ピン ドライバー g410。 振れば振るほど強弾道! 「G410 LST ドライバー」試打

PING(ピン)G410ドライバーの口コミ評価・試打レビュー

ピン ドライバー g410

勿論、シャフトはPNIG TOUR Rです。 因みに、以前はG DR、G FW(ATTAS G7 6 SR)、GHB(ALTA JCB S)でした。 PING TOURーRシャフトは、僕のスイングスタイル、リズム、年齢、全てにマッチしています。 キャリー飛距離は変わらないが、低スピンの為ランが多そうです。 当然、総飛距離は伸びています。 その上、偶に出るフックがほとんど出ないのが最高です。 もっと早く、PING TOUR Rシャフトを試打しておけば良かったと後悔しています。 5」 キャメロン・チャンプのが好きで、真似して購入しました。 彼はLSTを使っているようですが クラブの長さは44. 5インチです。 ドライバーに悩んでいて、工房のススメでバルドのカミカゼ420を購入したのですが どーにも気に入らなくて デザインが 愛着が湧かず 元から欲しかったg410を買おうとフィッティングして購入しました。 その際、もちろんLSTを買う気満々だったのですが ロースピンを謳っている割には何故かplusよりもバックスピンが多くて plusをチョイスしました。 シャフトはとりあえず173-65のXを付けてもらいました。 純正シャフトですが、非常にしっかりしていて そのままでも十分使えたのですがミーハー気分は抑えられず ハザーダススモークグリーンの6Xを追加購入し、恐るおそる振ってみましたが ドンピシャはまりました。 打感は硬めで芯を外すと特に顕著です。 ですが縦の距離はあまり変わらず 左右の曲がりも小さい。 自分ではしくじった!と思っても それほど酷い怪我にはなりません。 打音は「きゅわんっ」というような独特な音がします。 これが嫌って人が多いみたいですが、僕は逆にこの音が好きですね。 カチャカチャ機能ですが、コレがまた楽しい。 ボールフライトが大きく変化するので、いじくり回して遊んでいます。 重いと聞いていたので避けていましたが、振ってみたらバランスが良く、全く重さは感じませんでした。 振り遅れも全くありませんでした。 Tenseiは硬いといわれますが、Evo4 569Sをエースとして使用していますが、タイミングが近いと感じました。 個人的にはすごく好みです。 9度のヘッドで中弾道で力強い球が出ます。 マーベリック、SIMと試打した中では一番良かったです。 距離も出ていたようでマシン測定ですが270ヤードもでました。 平均は240〜250位なので、最長はともかく、平均距離が上がっているのが歴然です。 この組み合わせでは方向も安定していました。 相当無茶苦茶に振って試しましたが、ほぼストレートでした。 縦方向も、横方向も外しましたが、マーベッリクよりもどこに当たっても同じように飛びました。 私くらいのヘボゴルファーでもこれだけドライバーが安定するのかと思うと、今後のドライバーはどうなるのかと思うくらいです。 購買衝動が上がりました。 ただ、値段はまだまだ高いので、値落ちしてきたらちょっと考えたくなっています。 というか、値落ちしたら買いたいと思っています。

