ふたり で にゃんこ 大 戦争 大 狂乱。 [木]狂乱・大狂乱のフィッシュ&トカゲ|ふたりで!にゃんこ大戦争(Switch版) 攻略のナノゲームス

【にゃんこ大戦争】大狂乱のウシ降臨の攻略とおすすめキャラ|ゲームエイト

ふたり で にゃんこ 大 戦争 大 狂乱

とにかく出現数が多く処理が遅いと前線を維持できなくなるので、高火力で敵をまとめて処理できる範囲攻撃持ちをアタッカーとして採用しましょう。 壁は最低4体以上編成(多いほど良い) 壁が少ないと敵城攻撃後大量に出現する「狂乱のウシネコ」相手に前線を維持できないので、壁は必ず4体以上編成しましょう。 「狂乱のウシネコ」は単体攻撃なので、壁の数が多いほどより立ち回りが安定します。 癒術士を編成すると楽に攻略できる 全敵停止妨害を持つ「」を編成すると、「狂乱のウシネコ」の動きを完全に抑えることが可能です。 攻略に時間はかかるものの、かなり簡単にクリアできます。 金欠になるので無駄なキャラは入れない 「狂乱のウシ降臨」は終盤金欠になりやすいので、無駄なキャラを編成しないように注意しましょう。 下手に大型キャラを複数積むと苦しくなるため、パーティは最小限に抑えるのがポイントです。 攻撃頻度で劣る大型は逆に苦戦することがあるので、メインアタッカーには量産を置いた布陣がおすすめです。 パーティ編成2 編成キャラ - - 発動にゃんコンボ なし 全敵停止妨害を持つ「癒術士」を編成したパーティです。 「癒術士」なら大量の「狂乱のウシネコ」も簡単に抑えることができるため、非常に簡単にクリアできます。 停止UPのコンボがあるとより安定感が増しますが、なくても攻略は可能です。 キャラのレベルは全て20辺りでも攻略できます。 狂乱のウシ降臨の攻略と立ち回り 攻略ポイント• 敵城攻撃後、一定時間発生するウシネコラッシュを耐えられれば勝ち• 大型キャラは敵が固まったタイミングで生産して、敵を一網打尽にするのが良い• 壁を生産しながら前線を維持する• 財布を強化しつつ資金を最大まで貯める• 準備が不十分なまま戦うとウシネコラッシュを耐えられないので、必ず戦闘準備を万全に整え敵城を攻撃しましょう。 敵城攻撃までは、時間経過で「ウサ銀 赤兎 」が合計7体、約20秒経過で「狂乱のウシネコ」が1体出現します。 まずは壁だけ生産して前線を保ちつつ、財布の強化と資金貯めを終わらせましょう。 前線を維持しづらい時は、「ウサ銀」を処理し突破力を少し削ぐのがおすすめです。 壁と量産アタッカーを全て生産する• 「狂乱のウシネコ」撃破後は、ウシネコラッシュに備え壁とアタッカーを限界まで生産して敵城を攻撃しましょう。 手持ちのキャラを全て生産し続ける• ラッシュが収まるまで狂乱のウシネコを倒し続ける• 敵城攻撃後も立ち回りは同じで、壁とアタッカーを生産して出現する「狂乱のウシネコ」を倒し続けましょう。 有限湧きの「狂乱のウシネコ」30体を倒しきれば、敵のラッシュは終わります。 ラッシュ終了後は無限湧きの「狂乱のウシネコ」がポツポツ出てくるだけなので、一気に攻めたて敵城を落としたら終わりです。

次の

[火]狂乱・大狂乱のバトル&キモネコ|ふたりで!にゃんこ大戦争(Switch版) 攻略のナノゲームス

ふたり で にゃんこ 大 戦争 大 狂乱

第3形態は「大狂乱のネコフィッシュ降臨」クリア後にLv20 狂乱のネコトカゲ 狂乱のネコドラゴン 狂乱のネコキングドラゴン 1000円 第1,第2,第3形態 特性なし ネコトカゲより全体性能が高い 狂乱ステージ「狂乱のネコトカゲ降臨」で入手。 狂乱のネコフィッシュ自体はかなり弱いので、安価壁を連打していれば前線を維持できる。 危険なのは城を少しでも削ると出現する超メタカバちゃんなので、メタル対策のキャラを連れていくこと。 出現するのは1体だけなので、クリティカルでしっかりダメージを与えていけば特に怖い要素は無い。 その後ろに後方アタッカーをため込むようにしてダメージを稼ぐこと。 城にさわると赤のコアラが出現。 ネコアイス第3形態で「止める」を当てたり、ネコマシン第3形態で波動打ち消ししつつ耐えるのが得策。 第3形態の前田慶次のダメージ稼ぎがかなり機能した感じ。 射程が非常に長く攻撃の回転率も高いため、アフロディーテ含む並の大型アタッカーは攻撃をまともに当てることができず一方的にやられてしまう。 オタネコの射程があればネコトカゲに対しては安全に攻撃できるので、前線維持をしつつオタネコの数を増やしていく攻略がまずまず楽。 範囲攻撃を行える安価なキャラ(ウルトラソウルズ系)で早めに処理し、狂乱のネコトカゲと頻繁に出現するフルぼっこと戦う状況を作る。 フルぼっこが出現している時が一番危険なので、安価壁が4枚でなんとか前線を維持しつつ、温存しておいた大型アタッカーをそこで生産し、ネコトカゲではなくフルぼっこを倒すことに使用すること。 にゃんこ砲でフルぼっこのラインを下げさせることも大事。 お金を貯めにくいので、フルぼっこがいないタイミングの壁生産の数は様子を見ながら行うと良い。 安価壁を4枚用意し常に生産していればネコトカゲ3体は止めることができるが、定期的に出現する白のラッコがラインをガンガン上げてくるため、後方アタッカーを上手く使って処理していかなければならない。 ネコトカゲは射程が長いが攻撃間隔が少し長めなので、真田幸村や覚醒ネコムートなどの速攻キャラをうまく差し込んでダメージを稼ぎたい。 常に安価壁を生産しつつ、白ラッコ出現時にアタッカーを2体出して対応しつつ、焦ってネコトカゲにダメージを与えに行かずにじっくりやる。 アタッカーを出すのは白ラッコがネコトカゲよりもやや前に出たタイミング。 早く出しすぎるとアタッカーがネコトカゲの攻撃ですぐにやられてしまうので、あえて白ラッコにラインを上げさせてから対応するのがポイント。 序盤のザコラッシュが微妙に厄介なので、すぐにフィリバスターを出して時間を稼ぎつつ、前田慶次や真田幸村などの中コストアタッカー1体の生産を急ぐこと。

