経口 補水 液 自作。 「経口補水液」コンビニに置いていない理由 実は家で簡単に作れる?

経口補水液の作り方。買わずにOS

経口 補水 液 自作

ここ数年間は最高気温が毎年のように 自己ベストを更新して 夏の暑さがどんどんひどくなっている気がします。 暑い中でお仕事をしている方やスポーツをしている部活生には しっかりとした水分補給が必要です。 一昔前までは 「水を飲むのは甘え」などという とんでもない理論がまかり通っていましたが、最近ではさすがにそれはないですよね。 体を動かす時の水分補給が大事なことは、しっかりと浸透していると思います。 ではここで質問です。 皆さんは水分補給をする際どんなものを飲んでいますか? ただひたすら水を飲んでいる、ということはありませんか? 水分補給に適した飲み物は塩分やミネラルが入ったような経口補水液です。 市販のものですと、OS1やポカリ、アクエリなどが有名ですね。 でもその辺の商品を毎回購入していると高くついてしまいます。 ネットで探せば経口補水液のレシピはいくらでも出てきますので 簡単に自作することができますが、実は 注意点について書かれたレシピはあまりありません。 でも実際に作って飲む場合にいくつか気を付けて欲しい点があるのです! という事で今回の記事では、 「経口補水液の自作方法とその注意点」について紹介したいと思います。 簡単な説明は動画をご覧ください! より詳しい説明を読みたい方は、そのまま下にスクロールしてください。 水 1L 砂糖 30g 塩 3g クエン酸 1. 5g 各材料のバランスは飲みやすさなどのありますので 好みで微調整してください。 塩はミネラルが入った粗塩などの方がいいとは言われますが、 水の量に対して塩が入る量は少ないので 正直誤差だとは思います。 精製塩でも特に問題はないでしょう。 クエン酸は皆さんが想像しているよりもかなり酸っぱいです。 入れすぎると本当に飲めたもんじゃないので注意しましょう。 クエン酸は薬局などで購入できますが、 掃除用のクエン酸と間違えないように注意してください。 作り方 作り方としては本当にただ混ぜるだけです。 細かい点でいえば、氷水だと粉が溶けにくいので 粉が溶けて混ざりきってから最後に氷を入れると良いでしょう。 初めは少ない量の水(半分程度)で粉を溶かします。 その後に水を追加して混ぜていきましょう。 とにかく溶け残りが無いように注意です。 混ぜる用のボトルが無ければ、飲むボトルに粉をそのまま突っ込んでも、何とかなるでしょう。 自作時の注意点 ここからは経口補水液自作時の注意点です。 細かい点かもしれませんが意外と見落とされやすいところもあります。 是非参考にして下さい! 作った日に消費する 自作した経口補水液は 必ずその日のうちに飲み干してください。 大量に作って置いておきたい気持ちになりますが スポーツの現場などでは、継続的に冷やせない環境も多くあります。 もったいないかもしれませんが、安全・安心のためですので 飲み切れなかった物は廃棄して、翌日以降に持ち越さないようお願いします。 比重の違いに気を付ける 作るときに注意して欲しい事として 塩・砂糖・クエン酸の比重の違いがあります。 これにより同じ計量スプーンで測ったとしても 同じ重さにはなりません。 概要欄に参考のリンクを貼っておきますね! クラブ活動などで大量の経口補水液を作る場合などに勘違いが起きやすいです。 例えば3L作るとすると砂糖90gの塩9g 「 砂糖90gで大さじ約10杯ということは、 塩9gだから大さじ1杯だな!」 と勘違いすると、とんでもないことになります。 塩の大さじ1杯は9gではなく 約18gです。 クエン酸について クエン酸は人によってお腹に合わないことがあります。 私の場合クエン酸を飲むと、しばらくの間お腹が緩くなります。 試してみないと体がどういう反応するか個人差により分からないので 大事な大会を間近に控えている選手などは、大会が終わってから自作の補水液を試してみて下さい。 ぶっつけ本番にならないようにお願いします! またクエン酸に効果があるかどうかの話ですが、論文によって意見が分かれており 効果が無いというものもあれば、効果があるとしている論文もあります。 材料の優先順としては 塩>砂糖>クエン酸 なので、クエン酸は必ずしも入れなくても構いませんし クエン酸の代わりにレモン汁などを入れてもよいでしょう。 現場での使い方 実際の使い方としては、理想的には ボトルの一部を経口補水液に変えるのが一番望ましいです。 先ほども書いたように体に合わない選手もいますので 本人が選択できる状態が一番理想です。 つまりボトルが4本あれば1本だけ補水液で残りは水と言った感じです。 正直おいしい飲み物ではないので、あまり飲みたくなという選手も多いかと思います。 しかし、暑い時期の水分補給は非常に重要です! マネージャーの方や指導者の皆さんは、選手たちに積極的に飲むよう、 指導していただければなと思いますよろしくお願いします。 注意点としては以上です。 最後に 今回は経口補水液の自作方法と注意点を紹介いたしました。 そして最後にもう一つ覚えておいて欲しいことがあります。 「水分補給はのどが渇いてからでは遅い」 体から水分が抜けて、喉が渇くまでに少し時間差があります。 そのため非常に暑い時期では、のどが渇いてくる頃には 体からかなりの水分が抜けていることでしょう。 真夏の間だけでもいいので、のどの渇きに関係なく 定期的に水分摂取をすることを意識しましょう! 今日の記事は以上で終わりです。 最後までお読みいただきありがとうございました!.

