アラフォー 婚活 現実。 アラフォー女の婚活は厳しい?その現実と今すべき行動を体験者が暴露!

アラフォー女性の婚活が厳しい現実とは?勘違いな高望み女性の3つの特徴

アラフォー 婚活 現実

アラフォー女性の婚活が厳しいと言われる理由と現実 アラサー、アラフォーと婚活女性自体はたくさんいると思いますが、具体的に アラフォー女性の婚活が厳しいと言われる理由は何でしょうか?• そもそもターゲットが少ない• 出会いがあっても決めきれない• 年齢以外のハードルも割と高い• 年齢が上になればなるほど既婚率が高まっていく、ということは逆を考えれば未婚者はどんどん少なくなっていく、ということ。 アラサーで男性も女性も、結婚を意識して一気に結婚式ラッシュが!という経験はありませんか? いったんアラサーでごっそりと未婚者が減っているのでアラフォーで婚活をしようと思っても、同年代、年齢が近い人、年上の人、と考えると ターゲットはとても少なくなってしまうのです。 また、男性側からしてみても、男性はできれば自分より年下を希望する人が多いので、アラフォー女性を対象として見てくれる人自体がとても少ないのです。 アラフォーくらいになると、仕事もある程度慣れて余裕が出ている頃なので趣味で習い事をしたり、スポーツをしたり様々な出会いの場があるはずです。 さらに本気で婚活をしようと思えば、アラフォーでもなんでも、最近では従来の結婚相談所から街コン、マッチングアプリや婚活サイト等、出会いの手段がさらに広がってきています。 普段の生活で出会う人に加えて、そういったツールを使って出会う人まで加えると、実は相当な人数の人に会うことができます。 逆に、だからこそこんなにたくさん出会いがあるなら、もう少し待っていればもっといい人が出てくるんじゃないか?と 待ってしまって決めきれないというのもアラフォー婚活の現実です。 もちろん20代の婚活とはわけが違いますからアラフォーであること、ということのハードルは高いのですが、そこ自体が問題というよりはアラフォーだからこそ、 取り巻く環境や結婚した後の生活イメージができるかどうか?ということの方に問題があります。 例えば、もちろん個人差はありますし最近は医療も発達してきているので全ての人が、とは言いませんが、年を重ねるにつれて子供を授かる可能性、そして健康な子供を産める可能性は低くなっていきます。 もし相手の男性がそれでもいいと言っていても、相手のご両親は本当に納得しているのか、という孫問題が発生する可能性があります。 さらに、アラフォーでの結婚となると当然両親もそれなりの年齢ですので、すぐそこに見える介護の問題はどうするのかというの懸念材料です。 アラフォーでの婚活、結婚は若くで結婚するよりも、理想だけではない具体的な将来設計が必要となるのです。 1度でも結婚を経験した人はその苦い経験から、私の悪い所はここだから次はこうしよう、というような自分自身を見直すきっかけがあったはずです。 ですが、なんとなく結婚しないでアラフォーになってしまったという人は、いざ婚活を本気でしようと思った時に困ってしまいます。 自分が婚活市場でどの程度の需要があるのか、自分はどんな人に出会いたいのか、という自分がどうしたいのかということが分かっていないのです。 高望みや勘違いしてるアラフォー婚活女性の特徴 婚活女性の中には、明らかにそれは 高望みでは?とかちょっと勘違いしてしまっている人がいます。 その人たちはどんな特徴を持っているのでしょう。 男性に求める条件が高すぎる• 自分を磨く方向がちょっと違う• そういった女性は若い頃はそれなりにモテて、恋愛もいろいろ楽しんだはずです。 それでも結婚までに至らなかった理由の1つとしては、それなりにキレイで自信があるがゆえに、 もっといい人、もっといい人、と思っているうちにアラフォーになってしまったということが考えられます。 そんな人たちは年齢を重ねれば重ねる程「ここまで独身で来たんだから、妥協したくない!」という自分の意地と「やっぱり妥協したのねと思われたくない」という見栄で、男性に対しての 条件を下げることができません。 自分自身も地位や年収がそれなりにあるからなおさらです。 自分磨きをすることは大事なことなので否定はできないのですが、その方向を間違ってしまうと、さらに出会いを遠ざけてしまうことになりかねません。 例えば、語学を身に着けて美容にも投資して、というアラフォー女性を想像してください。 素敵な人だ!と思われるかもしれませんが、ちょっと高嶺の花、という感じがしませんか? 世の中に、もっとターゲットを絞ってアラフォー男性の中にどれだけその高嶺の花にチャレンジしようと思う人がいるでしょうか? もしアラフォーで婚活を始めて自分磨きをしようと思ったら、過度に美容にかけるよりも年齢よりもちょっと若く見える、というくらいを目指しましょう。 