ウィスキー 種類。 ウイスキー

スコッチ・ウイスキーの銘柄一覧

ウィスキー 種類

出典:サントリーサイト サントリーのウイスキーの種類がどれほどあるか、知っていますか? サントリーの公式サイトで国産ウイスキーのラインナップを見てみると、なんと11種類もの銘柄がラインナップされています。 その大半を占めるのが「ブレンデッドウイスキー」。 大麦麦芽のみを原料としたモルト原酒と、トウモロコシや小麦などの穀物も原料としたグレーン原酒をブレンドしたウイスキーです。 【1929年「白札(しろふだ)」、1930年「赤札(あかふだ)」】 そもそも、サントリーが昭和4年(1929年)に本格国産ウイスキー第1号として生み出した「白札」や、その翌年に発売された「赤札」もブレンデッドウイスキーでした。 いずれもスコッチウイスキーの影響が強く、まだウイスキー慣れしていない日本人の口には合わなかったことから評価は芳しくありませんでしたが、その後も改良が重ねられ、「白札」は「サントリーウイスキーホワイト」、「赤札」は「サントリーウイスキーレッド」として現在も発売中です。 【1937年「角瓶」】 「白札」「赤札」を経て、日本人の繊細な味覚に合ったウイスキー造りを追求し続けた結果、昭和12年(1937年)に誕生した理想のブレンデッドウイスキーが「角瓶」です。 それから80年が経過した現在に至るまで、日本を代表するウイスキーのロングセラーブランドとなっています。 【1946年「トリス」】 その後、戦後間もない昭和21年(1946年)には、より手軽にたのしめる銘柄として「トリス」が発売。 ユーモラスなキャラクター「アンクルトリス」とともに、国内にウイスキーを広く浸透させる役割を果たしました。 ずんぐりとしたボトルの形状から「だるま」と呼び親しまれ、ロングセラーブランドのひとつになっています。 サントリーウイスキーの種類2:高級ブレンデッドウイスキー「響」「ローヤル」「スペシャルリザーブ」 出典:サントリーサイト サントリーのウイスキーの種類の大半を占めるブレンデッドウイスキーのなかでも、公式サイトで上段に掲載されているのが、「響」「ローヤル」「スペシャルリザーブ」といった、高級ブレンデッドウイスキーです。 【1960年「ローヤル」】 「ローヤル」は昭和35年(1960年)、サントリーの創業60周年を記念して発売された銘柄。 高級ウイスキーとして発売され、富裕層が贈答品として買い求める銘柄として人気を博しました。 【1969年「スペシャルリザーブ」】 「スペシャルリザーブ」は、昭和44年(1969年)に誕生した銘柄です。 多彩な原酒をブレンドした、華やかに薫り立つウイスキーとして、サントリーの新たな看板商品となりました。 【1989年「響(ひびき)」】 これら数々のブレンデッドウイスキーの歴史を礎に、サントリーの創業90周年にあたる1989年に、最高峰のブレンデッドウイスキーとして誕生したのが「響」です。 華やかな香りと、奥深くもやわらかな味わいが特徴です。 サントリーウイスキーの種類3:シングルモルト「山崎」「白州」、シングルグレーン「知多」 出典:サントリーサイト サントリーのウイスキーの種類はブレンデッドウイスキーだけではありません。 サントリーの公式サイトでは、「モルト」として「山崎」「白州」が、「グレーン」として「知多」が掲載されています。 【1984年「山崎(やまざき)」】 ここでの「モルト」とは、単一の蒸溜所で造られたモルト原酒だけを使用した「シングルモルトウイスキー」のこと。 「山崎」はその銘柄名からわかるように、日本初のウイスキー蒸溜所・山崎蒸溜所で造られたシングルモルト。 昭和59年(1984年)に発売されて以来、世界中のウイスキー愛好家から高い評価を獲得しています。 【1973年「白州(はくしゅう)」】 「白州」は、サントリーが国産ウイスキー造りの第二の拠点として昭和48年(1973年)に建設した白州蒸溜所で造られるシングルモルト。 標高約700メートルの高地に位置する、森に囲まれた蒸溜所で育まれただけに、すがすがしい香りとすっきりとした味わいがたのしめます。 【1972年「知多(ちた)」】 「知多」は昭和47年(1972年)に建設された知多蒸溜所で造られるグレーン原酒のみを使った「シングルグレーンウイスキー」です。 個性のはっきりしたモルト原酒にくらべて、グレーン原酒は穏やかでクセがないのが特徴。 多彩なグレーン原酒を組み合わせて生まれた「知多」は、穏やかな飲み口のなかに複雑な味わいをもつ、画期的なウイスキーとして高く評価されています。 サントリーのウイスキーの種類の多彩さからは、サントリーがウイスキー造りにかける情熱と、その歴史の厚みが感じられます。 最近では、世界各地に所有する蒸溜所で造られた原酒をブレンドしたSUNTORY WORLD WHISKY「碧Ao(アオ)」を新たに発売するなど、その種類は今後もさらに充実していくことでしょう。 製造元:サントリースピリッツ株式会社• おすすめ情報• 関連情報.

