岩永琴子。 【虚構推理】岩永琴子が桜川九郎の恋人に!?知恵の神の情報をまとめてみた【ネタバレ注意】

【サプライ】「虚構推理」から『岩永琴子』スリーブ・ラバーマットなど新作サプライ14種が登場 2020年8月発売 予約開始 田園補完計画 第十七次中間報告書

岩永琴子

主人公、岩永琴子のプロフィールを紹介! 本作品の主人公『岩永琴子』は現在、恋人の桜川九郎と同じ大学に通う大学生です。 美少女と言ってもいい容姿ですがどう見ても大学生に見えないので、大体中学生に間違われています。 世界的な有名な名家の生まれですが、幼少の頃に妖怪や霊的存在の知恵の神(相談役的なもの)になるという契約をしており、その際片目と片足を失っています。 ここはオカルトが当然の権利のように存在する世界 ミステリー作品のくせに妖怪や霊的存在が普通に登場します。 当然、世間一般的には妖怪や霊的存在はありえないものとされていますが、怪異たちの知恵の神となった琴子にとってはごく当たり前の存在であり、ごく当たり前に意思疎通をとっています。 普段から妖怪たちはトラブルの解決のために琴子を頼っており、逆に事件解決のために怪異からの情報を得ることもあります。 岩永琴子と桜川九郎は恋人同士?でも、ちょっと一方的な関係かも 岩永琴子は2年前病院通いをしている際に見かけた桜川九郎に一目惚れしてしまいます。 しかし、その直後綺麗な女性が恋人であることが発覚し一瞬でハートブレイクします。 その後も諦められない琴子ですが、その綺麗な女性こと宮原紗季との関係はトントン拍子に進展していきハートブレイクはさらに加速していきます。 さらにいえば、琴子は元々九郎のストライクゾーンから外れていたので、もう琴子のライフはゼロよ。 桜川九郎と宮原紗季の破局 しかし、結婚が決まっていた寸前で九郎と紗季は破局。 ここぞとばかりに琴子は九郎の恋人に立候補します。 別れを切り出したのは紗季のほうでしたが、その理由は人外の存在との遭遇でした。 そこで恐怖の対象のはずの人外が九郎を見て脱兎のごとく逃げ出したから。 つまり、九郎は人外の存在すら恐れる存在だったのです。 何だかんだで付き合うことに それから琴子と九郎は恋人関係になりますが、好意は琴子の一方的なもので九郎は当然のように琴子をないがしろにするし執拗にスキンシップをとりたがる琴子をあしらっています。 琴子と結婚すれば地位も遺産も一緒についてくると主張しても、九郎には全く響いておらず、一緒に映っている写真も、目が死んでたりおおよそ楽しそうに見えないものでした。 それでも、九郎は琴子のことを嫌っている訳ではないようです。 目下の敵は紗季?嫉妬深くやきもちを焼く『岩永琴子』 鋼人七瀬の一件で琴子は警察官となった宮原紗季と再会します。 そして鋼人七瀬を消滅させるために行動を共にすることになりますが、紗季は相変わらず九郎にとって理想の女性であり、破局した後さらに九郎が好みそうな女性になっていて、琴子はより一層、危機感を募らせます。 