たけのこ 水煮 下処理。 たけのこの水煮を自宅で手作り、山の恵みを存分に味わう

京都洛西三番屋

たけのこ 水煮 下処理

たけのこの水煮の日持ちはどれくらい? たけのこの水煮って、面倒な下処理をせずに調理できるし、1年中手に入るのでとっても便利ですよね。 ですが、スーパーで売っているたけのこの水煮は、どれくらい日持ちするのでしょうか? 市販で売られている「たけのこの水煮」は、袋に入って密封された状態になっていて、賞味期限はもともと長く、半年程度は賞味期限が設定されています。 実際、私が先日スーパーで売られているたけのこの水煮を見た時には、半年後が賞味期限になっていました。 たけのこの水煮は、パック詰めされるときに加熱滅菌処理されたり、ph調整剤としてクエン酸などの酸味料が使われているので、保存性の高く変色も防ぐようになっています。 賞味期限を過ぎた状態でも1週間程度は問題なく食べられますよ。 そもそも賞味期限とは、農林水産省のホームページによると、袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合に、この「年月日」まで「品質が変わらずに美味しく食べられる期限」 のことを指します。 そのため、日にちを1日でも過ぎたら食べられなくなるというわけではなく、色や味・臭いに異常が無ければ食べても大丈夫なんですよ。 賞味期限が切れたからといって、慌てて捨てるようなことはしなくても大丈夫ということです。 たけのこは、傷んでくると表面がぬるぬるしたり、変色したりします。 色や見た目、臭いなどの異常が見られる場合には、迷わずに捨てて、絶対に食べないようにしてくださいね。 ただし、たけのこの水煮のパックに記載されている賞味期限は、開封前の状態であることが前提です。 開封後はなるべく早く食べきるようにしてくださいね。 では、開封後にたけのこの水煮が残ってしまった場合には、どのように保存すればいいのでしょうか。 たけのこの水煮の保存ってどうしたらいい? たけのこの水煮は、未開封のままであれば、スーパーなどで売られている状態(常温や高温多湿を避けるなど)であれば、安全に保存できます。 でも、一度に料理で使い切りたくても、料理の種類によっては一度に使い切ることができない場合もありますよね。 そんな時は、冷蔵保存か冷凍保存をしておけば大丈夫です。 冷蔵保存の場合は、タッパーなどに水を張って、たけのこを浸すようにして入れるだけでOKです。 1週間程度は保存できますよ。 ただし、毎日水を入れ替えることを忘れないようにしてくださいね。 また、時間が経てば経つほど劣化してしまうので、なるべく早く食べきるようにしてください。 1週間以上保存する場合は冷凍保存がオススメです。 冷凍保存は、たけのこを小さく切り、水気をしっかりと切ったら、ジップロックなどの密封できる保存袋に入れて冷凍庫に入れるだけです。 簡単ですよね! しかも、料理に使う1回分ずつラップで包んでおくと、使う時にとっても使いやすくて便利ですよ! 冷凍保存であれば、1か月程度は保存可能です。 調理する時には、解凍せずに凍ったままで使えるので解凍の手間も省けてとってもラクチン! 冷蔵保存よりも長い期間保存可能なので、数日中にたけのこ料理の予定が無い場合でも保存しておけるのでオススメですよ。 スポンサーリンク たけのこの水煮はそのまま使える? たけのこの水煮は、下処理が済んだ状態でパック詰めされているので、基本的には開封したらそのまま調理しても問題ありません。 しかし、とても便利で調理しやすいのが魅力的である反面、少し独特な臭いがする場合もあるんです。 その臭いの原因は、たけのこを変色したりせず、長期間保存できるようにするためのph調整剤などが含まれているためで、身体に悪い成分ではありません。 でも、料理に臭いが移ってしまうとせっかく作った料理がなんとなく美味しくない…なんてことも? せっかくなら、臭いを気にせず美味しく食べたいですよね。 実は、独特の臭いをとても簡単な下処理で消すことが出来るんです! それは、お酒を少量だけ加えた熱湯でサッと茹でるだけです! 短時間で出来ますし、とても簡単ですよ。 これで臭いが気にならなくなるので、臭いが気になる時や料理の種類によって臭いを消したい時にはぜひ試してみてくださいね。 ただし、パック詰めされている時の水で茹でないようにしてくださいね。 パック詰めされている水では臭いを消すことはできません。 パックから出して必ず水を捨てるようにしてくださいね。 スポンサーリンク まとめ 市販されているたけのこの水煮は加熱滅菌処理されて、保存がきくようにパック詰めされています。 未開封であれば賞味期限は長く、購入後から半年程度は保存がききます。 たけのこの水煮が残ってしまった場合には、冷蔵保存も冷凍保存も可能です。 冷蔵保存は、タッパーに水を入れてたけのこが浸るように入れるだけです。 冷蔵保存の水は毎日交換してくださいね。 冷凍保存は、たけのこを小さく切って水分をしっかりときったら、ジップロックなどの保存袋に入れるだけです。 たけのこの水煮は、開封したらそのまま使うことは出来ますが、独特な臭いが気になる場合もあります。 そのような時には、料理酒を少し入れた熱湯でサッと茹でるだけで気にならなくなりますよ。 便利で調理もしやすいたけのこの水煮。 1年中手に入るので、うまく保存していろいろな料理に活用してみてくださいね。

