欅坂46まとめきんぐだむ 不協和音。 欅坂46「不協和音」「サイマジョ」はどうやって誕生したのか 作曲家「バグベア」に聞く“ヒットの裏側” (1/3)

欅坂46の東京ドーム公演を回顧。“不協和音”と平手友梨奈“角を曲がる”

欅坂46まとめきんぐだむ 不協和音

8月に結成4周年を迎えた欅坂46にとって初の東京ドーム公演(以下、ドーム公演)が、9月18日と19日の2日間にわたって開催された。 8月16日のゼビオアリーナ仙台公演に始まり、9月6日の福岡国際センター公演で地方公演としては一旦幕を閉じた『欅坂46 夏の全国アリーナツアー2019』(以下、アリーナツアー)の追加公演となるドーム公演は、単に「追加公演」という以上に、物語的にアリーナツアーと連続性を持つものであった。 だからまずはアリーナツアーについて語られなければならない。 (メイン画像:撮影 上山陽介) 「逆再生するあべこべな世界」を舞台に、日本武道館公演のセットリストを遡ったアリーナツアー 右肘の負傷によりセンターの平手友梨奈が不在であったため、その代理を鈴本美愉、小池美波、小林由依、菅井友香、守屋茜、土生瑞穂、上村莉菜が務めたアリーナツアーは、「逆再生するあべこべな世界」を舞台に、5月に行なわれた『欅坂46 3rd YEAR ANNIVERSARY LIVE 日本武道館公演』(以下、武道館公演)のセットリストを遡るというものであった。 「意味の過剰さ」をライブ演出に持ち込む。 なぜ過去を逆再生し、その世界からの脱出に失敗しなければならかったのか? あべこべな世界の雰囲気は、映像・音声の逆再生や、武道館公演でのダンストラックを逆再生する振付、デジタル時計の逆進、欅坂46の過去を想起させる写真のゆがみ、音声のひずみ、歌詞テロップの反転、合わせ鏡、ステージを映しているはずのスクリーンと実際のステージで起こっていることが異なるという昨年の『欅共和国2018』でも用いられた映像トリック、最後にひとりステージに取り残されるメンバー(冒頭では手鏡を持っている)が公演ごとに変わる演出など、一度見ただけでは理解が困難な様々な仕掛けによって醸成されており、欅坂46のメンバーはそうした世界からの脱出を試みるも毎回失敗に終わるという「ループもの」としてアリーナツアーは構成されていた。 既に頼もしくある2期生と共に坂道を登りゆく欅坂46が武道館公演のセットリストを遡るということは、過去への憧憬とも映るし、そうした世界からの脱出が毎回失敗に終わるということは、現在の否定とも映るからである。 選抜制の導入を発表。 「忘れかけてた気持ち」を取り戻す試みとしてのアリーナツアー ドーム公演を目前に控えた9月7日には、昨年の夏に行なわれた『坂道合同オーディション』の合格者のうち配属が決まらなかった15人からなる「坂道研修生」のプロフィールが公開され、翌9月8日放送の『欅って、書けない?』では、これまで「卒業メンバーを含む1期生21人全員」が選抜されるという「全員選抜制」でシングルをリリースしてきた欅坂46に、今冬リリースの9thシングルから選抜制が導入されることが発表されるなど、アリーナツアーがもはや遠い昔であるかのように思わせる出来事が立て続けに起きた。 欅坂46運営委員会委員長などを務める今野義雄によると「これからの欅坂46にとっては必要なステップ」として、アリーナツアー前の7月某日に行なわれた選抜発表では、1期生17人から10人、これまで卒業メンバーのポジションを担当してきたが自分のポジションが与えられるのは初となる2期生9人から7人の計17人が選抜され、センターには引き続き平手友梨奈が立つ。 欅坂46 選抜制についてキャプテンの菅井友香は番組内で「欅坂46が変わるためにはこれしかないのかなって思いました」「グループとして停滞しているのはずっと感じてたので」と語り、渡邉理佐は「忘れかけてた気持ち」と言葉を漏らした。 だが、選抜制に伴うネガティブさを感じさせないアリーナツアーでのパフォーマンスを経て、メンバーそれぞれが様々な感情を抱きながらも前に進もうという決意を綴ったブログを読むと、アリーナツアーで描かれたループは「忘れかけてた気持ち」を取り戻そうとする試みの繰り返しであったように思えてくる。 アリーナツアーは、主人公が様々な試練を乗り越えながら成長していくビルドゥングスロマンであり、その続きとしてドーム公演がある。