琴子はどうにか紗季と九郎を近づけさせないようにしますが、知恵の神として類まれなる洞察力、推理力を持つくせに紗季や九郎のことになると空回りすることも多いです。 うざ可愛い岩永琴子 琴子の可愛さを一言で表すと、うざ可愛いという言葉がぴったりかと思います。 推理の時には驚異的な洞察力を見せますが、それ以外の場面ではしつこく九郎にまとわりついては軽くあしらわれたり、九郎の元恋人の弓原紗季に対しては現恋人であることを理由に煽ったり、予防線を張ったりしますが、大体子供っぽいの逆に煽られ返したりパンチを喰らったりしています。 うざ可愛い。 抜群の推理力と洞察力、そして論理力を持つ知恵の神『岩永琴子』 基本的には煽られればリアクションしてくれるうざ可愛い岩永琴子ですが、主人公であり怪異たちの知恵の神でもあり、その推理力、洞察力はまさに人間離れしています。 幼少の頃、知恵の髪になり片目片足を失いますが、それからは日夜、妖怪や霊的存在に頼られ、数々のトラブルを解決してきた相談役であり怪異に関する知識も豊富です。 圧倒的な論理構築力 推理力や洞察力もさることながら、通常ミステリー作品の主人公にはあまり必要ない論理構築力、および説得力にも優れています。 普通のミステリーなら探偵役の言うことは全て正しいものとして扱われますが、本来その推理を納得させるには人狼ゲームさながらの論理力や説得力も必要となります。 この作品では虚構、真実ではなく嘘でゴリ押しして不特定多数の人物を納得させる必要があります。 真実を解明するのではなく、都合のいい方向に人々を納得させるというのが作品のテーマであり、当然その能力にも優れています。 ミステリーの禁じ手を使える『岩永琴子』 本作品は虚構によって、人々を納得させる作品ですが前提として真実を解明する必要も出てきます。 本来であれば地道な証拠からロジックを組み立てるのが王道ですが、怪異たちと意思疎通することが出来る琴子は『実際に事件現場を見ていた亡霊の目撃証言』を聞くという他に類を見ない荒業で真実にたどり着くことが出来ます。 ミステリーにおいてこんな証明の仕方があるか!と言われてもおかしくない荒業です。 本作品は『虚構推理』 ただ、実際に見た幽霊が証言した真実は都合のいいものとも限らないし、何よりそれが真実だろうが嘘だろうが信じてくれる人はいないでしょう。 なので、それが真実でも虚構でもいかに人を納得させるかが重要視されるのが『虚構推理』という作品なのです。 【虚構推理】岩永琴子まとめ この虚構推理という作品はいかに真実を明らかにするかという作品ではなく、いかに皆に納得してもらうかを推理するミステリーです。 ただ、そのミステリーを彩るキャラクターの個性も強く、主人公の岩永琴子もうざ可愛くて好感が持てる主人公です。 キャラクター、ストーリーともに見どころのある作品なので是非見てみてください!.