次の

PING(ピン)G410ドライバーの口コミ評価・試打レビュー

ピン ドライバー g410

ちなみにこのモデルはとは異なりウェイトの位置をずらすことができませんのでご注意ください。 また、前作()に比べると、約50%もヒール寄りの重心設計となっています。 それだけスライスの抑制効果も強いため、スライスに悩まれている方はぜひご検討ください。 5度の5種類。 ライ調整範囲はノーマルor3度フラットの2種類となります。 組み合わせて合計8種類のロフト・ライポジションからチョイス可能になりました。 あらかじめご了承ください(ロフト・ライの調整は可能です)。 ヘッドのタイプも多いので、初心者の方から上級者の方、スライサーからフッカーまで幅広い方に合わせられます。 気になる方は現在の悩みをご記入の上「」よりご相談ください。 オカムラ社長自らお悩みに返信しています。 シャローなヘッド形状• 前作より10cc大きなヘッド• 新デザインのタービュレーター• でありながら空気抵抗は変わらず• 5度の範囲で調整可能• 前作よりも更に深・低重心化が促進• 慣性モーメントは上下左右で9,000超え• 5本のサウンドリブが心地良い打音を実現• 容易に取り外しできてなおかつ風に飛ばされにくいヘッドカバー• クラウン部をより軽量化する「ドラゴンフライ・クラウン・テクノロジー」 特徴その1:ピン(PING) G410 SFTドライバー 新デザインのタービュレーター、より洗練されたドラゴンフライ・クラウン。 そして心地良い打音をもたらす5本のサウンドリブ。 数値面の向上も見逃せません。 G400ドライバーに比べて10ccヘッドが大きくなったG410ドライバーですが、大きくなったことで空気抵抗も大きくなってしまっては意味がありません。 そこで「タービュレーター」のデザインをより洗練させ、ヘッド形状もシャローにすることで前作と同等の空気抵抗を実現しました。 更にクラウン部を軽くして深・低重心化をもたらす「ドラゴンフライ・クラウン」も引き続き搭載。 おまけにヘッド内部に配された5本のサウンドリブのお陰で心地良い打音も実現しています。 - - 1 ロフト角 度 10. 5 標準クラブ長 inch 46. 00(ALTA DISTANZA 装着時) 45. 75(ALTA J CB RED 装着時) 45. 25(Tour 173-65&75、ATTAS 11、Speeder EVOLUTION VI、TENSEI CK Pro Orange装着時) ライ角 度 59. 5 バランス - D0 ALTA J CB RED R装着、45. 75インチ時。 75インチ時) 左用の有無 - 左用あり 標準グリップ - Golf Pride 360 Lite Tour Velvet Round 上記数値はメーカー公表値です。 また、 赤色の文字の部分はピンの公表値ではありません(雑誌などに掲載された実測数値です)。 9 〃 〃 〃 先 〃 SR 50 5. 2 〃 〃 〃 中先 〃 S 55 4. 7 〃 〃 〃 中 〃 X 60 4. 4 〃 〃 〃 〃 〃 PING Tour 173-65 R 57 4. 3 〃 〃 〃 中 〃 S 61 3. 4 〃 〃 〃 中元 〃 X 66 3. 2 〃 〃 〃 手元 〃 PING Tour 173-75 R 68 3. 3 〃 〃 〃 中 〃 S 75 2. 9 〃 〃 〃 中元 〃 X 80 2. 8 〃 〃 〃 手元 〃 ATTAS 11 6 SR 65 3. 8 〃 〃 〃 〃 〃 X 69 3. 8 〃 〃 〃 〃 〃 Speeder 661 EVOLUTION VI SR 64. 0 3. 9 〃 〃 〃 中 〃 S 65. 5 3. 9 〃 〃 〃 〃 〃 X 67. 0 3. 9 〃 〃 〃 〃 〃 TENSEI CK Pro Orange 60 R 60. 5 3. 5 3. 5 〃 〃 〃 〃 〃 X 66. 0 3. 4 〃 〃 〃 〃 〃 TX 67. 0 3. 4 〃 〃 〃 〃 〃 Diamana D-LIMITED 60 SR 62. 5 3. 4 〃 〃 〃 手元 〃 S 64. 0 3. 4 〃 〃 〃 〃 〃 X 66. 0 3. 3 〃 〃 〃 〃 〃 TX 68. 0 3. 5 〃 〃 〃 〃 〃 The ATTAS 6 SR 62 3. 6 〃 〃 〃 〃 〃 X 66 3. 5 〃 〃 〃 〃 〃 ATTAS CoooL 6 SR 64 3. 6 〃 〃 〃 先中 〃 S 66 3. 6 〃 〃 〃 〃 〃 X 68 3. 6 〃 〃 〃 〃 〃 Speeder 661 EVOLUTION V SR 64. 0 3. 7 〃 〃 〃 先中 〃 S 66. 0 3. 7 〃 〃 〃 〃 〃 X 68. 0 3. 7 〃 〃 〃 〃 〃 Speeder 661 EVOLUTION IV SR 65. 5 3. 7 〃 〃 〃 中 〃 S 67. 5 3. 7 〃 〃 〃 〃 〃 X 69. 5 3. 3 〃 〃 〃 〃 〃 6S 65 3. 4 〃 〃 〃 〃 〃 6 Tour 68 3. 4 〃 〃 〃 〃 〃 MagicalATTAS - 34 7. 0 〃 〃 〃 中 〃 S 67 4. 0 〃 〃 〃 〃 〃 X 71 3. 6 〃 〃 〃 〃 〃 ATTAS G7 6 SR 63 3. 