アラフォーで婚活をしている男女は年齢的にゆっくり何年も付き合っていずれは結婚して、というよりもいい人がいたら結婚したい、という気持ちで婚活をしています。 だから、自分から高嶺の花になって男性を遠ざける必要はないのです。 婚活への本気度が高ければ高い程、 ついついぐいぐい行ってしまうものです。 多少の積極性は男性からも歓迎されますが、あまりにぐいぐい来られてもがっつきすぎと思われかねません。 しつこくLINEをしたり、自分のことを知ってほしいばかりに、相手が求めてもいない自分通信を一方的に送ってしまっていませんか? また1. 2回目のデートで結婚について、将来についての夢をあまりに語りすぎていませんか? 理想が詳細であればあるほど、男性にとっては重く感じてしまうものです。 もちろん、20代ほど時間があるわけではないですし、お互い婚活をしているアラフォー同士なら、最初から結婚前提に、ということは間違いないので結婚や将来の話をするな、とは言いません。 ちょっと話で出してみて、男性がどんな反応をするか見て判断した上で、その後の会話をする、というような余裕が必要です。 高望みや勘違いしてるアラフォー婚活男性の特徴 高望みや勘違いをしているのはアラフォーの婚活女性だけではありません。 アラフォー婚活男性の高望みや勘違いはどんなものでしょうか。 自分はモテると思っている• 男気の出し方が間違っている• 何となく奥手で出会いのチャンスすらなく、アラフォーになってしまった、というような男性だったら、親戚や知り合い等から紹介されたお見合いで意外とサクッと結婚してしまったりするものです。 勘違いアラフォー男性の特徴の1つ目は「なぜか」 自分はモテると思っている人です。 そういう人は「そろそろ結婚してもいいかなと思っている」「そろそろ落ち着こうかな」「もう存分に遊んだし」等、いかにもモテていたけど自分がその気にならなかったら結婚しなかった、というようなことを発言します。 本当にモテていたら、よほどの遊び人でない限り、たくさん寄ってきた女性の中から自分の好みの人とアラフォーになる前に結婚しているはずですよね。 だいたいこのような発言をする人は、周りはそうは思っていないのに、自分はイケていて、モテるんだ、と思っているので、とにかく女性は若くないといけない、と思っていたり、自分のことは棚に上げてモデルのような女性を理想としている場合が多いのです。 女性が望む男気は頼れる、とかさりげないやさしさや心遣い、というようなものだと思いますが、勘違いアラフォー男性の間違った男気は強引さ、決めつけ、恩着せがましいやさしさ、といったところです。 まだ出会って日が浅いにも関わらず、「君って〇〇だよね。 俺にはわかるよ」とさも全て見切ったかのような断言だったり、「払っておいたよ」等自分がしてあげたことに対して自己申告してきがちです。 そういう男性は、仮に付き合ってからもずっと褒めておだて続けなくてはいけないので疲れてしまうので、女性からは敬遠されがちです。 年をとればとるほど男女共に未既婚関わらず 身だしなみには気を付けなくてはいけません。 男性であれば体型や頭髪、女性も体型や肌等、どうしても年齢に逆らえない部分は出てきてしまうものです。 でもそれを無頓着にほっといて老化させ放題にするのか、それとも最低限気にして小ぎれいにしておくのとでは印象が大きく違います。 そして、身なりに無頓着な人程「中身で勝負」「中身を見てくれる人と付き合いたい」というような発言をします。 もちろん「中身で勝負」ですし「中身を見てくれる人」じゃないと、恋愛や結婚をすることができないのはわかりますが、中身を見る前に身だしなみで却下されている可能性を考えておくべきなのです。 アラフォー男性に20代の男性に求めるようなファッション性を求めているわけではありません。 あくまでも婚活をするならアラフォーなりの小ぎれいさは努力しておく必要があるでしょう。 アラフォー女性が婚活を成功させるコツ なかなか 難易度が高そうなアラフォー女性の婚活ですが、どんなことをしたら成功できるのでしょうか? 最低限押さえておきたいコツを5つご紹介いたしましょう。 間口を広げてみる• 出会いの場に積極的に行ってみる• 相手に求めすぎない• 客観的に自分を見つめなおす• 具体的でないと理想の人には出会えないかもしれませんが、理想が具体的であればあるほど間口は狭まって、出会えるチャンスを逃してしまっているかもしれません。 絶対に譲れないポイントを1. 2個に絞って、そこをクリアしている人はとりあえず会ってみましょう。 そうしたら、実はあなたが気づいていない理想の男性像が見えてくるかもしれません。 