清掃員 異世界。 昼熊の作品一覧

異世界転生した清掃員が最強。ギャグファンタジー溢れる「駆除人」3巻のネタバレ

清掃員 異世界

今回紹介するマンガは 『 駆除人』(漫画:浅川圭司書、原作:花黒子) 転生した元清掃員兼害虫駆除業者の青年が、生前の知識を生かして「駆除人」として活動していくお話です。 原作は発のWeb小説。 『駆除人』のあらすじ 清掃員兼害虫駆除業者 コムロ・ナオキは、不慮の事故で死亡後、に転生した。 ある日のこと。 生前の知識を生かして、のネズミ型魔物を倒した(駆除した)ナオキは経験値を大量に得て大幅にレベルアップ! とてつもない強さを手に入れたナオキだったが、生前と変わらぬ生活を望むナオキは今日も今日とて害虫駆除に出かけるのだった。 害虫駆除であっという間に強くなる主人公 主人公は生前と同じ感覚での害虫(害獣)を一掃します。 やってることは地味だけど…? そのせいで(おかげで?)レベルが上がる上がる。 受付嬢さんもびっくりです このでは魔王を倒した勇者のレベルが55だったそうですから、いかにナオキのレベルが高いかわかりますね。 (ちなみにこれはほんの序の口で、物語が進むごとにバカみたいにレベルが上がっていきます。 ) 強くなってもやることは変わらない 害虫駆除で思わぬパワーアップを果たした主人公ですが、やることは生前と同じ。 ただただ害虫を駆除するだけです。 普通、いきなりとんでもない強さを得たら調子に乗ったり慢心するのがセオリーですが、主人公はまったく変わらず。 あくまでマイペースな主人公 この淡々とした感じ。 安易に俺Tueeeに走らないところが本作品の魅力のひとつです。 『駆除人』の感想 文章だとあまりに淡々としすぎて少し退屈感がありましたが、マンガになったらとてもいい感じに仕上がりましたね。 もちろん原作小説がつまらないというわけではないです。 が、内容的に絵の方が視覚的にもわかりやすく、より魅力的な作品になっていると思います。 アニメ化したらさらに人気が出るのではなかろうか…?と思ったり。 テンプレものに飽きた• 非常識な主人公を見たい そんな方におすすめの作品です。 無料で試し読みしてみる 電子コミックを読むなら eBookJapanがおすすめです。 ・コミックの品ぞろえが最大級• 2000冊以上(!)の無料マンガあり• Yahoo!プレミアム会員ならかなりお得• 人気の漫画はもちろん、『おそ松くん』や『』など、ここでしか手に入らない名作マンガ多数• マンガを「背表紙表示」で管理できるのはここだけ 作品名で検索! vmanga.

