かんたん データ コピー。 【すぐわかる!】『電話帳かんたんコピー』

ガラケーからスマホへのデータ移行を徹底解説! やってみると意外に簡単

かんたん データ コピー

PDFファイルの中身をコピーしたい時、直接コピーできる時とできない時があります。 できるときとはそのまま簡単に解決できますが、できない時はどうしたらいいでしょう。 この記事はそのやり方を説明します。 一、PDF から文字や画像をコピーする PDFの作成者がコンテンツのコピーを禁止していない限り、Acrobat Reader DCなど で文字や画像を簡単にコピーすることができます。 先ずはPDFのコンテンツについてコピー権限を確認してください。 文書を右クリックして 「文書のプロパティ」をクリックします。 「セキュリティ」タブで 「文書に関する制限の概要」を確認できます。 PDFでコンテンツのコピーが許可されていることを確認した後、下記の手順に従って文字と画像をコピーしましょう。 PDFの文字や画像をコピーしたい場合 ステップ1. Acrobat ReaderやAdobe Reader などのリーダーアプリでPDFファイルを開きます。 ステップ2. Acrobat Reader DCの場合:画面上部にある 「文書」で右クリックし、表示されたメニューから 「選択ツール」という項目を選択します。 Adobe Reader XIの場合:ツールバーから 「選択ツール」を選択します。 または、上部のメニューから 「表示」>「表示切り替え」>「ツールバー項目」>「選択とズーム」>「選択ツール」の順にクリックすることで選択ツールを表示します。 ステップ3. 表示されたマウスアイコン(テキストと画像の選択ツール)をクリックし、コピーしたい文字或いは画像(画像の一部だけをコピーすることも可能)をドラッグして赤枠で囲みます。 画像すべてをコピーしたい場合は、画像をクリックして選択してください。 ステップ4. コピーした文字や画像を他の場所に貼り付けることができます。 PDFの文字と画像を一度に選択してコピーする Acrobat ReaderやAdobe Readerアプリで 「スナップショットツール」を利用してPDFの文字と画像を一度に選択してコピーすることも可能です。 PDFページ上部のメニューバーにあるカメラアイコンをクリックし、コピーしたい文字と画像を同時にドラッグします。 「選択した領域がコピーされました」というポップアップの右下にある 「OK」ボタンをクリックし、文字と画像を他の場所に貼り付けます。 PDF ページで 「Esc 」キーを押しすれば、スナップショットモードを終了できます。 二、オンラインPDF変換ツールを利用する 上記の方法でコピーが許可されているPDFファイルから文字と画像をコピーすることができますが、コピーが許可されていない場合はどうしましょうか?実は、オンラインPDF変換ツールを利用してPDFファイルをWordファイルなどに変換したら、文字をコピーすることが可能になります。 ここでお勧めしたいのは 「」というオンラインPDF変換サイトです。 「EasePDF」を使って、PDFファイルから中身の文字をコピーするには、まずホームページからPDFからwordファイルに変換できる機能を選んでクリックしてください。 次に表示された画面に、標的なPDFファイルを追加してください。 アップロードされたPDFファイルは自動的に変換されます。 最後に変換されたwordファイルをダウンロードすることを忘れないでください。 簡単の3ステップでPDFファイルをwordに変換した後、wordファイルから自由に文字をコピーすることが可能です。 三、コピーしたPDF文字がおかしい、または重複してしまうエラーの解決法 PDFファイルの文字をコピーとペーストする際、エラーが発生し、ペーストした文字列が重複しておかしくなる場合があります。 それに対して、 「アクセシビリティ用のドキュメント構造タグ」設定を確認してください。 自作のPDFファイルの場合 自作のPDFファイルの場合は、ファイルを再作成することが簡単です。 WORDファイルをPDFファイルに変換する場合は、 「ファイル」>「名前を付けて保存」の順に選択してください。 「オプション」ウィンドウが出てきて、 「アクセシビリティ用の構造タグ」の横にあるチェックマークを外した後、右下の 「OK」ボタンをクリックします。 こうすると、文字重複エラーを回避してPDFから文字をコピーすることができます。 他人の作成したPDFファイルの場合 もし、文字をコピーしたいPDFファイルが自作ではなく、他人が作成した場合は、 「Chrome クローム 」などのブラウザでPDFファイルを開き、そこからコピーすればよいです。 下記はChromeを例にして具体的な手順を解説します。 Google Chromeなどのブラウザを起動し、PDFファイルをブラウザの画面にドラッグすると、PDFページのコンテンツがブラウザの画面に表示されます。 そこから文字をコピーして別の場所に貼り付けてください。 ちなみに、コピー保護されているPDFファイルもブラウザで開くことで文字をコピーできます。 しかし、ブラウザではスナップショットツールを利用できないので、PDF の領域をコピーできません。 まとめ 一般的に、PDFから文字をコピーすることができますが、保護がかかっているPDFファイルの場合は無理です。 こういう時、PDF変換ソフトを利用してPDFファイルをWORDなどのフォーマットに変換した後、文字をコピーすることができます。 または、Chromeなどのブラウザで保護されているPDFファイルを開くと、文字をコピーすることが可能になります。 それに、ブラウザでPDFファイルを閲覧してコピーすることが文字重複エラーを回避できます。

