よろしゅう 意味。 「よろしゅう」に関連した英語例文の一覧と使い方

【機嫌よろしゅう】の例文集・使い方辞典

よろしゅう 意味

「よろしゅうおあがり」というのは関西弁ですが、ちょうど解説しているのがありました。 ちなみに、秋のお彼岸に作るのが、オハギ(お萩)、 春のお彼岸に作るのを、ボタモチ(牡丹餅)と言うそう。 こういう場合の「おあがり」は、英語に訳せば「take」。 「たんと おあがり」 は 「 Take it enough , please. 」 「お風呂、おあがんなさい」=「 Take a bath , please. 」などとも使う。 ちょっと昔っぽい感じのする言い方ではあるけれど、 ここまでは、東京でも、つい最近まで聞かれることがあった。 家によっては今も聞かれるかもしれない。 単に「おあがり」とも言う。 さて、この「おあがり」に、別な形容詞を付けてみよう。 「よろしゅう おあがり」。 こうすると用法も意味も全く変わってくる。 先ほどのドラマの同じ場面を、セリフを変えて御覧頂こう。 お彼岸に、おばあちゃんがオハギを作る。 孫たちがパクパク食べる。 食べ終えた孫たちが、甲高い声で叫ぶ。 あなたが東京人のオヨメサンなら、困惑して呟くだろう。 貴方にとって、これは、ごく普通のセリフでしかない。 「よろしゅう おあがり」は、省略形だ。 例の友人の、東京人の奥さんは、お姑さまに問いただしたらしい。 37年間を関西で過ごした私も、 この言葉だけは、未だ完全な理解には至っていない。 この先を、今日は解明してみたい。 さすればこれは疑問文だ。 ドラマに戻ろう。 東京なら「お粗末さま…」と言うところ。

次の

よろしゅうおあがり祖母に「ごちそうさまでした」と言うと、「よ...

よろしゅう 意味

京都で「きばる」と言うときは「頑張る」と言う意味が含まれます。 仕事や勉強も、標準語では「頑張ってね!」というところが京都では「ほな、おきばりやすぅ~」となるのです。 決して「ばばむさい」とは言いませんから、おじいさんたちには恐縮です。 若い女の子でも、手を抜いたちょっとダサい服装で出掛けたりすると「今日のあんたのかっこ、えらいじじむさいなあ」と突っ込まれてしまうのです。 方言の意味:お邪魔いたしました、失礼します 「ごめんやっしゃ~」は、吉本新喜劇でも良く聞くような方言ですね。 イメージとしては京都のオバちゃんたちが使う感じです。 何だかよその家のご飯時に「ごめんやっしゃ~」と言いながら上がり込んで来る、噂話が大好きなおばさまたちを思い浮かべてしまいますね。 これは京都弁ではお茶のことです。 もしどこかで「おぶういかがどすか」と聞かれたら、空気を読んで迷惑をかけない程度にいただきましょう。 ちなみにこの方言、中村玉緒さんに似合うと思いませんか!?ぜひ着物姿で言ってみて欲しいものです。 ネガティブなことをグチグチ言っていたり、優柔不断な話ばかりしていると京都の人からは「しんきくさい」認定をされてしまいますので要注意。 京都の人は予想以上にサッパリした性格です。 特にしんきくさい男性は嫌がられますので、気を付けましょう。 これは反対・逆と言う意味の京都弁です。 「浴衣の襟、てれこになってるえ」「あんたとうちのチケット、てれこやわ」という感じで使います。 若い人でも良く使いますので、関西圏の人なら知っている確率は高いでしょう。 「お豆さん」などの名詞に「さん」を付けることの多い京都弁ですが、誰かを待たせたときにも「さん」が付き、とってもはんなり聞こえるのが京都らしいポイントでしょう。 「ゆ」にアクセントがあるので、知らずに聞くと一瞬お醤油のこととは分からないほどイメージが変化しています。 ちなみに「おっしょはん」はお師匠さんですが「おっしょさん」になると和尚さんになります。 ほんの少しのアクセント・イントネーションで全く違う言葉になるのが、京都弁の奥深さではないでしょうか!.

次の

泣きぼくろの意味とは?位置別意味14パターン(右目左目両目など)

よろしゅう 意味

16歳でも17歳でも、京ことばに自信がなくても、芸事の経験が少なくても言い訳はできません。 そんな彼女たちにとって、実はこれだけ話せればお座敷が務まるといわれる3つの京言葉があります。 それが、先にご紹介した2つの言葉「おおきに」と「すんまへん」、そしてここで紹介する「おたのもうします」です。 お礼を言うこと、そして謝ること、それからお願いしますと、相手に対して敬意を払うこと。 その場に応じてこの三つの言葉をきちんと使いわけることができれば、プロとして「おもてなし」の第一歩を踏み出せるということです。 「よろしゅう、おたのもうします」と、舞妓さんたちはよく使います。 初めて舞妓さんになった日にも、お祝いにかけつけた周囲の人に「よろしゅう、おたのもうします」と挨拶をします。 しっかり見てください、導いてくださいと、扇子をもち、頭を下げる舞妓さんには、プロとしての気品が滲みます。 また、自分たちの芸事をお師匠さんやお客に見てもらうときに、言葉として口にすることもあれば、胸の内で「どうぞ、よろしゅう、おたのもうします……」と言葉を反芻しながらお辞儀することもあります。 プロとして仕事をすることは、責任をもって自分の役割を務めることです。 心配をしても自分の能力以上の力を発揮することはできませんし、まして相手がそれに対してどのような評価をしてくださるのかまで差配することはできません。 開きなおりではなく、精一杯の技能をお見せするように努力しますので、どうぞよろしくお願いいたしますと、頭を下げるのです。 いくら立派な技能でも、だれかがその価値を認めてくれてこそ、自分にとって甲斐があるのではないしょうか。 舞妓さんたちは「おたのもうします」と言いながら、どのような評価でもそれを自分で受け止め、これから励みますという気構えを自覚するから、凛としてお座敷に立てるのです。

次の