あれ?全部にこだわらなくてもいい人いるなぁ、と気づくことができればアラフォー女性の婚活は一歩前進したも同然です。 どれだけ出会いを望んでいても、どれだけ結婚したいと思っていても、まずは相手に出会わないことには始まりません。 新たな出会いがありそうな所にはどんどん出かけていきましょう。 また、親しい同僚や友人に婚活の協力を頼んでおくのもアリでしょう。 その同僚や友人が既婚者でも問題ありません。 例えば、友人の旦那さんが会社の人を紹介してくれる、等普通の生活をしていたら出会わないような人に出会えるチャンスが広がる可能性があるからです。 お互いもういい年齢になってきているので、どちらかがどちらかを養うというより、良いパートナーぽさが求められます。 だからこそ自分の理想にぴったりくる男性を探したり、男性に対して完璧やより厳しい条件を求めることよりも、一緒にどうやって幸せな未来を作っていけるだろうか?という思考にシフトするべきです。 相手にいろいろなことを求めて、「誰かにしてもらうのが当たり前」という考えは捨てなくてはいけません。 自分がどんな人と人生を共にしたいのかというようなパートナーに関する理想はもちろんのこと、自分が他人からはどんな人に見えているのか、自分の婚活市場での価値はどれくらいなのだろうか?と普通に生活していたら気づけなかったことや、考えなかったことをたくさん考える機会です。 そこでここは直した方がいいかな?とか、こういう発想転換したらどうかな?とか自分を見つめ直すと共に自分が成長するきっかけになり、今後の人生にきっと役に立ちます。 そして、年齢的な若さは肌のハリやしわ等、見た目の絶対的な強さを持っていることを再認識することでしょう。 だから、婚活の場に行く時には いつも以上に身だしなみに気を付けなくてはいけません。 20代、30代に張り合って若作りしろということではありません。 無理な若作りは逆効果です。 アラフォーにしか出せない余裕や上質感を服装や持ち物で出せるように心がけましょう。 目指すべきは20代に見えるアラフォーではなく、素敵なお姉さん、です。 アラフォー女性の婚活でのNG行動 アラフォー女性の婚活が成功するためのコツ、についてはお伝えしてきましたが、そのコツは実践していたとしてもこれをしたらダメよ!というNG行動を5つご紹介しておきましょう。 理想と違う、とすぐ拒絶する• 相手がどう思っているかを気にしすぎる• 前のめりになりすぎる• 自分アピールをしすぎる• アラフォー婚活をするならまずは間口を広げる、というお話をしたかと思いますが、それと同じようなことです。 もちろんあなたにも、こうあってほしいという理想があるのはわかります。 身長はこれくらい、性格はこんな感じ、年収はこれくらい欲しいな、いろいろな思いはあると思いますが、全てを満たしていないからと言って拒絶してはいけません。 どれか1つはちょっと足りないかもしれないけど、実は付き合ってみたらしっくりくるような人がいるかもしれません。 出会いはなるべく多いにこしたことはありませんから、自らチャンスをつぶしに行くようなことをしてはいけません。 最低限のマナーとして、こんなことを言ったら相手はどう思うかな?と考えて行動することは必要ですが、相手に気に入られるような発言や行動ばかりしているといずれそれはあなたのストレスになります。 もし、仮にその人と結婚できたとしてもずっと自分を偽って結婚生活を送るわけにはいかないので、ちゃんと自分を出していきましょう。 それがアラフォーならなおさらです。 でも 真剣になるのと前のめりになりすぎるのは違うのでそこは気を付けなくてはいけません。 婚活で出会ったからといって、相手の男性が婚活に対してあなたと同じ温度であるとも限りませんし、あなたと同じスピードで進みたいと思っているとも限りません。 出会ってすぐに次の展開を急かしたり、自分の人生設計を語りすぎるというのも前のめりすぎる印象を与えて男性に引かれてしまいます。 真剣だからこそ、早く結婚したいからこそ自分のことを早くわかってほしい!という思いが強くて私ってこういう人間です!こんなことを望んでいます!結婚相手としてはどうですか?と判断できるように出しているつもりなのでしょう。 でもあまりにぐいぐいアピールされても、伝わって判断するどころか拒否反応を示されてしまいかねません。 自分がどんな人なのか、結婚に対してどんな思いがあるのか、どうしたいのか、という情報は伝えなくてはいけませんが、誤解されないよう伝え方を工夫しなければ、伝わるものも伝わりません。 過度な自虐、というよりは相手が反応困るようなことと言った方がいいでしょうか? 例えば、「もうトシだからさ」とか「スタイルも崩れちゃったし…」というようなことです。 もちろんあなたにとってはちょっとした会話のスパイスのつもりでも、相手は反応に困ってしまいます。 せっかくいいな、と思ってくれていた人にあえて自分からマイナスな要素を与える必要はありません。 たとえ本当に体型が崩れてしまっていたとしても、男性は、いくら明るくしていたとしても開き直っている人よりも、維持しようと努力している姿をかわいい、と思うはずです。 せっかくのチャンスを自らつぶす必要はないのです。