次の

失敗しない!ドコモデータコピーでバックアップ・データ移行する方法

かんたん データ コピー

ガラケーからスマートフォンへの乗り換えを検討するとき、最も気になるのがデータの移行ではないだろうか。 特に電話帳の移行は必須だろうし、思い出のつまった写真や動画もできれば移行しておきたい。 そこで、ガラケーからスマホへ各種のデータを移行する方法を解説する。 ガラケーの電話帳やメール、写真・動画などはスマホへ移行できる データ移行の方法は端末の機能などで異なる 以前はキャリアショップが無料のデータ移行サービスを行っていたが、個人情報保護の観点から現在では行っていない。 そのため、基本は自分で移行作業を行うことになる。 移行方法は、移行したいデータの種類、端末の機能、機種変更か乗り換え(MNP)か、有料/無料などの条件により、いくつか選択肢がある。 以下では、それぞれの手順を解説するので、自分に合った移行方法を選んで実行しよう。 なお、ガラケーとスマホではデータ形式などに違いがあるため、完璧な移行ができないケースがあることを理解しておきたい。 特に電話帳データでは、名前や住所などの全角文字が文字化けすることがある。 そうした移行作業に関するトラブルに関して編集部では責任を負いかねるので、移行作業は自己責任で行っていただきたい。 モバイルの端末 ・対象ユーザー:同一キャリアのガラケーからスマホへ機種変更するユーザー ・移行できるデータ:写真、動画など ・対象端末:microSDメモリーカードが使えるAndroidスマホ ・対象ユーザー:対象端末を持っているユーザー 3-1. 電話帳データの移行 3-2. キャリアのサービスを活用する NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクとも、電話帳データの移行をユーザー自身が行うサービスを提供している。 NTTドコモの場合は、他キャリアからの乗り換えにも対応。 auとソフトバンクは、同一キャリアでの機種変更の場合に利用できる。 操作は自身で行うが、画面の指示に従ってガラケーの機種名、スマホの機種名を指定し(非対応の機種もある)、移行したいデータを選んで実行するだけなのでさほど難しくはない。 au、ソフトバンク契約のガラケーからの移行にも対応するが、スマホはNTTドコモの販売する端末が必要だ。 移行できるデータには、電話帳以外に画像、動画、受信/送信/未送信メール、メモ、スケジュール、PDFなどがある。 ただし、データの変換作業を伴うため、全データを移行しようとすると数時間がかかる。 目安としては、メール1000件で1時間程度だ。 電話帳だけなら、比較的短時間で終了するので現実的だと言える。 なお、すべてのデータが完全な形で移行できることを保証するものではない、ということを理解の上で活用しよう。 同作業には「au ID」の設定が必要だ。 ここでは簡単な流れだけを紹介する。 ・ガラケーの操作例 (1)アドレス帳を開いてサブメニューを選択 (2)サブメニューから「au one アドレス帳」(auアドレス帳)を選択 (3)ロックNo. モバイルの場合 ガラケーの電話帳データを「S! 電話帳バックアップ」(月額100円)にバックアップし、スマホから復元する。 ここでは簡単な流れだけを紹介する。 電話帳バックアップ」を選択 (2)「開始」を選択 (3)保存完了の画面で「OK」を選択 (4)保存結果の確認画面で「OK」を選択で終了 ・iPhoneの操作例 (1)「あんしんバックアップ」アプリ(無料)を起動 (2)「機種変更後の方」をタップ (3)「携帯電話」をタップ (4)「実行」をタップ (5)読み込み後に「OK」をタップして終了 ・Androidスマホの操作例 (1)「あんしんバックアップ」アプリ(無料)を起動 (2)メニューの「携帯電話から電話帳読み込み」をタップ (3)「実行」をタップ (4)読み込み後に「OK」をタップして終了 2. microSDメモリーカードを使う ガラケーの写真、動画などを本体からmicroSDメモリーカードにコピーし、microSDメモリーカードが使えるAndroidスマホで読み込む。 新規にmicroSDメモリーカードを購入する場合は、キャリアのホームページ等で自分のガラケーに対応する製品を確認する必要があるので注意していただきたい。 大容量には対応していないケースが多いので注意。 初めて利用するときは、ガラケー上でフォーマットを実行する。 なお、音楽データに関してだが、音楽配信サイトなどから入手したDRM(デジタル著作権管理)付きだとコピーできたとしてもスマホに標準搭載のプレーヤーでは再生できない。 フォルダーを開いたら、メニューから「microSDへコピー」を選んで全画像、全動画をコピーする。 「コピー」と「移動」が選べる場合、「移動」だと本体からデータが消えてしまうので「コピー」を選択しておこう。 操作や項目名などは機種によって異なるので、マニュアル等で確認していただきたい。 コピーができたら、microSDメモリーカードを取り出す。 microSDメモリーカードをスマホに装着して電源を入れる Androidスマホは画像や動画を自動認識するので、スマホ上での作業は不要だ。 