お構い も でき ず。 「構いません」の敬語の意味!目上や上司には失礼?ビジネスメールの使い方!

「製造業の技術者だから在宅勤務できない」は本当か

お構い も でき ず

「構わない」には差つかえない、気にしないといった意味があることが分かりました。 では、この敬語表現にあたるものは何になるのか。 正解は「構いません」という表現です。 「お」や「ご」等の和語や漢語をつけるのではなく、普通に敬語表現に用いる「ですます調」にしてしまえばいいだけですね。 ですが、「構わない」という言葉は実は意味が多様でもあります。 上記では肯定をする場合に用いる言葉と言いましたが、気遣いをする際にも用いることが思い出されますよね。 例を挙げるなら接待をされた際に「お構いなく」なんて感じで「気を使わないでくださいね」というときに使いますよね。 こちらの意味でとられしまわないように、またはこちらの意味で使ったのに!とややこしいことにならないように使う場面には気を付けたほうがいい言葉です。 上記でメールで使用する際の「構わない」の敬語表現を紹介しましたが、口頭で伝える際の敬語表現も紹介したものと変わりなく使用することができます。 気を付けることといえばやはり、「構わない」には色々なニュアンスが含まれていますので、状況に合わせて使い分ける事です。 丁寧な表現に直しても「構いません」を「問題ない」、「それでお願いします」といった意味で使う際は冷たい印象を与えてしまいがちです。 気遣いをしてくださった相手に「お構いなく」というのでは良い印象を与えるのですが、こういった、肯定をする際に使用する場合は自己主張の強い言葉になってしまいますので、目上の方に使うことはあまりお勧めできません。 似たような表現で注意するべき言葉 「構わない」という表現は敬語表現を用いても、目上の方等に冷たい印象を与えてしまいがちなことがわかりました。 こういった、敬語表現にしていても失礼な印象や、冷たい印象を与えてしまうことがあります。 例えば「すみません」と「申し訳ございませんでした」という謝罪に使う2つの言葉があります。 馴染みのある、普段から使う表現は「すみませんでした」が多いかと思います。 しかし、ビジネスシーンで目上の方への謝罪をする場合には軽い印象を受けますよね。 ですので、そういった軽い印象を与えてはいけない場合は後者の「申し訳ございませんでした」を使います。 また、「了解しました」と「承知いたしました」もこれらと同じで状況によって変えるできものです。 本来「了解」という言葉は立場が上の方が部下に対して許可を与える際に用いられる言葉であって、部下から上司に使う言葉ではありません。 使ってしまうと、経緯を持たれていないと思われてしまうこともありますので、「承知いたしました」という表現をするようにしましょう。

次の

【例文あり】構いませんは敬語として正しい?詳しい意味や類語も確認

お構い も でき ず

「構わない」には差つかえない、気にしないといった意味があることが分かりました。 では、この敬語表現にあたるものは何になるのか。 正解は「構いません」という表現です。 「お」や「ご」等の和語や漢語をつけるのではなく、普通に敬語表現に用いる「ですます調」にしてしまえばいいだけですね。 ですが、「構わない」という言葉は実は意味が多様でもあります。 上記では肯定をする場合に用いる言葉と言いましたが、気遣いをする際にも用いることが思い出されますよね。 例を挙げるなら接待をされた際に「お構いなく」なんて感じで「気を使わないでくださいね」というときに使いますよね。 こちらの意味でとられしまわないように、またはこちらの意味で使ったのに!とややこしいことにならないように使う場面には気を付けたほうがいい言葉です。 上記でメールで使用する際の「構わない」の敬語表現を紹介しましたが、口頭で伝える際の敬語表現も紹介したものと変わりなく使用することができます。 気を付けることといえばやはり、「構わない」には色々なニュアンスが含まれていますので、状況に合わせて使い分ける事です。 丁寧な表現に直しても「構いません」を「問題ない」、「それでお願いします」といった意味で使う際は冷たい印象を与えてしまいがちです。 気遣いをしてくださった相手に「お構いなく」というのでは良い印象を与えるのですが、こういった、肯定をする際に使用する場合は自己主張の強い言葉になってしまいますので、目上の方に使うことはあまりお勧めできません。 似たような表現で注意するべき言葉 「構わない」という表現は敬語表現を用いても、目上の方等に冷たい印象を与えてしまいがちなことがわかりました。 こういった、敬語表現にしていても失礼な印象や、冷たい印象を与えてしまうことがあります。 例えば「すみません」と「申し訳ございませんでした」という謝罪に使う2つの言葉があります。 馴染みのある、普段から使う表現は「すみませんでした」が多いかと思います。 しかし、ビジネスシーンで目上の方への謝罪をする場合には軽い印象を受けますよね。 ですので、そういった軽い印象を与えてはいけない場合は後者の「申し訳ございませんでした」を使います。 また、「了解しました」と「承知いたしました」もこれらと同じで状況によって変えるできものです。 本来「了解」という言葉は立場が上の方が部下に対して許可を与える際に用いられる言葉であって、部下から上司に使う言葉ではありません。 使ってしまうと、経緯を持たれていないと思われてしまうこともありますので、「承知いたしました」という表現をするようにしましょう。

