ワンオク taka 弟 バンド。 ワンオクTakaの弟マイファスhiroのバンドがひどいって本当?

【ワンオク・takaタカの生い立ち】ジャニーズ時代は最悪~弟達も凄かった!

ワンオク taka 弟 バンド

「血筋が良い」なんて言葉を聞いたことはないだろうか?「あの人の家系は代々医者を生業としている家系で・・・」なんて聞けば当然頭もよく、家も裕福で生まれて来る子供も同じように、将来は医者になるんだろうなと予想できる。 簡単に言えば「血統も環境も良い」ってこと。 競走馬の世界では血統と能力は密接に関係しており、「将来性の33%は血筋で決まる」なんてことも言われたりしている。 残りの67%は、母体内での影響や育つ環境で決まるらしい。 (WIKI調べ) 映画で言えば「ハリー・ポッター」なんてまさにそれ!ハリーのお父さんは誰もが知ってる超有名な魔法使い。 (性格悪め) 当然、ハリーも素晴らしい才能を持って生まれてきた訳だが、育った環境は結構ハード。 幼くして両親を亡くしてしまったハリー。 そんな彼を引き取った親戚はとにかく意地悪で、ことあるごとにハリーを責める責める。 結果、血統と反面教師的な環境が絶妙にブレンドされ「才能溢れる心優しい少年ハリー・ポッター」が誕生したのだ。 きっと育った環境が甘かったら、絶対に親父と同じ性格になっていたはず!!ようは、創作の世界でも「血統と環境」は重要視されているってこと。 そろそろ本題に入ろうと思うんだけど、「森進一」「森昌子」という偉大な歌手の子供として生まれたONE OK ROCKのTAKA。 血統としては抜群だけど、環境に関しては恵まれつつも苦労や葛藤も多かった印象。 現在では努力も実り、世界で活躍するアーティストに成長した。 そして、TAKAの弟である「MY FIRST STORY」のHIROも、当然ながら血統は申し分ない。 さらにデビュー当時のワンオクとは違い、音楽業界のプッシュも強い安心の環境である。 こりゃサラブレッド確定だ!と想像しがちなのだが、兄であるTAKAのパクリなどと叩かれ正当に評価されるまで結構時間がかかってしまったのだ。 本日は、華々しいデビューから一転して批判の的となった「MY FIRST STORY」と、才能に溺れず進化を続けるヴォーカルHIROについて記事を書かせていただこう。 なぜMY FIRST STORYは叩かれてしまったのか? まず最初にマイファスが叩かれてしまった原因をいくつか紹介しよう。 TAKAとHIROの歌声が似ていた デビュー・アルバム「MY FIRST STORY」に収録されているSecond Limitの動画を見ればわかるとおり、HIROとTAKAの声質は非常に似ている。 まあ普通に考えて兄弟なんだから声が似てても仕方ないじゃんって感じのことなんだが、世間の目は完全に「TAKAの弟のバンドMY FIRST STORY」となってしまっていたのだ。 さらに、プロモの雰囲気やHIROのパフォーマンスもワンオクに似ていたため、「ワンオクのパクリ」というレッテルを世間からはられてしまった。 それはレコード会社にとっては狙い通りの展開かもしれないが、HIROにとってはとんだ災難なデビューとなってしまった。 そして数年後、田中率いるINKTも同じ形で世間から注目を浴びることとなる。 ワンオクとマイファスのジャンルが丁度似てしまっていた。 2012年に「MY FIRST STORY」をリリースしたマイファスだが、2011年に兄であるTAKA率いるone ok rockがリリースした「残響リファレンス」とジャンルがやや似てしまっていたのだ。 TAKAやTORU自身もSAM41やThe Usedなどの海外アーティストからの影響を強く受けていると過去にインタビューで答えていたにも関わらず、「残響リファレンス」は洋楽の焼き回しと言われ当時は批判されていた。 そういった状況の翌年に声質、パフォーマンス、音楽ジャンルまで似たマイファスが登場すれば、「ワンオクのパクリだ!!しかもTAKAの弟!!」と叩かれる流れは必然だったのだろう。 「MY FIRST STORY」の「HIRO」として常に成長し続ける姿は嬉しくも思う!! それでは彼らの音源を確認し、「MY FIRST STORY」世界観や「HIRO」の成長について語らせてもらおう。 嬉し恥ずかしデビュー作!1STアルバムにしてセルフタイトルの本気感「MY FIRST STORY」 デビュー・アルバムにして「MY FIRST STORY」といセルフタイトルを付けちゃう本気感。 今作に賭けるバンド、レコード会社の意気込みが感じられるアルバムタイトルとなっている。 「マイフェス」デビューのタイミングも、「ONE OK ROCK」の名前を一躍広めた「Nicheシンドローム」と同年となっておりベストなタイミング。 何がヒットするかなんて予測不能な音楽業界。 「何が何でもシーンの波に乗れ」「類似商品?上等だ!」「とにかく勝ち馬に乗るんだ!!」と業界各所で血眼になって探し続けていた「第二のワンオク」。 サラリーマンなら誰でも知っている「成功事例」ってやつですね。 