アメリカ に 負け なかっ た 男。 アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~|テレビ東京開局55周年特別企画 スペシャルドラマ|出演:笑福亭鶴瓶 生田斗真|テレビ東京

生田斗真「アメリカに負けなかった男」現場で台本を見ず、英語ペラペラペラペラ

アメリカ に 負け なかっ た 男

」 1936年。 第二次世界大戦前の吉田茂 笑福亭鶴瓶 は駐英大使としてロンドンにいた。 やがて吉田が反対していたドイツとの防共協定を日本が締結したのを機に、吉田は駐英大使を辞す。 太平洋戦争が始まり、吉田は内縁の妻・こりん(松嶋菜々子)と共に大磯で暮らしながら、戦争を早く終わらせるべく上奏文の準備を進めていた。 だが情報が漏れ、終戦工作に関わった罪で拘留されてしまう。 戦後、マッカーサーを司令官とするGHQが、困難な占領政策を矢継ぎ早に打ち出してくる中、吉田は、外務大臣として、総理大臣として、GHQと相対し、独立に向け長い闘いをしていくことになる。 欲しがりません、勝つまではというスローガンを掲げるほど戦争に狂っていた日本の上層部の人に、そんな考えを持っていた人がいたんだなと衝撃です。 しかも、この企みのせいで拘留されてしまったということだけど、その時に吉田茂はどんなことを思ったんだろうかと思いました。 また、吉田茂のことを支え続けたという後妻のこりんという女性がどんな人物だったのかが気になりました。 日本という国を敵に回すような行動をしていた吉田茂についていくのはとても大変なことだったと思うし、二人の間に深い愛情がないと成り立たないだろうなと思います。 こりんがどんな思いで吉田茂とともに時間を過ごしたのかについて知りたいです。 『アメリカに負けなかった男』の主人公は、平成生まれの私でも知っている、バカヤロー解散でおなじみの吉田茂で、演じるのは笑福亭鶴瓶さんのようです。 このキャスティングの時点ですでに面白そうな予感がびんびんします。 さらに吉田茂の右腕である白洲次郎役を生田斗真さんが演じるそうですが、生田斗真さんといえば私の年代では花ざかりの君たちへのイメージが強いので、え?そこにいくの?と驚きがいっぱいです。 しかし予告犯などのまじめなキャラクターも演じ分ける彼なので、期待できそうです。 白洲次郎自身も、数年前にひっそりとブームになりましたから興味がわきますね。 舞台は第二次世界大戦前後ですが、戦争映画に多い凄惨な日本の姿というよりは吉田茂たちのロンドンなどヨーロッパでの活躍や、GHQと渡り合うようなストーリーが描かれるようです。 少し変わった日本人が一体どのように欧米諸国と相まみえるのか……剣ではなくペンでの戦いを見せてくれそうで楽しみです。 個人的にとても楽しみなのは吉田茂の妻役を演じる松嶋菜々子さん。 いつまで経ってもおきれいな松嶋菜々子さんですが、時代背景的に和装が多いようで、日本美人の艶やかさを見事に魅せつけてくれそうですね。 彼女が今回のドラマで強くしたという『粋』が一体どのように表現されているのかを画面上で見るのが待ち遠しいです。 アメリカに負けなかった男動画生田斗真 30代になっても肌がきれいで金髪も似合うのがすごいと思います。 しかも歌って踊れるというのは強みだと思います。 そんな中でも個人的に一番魅力的だと思う点はおもしろさがあることです。 バラエティ番組に出た際には、ツッコミの芸人さんにつっこまれるようなことを言ったり、ジャニーズなのに変顔を全力でしていたりと好感が持てます。 また昔放送されていた「花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス~」では特に印象的な役をされていたように思います。 中津くんの役でコメディ要素の強いキャラクターでした。 「自分はゲイなのか」と本気で悩む時には自分の世界に入り、妄想の中で自問自答しているシーンは毎回本当に面白かったです。 話し口調も表情も含めて本当におかしくて、数年たった今でもあの印象が強いです。 顔が整っているのに体を張るところが魅力的です。 生田斗真さんの魅力は、ジャニーズに所属しながら、恩恵を受けた劇団新幹線を大切に思い、感謝の気持ちを忘れずに活動をされている所だと思います。 ジャニーズ事務所に所属しながら、グループやソロとしてデビューをせず、俳優の道を切り開いた先駆者は、生田斗真さんだと思います。 様々な個性が溢れる、ジャニーズの皆さんの中で、全ての人がデビューしたり活躍したり人気が出るわけでは無い厳しい世界だと思います。 後輩がデビューしたり、活躍したり。 そういう姿も目にしないといけなくて。 歯痒い気持ちも経験されてきたと思います。 デビューが無く不安に駆られた時期もあったかと思います。 それでも、与えられたチャンスにしがみついて、経験を積んで。 仲間として背中を押してくれた「劇団新幹線」を背中にしょって、誇らしく活動をされているように感じます。 そんな生田斗真さんは、情が深いと思いますし、根性があると感じます。 端正な顔立ちで、くしゃっと笑った顔が可愛くて、思いっきり下ネタトークをしている時は、笑わせて貰っています。 ラジオで女性のタイトスカートについて語っていた斗真さんは、とても熱くて面白かったです。 次々に入所してくる新しい卵のジャニーズジュニアの皆さんに、希望を与えている存在だと思います! 身長百七十五センチで三十五歳の生田斗真さん。 人間的失格や魔王に出演していました。 私は北海道出身だし生田さんも北海道の室蘭市の出身な事で魅力的だし私は身長が小さくて太っているけど生田さんは身長が高くてモデル体型な事で羨ましく思います。 私も生田さんみたいなモデル体型になりたいし生田さんみたいに色気を出せる人間になりたいです。 お仕事で疲れた時や育児で疲れた際に生田さんを拝見すると元気を頂くので好きだし癒されるので好きです。 歌唱力もある生田さん。 私は歌が下手な事で生田さんが羨ましく思うし生田さんみたいに歌唱力が身に付いたら子供に色々な歌を歌ってあげる事が出来るので生田さんみたいな歌唱力を身に付けたいし生田さんみたいな爽やかな人間になりたいと思うので魅力的です。 生田さんの演技力は百八十センチ以上に拝見出来る事で凄いと思うし人望のある方な事も魅力的です。 私は人望が無いので生田さんが羨ましく思うしお仕事を行っている時に人望がある方になりたいと生田さんを拝見していて思うので魅力的です。 生田さんの演技力は元気を頂ける演技力なので生田さんの力で沢山の方に元気を与えて頂きたいしこれからもドラマで活躍している生田さんを拝見したいので応援しています。 違法動画 個人のツイッター等をブログへの無断引用をして、ネタバレ記事を制作されてしまうことへの問題点としてあげたいのは責任問題だと強く思います。 何故かと言いますと、まずは情報発信元である本人の意図とは違う形で捉えられてしまうところです。 情報を発信した本人は「あくまで仲間内(親しい友人同士)で情報を共有し、楽しみたくて書き込んだことを第三者がブログ等に転載することで本人の意図とは違う意図、例えば 悪意を持たない発言が悪意を持ったものとして婉曲されてしまう可能性があります。 また、情報発信者が直接無断引用された記事に対し反論のしづらい状況というのも引用された側からすれば歯痒いと思います。 そして記事に対する真偽の責任問題に関してです。 引用されネタバレ記事を作成されてしまい、もしその記事に法的な責任問題が生じた時。 責任は無断引用されてしまった側にいくことはないとは100パーセント言い切れません。 人の名誉に関すること、健康に関することなら尚更です。 よく考えてからインターネット上で発言するようにしたとしても大衆向けではなく親しい人たちへの発言はやはり少し気が緩んでしまうものです。 それをあたかも大衆向けの発言のように捉えられてしまう文章が前後にあれば、情報操作となり本人の本来の書き込みとは違うものになってしまいます。 以上のことからブログへの個人のツイッター無断引用等をして、勝手にネタバレ記事にされることは問題だと感じます。