次の

「構いません」の意味とは?使い方や注意点から類語、英語表現まで詳しく解説!

お構い も でき ず

気になる項目をクリック• 1.「構いません」の意味 「構いません」という言葉を言い換えると、「構わなくて」という意味になります。 すなわち、 心配しなくても良い、気遣いは不要です、と同じ意味を表しているのです。 相手が自分に対して気を遣う必要がないということは、相手のことを肯定することを意味しており、「問題ない」、「大丈夫」というで使われることが多い言葉です。 もう少し詳しく掘り下げると、相手から何かを求められたときに許可をするという意味合いの強い言葉として使用されています。 2.「構いません」は敬語として適切? 相手のことを気遣い、肯定する「構いません」という言葉ですが、 実際に目上の人やお客に対して使用することは適切なのでしょうか。 どこか 上から目線のようなニュアンスにも捉えられがちな言葉でもあるため、敬語として使用することに躊躇する人も少なくありません。 ここからは、「構いません」を目上の人に使用する際のポイントを説明していきます。• なぜならば、「構いません」という表現は何かを許可する意味合いの強い言葉であるためです。 何かをしても良いかうかがいを立てられたときに許容するニュアンスを含んでおり、こちらが謙って使用するには適切ではない言葉でもあるのです。 例えば、取引先から訪問時間の相談があった際に「いつでも構いません」と返答したり「A案とB案どちらが良いか?」を聞かれた際に「どちらでも構いません」と返答するように、何らかの判断を下すときに使用するとな印象を与えてくれます。 そのため、 ビジネス文書において企業間での正式なやり取りをするうえでは適切ではありません。 付き合いの長い取引先担当者とのメール内でフランクなやり取りをするうえでは問題ありませんが、 契約に関する重要な書類などにおいて使用は控えたほうが良いです。 文書内で「構いません」というニュアンスを表すのであれば、「問題ございません」や「不問です」のような言葉を選択するのがベストといえます。 3.「構いません」を類語で言い換えるには? 「構いません」の適切な使用例をご紹介してきましたが、なんども同じ表現ばかりになってしまうのが嫌な時もあるでしょう。 そんなときでも、「構いません」以外で同じ意味を持った言葉を覚えておけば安心です。 「構いません」の言い換え表現には以下の例があります。 ただし、意味は同じでも少しだけニュアンスが異なる表現もあるので、ここからは言い換え表現について詳しく解説していきます。 そのような場合は、「」という言葉選びがコミュニケーションを円滑にしてくれます。 「大丈夫」は「必要ない」「気遣いありがとう」など、複数の意味を持った言葉として若者を中心に多用されていますが、気心の知れた仲であれば何ら不自然な会話でもなく、むしろ積極的に使っていきたいフレーズのひとつです。 不要であるという否定の意味と、それで良いという肯定を表す二面性を持った言葉ですが、初対面の人に対して利用できる便利な言葉です。 例えば店頭で接客を受けて「いかがでしょうか?」と質問された場合、 「これで結構です」と返答すれば丁寧な肯定の意味として捉えられます。 表情や言葉のトーンによっては否定の意味としても使用できる言葉でもあります。 「構いません」よりも丁寧で的確な表現であり、仕事を正確にこなすうえでは最も適している言葉といえます。 また、会議など不特定多数の立場の人間が集まる場においても「問題ありません」という言葉は適切であり、ビジネス用語として頭に入れておきたい一言です。•

次の