次の

アラサー女子の婚活≪厳しい現実をアラフォー既婚女が語る≫

アラフォー 婚活 現実

Contents• アラフォーが抱える心境と現実について まずはそもそもアラフォーとは、 40歳前後(35~44歳)の人のことを言います。 もともとは女性のことを指していましたが、今は世代を表す表現として使われるようになっています。 アラフォー世代になると、 肌が荒れてくる、髪が薄くなる、脂肪がつきやすくなる、疲れやすくなるなど「加齢」を現実のものとして実感するようになります。 周囲の友人や会社の同僚は皆結婚してしまった、幸せな姿を見ていたらやっぱり自分も結婚したい、そういう心情の人も多いのではないでしょうか? 「自分だって幸せになる権利があるはずだ」「私のほうがいい相手を見つけられる」「私は同年代の人より稼いでいる」、条件がいいのだから婚活でもうまくいくはずだ、そう考えている人が少なくありません。 そうした「心の叫び」を現実の婚活市場では受け止めることができるのでしょうか??まず、アラフォーで婚活をする男女のパターンから考えてみたいと思います。 アラフォーになって婚活に焦り出す独身男女のパターン アラフォーの独身男性 アラフォーの独身男性で婚活をがんばりたいのはいわゆる 「独身貴族」ではありません。 モテる人は若いうちに結婚していますし、「貴族様」ができる収入がある人は婚活しなくても結婚できます。 男性の場合、年収と結婚率には明確な相関関係があり、年収が高い人ほど結婚しています。 男性のアラフォーで婚活に焦っているのは、それまでモテないで来た人が多いんです。 言い換えると「彼女いない歴=40年」とか、そういう恋愛に極めて疎かった人がどうにもならなくなり「婚活」を始めるパターンですね。 独身貴族ができるほどの収入はないけど、1人だと余ってしまう、これまでモテなかったけどやっぱり相手が欲しい、そういう人がアラフォーにして婚活を始めます。 アラフォーの独身女性 アラフォーの独身女性は決してモテない女性だけではありません。 モテない感じの女性や年収が少ない女性、パートや非正規雇用の女性は自分をわきまえているため、若いころに少ないチャンスをものにして、ある種「 妥協(無理な高望みはしない)」ではありますが普通に結婚してしまう人が多いです。 女性で残っているのは、自立していて容姿もそこそこ、とくにモテなかったわけではなく彼氏もいたけど別に 結婚するタイミングを逸してしまった、1人で暮らせるけどやっぱり相手が欲しいなぁというタイプになります。 趣味でいうと「海外旅行」「ホットヨガ」「ピラティス」・・・といったような感じのアラフォー女性です。 アラフォー婚活する男女のタイプをモテ偏差値でいうと• 男性:超下位レベル• 女性:中級ベル が多い傾向があります。 このあたりに婚活がうまくいかない最大の要因があるのではないかと感じます。 アラフォーで婚活がうまくいかない人に多い勘違い アラフォー婚活がうまくいかない人に多い勘違いは、 まだまだ自分は十分に「市場価値がある」と変な自信を持っている部分が強くあるのではないかと考えられます。 男性の場合、年収は人並みにあり、貯金も結婚していなかったのだからたくさんある、女性は男性の年収を重視するはずだから自分と結婚する女性はいるという勘違いです。 下手をすると 「選んでやる」という謎の上から目線を持っている男性も少なくありません。 一方女性は、エステやヨガなど体のメンテナンスにお金と時間をかけられるので、 見た目はアラサーで通用します。 自立して稼いでいるので生活の心配もなく、これならハイスペックな男性が放っておいても寄ってくるはずだという勘違いをしています。 でも現実は全く違う傾向にあるといえます。 以下にまとめます。 アラフォー男性が年上好きの20代女性と結婚できると思ったら大間違い。 年上といっても5才くらいまで、10才近く離れた年の差婚を希望する女性は少ないです。 女性の場合35歳を過ぎると、生物学的に妊娠がどんどん厳しくなります。 見た目が若くても生物としての年齢はごまかせません。 どうしても子供が欲しい男性は厳しいですが年齢の時点で相手にしません。 