次の

笑福亭鶴瓶 × 生田斗真 異色タッグが令和時代に贈る熱き人間ドラマ ”アンコール放送”が決定!/アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~

アメリカ に 負け なかっ た 男

日本の事を考えたのは日本列島はソ連中国に対して覆い被さる形をしており、有事には海峡を封鎖すれば太平洋に出られず、アメリカの防波堤と出来るだけでなく、大陸を攻撃する為の不沈空母としてこれ程絶妙な土地は、又とありません。 ウラジオストクはシベリア鉄道の東の終点にありロシアでも貴重な不凍港ですが、有事となれば太平洋に出る事すら困難です。 ソ連が崩壊した後、アメリカは80年代日本を敵視し、日本車を叩き壊すデモが盛んに行われました。 その後、中国が台頭して来て再び日米の蜜月時代が始まりましたが、過去何度かアメリカでは反日感情が持ち上がりました。 GHQは日本の反米感情を押さえ込む為に日本人に洗脳教育を施しました。 WGIP(ウォーギルドインフォメーションプログラム)と言うものです。 マッカーサーは日本人の精神年齢は12歳だと言いました。 教えた事を素直に信じると言う意味です。 国際関係に永遠の敵も味方もありません。 自国の利益追求の為に何でもやります。 吉田茂は中国畑の人なので英語が得意ではないのでしょう。 語学は通訳がいれば済む事です。 外交の才能と何の関係もありません。

次の

アメリカに負けなかった男を見ました。日本は敗戦したのに、なぜアメリカ...