次の

異世界転生漫画 おすすめ作品69選

清掃員 異世界

登場人物 コムロナオキ 異世界では害虫駆除の仕事をしておりレベルも非常に高く強い。 マイペースな正確であり、人に対してとても優しく、 依頼された仕事もきっちりこなす。 見た目とは裏腹に非常に強く、相手になる敵はなかなかいない。 アイル 訓練生の教官をしていたが、ナオキの仲間になり冒険している。 戦闘技術は非常に高く、格闘と魔法で戦っていく。 ベルサ 餓死寸前で出会った魔物に詳しい魔物学者。 ナオキに助けられ、仲間になり一緒に冒険をする。 どんな魔物も好きで、テンションが高い。 3巻のあらすじ 10話:もう1人の異世界者 ナオキとアイルとベルサは、海を渡り緑と命が溢れる「密林の島」に辿り着いた。 密林の島は自然が豊かだったが、奇怪でもあった。 そこには 「ワイルドボア」と呼ばれる超大物イノシシの形の魔物や、通常のマスマスカル 大きなネズミ よりひと回りデカい魔物と出会う。 しかし、ナオキは冷静に殺鼠スプレーで倒していく。 マルケスにダンジョンを案内してもらうことになり、ついていくナオキ、アイル、ベルサだった。 そんなダンジョンは、ナオキの想像を遥かに超えるものだった。 ダンジョンでは、空が広がり、熱い太陽が照り付け、砂漠が広がり、そこに生息する見た事の無い大型の魔物たちの姿にナオキ達は圧倒されてしまう。 最下層にあるダンジョンコアがダンジョンの各階層・魔物を生成し、マルケスはそのダンジョンを管理をしているのだった。 ナオキはマルケスはかつて勇者として活躍した過去があり、不死の身体を手に入れ、魔王討伐を目指したかつての経緯を聞く。 それ故に年老いても死ぬことが出来なくなってしまった。 マルケスはナオキ、アイル、ベルサとの姿をみて、かつての冒険していた自分を想い出し、それを懐かしく想う彼から、驚くべき事を言われてしまいます。 それは自分の命を奪ってほしいというものだったのだ… 12話:300年ぶりの青春 マルケスは自分の命を奪って欲しいと願ったが、もちろんナオキはあっさりと断る。 部屋を出てマルケスの部下であるガイストテイラーに声をかける。 茶を飲みながらナオキはガイストテイラーと話し、マルケスとの昔話をしてくれた。 そして翌日、アイルと共にスノウフォックスという魔物狩りに向かう。 餌を仕掛け、スノウフォックスが夢中に食べているところを30匹まとめて退治してしまう。 ベルサはマルケスと一緒にダンジョンに行き、モンスターの研究資料を完成させてしまう。 翌日に、アイルと共にスノウフォックス狩に向かい、小さなかまくらを使い、餌となる肉を仕掛け、食べている隙に、素早いスノウフォックス達を仕留めていき、30匹をまとめて退治してしまいます。 マルケスのダンジョンに潜り、狩りを繰り返し、ベルサはダンジョンに生息するモンスターの研究資料を完成させ、依頼を無事に達成していきます。 何時の間にか仲良くなっていたアイルとマルケスと、この島での時間を有意義に過ごし、旅立ちの時間を迎えます。 ナオキとマルケスは話し、マルケスはこれからの人生をできる限り前向きに生きることを決めたのだった。 ナオキ一向は再び旅に出るところを見て、マルケスとガイストテイラーも新しい目標を見つけた。 13話:ドラゴンの恋愛事情と迫りくる性欲 そして新たな旅に出るナオキ一向。 しかしナオキがレッドドラゴンと会った時にもらったクリスタルの匂いを追い、レッドドラゴンの恋人の水竜がやってきた。 襲われそうになったが、ナオキのドラゴン語で話すことに。 水竜はレッドドラゴンに恋愛しており探していたのだった。 ドラゴンも恋することを初めて知ったナオキだった。 そしてナオキ一向は巨大な水竜と共に旅を始めた。 しかし水竜は、彼氏のレッドドラゴンが浮気している噂を聞きお話が止まらない。 と同時にナオキは異世界で、初めての危機が。 それがまさかの「静欲の発散」だった… ナオキ一向と水竜は次の街にたどり着き、水竜はなんと人間化した。 ナオキは性欲が溜まっていることもあり、心の中で羨むのだった。 そしてもちろんのこと、水竜はレッドドラゴンを詰めるのであった。 黒竜という竜の人間化した姿が現れた。 黒竜はナオキに仕事を依頼したいと話、ナオキがどれほどの実力かを確かめることに。 黒竜がナオキの実力を試した際、見えたものは、 ナオキはなんとレベル91だったのだ! 仕事の報酬は船と地図ということでナオキは依頼を引き受けた。 14話:駆除人は異世界に染まらない 黒竜から依頼を受けた内容とは、ゾンビと竜の駆除だった。 竜の駆除だったが、その竜もゾンビ化してしまったものだった。 そのゾンビ化した竜の彼女の名前は、光竜といい恐ろしく強く、美しかったものだった。 しかしある日、どこぞの勇者に深い傷を負わされとどめは刺されなかった。 その傷が原因でゾンビ化してしまったものだった。 街のゾンビの相手はベルサが肉を利用し退治し、ナオキとアイルはドラゴンゾンビを倒すのだった。 ドラゴンゾンビが眠っている丘の上に、ナオキは魔法陣を書いてくり抜くのだった。 くりぬき、光竜が目を覚ました。 アイルはとっさに光竜の首を切ろうとする。 しかし一発では切れずに距離を取ることに。 ナオキが向かおうとしたが、ここはアイルが再び魔法を使い光竜に挑む。 そして今度は、光竜の首を切ることに成功し駆除完了。 感想 3巻も非常にユニークな内容になっています。 龍が人間化することは、他の漫画にない魅力になっています。 また出てくる人たちが可愛く、異世界感が出てて非常におもしろくなっております。 また3巻でも様々な魔物が出てきたが、相変わらずナオキは最強という安定感があります。 駆除人を是非お読みください!!! 「駆除人 3巻」を無料で読む方法 FODのサービスであれば、 1ヶ月2週間無料のプレミアム会員になることで駆除人3巻も無料で読むことができます。 しかも2巻以上も。