アラフォーになると、世間も30代前半の婚活プレイヤーも、独身の人よりもバツイチのほうが評価が高くなります。 「一度は結婚できた人」と「この年まで結婚できなかった人」では後者の方が人間として問題があるのでは?と残念ながら思われます。 合理的な説明ができますか? 高望みしていることに気づいていない? 男性と女性では婚活への理想や期待の違いが明確であり、特にアラフォー世代では顕著になっています。 アラフォーの独身男性の場合、20代の女性、それもかわいい系を希望する人が多いです。 これまでモテなかったのだから、一発逆転で若い妻を持ちたいと思うのもわかりますが、これまでモテなかったアラフォー男性(世間一般ではおじさん)を相手にする20代の女性はそうはいません。 でもお金だってあるし性格もいいぞ!という人もいるかもしれませんが、同じような条件であればアラサー男性の方が魅力的に映ります。 稼ぎの部分で言うと、経営者だったりビジネスの成功者などよほどとびぬけた年収や財産があれば年齢とハンデも気にせずに若い女性を相手として選ぶことはできると思いますが、年層の年収程度では中々そのハンディは覆りません。 アラフォーの独身女性もやはりアラフォー男性と同様に一発逆転的な結婚を狙っている人は多いです。 キャリアがある自分に対してちゃんと見合う男性を探してしまいます。 ただ、身の丈は考えずに、年収が高くて背も高くてイケメンで女性の扱いもスマートな男性がいいなぁ、という男性を求めています。 現実的にいえばそのような男性は存在していますが、はたしてその男性がアラフォーの女性を求めているかを考えると、それはかなり少ない確率になると思います。 かといって妥協はできないし、結婚しなければ生活ができないということもないので、いつまでも「白馬の王子様」的な男性を探していつのまにか年齢だけが増えていきます。 女性は男性を「絶対評価」すると言われています。 つまり、自分が設定した(現実離れした)ラインを超える男性が現れないと、どうしても結婚を考えることができないでいます。 そうしているうちに、妊娠がどんどん難しくなっていき、子供が欲しい男性からはますます相手にされなくなってしまうという悪循環に入ってしまうのです。 アラフォーにおすすめの婚活パーティーの選び方 婚活パーティー会社については、当サイトにあるところならばどれでもOKです。 実績があり情報管理も徹底していて、サクラや既婚者などを排除してい選定し、ご紹介しております。 だからこそ、 年齢のハンディというのは思っている以上に厳しいのです。 確率の低い理想だけを追い求めてパーティーへ参加するのではなく、参加するパーティーを工夫していく必要があると思います。 この場合、低い方の可能性に期待している参加が非常に多いので、そうではなく 「38歳以上」とか「40代以上」といった婚活パーティーに参加してみるのがよいと思います。 「39歳だけど40代以上のに参加できますか?」と聞けばおそらく運営は歓迎してくれます。 とにかくその参加者の中で「 絶対的に若い」というアドバンテージを持つことが大切です。 結婚したことがある人というのは、不相応な高望みを婚活ではしないはずです。 だから、身の程をわきまえずにいつまでも高いハードルを設定している人よりも中身や性格をよく見てくれます。 カップリング率もバツイチ&理解者のパーティーのほうが高いみたいです。 大勢の中で何もできない、相手にされない現実を知って打ちのめされてください。 自分の希望がいかに高いのか、自分の殻を破れていないのかが分かれば、おのずと行動や価値観が変わってくると思います。 「 このままではダメかも」と思うことで、婚活への向き合い方も変わってくると思います。 まとめ(統括) いかがでしたでしょうか? アラフォーの婚活について概観してみました。 35歳過ぎて結婚できる確率は、実は3%ではなくて7%~8%なんです。 それでも低いですよね。 それを少しでも高くするためには ・戦略を練る(受け身や自然体でいつづけることを変える) ・自分の希望をもう一度洗い直してみる ・結婚生活をどう送りたいのかを考えてみる ・根拠のない変な自信やプライドは捨てる こういったことをもう一度考えてみることが大切です。 (できれば一人ではなく誰かに相談しながら考えるとより現実的に答えを導けると思います。 ) 厳しいですが 「婚活市場」ではアラフォーはハンディとなる要因がとても大きいです。 だからこそ、現実を見て一歩一歩、一日でも早く行動する(行動を変える)ことが大切になります。 そのため、まず婚活パーティーに行って現実と自分の価値を客観視できるようにしてみてください。 諦めるにはまだまだ早すぎます!頑張っていきましょう!.

次の

アラフォー独身男の婚活は厳しい?その現実と高望み!