次の

たけのこ水煮の中の白い粉は何?カビみたいなツブツブは洗わず食べれる?

たけのこ 水煮 下処理

スポンサーリンク たけのこの水煮の白い粉の塊の正体は? たけのこの水煮を切ってみると、中の空洞部分に白い粉が固まったような粒が詰まっています。 何だか気持ち悪いですよね。 もしやカビの一種ではなかろうかと不安にもなりますよね。 このたけのこの白いヤツなんですが、ほとんどのたけのこに存在します。 この物質は果たして何なのか? 食べても平気な物なのか? まずはその辺について確認してみましょう。 たけのこの白い粉は一体何? たけのこの水煮の中に付いている白い塊の正体は、 アミノ酸の一種のチロシンという物質です。 チロシンは旨味の元になっている物質の一つです。 食べても害はありません。 実は生のたけのこには白い粉の粒はできません。 なぜかというと、たけのこを茹でる過程で発生するものだからです。 たけのこを茹でて加熱する事で、たけのこからチロシンが溶けだしてきます。 それが冷めてくるとチロシンが結晶になって固まってくるからです。 このチロシン、アミノ酸なので食べても全然大丈夫なものです。 それどころかこの物質には体にうれしい効果があります。 チロシンには老化防止や脳や神経の働きを活発にして、記憶力や集中力を高める効果があると言われています。 また、高コレステロールを改善させる働きもあるそうです。 ちなみにチロシンが多いと旨味の強いグルタミン酸などのアミノ酸も増えますので、おいしいたけのこの目印にもなります。 水煮のたけのこの白い物は無害で特に味もありませんが、プラスの効果が期待できる物ですのできれいに取り除かなくても大丈夫ですよ。 たけのこの白い粉の塊の取り方 体にいい効果があるタケノコの中の白いやつですが、何となくやっぱり取りたい気持ちにもなります。 ところがこのチロシンの白いカスはたけのこの中の空洞を埋めるように詰まっていますので、なかなか上手く取れません。 大きな塊になっていると食べた時にジャリっとした食感があったり、ショリショリした舌触りになったり、そのまま煮物にすると煮汁が濁ったりしますので、それが嫌な方もいますよね。 このたけのこの中にある白い粉の粒は、大きな穴に入っている物なら指でかき出せます。 細かい所は竹串や綿棒で一か所ずつ取るのもいいでしょう。 ですが! こんな事しているとすごく時間がかかりますので、できるだけ手っ取り早く白い粉を取りたいですよね。 そこで、白い粉を取る簡単な方法として、茹でる事をおすすめします。 水煮のたけのこはその名の通りすでに茹でてあるものですが、 そのたけのこを切って5分位茹でるのです。 茹でる事でチロシンの結晶が溶けてお湯の中に落ちます。 完璧にきれいにならない事もありますが、指や竹串で取るよりも簡単にできますし、茹でる事でたけのこに味がしみ込みやすくなりますのでおすすめです。 スポンサーリンク たけのこの水煮の酸っぱい匂いを取るには 白い粉の他、スーパーで買ってきたたけのこの水煮を開封したら酸っぱい匂いがする事もあります。 味もほんのり酸味があったりしますよね。 賞味期限はまだ先なので傷んでいる訳ではないはずなのに、この風味は一体何? 白いやつと併せて気になるものです。 実は、このたけのこの水煮の酸味は保存の為の物です。 たけのこの水煮には酢やpH調整剤(クエン酸)などの酸味料が使われているのです。 これも無害なもので、酸っぱい匂いは傷んでいる訳ではありませんので安心して食べてくださいね。 たけのこの水煮の酸味を取るには 保存の為とはいえ、料理に酸っぱい匂いや味がするのは困りますよね。 この酸っぱさを抜く方法は2つあります。 一つはたけのこを水にさらしておく事です。 ボウルにたけのこを入れ、水に浸しながら流水にさらしておく方法です。 それよりもおすすめなのが白い粉を取るのと同様にゆでる事です。 鍋にお湯を沸かし、沸騰したら切ったタケノコを入れ、10分程茹でます。 茹でたらすぐにザルにあげて、流水で冷ましましょう。 水煮なのに10分も茹でていいの?と思いますが、ニオイも取れる上に歯ごたえもよくなります。 たけのこの水煮を料理に使う時の下処理としておすすめですよ! もし、こういった下処理をしないで水煮のたけのこを使いたい、または茹でても酸味が取り切れないという場合は、酸味のある料理や味の濃い料理に使う事をおすすめします。 例えば中華炒めや八宝菜、チンジャオロース、酢豚やサンラータンなどはいかがでしょうか? メンマを作るのもいいですね。 思いつくのがみんな中華ですが、酸味を生かしたり濃い味でごまかすといいですよ。 最後に 水煮のたけのこの白いやつも酸味も取り除いて使いたいのであれば、たけのこを切ってから10分位茹でるのがいいですね。 茹でると白い物体チロシンも酸っぱさも取れ、食感も良くなります。 さらに味もしみ込みやすくなるので、下処理として茹でるのは一石三鳥ですね! 白いチロシンも酸味も害がない物です。 特に取る必要はないものですが、気になるなら茹でて下処理して使って下さいね。