次の

駆除人(ラノベ/小説・紹介・感想)

清掃員 異世界

今回紹介するマンガは 『 駆除人』(漫画:浅川圭司書、原作:花黒子) 転生した元清掃員兼害虫駆除業者の青年が、生前の知識を生かして「駆除人」として活動していくお話です。 原作は発のWeb小説。 『駆除人』のあらすじ 清掃員兼害虫駆除業者 コムロ・ナオキは、不慮の事故で死亡後、に転生した。 ある日のこと。 生前の知識を生かして、のネズミ型魔物を倒した(駆除した)ナオキは経験値を大量に得て大幅にレベルアップ! とてつもない強さを手に入れたナオキだったが、生前と変わらぬ生活を望むナオキは今日も今日とて害虫駆除に出かけるのだった。 害虫駆除であっという間に強くなる主人公 主人公は生前と同じ感覚での害虫(害獣)を一掃します。 やってることは地味だけど…? そのせいで(おかげで?)レベルが上がる上がる。 受付嬢さんもびっくりです このでは魔王を倒した勇者のレベルが55だったそうですから、いかにナオキのレベルが高いかわかりますね。 (ちなみにこれはほんの序の口で、物語が進むごとにバカみたいにレベルが上がっていきます。 ) 強くなってもやることは変わらない 害虫駆除で思わぬパワーアップを果たした主人公ですが、やることは生前と同じ。 ただただ害虫を駆除するだけです。 普通、いきなりとんでもない強さを得たら調子に乗ったり慢心するのがセオリーですが、主人公はまったく変わらず。 あくまでマイペースな主人公 この淡々とした感じ。 安易に俺Tueeeに走らないところが本作品の魅力のひとつです。 『駆除人』の感想 文章だとあまりに淡々としすぎて少し退屈感がありましたが、マンガになったらとてもいい感じに仕上がりましたね。 もちろん原作小説がつまらないというわけではないです。 が、内容的に絵の方が視覚的にもわかりやすく、より魅力的な作品になっていると思います。 アニメ化したらさらに人気が出るのではなかろうか…?と思ったり。 テンプレものに飽きた• 非常識な主人公を見たい そんな方におすすめの作品です。 無料で試し読みしてみる 電子コミックを読むなら eBookJapanがおすすめです。 ・コミックの品ぞろえが最大級• 2000冊以上(!)の無料マンガあり• Yahoo!プレミアム会員ならかなりお得• 人気の漫画はもちろん、『おそ松くん』や『』など、ここでしか手に入らない名作マンガ多数• マンガを「背表紙表示」で管理できるのはここだけ 作品名で検索! vmanga.

次の