アラフォー 婚活 現実

アラフォー女性の婚活が厳しいと言われる理由と現実 アラサー、アラフォーと婚活女性自体はたくさんいると思いますが、具体的に アラフォー女性の婚活が厳しいと言われる理由は何でしょうか?• そもそもターゲットが少ない• 出会いがあっても決めきれない• 年齢以外のハードルも割と高い• 年齢が上になればなるほど既婚率が高まっていく、ということは逆を考えれば未婚者はどんどん少なくなっていく、ということ。 アラサーで男性も女性も、結婚を意識して一気に結婚式ラッシュが!という経験はありませんか? いったんアラサーでごっそりと未婚者が減っているのでアラフォーで婚活をしようと思っても、同年代、年齢が近い人、年上の人、と考えると ターゲットはとても少なくなってしまうのです。 また、男性側からしてみても、男性はできれば自分より年下を希望する人が多いので、アラフォー女性を対象として見てくれる人自体がとても少ないのです。 アラフォーくらいになると、仕事もある程度慣れて余裕が出ている頃なので趣味で習い事をしたり、スポーツをしたり様々な出会いの場があるはずです。 さらに本気で婚活をしようと思えば、アラフォーでもなんでも、最近では従来の結婚相談所から街コン、マッチングアプリや婚活サイト等、出会いの手段がさらに広がってきています。 普段の生活で出会う人に加えて、そういったツールを使って出会う人まで加えると、実は相当な人数の人に会うことができます。 逆に、だからこそこんなにたくさん出会いがあるなら、もう少し待っていればもっといい人が出てくるんじゃないか?と 待ってしまって決めきれないというのもアラフォー婚活の現実です。 もちろん20代の婚活とはわけが違いますからアラフォーであること、ということのハードルは高いのですが、そこ自体が問題というよりはアラフォーだからこそ、 取り巻く環境や結婚した後の生活イメージができるかどうか?ということの方に問題があります。 例えば、もちろん個人差はありますし最近は医療も発達してきているので全ての人が、とは言いませんが、年を重ねるにつれて子供を授かる可能性、そして健康な子供を産める可能性は低くなっていきます。 もし相手の男性がそれでもいいと言っていても、相手のご両親は本当に納得しているのか、という孫問題が発生する可能性があります。 さらに、アラフォーでの結婚となると当然両親もそれなりの年齢ですので、すぐそこに見える介護の問題はどうするのかというの懸念材料です。 アラフォーでの婚活、結婚は若くで結婚するよりも、理想だけではない具体的な将来設計が必要となるのです。 1度でも結婚を経験した人はその苦い経験から、私の悪い所はここだから次はこうしよう、というような自分自身を見直すきっかけがあったはずです。 ですが、なんとなく結婚しないでアラフォーになってしまったという人は、いざ婚活を本気でしようと思った時に困ってしまいます。 自分が婚活市場でどの程度の需要があるのか、自分はどんな人に出会いたいのか、という自分がどうしたいのかということが分かっていないのです。 高望みや勘違いしてるアラフォー婚活女性の特徴 婚活女性の中には、明らかにそれは 高望みでは?とかちょっと勘違いしてしまっている人がいます。 その人たちはどんな特徴を持っているのでしょう。 男性に求める条件が高すぎる• 自分を磨く方向がちょっと違う• そういった女性は若い頃はそれなりにモテて、恋愛もいろいろ楽しんだはずです。 それでも結婚までに至らなかった理由の1つとしては、それなりにキレイで自信があるがゆえに、 もっといい人、もっといい人、と思っているうちにアラフォーになってしまったということが考えられます。 そんな人たちは年齢を重ねれば重ねる程「ここまで独身で来たんだから、妥協したくない!」という自分の意地と「やっぱり妥協したのねと思われたくない」という見栄で、男性に対しての 条件を下げることができません。 自分自身も地位や年収がそれなりにあるからなおさらです。 自分磨きをすることは大事なことなので否定はできないのですが、その方向を間違ってしまうと、さらに出会いを遠ざけてしまうことになりかねません。 例えば、語学を身に着けて美容にも投資して、というアラフォー女性を想像してください。 素敵な人だ!と思われるかもしれませんが、ちょっと高嶺の花、という感じがしませんか? 世の中に、もっとターゲットを絞ってアラフォー男性の中にどれだけその高嶺の花にチャレンジしようと思う人がいるでしょうか? もしアラフォーで婚活を始めて自分磨きをしようと思ったら、過度に美容にかけるよりも年齢よりもちょっと若く見える、というくらいを目指しましょう。 アラフォーで婚活をしている男女は年齢的にゆっくり何年も付き合っていずれは結婚して、というよりもいい人がいたら結婚したい、という気持ちで婚活をしています。 