「Googleフォト」などの写真管理アプリを起動すると、ガラケーで撮影した写真を閲覧できる。 また、動画や音楽は、再生に対応したメディアプレーヤーアプリで再生できる。 「Googleフォト」を起動するだけで、写真を閲覧できる(画面はNTTドコモ「arrows NX F-02H」の例) microSDメモリーカードはそのままでも利用できるのだが、大容量のmicroSDメモリーカードを使いたい、あるいは、スマホ側できちんとフォーマットを実行して使いたい、といった場合には、写真や動画をスマホ本体にコピーすればいい。 ファイル管理アプリを使えば、コピーなどは自由に行える。 ファイル管理アプリを使って、写真や動画をスマホ本体にコピー/移動(切り取りと貼り付け)できる(画面はNTTドコモ「arrows NX F-02H」の例) 3. microSDメモリーカードとパソコンを使う スマホでmicroSDメモリーカードが使えない場合は、ガラケーのデータをmicroSDメモリーカードにコピーし、パソコンを経由してスマホへ転送する。 移行するデータの種類で操作が異なるため、電話帳、写真と画像に分けて解説する。 3-1. 電話帳データの移行 電話帳をパソコンでも管理していた場合は、スマホと同期させれば済む。 しかし、ガラケーで管理していた場合には、移行作業が必要だ。 カードリーダーを使う方法と、専用のUSBケーブルを使ってガラケーを直接接続する方法だ。 所有している機器に合わせて選択しよう。 なお、ガラケーを直接接続する場合、「USBモード」などへの設定変更が必要な機種もあるので、マニュアル等で確認していただきたい。 カードリーダーにmicroSDメモリーカードを装着してパソコンに接続すると、microSDメモリーカードがUSBドライブとして認識される(本体のメモリーは認識されない) 専用のUSBケーブルを持っているなら、直接パソコンに接続することができる。 電話帳データは、拡張子が「. vcf」のファイルだ。 ファイルがひとつだけのときは、そのファイルをメールに添付してスマホに送信する。 ファイルが複数あるケースについては後述する。 拡張子が「. Androidスマホの場合は、「Gmail」アプリでメールを開いて添付ファイルをタップすると電話帳アプリにデータが読み込まれる。 添付したVCFファイルをタップするだけで「連絡先」アプリに読み込まれる(画面はグーグル「Pixel 3」の例) ガラケーの種類によっては、VCFファイルが複数作成される場合がある。 これは、1人1ファイルになっているために人数分のファイルが作成されるためだ。 その場合は、複数のファイルを1ファイルに結合したあとに、上記と同様の作業を行えばいい。 Windowsならフリーソフトの「ファイル結合 for Windows」を使って1ファイルに結合する方法がある。 VCFファイルのあるフォルダーを指定し、「結合」をクリックするだけだ。 対応OSがWindows 7までとなっているが、Windows 10でも動作する。 vector. html MacOSの場合は、MacOSの「連絡先」を利用する。 まず、すべてのVCFファイルを「連絡先」にドラッグ(既存のデータがあれば上書きではなく追加される)。 これで、1ファイルにできる。 書き出す前に、スマホに転送したいユーザーだけを選択することも可能だ。 3-2. 写真、動画データの移行 写真、動画に関しては、AndroidスマホとiPhoneで操作が異なる。 Androidスマホの場合は、microSDメモリーカード上の写真と動画をAndroidスマホにコピーすればいい。 iPhoneの場合はコピーができないので、Windowsなら「Windows 用 iCloud」、MacOSは「写真」を使って同期する。 microSDメモリーカードを使う」と同様の手順で写真と動画をmicroSDメモリーカードにコピーする。 パソコンにUSBポートの空きがあれば、AndroidスマホもUSBケーブルで接続。 このとき、AndroidスマホでUSBのファイル転送ができるように設定しておく必要がある(手順はマニュアル等を参照)。 空きがなければ、microSDメモリーカード上の写真と動画をパソコンにコピーしておき、Androidスマホとつなぎ替えればいい。 あとは、Androidスマホに写真(「Pictures」フォルダー)と動画(「Movies」フォルダー)をコピーすれば完了だ。 はじめに、microSDメモリーカード上の写真と動画を、「写真と動画の同期」などパソコン上に適当な名前のフォルダーを作成してコピーしておく。 次に、下記より「Windows 用 iCloud」をダウンロードしてインストールし、iPhoneと同じApple IDでサインインする。 apple. オプション画面が開くので、「iCloud フォトライブラリ」と「新しい写真およびビデオを自分のPCからアップデート」にチェック入れて「変更」をクリック。 「フォルダーの参照」画面が開くので、先に写真と動画をコピーしておいたフォルダーを指定して「OK」をクリック。 