次の

ハイボールだけじゃない!美味しいウイスキーの飲み方9種類を解説

ウィスキー 種類

基本の飲み方2つ目は オンザロックです。 ウィスキーの飲み方として最もポピュラーで、テレビやCMなどでもよく見かけることも多い飲み方です。 ウィスキーに氷を入れてしっかりと冷やして飲むことで アルコール度数の高いウィスキーをさっぱりとした口当たりに仕上げることができ、ー初心者でも飲みやすくなります。 また、グラスを傾けたときの氷のカラカラという軽やかな音も楽しい飲み方です。 オンザロックの作り方は、事前にしっかり冷やした ロックグラスに大きめの氷を入れ、ウィスキーを30ml入れ、マドラーなどで軽く混ぜたら出来上がりです。 この時氷は大きめのホール状のものなどを用意すると、よりプロっぽい仕上がりになります。 基本の飲み方3つ目は、 ハーフロックです。 初心者の方は初めて聞いた方もいると思われるハーフロックは、オンザロックとは異なり氷の入ったグラスにウィスキーと水を1:1で割った飲み方です。 オンザロックよりも さっぱりとした味わいなので、初心者の方でも飲みやすいおすすめの飲み方です。 ハーフロックの作り方はとても簡単で、 よく冷えたグラスに氷を入れ、ウィスキーを30ml注いだら、一度軽くかき混ぜた後30mlの水を入れ、またかき混ぜたら完成です。 美味しく飲むためのコツは、事前にグラスをきちんと冷やしておくこと、お水はカルキ臭がないしっかりと冷やしたミネラルウォーターを用意することです。 割り方をウィスキーと水を1:1の割合と覚えておくと、間違いありません。 基本の飲み方4つ目は、 トワイスアップです。 こちらは基本の飲み方の中で 一番香りが引き立つため、ウィスキー好きの方におすすめしたい飲み方です。 作り方はハーフロックと同様ウィスキーと水を1:1で割るのですが、違いはよく冷えた水ではなく、常温の水を使うということです。 トワイスアップの作り方は 、グラスにウィスキーを30ml注ぎ、その後30mlの常温の水を注ぎます。 軽くかき混ぜたら出来上がりです。 ここで使用する水は水道水ではなく、ミネラルウォーターを使いましょう。 水が常温であることでマイルドな飲み口で、ウィスキー愛好家にも人気の飲み方となっています。 芳醇な香りを最も楽しめるので、グラスを揺らしながら鼻と口でしっかり味わいましょう。 基本の飲み方最後に紹介するのは 、ウィスキーの水割りです。 食事中やくつろぎタイムに飲むのにもぴったりの飲み方で、水や氷で薄めるため紹介したウィスキー種類の中で 一番飲みやすい飲み方です。 お酒があまりと得意でない方や、女性にもおすすめです。 作り方は 冷えたグラスに氷を入れ、ウィスキーを30m注ぎます。 しっかり混ぜたら水を60ml注ぎマドラーなどで軽くかき混ぜたら完成です。 ウィスキーと水の割合は1:2~2. 5が基本と言われていますが、好みの濃さによって調整してください。 ただ、このウィスキーの水割り、実は日本独自の飲み方で、海外にはないそうです。 海外で水割りをオーダーするとびっくりされるかもしれません。 また、水で薄めるためウィスキー本来の香りを楽しみたい方には不向きということもお伝えしておきます。 ウィスキーに詳しくない初心者の方も、モルトという言葉は耳にしたことがあるのではないでしょうか?モルトとは大麦を発芽させたもので、別名麦芽ともいわれる材料です。 大麦100%で作ったウィスキーはモルトウィスキーと呼ばれ風味がよく人気なのですが、コストがかかるのがデメリットです。 そこでコストを抑えるために作られたのが、大麦にライ麦やトウモロコシを混ぜたグレーンウィスキーです。 グレーンは混合された穀物という意味合いで、大麦だけのものをモルトウィスキー、大麦や別の穀物を混ぜて作ったものをグレーンウィスキーと呼んで区別しています。 では、 シングルモルトウィスキーが何かというと、 モルトウィスキーの中で単一蒸留所の原酒で作られたものになります。 つまりひとつの蒸留所で作られたモルトウィスキーを瓶詰したものがシングルモルトウィスキーというわけです。 シングルモルトウィスキーは作り方によって味の個性や香りが全く異なるということです。 各蒸留所の製造工程の違いや仕込み水の違い、蒸留器の形状や熟成する樽、熟成環境などそれぞれの蒸留所が持つ作り方でさまざまな違いを見せてくれます。 よくワインは作り方やその土地の気候や水によってさまざまな種類の銘柄があり、ワインファンにとって選ぶ楽しみがありますが、ウィスキーもワインと同様多種多様な風味を持つお酒というわけです。 ちなみにシングルモルトウィスキーの代表的な種類を挙げると「山崎」、「白州」、「ボウモア」、「ラフロイグ」、「ザ・マッカラ」ンなどがあります。 一度機会があれば各種類の特徴や個性を飲み比べていると楽しいと思います。 それぞれの種類によって全く違う味わいに驚くことでしょう。 ウィスキーの種類のひとつに、 ブレンデットウィスキーというのもがあります。 ブレンデットつまり、ブレンドされたウィスキーという意味で、 複数のウィングルモルトウィスキーとグレーンウィスキーをブレンドして作られたものをそう呼びます。 ブレンデッドウィスキーは、そのブランドの味わいを強調するため、ブレンダーという専門家がさまざまな種類の原酒を絶妙なバランスで、かついつも同じ味になるようにブレンドして作られています。 ブレンデッドウィスキーの良い点は、 ブレンドしたそれぞれのウィスキーの長所をうまく引き出し、より香味豊かなウィスキーに仕上がるという点です。 ブレンデッドウィスキーの代表的な種類は「響」、「角瓶」、「バランタイン」などがあります。 ブレンダーのプライド感じる豊かな風味を楽しんでみて下さい。