だから、自分から高嶺の花になって男性を遠ざける必要はないのです。 婚活への本気度が高ければ高い程、 ついついぐいぐい行ってしまうものです。 多少の積極性は男性からも歓迎されますが、あまりにぐいぐい来られてもがっつきすぎと思われかねません。 しつこくLINEをしたり、自分のことを知ってほしいばかりに、相手が求めてもいない自分通信を一方的に送ってしまっていませんか? また1. 2回目のデートで結婚について、将来についての夢をあまりに語りすぎていませんか? 理想が詳細であればあるほど、男性にとっては重く感じてしまうものです。 もちろん、20代ほど時間があるわけではないですし、お互い婚活をしているアラフォー同士なら、最初から結婚前提に、ということは間違いないので結婚や将来の話をするな、とは言いません。 ちょっと話で出してみて、男性がどんな反応をするか見て判断した上で、その後の会話をする、というような余裕が必要です。 高望みや勘違いしてるアラフォー婚活男性の特徴 高望みや勘違いをしているのはアラフォーの婚活女性だけではありません。 アラフォー婚活男性の高望みや勘違いはどんなものでしょうか。 自分はモテると思っている• 男気の出し方が間違っている• 何となく奥手で出会いのチャンスすらなく、アラフォーになってしまった、というような男性だったら、親戚や知り合い等から紹介されたお見合いで意外とサクッと結婚してしまったりするものです。 勘違いアラフォー男性の特徴の1つ目は「なぜか」 自分はモテると思っている人です。 そういう人は「そろそろ結婚してもいいかなと思っている」「そろそろ落ち着こうかな」「もう存分に遊んだし」等、いかにもモテていたけど自分がその気にならなかったら結婚しなかった、というようなことを発言します。 本当にモテていたら、よほどの遊び人でない限り、たくさん寄ってきた女性の中から自分の好みの人とアラフォーになる前に結婚しているはずですよね。 だいたいこのような発言をする人は、周りはそうは思っていないのに、自分はイケていて、モテるんだ、と思っているので、とにかく女性は若くないといけない、と思っていたり、自分のことは棚に上げてモデルのような女性を理想としている場合が多いのです。 女性が望む男気は頼れる、とかさりげないやさしさや心遣い、というようなものだと思いますが、勘違いアラフォー男性の間違った男気は強引さ、決めつけ、恩着せがましいやさしさ、といったところです。 まだ出会って日が浅いにも関わらず、「君って〇〇だよね。 俺にはわかるよ」とさも全て見切ったかのような断言だったり、「払っておいたよ」等自分がしてあげたことに対して自己申告してきがちです。 そういう男性は、仮に付き合ってからもずっと褒めておだて続けなくてはいけないので疲れてしまうので、女性からは敬遠されがちです。 年をとればとるほど男女共に未既婚関わらず 身だしなみには気を付けなくてはいけません。 男性であれば体型や頭髪、女性も体型や肌等、どうしても年齢に逆らえない部分は出てきてしまうものです。 でもそれを無頓着にほっといて老化させ放題にするのか、それとも最低限気にして小ぎれいにしておくのとでは印象が大きく違います。 そして、身なりに無頓着な人程「中身で勝負」「中身を見てくれる人と付き合いたい」というような発言をします。 もちろん「中身で勝負」ですし「中身を見てくれる人」じゃないと、恋愛や結婚をすることができないのはわかりますが、中身を見る前に身だしなみで却下されている可能性を考えておくべきなのです。 アラフォー男性に20代の男性に求めるようなファッション性を求めているわけではありません。 あくまでも婚活をするならアラフォーなりの小ぎれいさは努力しておく必要があるでしょう。 アラフォー女性が婚活を成功させるコツ なかなか 難易度が高そうなアラフォー女性の婚活ですが、どんなことをしたら成功できるのでしょうか? 最低限押さえておきたいコツを5つご紹介いたしましょう。 間口を広げてみる• 出会いの場に積極的に行ってみる• 相手に求めすぎない• 客観的に自分を見つめなおす• 具体的でないと理想の人には出会えないかもしれませんが、理想が具体的であればあるほど間口は狭まって、出会えるチャンスを逃してしまっているかもしれません。 絶対に譲れないポイントを1. 2個に絞って、そこをクリアしている人はとりあえず会ってみましょう。 そうしたら、実はあなたが気づいていない理想の男性像が見えてくるかもしれません。 あれ?全部にこだわらなくてもいい人いるなぁ、と気づくことができればアラフォー女性の婚活は一歩前進したも同然です。 どれだけ出会いを望んでいても、どれだけ結婚したいと思っていても、まずは相手に出会わないことには始まりません。 新たな出会いがありそうな所にはどんどん出かけていきましょう。 また、親しい同僚や友人に婚活の協力を頼んでおくのもアリでしょう。 