8 〃 〃 〃 中 〃 S 65 3. 8 〃 〃 〃 〃 〃 X 66 3. 4 〃 〃 〃 中 〃 S 64 3. 3 〃 〃 〃 〃 〃 X 67 3. 5 4. 0 4. 3 〃 〃 〃 〃 〃 X 59. 0 4. 0 4. 3 〃 〃 〃 中 〃 S 57. 5 4. 3 〃 〃 〃 〃 〃 X 59. 5 4. 3 〃 〃 〃 〃 〃 NS PRO Regio Fomula B TYPE55 R2 52 3. 5 3. 6 〃 〃 〃 〃 〃 S 56. 5 3. 6 〃 〃 〃 〃 〃 N. Pro Regio Formula MB TYPE65 R 66. 5 3. 3 〃 〃 〃 中元 〃 S 68. 5 3. 3 〃 〃 〃 〃 〃 X 70. 5 3. 3 〃 〃 〃 〃 〃 N. Pro Regio Formula M TYPE65 R 64. 5 3. 5 〃 〃 〃 中 〃 S 67 3. 5 〃 〃 〃 〃 〃 X 69. 5 3. 5 〃 〃 〃 〃 〃 Tour AD XC-6 SR 62 3. 2 〃 〃 〃 〃 〃 X 65 3. 2 〃 〃 〃 〃 〃 Tour AD VR-6 SR 63 3. 2 〃 〃 〃 中 〃 S 65 3. 2 〃 〃 〃 〃 〃 X 66 3. 2 〃 〃 〃 〃 〃 Tour AD IZ-6 SR 62 3. 2 〃 〃 〃 中 〃 S 63 3. 2 〃 〃 〃 〃 〃 X 65 3. 2 〃 〃 〃 〃 〃 Tour AD TP-6 SR 64 3. 2 〃 〃 〃 中 〃 S 65 3. 2 〃 〃 〃 〃 〃 X 67 3. 2 〃 〃 〃 〃 〃 Tour AD GP-6 SR 64 3. 1 〃 〃 〃 中 〃 S 66 3. 1 〃 〃 〃 〃 〃 X 67 3. 1 〃 〃 〃 〃 〃 Tour AD MJ-6 SR 61 3. 4 〃 〃 〃 中 〃 S 62 3. 4 〃 〃 〃 〃 〃 X 64 3. 4 〃 〃 〃 〃 〃 Tour AD MT-6 SR 62 3. 3 〃 〃 〃 中 〃 S 64 3. 3 〃 〃 〃 〃 〃 X 65 3. 3 〃 〃 〃 〃 〃 Tour AD GT-6 SR 64 3. 1 〃 〃 〃 中 〃 S 66 3. 1 〃 〃 〃 〃 〃 X 67 3. 1 〃 〃 〃 〃 〃 Tour AD BB-6 SR 63 3. 2 〃 〃 〃 中 〃 S 65 3. 2 〃 〃 〃 〃 〃 X 66 3. 2 〃 〃 〃 〃 〃 Tour AD DI-6 SR 64 3. 4 〃 〃 〃 中 〃 S 65 3. 3 〃 〃 〃 〃 〃 X 67 3. 3 〃 〃 〃 〃 〃 Tour AD PT-6 SR 62 3. 6 〃 〃 〃 中 〃 S 63 3. 5 〃 〃 〃 〃 〃 X 64 3. 5 〃 〃 〃 〃 〃 Tour AD QUATTROTECH 65 SR 65 3. 8 〃 〃 〃 先 〃 S 66 3. 8 〃 〃 〃 〃 〃 X 67 3. 6 〃 〃 〃 〃 〃 VENTUS 6 S 65 3. 1 〃 〃 〃 中元 〃 X 65 3. 1 〃 〃 〃 〃 〃 Speeder SLK 6 S 66. 5 5. 1 〃 〃 〃 中 〃 X 71. 0 5. 0 〃 〃 〃 〃 〃 Speeder 661 TR S 65. 5 3. 5 〃 〃 〃 中元 〃 X 67. 0 3. 5 〃 〃 〃 〃 〃 Diamana ZF60 SR 62. 5 3. 8 〃 〃 〃 中元 〃 S 64. 5 3. 8 〃 〃 〃 〃 〃 X 67 3. 8 〃 〃 〃 〃 〃 TX 69 3. 7 〃 〃 〃 〃 〃 Diamana DF60 SR 62 3. 8 〃 〃 〃 中元 〃 S 64 3. 8 〃 〃 〃 〃 〃 X 66. 5 3. 8 〃 〃 〃 〃 〃 TX 68. 5 3. 8 〃 〃 〃 〃 〃 Diamana RF60 SR 63 3. 5 〃 〃 〃 中 〃 S 65 3. 5 〃 〃 〃 〃 〃 X 68 3. 4 〃 〃 〃 〃 〃 Diamana BF60 SR 62 3. 7 〃 〃 〃 中 〃 S 63 3. 7 〃 〃 〃 〃 〃 X 66 3. 6 〃 〃 〃 〃 〃 KURO KAGE XD 60 SR 63 3. 5 〃 〃 〃 手元 〃 S 64. 5 3. 5 〃 〃 〃 〃 〃 X 67 3. 4 〃 〃 〃 〃 〃 TX 68 3. 4 〃 〃 〃 〃 〃 GRAND BASSARA GB 29 Lite 32. 5 11. 8 〃 〃 〃 先中 〃 R 35. 5 10. 8 〃 〃 〃 〃 〃 S 39. 5 9. 5 11. 8 〃 〃 〃 先 〃 R 36 10. 6 〃 〃 〃 〃 〃 S 39. 5 9. 1 〃 〃 〃 〃 〃 Fubuki V 60 SR 63 4. 9 〃 〃 〃 中 〃 S 64. 5 4. 9 〃 〃 〃 〃 〃 X 67. 5 4. 8 〃 〃 〃 〃 〃 ROGUE SILVER 130 M. I 60 TR 61 3. 7 〃 〃 〃 元 〃 TS 64 3. 7 〃 〃 〃 〃 〃 TX 66 3. 前作より約2. 5cm短い。 バックライン無し。 前作より約2. 5cm短い。 バックライン有り。

