言葉で気持ちを伝えるよりも、手紙など文書で伝える場合はよりかしこまった表現が求められることが多いですから、「重ね重ね」などと一緒に「ご自愛ください」などの表現もあわせて確認しておきましょう。 「重ね重ね」の類語 「重ね重ね」は、「度々」、「重ねて」、「重々」、などのような言葉で言い換えることもできます。 「重ね重ね」を使う時のマナーについてでもご紹介しているように、「重ね重ね」を多用することは避けなければなりませんから、同じ意味でも別の言い回しや表現を覚えておくと便利です。 「度々」 ・「度々で申し訳ございませんが、ご回答よろしくお願いいたします」 「度々」は「たびたび」と読み、同じ状況が何度も繰り返し行われるさまを表しています。 この例文では、「何度も同じことを繰り返していて心苦しいけれども」というお詫びの気持ちが込められています。 「重ねて」 ・「前回の件も含めまして、重ねて御礼申し上げます」 「重ねて」も同様、同じことが何度も繰り返された上で、という様子を意味しています。 普段の会話ではなかなか使う機会がないように思えますが、お礼状などの文書で感謝の気持ちを表す時によく使われる表現です。 「幾重にも」 ・「今回ご助力いただいたことにつきましても、幾重にも御礼申し上げます」 「幾重にも」は「いくえにも」と読み、何重にも重なっているさまを表している言葉です。 何度も繰り返しお礼を言っても言い足りないくらいに感謝しています、という気持ちを表現しています。 やはり、会話よりも文章表現で用いられることが多いです。 「重々」 ・「このたびの不始末については、本当に申し訳ございませんでした。 また、それについて多大なご迷惑とご心配をおかけした点についても重々お詫び申し上げます」 「重々」は「重ね重ね」を漢字だけで表していて、意味も同じく「何度も繰り返して」といった様子を表現しています。 一つ謝罪しなければならないことがあって、さらに謝らなければならない、といった状況の時にこのような文章で用いられます。 また、「重々承知している」のように、「何度も繰り返している」から転じて「十分に」という意味合いで使われることもあります。 「くれぐれも」 ・「くれぐれもお体を大切になさってください」 「くれぐれも」は、「重ね重ね」の意味合いの中でも「念入りに」のほうにより近い意味で使われる表現です。 「ご自愛ください」の時のように、相手を心から気づかっているということを伝える場合にふさわしい言葉です。 「再三」 ・「再三のお願いで大変恐縮ではございますが、今週中のお返事をお待ちしております」 「再三」は、同じことを二度三度と繰り返している様子を表しています。 「再三再四」という言葉は、この言葉を強調する四字熟語になります。 同じような依頼を何度も繰り返している場合に、催促する意味でこのように表現する方法もあります。 「再三のお願いではありますが」とするだけでは少し失礼だと捉えられてしまう場合がありますので、「恐縮ではありますが」などの言葉と一緒に使うようにしたほうが無難です。 言葉遣いは正しい理解と知識で!.

次の