次の

【虚構推理】知恵の神となった虚構推理の主人公『岩永琴子』を紹介!

岩永琴子

家はかなり由緒ある名家で、 琴子は岩永家のお嬢様です。 体が小さく見た目も幼いのでとても大学生には見えません。 よく中学生くらいに間違われます。 性格はかなり積極的。 とくに好きになった男性にはとても積極的です。 そして恋敵には対抗心をむき出しにします。 そんな琴子は 頭の回転がとても速く、洞察力や観察力、論理的思考や表現力にすぐれた女性です。 従来のミステリー作品の場合、主人公は正しい答えを導くのが役割です。 しかし「虚構推理」は、虚構により生まれた相手を虚構を持って退治するという内容のストーリーです。 琴子は問題を解決するために、虚構、つまり嘘を積み重ねて事実のように思わせていくことで人々を納得させ、敵を倒すという手法をとります。 嘘を積み重ねて人を説得するためには、洞察力や観察力、論理的思考が必要です。 琴子はその能力に長けており、事件のクライマックスでの4つの推理はとても見応えがあります。 「虚構推理」琴子と九郎の関係 琴子が九郎に猛アプローチ そんな琴子が九郎に出会ったのは琴子が15歳、九郎が20歳のときでした。 琴子は桜川九郎に一目惚れします。 でも九郎には弓原紗季(ゆみはらさき)という彼女がいました。 琴子が幼く見えるのに対して、九郎より1歳年上のサキは美人系。 タイプがまったく違います。 琴子には勝ち目があるようには思えませんでした。 しかしある事件をきっかけでサキは九郎と別れる決心をします。 ・ 九郎がサキと別れたことを知った琴子は九郎に猛アプローチ。 半ば強引に九郎と付き合い始めるのでした。 だから「虚構推理」での 琴子と九郎は恋人の関係です。 琴子と九郎は本当に恋人同士? 琴子と九郎は一応付き合っているようですが、気持ちは琴子の一方的なもののようです。 琴子は九郎への愛を隠そうとはしませんし、積極的にスキンシップを取りたがります。 でも九郎は琴子を冷たくあしらうことが多いですし、琴子にスキを見せようとはしません。 九郎は元カノのサキに琴子が彼女であることが「心底嫌だ」と話していたくらいです。 マンガを読んでいても九郎が琴子を好きな理由がよくわからないのですが、かといって嫌いというわけではなく、微妙な距離感で2人の交際は続いているようです。 サキは年齢を重ね、以前よりさらに魅力的な女性になっていました。 琴子と九郎は付き合っているといっても、九郎の態度はいつも冷たく、琴子を適当にあしらっていることが多いです。 そんな琴子はサキを見て焦りを募らせます。 サキは自分から別れたとは言え、今だに九郎のことが完全に忘れられずにいます。 琴子はサキに敵意を剥き出しにします。 そして九郎とサキを再会させてはいけないと思うのですが、鋼人七瀬事件解決には九郎の力が必要です。 また事件解決にはサキが持っている警察の情報が必要です。 結局九郎とサキは久しぶりに再会することになり、3人で鋼人七瀬事件に挑むことになります。 岩永琴子の過去の事件とは? 琴子は11歳の時ある事件に巻き込まれました。 その事件がのちの琴子の運命を大きく変えることになります。 琴子の過去の事件について解説します。 琴子が巻き込まれた事件 琴子には妖怪やあやかし、怪異の姿を見ることができます。 それには過去に巻き込まれた事件が大きく関係しています。 琴子は11歳の時、怪異たちに連れさられました。 そして自分たちの「 知恵の神」になってほしいとお願いされました。 妖怪や怪異たちは知能が低く、争いが起こったときにそれをとりなしてくれる存在が必要でした。 琴子はこれを了承し、彼らの知恵の神になります。 それ以来怪異たちは争いごとや問題が起きると、解決策を求めて琴子のもとに訪れるようになります。 岩永琴子が一眼一足の理由 知恵の神になったために一眼一足に 琴子は妖怪たちの「知恵の神」になる代わりに右目と左足を失います。 公園のベンチでうたた寝しているところを発見された時には、すでに一眼一足になっていました。 なぜ片目と片足を失ったのか? それは 片目と片足を奪うことで、琴子を神にするという妖怪たちの考えがあったようです。 一眼や一足の神は多くの言い伝えにあると言われています。 例えば古事記には「 クエビコ」という一足の神が登場します。 歩くことはできませんが、知恵の神様として古事記に描かれています。 同様に一足または一眼の神は海外にもあり、そもそも神の条件として描かれていることも多いといいます。 これらの言い伝えにあるように琴子は妖怪たちに右目と左足を奪われ、彼らの神となりました。 知恵の神になった琴子にメリットは? では妖怪たちの知恵の神になった琴子に何かいいことはあるのでしょうか? 一眼一足を失ったのですから、それなりのものがあってもいいですよね! 妖怪たちはどこかで何が起きたなど、琴子が知りたい情報を教えてくれたり。 また琴子が知りたいことを調べてくれたり、お願い事を聞いてくれたり。 妖怪たちはありとあらゆる面で琴子の力になってくれます。 本作品の鋼人七瀬事件でも、七瀬かりんが死んだ現場で仕事をしていた作業員の霊を呼び出し、七瀬かりんが死んだ時の様子を聞き出すことができました。 本作中では他にも琴子が妖怪たちに助けてもらったり、逆に助けてあげたり、と妖怪たちと接する場面がたくさんが描かれています。 そう考えると琴子にとって一眼一足を失ったことは決して悪いことばかりではないようです。 「虚構推理」の岩永琴子は桜川九郎と同じ大学に通う大学生• 琴子と九郎は恋人の関係• 琴子は11歳の時妖怪にさらわれ、彼らの「知恵の神」になった• 「知恵の神」になることと引き換えで、一眼一足になった 言葉で説明するのはむずかしいですが「虚構推理」はとにかく風変わりな作品です。 妖怪は普通に出てくるし、推理も嘘を積み重ねていくというメチャクチャなものだし。 でもハマります!おもしろいです。 最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の