次の

たけのこ水煮の下処理は?あく抜きは?切り方はどうする?|健康♡料理♡美容♡恋愛

たけのこ 水煮 下処理

あく抜きしたタケノコを保存する方法 まず、一週間程度で食べきってしまう分に関しては、冷蔵保存で大丈夫です。 アク抜きをしたタケノコを適当な大きさにカットして、タッパーなどの密閉容器にいれて、水に付けたままの状態で冷蔵庫で保存してください。 こんな状態。 exblog. 一番てっとり早い方法ですが、保存期限は1週間程度しかないので、早めに召し上がってください。 もう少し賞味期限を延ばしたい場合は濃い塩水を使って保存してください。 ただし、そのまま使用すると塩辛すぎるので、必ず呼び塩をしてから調理してくださいね。 薄い濃度の塩水に食品を付けることで塩を抜きます。 濃度としては1. 0~1. 5%ぐらいのうすい濃度にしてください。 濃度が濃すぎて5%を超えてしまうと、塩が抜け出すのが遅くなるので注意。 濃い塩水を使った方法の保存期間は約1ヶ月程度ですが、早めに使用したほうが美味しいのは言うまでもありません。 大量のタケノコを保存するには冷凍庫を使用しよう 大量のタケノコがあるときは、一週間程度では消費しきれませんで長期間保存をしなければなりません。 まず、思いつくのが冷凍庫だと思いますが、そのまま入れてしまっては竹の子が傷んでしまいますので注意が必要です。 その保存方法を見ていきましょう。 まず、アク抜きをして冷ましたタケノコを洗って、保存しやすい大きさに切りわけ水気をとります。 竹の子の大きさは、煮物などに使うゴロっとしたサイズですと上手く冷凍できません。 ですので、筍ご飯や味噌汁、青椒肉絲や春巻きのような料理で使う、細切りや薄切りが保存に適しています。 スポンサードリンク 細かくタケノコが切れたら、たけのこ500gあたりに砂糖30gを全体にまぶして、サランラップで小分けにして包んでください。 小分けにしたものをさらに、ジップロックに入れて平らになるようにして冷凍庫で保存。 保存期間は1年ほどですが、こちらも早めに消費をしてくださいね。 使う時はジップロックから取り出して、水の中にいれておけば自然解凍します。 砂糖をまぶしてありますから、味付けの糖分は少し控えめにしながら調整してください。 タケノコを長期間保存する簡単な方法! もう一つ、たけのこの水煮を長期保存する方法を紹介しますね。 冷凍庫を使用せず、常温で長持ちさせることができますのでとても便利です。 家にある空き瓶を使った簡単な方法なのでぜひ、トライしてみてください。 まずは、こちらの動画を見てください。 濁りが発生してしまうと、残念ですが殺菌失敗です。 冷凍保存と比べると、砂糖もまぶしてないので味もつきませんし、形も薄切りにしなくて良いのがメリット。 たけのこ本来の味を残ししつつ保存できるのがいいですね。 1年間は保存しておくことができますので、とても重宝します。 タケノコの保存のまとめ タケノコの保存を期間別に紹介してきましたので大量に筍がある場合は、保存期間別に分けてうまく保存してください。 タケノコの収穫時期の記事はコチラ。

次の