最後に「適用」をクリック。 同期が完了すると、iPhone上に写真と動画が表示される。 MacOSの「写真」を起動するとmicroSDメモリーカード上の写真と動画を自動認識するので、「すべての新しい写真を読み込む」をクリック。 これで、iPhoneと同期できる。 「写真」に読み込むだけでiPhoneと同期できる 4. Bluetoothで送信 ガラケーとスマホの両方にBluetooth機能が搭載されているなら、端末間で直接、電話帳、メール、写真、動画、音楽といった各種のデータを送受信できる。 ただし、ガラケーの機種によっては送信可能なデータ、スマホ側では受信可能なデータの種類に制限が設けられている場合がある。 また、Bluetooth通信を行うには、機器同士を認識させるペアリング操作が必要だ。 一度ペアリングして機器同士を登録すれば、以降は自動で接続できる。 以下では電話帳の送信を例に解説するが、ほかのデータも操作は共通だ。 送信したいデータをBluetoothでまとめて送信する(画面はNTTドコモ「docomo STYLE series N-02C」の例) ペアリングをするために、「YES」を選択して機器をサーチ(検索)する。 このとき、複数の機器が表示されることもあるので、データを送信したいスマホであることをしっかり確認しよう。 データを送信したいスマホを選択する パスキーの入力を求められたら、マニュアル等で確認してパスキーを入力する。 パスキーはマニュアル等で確認。 このとき、特定のデータに対してアクセスを許可する項目があるなら、必要に応じて許可をしておく。 送信が完了したら、データが正しく読み込まれたか確認しよう。 以降、ほかのデータを送信する場合には、登録済みのスマホを選ぶだけで送信できる。 データの転送が始まる 5. 赤外線通信で送信 ガラケーとスマホの両方に赤外線通信機能が搭載されているなら、端末間で直接、電話帳、メール、写真、動画、音楽といった各種のデータを送受信できる。 ただし、ガラケーの機種によっては送信可能なデータ、スマホ側では受信可能なデータの種類に制限が設けられている場合がある。 なお、ガラケーの機種によっては「IrSS」(高速赤外線通信規格)が使えるので、写真や動画、音楽といった容量の大きなデータにはこちらを利用しよう。 すぐに、赤外線送信が始まる。 送信したいデータを赤外線通信で送信する。 赤外線通信を受信モードにすると、準備は完了だ(画面はNTTドコモ「arrows NX F-02H」の例) ・赤外線通信の実行 ガラケーとスマホの赤外線ポート同士を近づけると、データの転送が始まる。 通信中も、赤外線ポート同士をきちんと向き合わせ、距離は10cm以内を保持しておこう。 ずれてしまうと、通信が遮断されるので注意。 赤外線ポート同士を近づけると、データ転送が始まる 6. 家電量販店のデータ移行サービスの活用 家電量販店では、ガラケーからスマホへのデータ移行サービスを有料で行っている。 移行方法は、上記で解説したmicroSDメモリーカードを使って行うものだ。 自分で作業する自信がない、やってみたけどうまくいかなかった、という場合に利用を検討するといいだろう。 移行先のスマホを量販店で購入する必要はなく、持ち込みでも大丈夫だ。 以下に、主な家電量販店の移行できるデータと費用をまとめておく。 ・ビックカメラ 電話帳:2,000円 写真と動画:32GBまで3,000円 ・ヨドバシカメラ 電話帳:1,540円 iPhone/Android共通 1時間程度 ・ヤマダ電機 電話帳:2,000円 写真と動画:5,000円 microSDメモリーカードが使えるAndroidスマホのみ対応 ・PCデポ 電話帳:3,000円 写真と動画:3,000円 iPhone/Android共通 1時間程度 7. おサイフケータイのデータ移行 ガラケーでおサイフケータイを使っている場合には、端末に登録している電子マネーも移行しておきたい。 ただし、スマホには未対応の電子マネーもある。 方法は電子マネーによって異なるので、概略を紹介しておく。 ・データサーバーを経由する ガラケー上のデータをいったん、サービス提供事業者のサーバーにアップロード。 スマホでそのデータをダウンロードする。 ただし、SIMカードのサイズ変更をともなう機種変更や、キャリアの乗り換え(MNP)の場合は別途操作が必要になる。 auは、2022年3月末をもって3G回線サービス「CDMA 1X WIN」の提供を終了すると発表。 ソフトバンクはすでに、一部の3G回線サービス(1. 5GHz帯と1. 7GHz帯)を終了している。 また、NTTドコモの吉澤和弘社長は、3G回線サービス「FOMA」の終了時期について「2020年代の半ばをめどに、できれば終了したい」と言及している。 3Gケータイ回線が停波すると、ガラケー(一部のiPhoneとAndroidスマートフォンも含む)は使えなくなる。 まだ数年の猶予があるとはいえ、そろそろスマホへの乗り換えを検討する時期でもある。 スマホの機種選びも重要だが、データ移行はとても大切な作業だ。 データ移行を行う場合はぜひ本記事を参考にしていただきたい。