虚構推理 岩永琴子

岩永琴子

🍯🍀 MYKeyIST 『少年マガジンR』にて大人気連載中の漫画「虚構推理」! 累計発行部数が200万部を突破した大ヒット漫画が、ついにアニメ化されました! 主人公・岩永琴子が怪異から相談を受け、「鋼人七瀬」と呼ばれる怪異を退治しようと奮闘する物語です。 琴子の恋人・桜川九郎とも協力し、鋼人七瀬を退治する策を考えます。 日に日に力を増していく鋼人七瀬は、ついに殺人事件まで引き起こします。 そこで岩永琴子は鋼人七瀬の正体に気づき、消滅させるために何をするか・・・!というストーリーです。 そのため右目には義眼、左足には義足をはめて生活しています。 それ以来平和を守るために、怪異たちのトラブルを解決しようと日々相談にのっています。 可愛らしい美少女ですが、小柄のためによく中学生に間違われてしまいます。 一見お嬢様風なのですが、少々下品な言葉遣いをするときもあり、周囲から品がないと言われてしまいます。 虚構推理の主人公・岩永琴子を演じているのは鬼頭明里さんです。 鬼頭明里さんはもともと絵が得意で、かいたイラストがプロ並みにうまいと評判です! もともとイラストレーターになることを夢見て地元・名古屋の大学に進学する予定で、大学生活のかたわらイラストレーターの勉強をするつもりでいました。 しかし、両親から突然『大学は奨学金で行け』と言われ大学へ進学することが難しくなり、声優の道へ進むことになります。 高校卒業後は単身上京し、プロ・フィット声優養成所にてレッスンを受ける日々を過ごしていました。 養成所を卒業後は「プロ・フィット」に所属しています。 デビューからまだ4年ほどしかたっていないのですが、圧倒的な演技力と可愛い見た目がウケています。 そして、その見た目からは想像できないほどかっこいい声を出せるので、今後の活躍が期待されています! 岩永琴子以外の主要キャラクター 鬼頭明里さんの代表作として、『ブレンド・S』の日向夏帆役、『ようこそ実力至上主義の教室へ』堀北鈴音役、『私に天使が舞い降りた!』姫坂乃愛役、 『鬼滅の刃』竈門禰豆子役、地縛少年花子くんの 八尋寧々役などがあります。 堀北鈴音役で鬼頭明里さんを知った方も多いようで、作中でもメインヒロインです。 黒髪ロングの美少女ですが、周りとは馴れ合おうとせず、普段はクールなキャラでした。 ファンの中では『ブレンド・S』の日向夏帆役も人気のようです!金髪にツインテールで豊満なボディといった、男心をくすぐる役どころ。 喫茶店で働く従業員の1人・日向夏帆は『ツンデレ担当』として視聴者を釘づけにしていました。 岩永琴子の声優まとめ 岩永琴子を演じているのは鬼頭明里さんでした! その演技力の高さで、どんなキャラを演じても見事に当てはまるカメレオンっぷり。 演じられる役の幅広さも魅力で、大抵のキャラクターは演じ切ることができる万能っぷりも出演オファーが絶えない理由でしょう。 これからの活躍も楽しみですね!.

次の