そんな中、見つけ出された救世主。 なんてたって「TAKAの実弟」間違いないでしょと、神輿に担がれスピードデビュー。 本家本元超直系の第三王子を見つけてきた努力は、社会人として尊敬に値する。 「あのTAKAの弟がデビュー」なんて話を聞けば、ワンオクファンなら絶対に注目しちゃうよね? さらに今作のリリースは、『残響リファレンス』から半年後と、新規ワンオクファンも熱気ムンムンの万全の状態。 最悪失敗しても1作目は話題性で売れるはず!なんてしたたかさも兼ね備えた衝撃作となっている。 音源に関しては、2000年前半に流行した衝動的なスクリーモや、オルタネティブロックのテンプレ的な印象。 可もなく負荷もない感じである。 ワンオク人気にあやかりつつも、隙あらば本家を食ってやろうって売り手側の意志が感じられる完成度。 ただ、ヴォーカルの声はTAKAに似てはいるけど、やっぱり細い。 そして、1番足りなかったのは、ワンオクのキャッチーさ。 まだまだ拙い「HIRO君」を補うために、演奏をガチガチにした感じに聞こえてしまうかな。 まだ10代だった「HIRO君」の嬉し恥ずかしデビュー作。 黒と白で「人生」?あれ!?コレってもしかしての2ndアルバム「THE STORY IS MY LIFE」 前作から約1年。 黒い背景に白文字で「MY FIRST STORY」と書かれたジャケットが印象的な2ndアルバム『THE STORY IS MY LIFE』がリリースされました。 さらに前作よりも作曲者の趣向が前面に押し出された作品となっており完成度も高いのだが、相変わらずパンチが効いていない印象を受ける。 個人的にはどっちが1STアルバムだっけ?って間違えやすいジャケットは悩み。 遂に開花した「HIRO」のオリジナリティ!!3rdアルバム「虚言NEUROSE」 「鉄は熱いうちに打て」なんて言葉あるくらいなので、若い内にドンドン経験を積ませた方が良いのは当然のことである。 そんな感じで、前作からの1年で2枚のシングル(『最終回STORY』『Black Rail』)をリリースし、そして待望の3rdアルバム『虚言NEUROSE』をリリースした「MY FIRST STORY」。 我らの「HIRO君」も髪色を金髪に変えホスト風の出で立ちに見事に進化!!しかし、変わったのは風貌だけではありません!3枚目のアルバムして遂に手に入れた独自の世界観。 なんとも方向性が見いだせていなかった「マイファス」の音が確実に変わりだしたのは今作だ!! 何が変わったの?って部分については、エレクトリック・サウンドをふんだんに取り入れた『虚言NEUROSE』を聴けば一目瞭然!!ダンサンブルなビートに、切ないハイトーンボイスが絡み合う楽曲は、胸焼けしそうなほどエモーショナル。 激情に激情を重ねる歌唱と演奏は、ゼンマシマシチョモランマ状態と濃厚こってり次郎モード。 カロリー2000超え!?うるせぇ!!ってな感じで最高である。 ミュージック・ビデオはドラマパートが長すぎですが・・・。 筆者の感想としては、喉を絞り込むような声を出す「HIRO」の歌唱方は、今まで足りなかった「マイファス」としてのオリジナリティを感じさせてくれる。 ドラマのテイストとしては昭和のゴテゴテした恋愛物!! バンドとしてのグルーヴ感も最大の激情ロックの決定版!!4tnアルバム「ANTITHESE」 デビュー初期の「マイファス」ってなんかバンド感が薄く、メッセージ性もバンドとしての世界観もあんまり感じられなかったのだが、3rdアルバム辺からバンドって雰囲気が大分出てきたと個人的には思っている。 そして今作 「ANTITHESE」では、過去作品にはなかったバンドとしての確かなグルーヴ感がビシバシと伝わってくる。 「ワンオクのパクリ」なんて評価多い彼らだけど、完全に独立した音楽性に向かっている。 ワンオクはスタジアムロックやエモポップに、マイファスは尖りに尖ったポストハードコア路線に進んでますよね。 (デビュー当時からといえばそうだけど) 衝動的な楽曲が多い同ジャンルは、脆さや儚さ、苦悩や葛藤を背負いに背負った「HIRO君」には、お誂え向けのジャンル。 苦労と言っても、兄TAKAの方が大変だったかも・・・。 でも、あの兄と比較されるのも辛いかも・・・。 うーんなんとも。 一つだけ言えることは、HIRO君、大分ミュージシャンっぽくなってきたよね!! マイファス待望の武道館公演!!しかし・・・ tanilifelog 当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(、、、、)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』 氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、をクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくは、またはをクリックしてください。 初出掲載:2016年6月21日 改訂:2016年6月21日.