次の

ふたりで!にゃんこ大戦争(Switch版) 攻略のナノゲームス

ふたり で にゃんこ 大 戦争 大 狂乱

クリアすると特定のノーマルキャラの強化版である 狂乱キャラ(激レアキャラ)を入手できる。 かなり短いスパンで繰り返し開催されるが、一応期間限定となっているので見かけたら挑戦してみると良いかも。 事前準備として、宇宙編まで一通りクリア済み・主力お宝を最低限解放しておくこと。 名称 貰えるキャラ 開催時期メモ 狂乱のネコ降臨 狂乱のネコ 月曜日 狂乱のタンク降臨 狂乱のタンクネコ 月曜日 狂乱のバトル降臨 狂乱のバトルネコ 火曜日 狂乱のキモネコ降臨 狂乱のキモネコ 火曜日 狂乱のウシ降臨 狂乱のウシネコ 水曜日 狂乱のトリ降臨 狂乱のネコノトリ 水曜日 狂乱のフィッシュ降臨 狂乱のネコフィッシュ 木曜日 狂乱のトカゲ降臨 狂乱のネコトカゲ 木曜日 狂乱の巨神降臨 狂乱の巨神ネコ 金曜日 大狂乱ステージについて 大狂乱ステージの概要・開催時期 狂乱ステージを全てクリアすることでさらに難易度の高い「大狂乱ステージ」の解禁を確認。 これをクリアすることで各狂乱キャラの第3形態が解放。 通常の狂乱ステージと同じく、 各曜日ごとにそれぞれ大狂乱ステージが開催される。 大狂乱ステージはネコカンを使ったコンティニューが禁止されている。 どちらも安価で優秀な壁役で、ノーマル版より足がかなり速いため壁役としてより機能するようになる。 狂乱ステージに限らずどこでも活躍できる汎用キャラで、レジェンドステージの攻略にも必須級。 狂乱のネコ降臨の難易度が一番低いのでまずはそちらをクリアしたあと、狂乱のネコを編成して狂乱のタンクをクリアする流れになる。 取り巻きが属性持ちの場合もあるので、ステージによってうまく編成を使い分ける必要がある。 ある程度キャラが揃ってくるまではこんな感じの雑な組み合わせでもOK。 大型アタッカーは誰という指定はないが、 ボスの攻撃が届かない位置から攻撃できるということが重要。 ボスの攻撃がカスっただけで数発でやられてしまうので可能な限り射程の長いキャラを選ぶこと。 上記の編成だとアフロディーテやかむくらはボスの攻撃が届きにくいが、キャットマンダディくらいの射程だとけっこう被弾してしまう。 大型枠のところに1体だけネコルガ族の妨害キャラを入れるのもオススメ。 ネコルガ族の第2形態以上だと射程も長く範囲妨害を撃てるのでなかなか便利(火力は期待できないが)。 ボスが出現してからは壁キャラ4体をひたすら生産し続け、ボスの取り巻きを倒した時のお金で大型アタッカーを生産するの繰り返し。 狂乱ボス以外にも取り巻きがかなり湧くため、それらを処理することもちゃんと考えてないと一気に壊滅してしまうことがある。 具体的にどれくらいダメージが入ってるのか確認するために、初回は少しプレイしたあとに一回全滅してボスのライフを確認してみるというのもアリ。 確実に与えられている実感があるなら不要。 時間がかかりすぎていると忠告の看板を持ったキャラが登場するが、確実にダメージを与えられているのであれば気にする必要はない。 看板持ちのキャラも倒すことができる。 スニャイパーも入れておくと楽になる。 大狂乱ステージの共通攻略 基本的には通常の狂乱ステージと同じ方針での攻略になる。 ただし相手の強さもそれなりにアップしているので、狂乱ステージをギリギリで抜けてきた場合は苦戦を強いられることになる。 第3形態のキャラを揃えていくと安定して勝てるようになるので、コツコツと戦力補強していくことが大事。 波動対策+耐久が可能なネコマシン第3形態に、"や第3形態の真田幸村、アフロディーテなどの後方アタッカーがいるとかなり勝ちやすい。

次の