次の

失敗しない!ドコモデータコピーでバックアップ・データ移行する方法

かんたん データ コピー

タップで目的地へ• 【かんたんバックアップ】データ移行・バックアップとは? まずはデータ移行・データバックアップをするにあたって最低限知っておくべきことがあります。 それはスマホを乗り換えしたり、機種変更して新しく買ったたスマホは工場出荷状態(中身はまっさら)ということです。 今まで使っていたスマホに「電話帳(連絡先)」「写真や動画」「音楽」などなど様々なデータが保存されていると思いますが、それを 新しいスマホで使いたい場合は 自分自身でデータ移行を行う必要があります。 データ移行には主に2通りの方法があります。 既に作ってあるバックアップ(データのコピー)から復元• 古スマホ(ガラケー)から新スマホへ直接移動する 自分でバックアップやデータ移行なんてやったことないよ、というあなたへのカンタンに使えるオススメアプリなども紹介しているので、ぜひ活用してください。 「何が何でもデータを失いたくない!」という方は複数の方法でバックアップを取っておきましょう 画像・動画のバックアップに最適なアプリはグーグルフォト!|使い方 Googleフォト Googleアカウントさえあれば、どこでもなんでも共有可能なこのアプリ!写真・動画のかんたんバックアップなら一番使いやすいです。 まずはアプリのダウンロードをしてGoogleアカウントでログインしてみましょう!! かんたんバックアップとデータ移行 移行が出来る機種出来ない機種ありますが、連絡先や画像などをカンタンに移行する方法は…• 赤外線送信• iCloudログイン(最新情報に更新) 古いスマホの操作が出来ることが条件となりますので 要注意。 Bluetoothでの連絡先や画像の送信はアナログな感じもしますが、確実に移動することができて操作も簡単なのでかなり便利です。 Bluetooth送信なら面倒なアカウント作成も必要ないので、操作に自信がないあなたでもカンタンにできます!! 電話帳・画像・写真などのデータ移行アプリはZeetle!|使い方 Zeetle 古いスマホから「ジー」という音を鳴らし、新しいスマホを聞かせる。 これだけでデータ移行が完了してしまうという驚異のアプリ!初回登録など無しですぐに使えるので、是非使ってみて下さい。 一度試してみてはいかがでしょうか。 まとめ 今では様々なサービスや付属品などでデータをコピーしたり、移動したりすることができます。 パソコンを持っている方も持っていない方(苦手な方)でも [Googleフォト] や [Zeetle] というアプリを使えばカンタンにデータ移行を行うことができます。 ただ、とても大切なのは事前にバックアップを取っておくことです。 iPhoneであれば [iTunes] もしくは [iCloud] を使って、Androidであれば [SDカード] を使って定期的なデータのコピーを作ることを推奨します。

次の