その同僚や友人が既婚者でも問題ありません。 例えば、友人の旦那さんが会社の人を紹介してくれる、等普通の生活をしていたら出会わないような人に出会えるチャンスが広がる可能性があるからです。 お互いもういい年齢になってきているので、どちらかがどちらかを養うというより、良いパートナーぽさが求められます。 だからこそ自分の理想にぴったりくる男性を探したり、男性に対して完璧やより厳しい条件を求めることよりも、一緒にどうやって幸せな未来を作っていけるだろうか?という思考にシフトするべきです。 相手にいろいろなことを求めて、「誰かにしてもらうのが当たり前」という考えは捨てなくてはいけません。 自分がどんな人と人生を共にしたいのかというようなパートナーに関する理想はもちろんのこと、自分が他人からはどんな人に見えているのか、自分の婚活市場での価値はどれくらいなのだろうか?と普通に生活していたら気づけなかったことや、考えなかったことをたくさん考える機会です。 そこでここは直した方がいいかな?とか、こういう発想転換したらどうかな?とか自分を見つめ直すと共に自分が成長するきっかけになり、今後の人生にきっと役に立ちます。 そして、年齢的な若さは肌のハリやしわ等、見た目の絶対的な強さを持っていることを再認識することでしょう。 だから、婚活の場に行く時には いつも以上に身だしなみに気を付けなくてはいけません。 20代、30代に張り合って若作りしろということではありません。 無理な若作りは逆効果です。 アラフォーにしか出せない余裕や上質感を服装や持ち物で出せるように心がけましょう。 目指すべきは20代に見えるアラフォーではなく、素敵なお姉さん、です。 アラフォー女性の婚活でのNG行動 アラフォー女性の婚活が成功するためのコツ、についてはお伝えしてきましたが、そのコツは実践していたとしてもこれをしたらダメよ!というNG行動を5つご紹介しておきましょう。 理想と違う、とすぐ拒絶する• 相手がどう思っているかを気にしすぎる• 前のめりになりすぎる• 自分アピールをしすぎる• アラフォー婚活をするならまずは間口を広げる、というお話をしたかと思いますが、それと同じようなことです。 もちろんあなたにも、こうあってほしいという理想があるのはわかります。 身長はこれくらい、性格はこんな感じ、年収はこれくらい欲しいな、いろいろな思いはあると思いますが、全てを満たしていないからと言って拒絶してはいけません。 どれか1つはちょっと足りないかもしれないけど、実は付き合ってみたらしっくりくるような人がいるかもしれません。 出会いはなるべく多いにこしたことはありませんから、自らチャンスをつぶしに行くようなことをしてはいけません。 最低限のマナーとして、こんなことを言ったら相手はどう思うかな?と考えて行動することは必要ですが、相手に気に入られるような発言や行動ばかりしているといずれそれはあなたのストレスになります。 もし、仮にその人と結婚できたとしてもずっと自分を偽って結婚生活を送るわけにはいかないので、ちゃんと自分を出していきましょう。 それがアラフォーならなおさらです。 でも 真剣になるのと前のめりになりすぎるのは違うのでそこは気を付けなくてはいけません。 婚活で出会ったからといって、相手の男性が婚活に対してあなたと同じ温度であるとも限りませんし、あなたと同じスピードで進みたいと思っているとも限りません。 出会ってすぐに次の展開を急かしたり、自分の人生設計を語りすぎるというのも前のめりすぎる印象を与えて男性に引かれてしまいます。 真剣だからこそ、早く結婚したいからこそ自分のことを早くわかってほしい!という思いが強くて私ってこういう人間です!こんなことを望んでいます!結婚相手としてはどうですか?と判断できるように出しているつもりなのでしょう。 でもあまりにぐいぐいアピールされても、伝わって判断するどころか拒否反応を示されてしまいかねません。 自分がどんな人なのか、結婚に対してどんな思いがあるのか、どうしたいのか、という情報は伝えなくてはいけませんが、誤解されないよう伝え方を工夫しなければ、伝わるものも伝わりません。 過度な自虐、というよりは相手が反応困るようなことと言った方がいいでしょうか? 例えば、「もうトシだからさ」とか「スタイルも崩れちゃったし…」というようなことです。 もちろんあなたにとってはちょっとした会話のスパイスのつもりでも、相手は反応に困ってしまいます。 せっかくいいな、と思ってくれていた人にあえて自分からマイナスな要素を与える必要はありません。 たとえ本当に体型が崩れてしまっていたとしても、男性は、いくら明るくしていたとしても開き直っている人よりも、維持しようと努力している姿をかわいい、と思うはずです。 せっかくのチャンスを自らつぶす必要はないのです。

次の