次の

ONE OK ROCK

ワンオク taka 弟 バンド

弟もバンドマン?ワンオクtakaのプロフィール! ロックバンド「ONE OK ROCK」のボーカル・takaさんですが、その弟もバンドマンとして有名です。 そんなワンオクtakaさんのプロフィールを見ていきましょう。 本名:森内貴寛(もりうちたかひろ)• 生年月日:1988年4月17日• 学歴:慶應義塾中等部卒 ワンオクtakaさんは幼稚園から高校まで慶應義塾湘南藤沢で過ごし、帰国子女も多い環境のため幼いころから英語に親しんでいたと考えられます。 高校を1年次に中退した後、2001年にジャニーズ事務所に入り「NEWS」のメンバーにもなりました。 しかしわずか3カ月でNEWSを脱退し、現在はONE OK ROCKとして活動しています。 ワンオクtakaの弟はHIRO!バンドのボーカル? ワンオクtakaさんは大人気ロックバンドのボーカルとして活動していますが、その弟のHIROさんもバンドのボーカルをしています。 ここでは、HIROさんの生い立ちや現在活動中のバンドについて紹介します。 ワンオクtakaの弟・HIROのプロフィール! ワンオクtakaさんの弟であり、自身もロックバンドのボーカルとして有名なHIROさん。 まずはHIROさんのプロフィールを簡単に見ていきましょう。 本名:森内寛樹(もりうちひろき)• 生年月日:1994年1月25日• 出身地:東京都• 血液型:A型 HIROさんは兄のtakaさんと同じくジャニーズ事務所に2002年に入所します。 入所当時はわずか8歳であり、当時最年少メンバーとしても話題になりました。 その後ジャニーズで3年間活動した後退所し、現在はロックバンドMY FIRST STORYのボーカルとして活躍しています。 公立中学校に通いジャニーズを目指したHIRO 幼稚園からずっと慶應義塾に通ってジャニーズに入所した兄のtakaさんと違い、HIROさんは公立中学に通いながらジャニーズを目指します。 過去には兄同様ジャニーズに入所していた! そしてHIROさんは過去に実際にジャニーズとして3年間ほど活動しています。 ジャニーズ事務所に入所した時の年齢は8歳で、現在でも最年少記録として有名です。 大学は行かずバンド「My first STORY」を結成! HIROさんは兄のtakaさんと年齢が6歳違うため、HIROさんが高校を卒業するころにはすでに兄のtakaさんはバンドを組んで活動していました。 そのためHIROさんはtakaさんに影響され高校卒業後にロックバンド「MY FIRST STORY」を結成します。 メンバーとの出会いは? MY FIRST STORYの最新のMVです。 儚いピアノのフレーズと激しくエモーショナルなバンドサウンドがマッチしています。 MVのかなり洗練されたものになっており、バンドの成長がうかがえます。 HIROさんはデビュー当時ほど声の高音成分の主張がなくなり、より艶やかさが増しました。 6歳年上の兄takaさんと比較すると、まだ多少の粗削りさはあります。 HIROのバンド「My first STORY」への世間の評価は? 兄のバンドONE OK ROCKを大々的に利用した形でプロモーションしたMY FIRST STORYは、世間からの評価はかなり厳しいものがあるようです。 中でもそういったプロモーションをした所属事務所に対する風当たりは強く、「10歳年上のメンバーと意気投合してバンドなんてできるか」というような厳しい意見もあります。 また、やはり兄のtakaさんと比べる声も多く、takaさんと比べて歌の実力はないともいわれており、批判の声が集まっています。 「My first STORY」の人気はうなぎのぼり?ツアーも開催! しかし一部の批判の声と裏腹に多数のファンがいる人気ロックバンドであることも事実です。 そしてバンドの人気はまだまだうなぎ上りで、各地のフェスや大きな会場を埋めています。 また、2019年5月にはホール編、アリーナ編にわけてのツアー開催も決定しており、今後の躍進が注目されています。 ワンオクtakaと弟・HIROの兄弟仲は? 兄弟そろってロックバンドのボーカルとして活躍しているワンオクtakaさんとマイファスHIROさんですが、2人の兄弟仲はどうなのでしょうか。 兄takaさんが弟HIROさんに向けた曲を書いたことや、2人の不仲説について紹介していきます。 ワンオクtakaは弟に向けた曲をつくった? 兄のtakaさんは弟のHIROさんに向けた曲を作ったのではないかという噂もあります。 その曲は「The Way Back」という曲で、ONE OK ROCKのアルバム「35xxxv」の海外版に収録されています。 