次の

ピン G410 プラス ドライバーの試打レビュー 口コミ・評判 ギアスペック|ギアカタログ|GDO ゴルフギア情報

ピン ドライバー g410

G410ドライバーはPLUS・SFT・LSTの3種類ある! G410ドライバーは最初にPLUSとSFTモデルが発売されまして、その後、LSTモデルが追加され、3種類のヘッドラインナップとなっています。 html• G410 PLUS ドライバー:G410シリーズのスタンダードモデル• G410 SFT ドライバー:スライスが軽減される直進性の高いモデル• G410 LST ドライバー:低スピンモデル モデルにより搭載されている調整機能に少し差がある! G410の調整機能は2種類あります。 一つ目はG410の目玉でもあるウェイト調整機能、二つ目はカチャカチャ式と呼ばれるロフト角・ライ角の調整機能です。 一つ注意が必要な点として、モデルにより調整機能の搭載に差があります。 モデル G410 PLUS G410 SFT G410 LST 可変式弾道調整ウェイト (ウェイト調整機能) 〇 - 〇 トラジェクトリー・チューニング 2. 0 (ロフト角・ライ角調整機能) 〇 〇 〇 上表の通り、 SFTモデルにはウェイト調整機能が搭載されていません。 そもそもSFTモデルはウェイトをヒール側に寄せたドロー仕様モデルのため、ドロー・フェードの調整機能を外したというのは不思議ではありません。 ただ、ウェイト調整機能の有無により値段は変わらないため、搭載されてユーザー任せでも良かったのではないかといった声も出ているようです。 余談 テーラーメイドやキャロウェイが早くからウェイト調整機能を搭載していたにも関わらず、PINGがここまで手を付けなかったのは、空力を重視しているからとも言われています。 PINGのドライバーと言えば、クラウンにタービュレーターが搭載され、空気の流れを制御してくれる航空機のような繊細なヘッドシェイプが特徴です。 ウェイトを固定する装置は、ヘッドシェイプに凸凹を伴いますので、繊細な空力設計との相性が良くありません。 空力を重視されていることが、SFTモデルでウェイト調整機能が外された理由の一つとして考えられます。 ping. キャロウェイやテーラーメイドのようなスライダー式ではなく、予め定められた3つのポジションにウェイトを装着する仕組みです。 ヒール側から、ドロー、ニュートラル、フェードの設定ポジションとなっていて、好みの弾道に近づけることができます。 ウェイト調整による弾道の違い G410 PLUSドライバーで、ウェイトをニュートラル、フェード、ドローにして試打しだ動画です。 試打した結果、フェードはスピンがかかってやや吹け、ドローはややつかまるとのことです。 PLUSでドローにしたら、SFTになるか? ここで一つの疑問が浮かんできた方もいるのではないかと思います。 「G410 PLUSドライバーで、ウェイトをドローポジションに装着した場合、SFTを超えたドロー仕様にならないのか?」という疑問です。 この点について、PINGの公式サイトでは次のように説明されています。 スライサー向けに開発された、最もつかまるヘッドタイプ。 ping. Trajectory Tuning トラジェクトリー・チューニング 2. ping. 0が搭載されています。 専用レンチを用いてシャフトを取り外して、スリーブの位置をずらして挿し直すことで、ロフト角・ライ角を変更することができます。 ping. なお、調整の仕組みはテーラーメイドのものと似ていて、ロフト・ライの組み合わせはが予め8通り定められていて、その中から選ぶ形となります。 ライ角の調角レンジについて、日本サイトでは言及がないようですが、USの公式サイトでは3. キャロウェイやタイトリストでは、調整リングがあるため、ロフトとライを独立的に調整可能ですが、PINGとタイトリストは組み合わせが決まっているため、やや自由度が下がります。 スリーブの互換性について G410の角度調整機能は、前作となるG400に搭載されていたものと異なり、ロフト角の調整幅が広くなっています。 この点は進化ではありますが、一つ残念な点として、G400以前のものと互換性はありません。 物理的な機構のため、進化と互換性を両立するのは難しいのかもしれません。

次の