次の

経口補水液の作り方。買わずにOS

経口 補水 液 自作

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の

【管理栄養士推奨】手作り経口補水液(ORS)の作り方と手順を紹介!

経口 補水 液 自作

毎年、夏になると熱中症で倒れる人が続出します。 熱中症とまではいかずとも、夏バテで食欲がなくなってしまったり、外出していると日差しの強さにクラッとして倒れそうになってしまったりなど、経験のある人も多いのではないでしょうか。 夏はたくさん汗をかきますが、かいた汗の分だけ水分を補給することが大切です。 とはいえジュースなどをガブ飲みするのは糖分のとり過ぎになり、健康によくありません。 夏の疲れたからだにオススメなのは経口補水液です。 からだが疲弊していても効率的に水分を吸収できるとして、認知が広まってきています。 この経口補水液、実は簡単に自分で作れることをご存じでしょうか?簡易経口補水液の作り方をご紹介します。 経口補水液は、食塩とブドウ糖を混ぜた水のこと 最近、CMなどでも流れている経口補水液ですが、どんなものかご存じでしょうか? 経口補水液は、簡単に言うと水に食塩とブドウ糖を混ぜた飲料水のことです。 食塩由来のナトリウムイオンとブドウ糖が小腸で吸収される際に、同時に水分も吸収されることがわかり、熱中症など脱水症状でうまく水分が吸収できない際に効率的に水分が吸収されるとして、認知が広まってきています。 脱水症状とまではいかずとも、夏バテで食欲がなくて栄養が満足にとれていないときや、からだが疲れているときなどにも飲むようにしましょう。 水分のほかにも汗で失われた塩分を補給し、ブドウ糖をエネルギーに変えられるのでオススメです。 スポーツドリンクとの違いは、塩分濃度と糖分量 コンビニやスーパーなどで手軽に購入できるスポーツドリンクは、運動で汗をかいた際の水分補給として飲まれているイメージがありますが、経口補水液とは内容が少し異なります。 一般的なスポーツドリンクは、経口補水液よりも塩分量が少ないため、電解質濃度が低く、逆に砂糖を多く使っています。 スポーツドリンクは味や飲みやすさを考えて作られていますので、からだを動かした後にゴクゴク飲むものとしては爽快感や満足感があり、スポーツドリンクを好んで飲むことにはまったく問題ありません。 夏バテなどからだが疲れ、脱水症状が出ているような状態であれば、スポーツドリンクよりも経口補水液のほうが効率的に水分やエネルギーが摂取できるかもしれません。 体調や好みにあわせて選ぶことをオススメします。 作り方は簡単、自宅でも経口補水液は作れる 経口補水液は、自宅で簡単に手作りできることをご存じでしょうか?家にあるものだけで作れるうえ、作り方もとても簡単です。 用意するものは三つだけ、「水」「塩」「砂糖」です。 自宅でまったく料理をしない人は買ってこなくてはなりませんが、どの家にもあるものだけで作れます。 コップやボウルなどでも作れますが、じゅうぶんに溶かすことを考えるとペットボトルで作るほうがフタをして振って混ぜやすいので、オススメです。 ペットボトルに塩と砂糖を入れる際は、紙をじょうごのように円すい状に丸めてペットボトルの飲み口に当てると、こぼさずに上手に入れられます。 砂糖の量が気になる人もいるかもしれませんが、ペットボトル飲料500mlあたりに含まれている砂糖の量はさらに多いので、市販のスポーツドリンクに抵抗がある場合は手作りのほうがオススメです。 また飲んでみるとわかりますが、味がうすいと感じるかもしれません。 その場合は、レモンなどのかんきつ類をうすく切ったものやミントの葉を入れてみると、すっきりした味わいになって飲みやすくなりますよ。 経口補水液作りには、水の質も大切 経口補水液を作るには、水の質も大切です。 水道水でもじゅうぶんですが、夏場になると細菌が混入するなどの恐れがある場合もありますし、カルキの臭いや味が気になることも。 せっかく手作りしても、なんとなく飲む気になれない、となってしまうのはもったいないことです。 経口補水液を作るときは、できればミネラルウォーターを使用するほうが安心です。 ミネラルウォーターには、汗をかくことで失いがちなミネラルが含まれていますので、水道水よりも経口補水液づくりに向いています。 経口補水液を毎日作って持ち歩くことを考えると、手軽においしい水が用意できるミネラルウォーターサーバーがオススメ。 少量のお湯で砂糖と塩を溶かしてから冷たい水を注げば、しっかり砂糖と塩が溶けた経口補水液を手軽に作れるのもポイントです。 おわりに 自宅で簡単に手作りできる経口補水液を持ち歩けば、外で少し体調が気になったりした際に手軽に水分を補給できるほか、汗で失われた塩分もとれます。 味もレモンやミントなどを加えたり、ハチミツで風味を変えてみたりなど、自分好みにカスタマイズできます。 この夏は、経口補水液を手作りして外出時に持ち歩いてみてはいかがでしょうか?.

次の