次の

ウイスキーのロックには3種類ある。ウイスキー通なら知っておきたい飲み方とは

ウィスキー 種類

基本の飲み方2つ目は オンザロックです。 ウィスキーの飲み方として最もポピュラーで、テレビやCMなどでもよく見かけることも多い飲み方です。 ウィスキーに氷を入れてしっかりと冷やして飲むことで アルコール度数の高いウィスキーをさっぱりとした口当たりに仕上げることができ、ー初心者でも飲みやすくなります。 また、グラスを傾けたときの氷のカラカラという軽やかな音も楽しい飲み方です。 オンザロックの作り方は、事前にしっかり冷やした ロックグラスに大きめの氷を入れ、ウィスキーを30ml入れ、マドラーなどで軽く混ぜたら出来上がりです。 この時氷は大きめのホール状のものなどを用意すると、よりプロっぽい仕上がりになります。 基本の飲み方3つ目は、 ハーフロックです。 初心者の方は初めて聞いた方もいると思われるハーフロックは、オンザロックとは異なり氷の入ったグラスにウィスキーと水を1:1で割った飲み方です。 オンザロックよりも さっぱりとした味わいなので、初心者の方でも飲みやすいおすすめの飲み方です。 ハーフロックの作り方はとても簡単で、 よく冷えたグラスに氷を入れ、ウィスキーを30ml注いだら、一度軽くかき混ぜた後30mlの水を入れ、またかき混ぜたら完成です。 美味しく飲むためのコツは、事前にグラスをきちんと冷やしておくこと、お水はカルキ臭がないしっかりと冷やしたミネラルウォーターを用意することです。 割り方をウィスキーと水を1:1の割合と覚えておくと、間違いありません。 基本の飲み方4つ目は、 トワイスアップです。 こちらは基本の飲み方の中で 一番香りが引き立つため、ウィスキー好きの方におすすめしたい飲み方です。 作り方はハーフロックと同様ウィスキーと水を1:1で割るのですが、違いはよく冷えた水ではなく、常温の水を使うということです。 トワイスアップの作り方は 、グラスにウィスキーを30ml注ぎ、その後30mlの常温の水を注ぎます。 軽くかき混ぜたら出来上がりです。 ここで使用する水は水道水ではなく、ミネラルウォーターを使いましょう。 水が常温であることでマイルドな飲み口で、ウィスキー愛好家にも人気の飲み方となっています。 芳醇な香りを最も楽しめるので、グラスを揺らしながら鼻と口でしっかり味わいましょう。 基本の飲み方最後に紹介するのは 、ウィスキーの水割りです。 食事中やくつろぎタイムに飲むのにもぴったりの飲み方で、水や氷で薄めるため紹介したウィスキー種類の中で 一番飲みやすい飲み方です。 お酒があまりと得意でない方や、女性にもおすすめです。 作り方は 冷えたグラスに氷を入れ、ウィスキーを30m注ぎます。 しっかり混ぜたら水を60ml注ぎマドラーなどで軽くかき混ぜたら完成です。 ウィスキーと水の割合は1:2~2. 