アメリカ に 負け なかっ た 男

日本の独立のたまに尽力。 日本独立のたまに尽力。 吉田内閣において大蔵大臣に任命される。 素直で明るく豪放磊落。 岸信介は実兄で、吉田茂とは遠縁にあたる。 後に政治家となり総理大臣として改革に挑む。 実業家だったが、吉田にお願いされ総選挙に立候補し政治家に道に入る。 党内との方針の違いで離党するも、吉田に見いだされ法務政務次官に抜擢される。 吉田の死後も、報道陣には一切なにもしゃべらず、亡くなった。 男勝りな性格。 麻生太郎の母親にあたる人物。 『アメリカに負けなかった男~バカヤロー吉田茂〜』あらすじ 第二次世界大戦前、駐英大使の吉田茂(笑福亭鶴瓶)は、極東情勢の悪化に心痛めていた。 時を同じくして、世界各国を飛び回っていた白洲次郎(生田斗真)も、世界情勢の機微を敏感に感じとっていた。 白洲と親交の深い吉田は、娘・和子(新木優子)らが見守る中、戦争回避に向けて動くが、その甲斐も虚しく、日本は第二次世界大戦に踏み切った。 1945年、終戦。 総司令部GHQと向き合う外務大臣のなり手が誰も見つからない中、先の大戦に猛反対し投獄された過去を持つ吉田に、白羽の矢が立つ。 かくして吉田は、外務大臣として、のちに総理大臣として、日本の独立と復興を担うことになる……。 吉田は白洲を参謀に据え、最高司令官マッカーサーらと必死の交渉をする。 過度な内政干渉など、幾度も緊迫した事態に陥るが、和子や麻生多賀吉(矢本悠馬)、のちに総理大臣となる「吉田学校」の池田勇人(佐々木蔵之介)、佐藤栄作(安田顕)、田中角栄(前野朋哉)、宮澤喜一(勝地涼)らの助けを受け、日本の独立に向け尽力していく。 出展元:テレビ東京公式HPより ドラマ『アメリカに負けなかった男』の見どころ 吉田茂と白洲次郎はプライベートでも仲良し 「吉田茂と白洲次郎」 Shigeru Yoshida and Jiro Shirasu — Shunpei Kamiya quickflat 第二次世界大戦後、敗戦国として日本がGHQに支配されるなか、外務大臣となった吉田茂。 1945年には白洲次郎を終戦連絡事務次官参与に就任させ、白洲を交渉役としてサンフランシスコ講和条約・日米安保条約を締結させました。 その吉田茂と白洲次郎は仕事だけでなく、プライベートでも仲がよく、親交を深めていました。 彼らは、よく大使館地下にある部屋でビリヤードを楽しみ、部屋からは「このバカやろう!」「こんちくしょう」という声が漏れ聞かれたそうです(笑)。 周囲の人は、ケンカをしているのでは?と心配したそうですが、もともと言葉使いが荒かった二人は飾らない言葉を投げかけ合って、ふざけていたようです。 また、白洲は吉田の妻・雪子からも気に入られており、一番かわいがっていた末っ子・和子の伴侶探しを白洲次郎にお願いしました。 実際に、白洲は「麻生太賀吉」という男性を紹介し、和子はめでたく結婚したのです。 『アメリカに負けなかった男』の原作は娘が執筆 『アメリカに負けなかった男~バカヤロー吉田茂〜』の原作は、内閣総理大臣を務めた吉田茂の娘・麻生和子さんが執筆した「父 吉田茂」です。 吉田茂という人物を、一番 身近に見ていた娘さんの視点から、ユーモアを交えながら真摯に書かれている物語です。 政治家吉田茂だけではなく、家庭人の顔も垣間見え、どんなに偉くなっても人は人なんだな(笑)と感じられる本でもあります。 白洲次郎はイケオジだった 白洲次郎って史上最もイケメンの男だと思う。 — Semplay Semplay1234 白洲次郎という人物は政治家の手腕だけでなく、相当なイケメンだったことでも有名です。 高校時代からアメリカ車ペイジ・オートモビルを乗り回し、イギリス留学時代はベントレーでヨーロッパ大陸旅行を実行 、帰国後にはイタリア製スポーツカーで京都から東京までハネムーン・ツーリング、80歳になるまでポルシェに乗っていたそうです。 イケメンな上に、高級車に乗っていたとは・・・当時はとにかく目立つ人物だったでしょうね(笑)。 またファッションも、スーツだけでなく、無地の白Tシャツにジーンズというラフな服装も好んでいました。 そのカッコよさから、デザイナー三宅一生のショーモデルとして出演もしたそうです。 写真をみると、いまでも通用する正統派二枚目ですよね。 サンフランシスコ講和条約の演説の涙 笑福亭鶴瓶さん演じる吉田茂がサンフランシスコ講和条約の受諾演説をする場面では、鶴瓶さんは、はじめは泣こうとは思っておらず、本番前もイントネーションの確認などをして笑っていたのに、いざ本番になると自然と涙が溢れて止まらなくなったそうです。 戦争に負けてしまったという事実と、日本が独立する喜びという2つの感情が混ざりあい、吉田茂が乗り移った感覚になったのでしょうか。 ぜひ、クライマックスの鶴瓶さんの演技に注目です。 最後に 豪華キャストが集結した、テレビ東京のスペシャルドラマ『アメリカに負けなかった男~バカヤロー吉田茂〜』。 戦後75年になる今年に、国の未来に情熱を燃やした男たちの物語をみて、もう一度日本を見つめなおしたいですね。

次の