兄takaさんはHondaの「Go,Vintage Point」シリーズのCM曲を2005年に担当。 そして弟HIROさんはTOYOTA「C-HR」のCM曲「With You」が話題となり、兄のtakaさん同様に車のCM曲に起用されたことにファンは感動していたようです。 ワンオクtakaが突き放した?不仲説の真相は? 兄のtakaさんが所属するONE OK ROCKは、HIROさんを突き放したことがあり兄弟仲は悪いという噂も囁かれています。 takaさんが突き離したのは「早く俺たちのところまで上り詰めてこい」という意思表示だったのではとの声もありますが、この噂は何も根拠がなく、そのような事実はありません。 将来的には兄弟のコラボもある? 仲が悪くないとなると期待されるのがやはり兄弟でのコラボです。 ONE OK ROCKのライブ中の質問コーナーでは「HIROとのコラボは?」というような質問もされています。 それに対してtakaさんは返答に困ってしまいますが、「今はまだそんな段階ではないが、そのうちあるかもしれない」と発言しており、いつか2人のコラボが見れるのではないかとファンは期待しています。 敬語でも兄弟仲は悪くない?お互いに刺激し合っている HIROさんは兄のtakaさんに対して、普段はなんと敬語で話しているそうです。 しかしそれは仲が悪いからというわけではなく、尊敬しているからだそうです。 HIROさんにとってtakaさんは常に目標とする存在で、超えるべき相手なのかもしれません。 弟・HIROはtakaを尊敬してる? 前述の通り弟のHIROさんは兄のtakaさんを尊敬するあまり敬語で話しています。 それは父の森進一さんが「縦社会を勉強させる」といって教育したことも影響しています。 takaから弟にプレゼントしたことも 兄のtakaさんはHIROさんの誕生日に誕生日プレゼントを贈ったというエピソードも有名です。 takaさんはHIROさんに「誕生日ならそう言えよ」と電話し、プレゼントを贈ったのだといいます。 兄弟間で現在でもプレゼントを贈るのはやはり仲が良いことの表れでしょう。 また、takaさんがかなり弟想いであることもわかります。 ワンオクtakaの家族は?弟がもう1人? ワンオクtakaさんとその弟のHIROさんについて紹介してきましたが、実はHIROさんは三男で、森内家にはもう一人兄弟がいます。 そのもう一人の兄弟はどんな人なのでしょうか。 また、兄弟の父は森進一さん、母は森昌子さんというのも有名な話です。 それについても紹介していきます。 これを見ると有名人だらけの一家であることがわかります。 ワンオクtakaの父親は森進一!教育熱心だった? ワンオクtakaさんの父は大物歌手として有名な森進一さんです。 森進一さんは教育熱心なことでも知られ、takaさんや兄弟はかなり熱心に育てられたようです。 その教育熱心さが、前述したような兄への尊敬を産んだと考えられます。 母親は元アイドル・演歌歌手の森昌子! 母親は元アイドル・演歌歌手として有名な森昌子さんです。 森昌子さんは活動を引退しましたが、現役の際は多数の音楽番組などに出演し、国民的な人気を博していました。 前妻は大原麗子!子供はいなかった 森進一さんには森昌子さんと結婚する以前に結婚していた前妻がいます。 女優として活躍し、大河ドラマ「春日局」に主演したことで有名な大原麗子さんです。 森進一さんとは1984年に破局し、子供はいなかったようです。 本名は、森内智寛(もりうちともひろ)さんといい、takaさんと同じく高校まで慶應義塾湘南藤沢で過ごします。 そして智寛さんは慶応義塾大学に進学し、卒業しています。 現在はテレビ局でAD(アシスタントディレクター)として働いており、既婚ではないかといわれています。 家族仲は?森進一は息子たちを応援してる?インスタで家族写真公開! 父の森進一さんは、インスタグラムに載せた写真から息子のtakaさんとHIROさんを応援していることがわかります。 takaさんのツアーを観に行ったり、HIROさんとバンドメンバーと一緒に写真を撮ったりとかなり家族仲はいいようです。 これからワンオクtakaとHIROのコラボが見れるかもしれない? ワンオクtakaさんとその弟のHIROさんについて紹介してきました。 不仲説やバンドの経緯もありますが、2人は非常に仲もよく、リスペクトしあっているということがわかりました。 また、ワンオクtakaさんは今後、HIROさんとのコラボもあるかもしれないと発言しています。 もしも2人のコラボが見れるとファンとしては非常にうれしいことになるでしょう。 今後も音楽界を引っ張っていく存在になるであろう2人のこれからの活躍に、より注目していきたいですね。 あなたにオススメ.