5が基本と言われていますが、好みの濃さによって調整してください。 ただ、このウィスキーの水割り、実は日本独自の飲み方で、海外にはないそうです。 海外で水割りをオーダーするとびっくりされるかもしれません。 また、水で薄めるためウィスキー本来の香りを楽しみたい方には不向きということもお伝えしておきます。 ウィスキーに詳しくない初心者の方も、モルトという言葉は耳にしたことがあるのではないでしょうか?モルトとは大麦を発芽させたもので、別名麦芽ともいわれる材料です。 大麦100%で作ったウィスキーはモルトウィスキーと呼ばれ風味がよく人気なのですが、コストがかかるのがデメリットです。 そこでコストを抑えるために作られたのが、大麦にライ麦やトウモロコシを混ぜたグレーンウィスキーです。 グレーンは混合された穀物という意味合いで、大麦だけのものをモルトウィスキー、大麦や別の穀物を混ぜて作ったものをグレーンウィスキーと呼んで区別しています。 では、 シングルモルトウィスキーが何かというと、 モルトウィスキーの中で単一蒸留所の原酒で作られたものになります。 つまりひとつの蒸留所で作られたモルトウィスキーを瓶詰したものがシングルモルトウィスキーというわけです。 シングルモルトウィスキーは作り方によって味の個性や香りが全く異なるということです。 各蒸留所の製造工程の違いや仕込み水の違い、蒸留器の形状や熟成する樽、熟成環境などそれぞれの蒸留所が持つ作り方でさまざまな違いを見せてくれます。 よくワインは作り方やその土地の気候や水によってさまざまな種類の銘柄があり、ワインファンにとって選ぶ楽しみがありますが、ウィスキーもワインと同様多種多様な風味を持つお酒というわけです。 ちなみにシングルモルトウィスキーの代表的な種類を挙げると「山崎」、「白州」、「ボウモア」、「ラフロイグ」、「ザ・マッカラ」ンなどがあります。 一度機会があれば各種類の特徴や個性を飲み比べていると楽しいと思います。 それぞれの種類によって全く違う味わいに驚くことでしょう。 ウィスキーの種類のひとつに、 ブレンデットウィスキーというのもがあります。 ブレンデットつまり、ブレンドされたウィスキーという意味で、 複数のウィングルモルトウィスキーとグレーンウィスキーをブレンドして作られたものをそう呼びます。 ブレンデッドウィスキーは、そのブランドの味わいを強調するため、ブレンダーという専門家がさまざまな種類の原酒を絶妙なバランスで、かついつも同じ味になるようにブレンドして作られています。 ブレンデッドウィスキーの良い点は、 ブレンドしたそれぞれのウィスキーの長所をうまく引き出し、より香味豊かなウィスキーに仕上がるという点です。 ブレンデッドウィスキーの代表的な種類は「響」、「角瓶」、「バランタイン」などがあります。 ブレンダーのプライド感じる豊かな風味を楽しんでみて下さい。

次の