次の

ワンオクtakaの弟はHIRO!バンドは?兄弟仲や家族について!

ワンオク taka 弟 バンド

ワンオクTAKAの弟2人 次男三男 のバンドと仲 森進一さんを父に持つTAKAさんとヒロさんですが、 その兄弟仲は少し変わっているそうです。 どこが変わっているのかというと、 父の森進一さんの方針で、 社会に出て、しっかりと縦社会に対応するようにと、 兄弟の間でも「敬語」が使われているそうです。 その話は俳優の佐藤健さんが、 ラジオの中で話していたそうで、 どこまでは真実かはわかりません。 TAKAさんとヒロさんの兄弟仲は、 常に間接的な話ばかりなので、 直接、二人の会話を見る機会がない限り、 その仲の良し悪しは確定できません。 互いにMCでちょろっと触れることはあっても、 どこまでがネタなのか、どこまでがガチなの不明です。 ジャニーズ時代はツーショットの写真など残っており、 当時、兄弟でファンで応援していた方も多かったことでしょう。 しかし、6歳も差があったということで、 大人と子供ぐらいの関係だったと思えます。 成長期の過程では、 TAKAさんは父と喧嘩し、 家出までしてるので、 思い出がすっぽり抜けてる部分が多いと思います。 TAKAさんは家出してから、 そのままバンドで成功してるので、 ヒロさんと共に過ごした時間は少ないです。 ジャニーズでも上下関係が厳しいとなれば、 父の教育とは別のところで、 ヒロさんがTAKAさんに敬語を使う意味が出てきます。 ヒロさんからしたら、 今も昔も、兄・TAKAは、 業界の先輩でしかないのかもしれません。 マイファスでワンオクの2バンドが、 今後ツアーするようなことになれば・・・と、 両ファンは賛否ありながらも、心中期待してることでしょう。 ワンオクTAKAの身長と体重 本当にサバ読んでない? ステージでは圧倒的なルックスで、 多くの女性を虜にしているTakaさんですが、 その身長に関しては多くの説があります。 Takaさんが公表してる 身長は168センチですが、 実際はもっと低いのではないか?と言われてます。 しかし、ステージ上の彼は大きく見えるので、 むしろ170センチ以上あるのではないか?とも。 矛盾した両方の説・・・笑。 元ジャニーズのいた身なので、 その頃の公表した身長が、 そのまま現在も受け継がれているのか?と。 ジャニーズといえば、 身長を高めに公表したり、 人によっては逆サバで小さく公表したりします。 スマップの中居くんは身長170センチあるのにもかかわらず、 長年、公表していた身長は166から8ぐらいでした。 Takaさんの身長に巡っては多くの説がありますが、 個人的には168センチが一番自然な公表だと思います。 ちなみに父の森進一さんは、 167センチと小柄です。 さらに母親の森昌子さんは154センチです。 遺伝子的には170いかないのは、 そこまで怪しくないです。 Takaさん本人が身長やらヴィジュアルやら、 別にどうでもいいぐらいの方なので、 わざわざサバ読んだりはあり得ないので、 168センチで間違いなのかなと。

次の