次の

日向坂46メンバーも欅坂46のパフォーマンスに大興奮!『不協和音』実は一期生みんなフルサイズで踊れることが再び話題に【欅共和国2017】

欅坂46まとめきんぐだむ 不協和音

作曲家ユニット「バグベア」。 「サイレントマジョリティー」ポーズを決めるのは、さん(左)、「不協和音」ポーズを決めるのは、さん(右) 「バグベア」が語る作曲家の仕事 「バグベア」は、メロディーの作曲を全般的に担当する「こぎみいい」さんと、トラック(歌がないインストゥルメンタル)制作やアレンジを担当する「ここみらい」さんによる2人組ユニット。 こぎみいい:僕とここみらいは高校生のときにやっていた音楽系の部活動の先輩後輩で、ここみらいについては「すごく音楽的センスがいい人だな」と思って注目していたんです。 その後お互いに大学へ行ったり、就職をしたりしたのですが、ある日ここみらいから「栄養士として働いているんだけど、今の職場は酷くて……」という相談を受けたんです。 それで話を聞いたらあまり良くない環境だと分かったので、「そんな目に遭う必要はないんじゃないの」という話をして、ここみらいの上司に連絡をしたんですよ。 最終的にそんな感じの職場をやめられたのは良かったのですが、僕が話し合いをして辞めさせてしまったので「責任取らなきゃ」と思って、「2人で音楽をやってみないか」と打診したのがはじまりです。 僕の中では2人でやったら絶対いける、という確信があったんですよね。 そもそも作曲家というお仕事について、何となく分かっているような分かっていないようなところがあるのですが、どうやったら作曲家になれるのでしょうか。 こぎみいい:必ずというわけではないのですが、大体は「作曲家事務所」というものに所属する必要があります。 ここみらい:今は作曲家事務所自体がとても多いのですが、デモテープを送ったり、オーディションを受けたりして、お返事がもらえたら所属が決まります。 作曲家事務所に所属すると、その後は各レコード会社などがやっているコンペに参加できるので、勝ち抜けば楽曲提供をすることができます。 こぎみいい:コンペにもよりますが、基本的にはアレンジャーさんという方々がアレンジしてくださったりします。 僕たちの場合はトラックメーカーのここみらいがいるので、あまりイメージが変わるということはないですね。 こぎみいい:ラストアイドルの「愛しか武器がない」は当初ごりごりのEDM系で結構重たい曲だったのですが、ラストアイドルに沿った感じにアレンジしてもらったなと思います。 ストリングスなどが加わったので、ジャンルが変わった感じがしてよくなりましたね。 そこで杉山さんが「今年から作曲家になりました。 嵐に楽曲提供します」とお話しされているのを聞いて、「作曲家という仕事があるのか!」と衝撃を受けました。 作曲家になるきっかけを作ってくださったのは間違いなく杉山さんです。 作詞・作曲・編曲などを手掛けながら、さんとのフォークデュオ「」のギタリストとしても活動している。 こぎみいい:これまでは年間200曲以上作っていましたが、最近はクオリティー重視なので、100曲ぐらいでしょうか。 100曲書いて、その中から選んで、仕上げてコンペに出すという感じです。 ここみらい:Aメロ〜Bメロ〜サビまでのワンコーラス(90秒ぐらいのもの)を作っていきます。 こぎみいい:流れとしては、ここみらいが作ったトラックをもらって、それに僕が歌詞やメロディーをつけていくという形になります。 「どんなトラックにするのか」については、はじめにかなり時間をかけてミーティングをするようにしていて、そのなかで「こういうコード進行にしよう」とか「こんなイメージにしよう」と決まったものをここみらいが作ります。 ここみらい:トラックとは歌がないインストゥルメンタルのことで、カラオケ音源をイメージしてもらうと分かりやすいかもしれません。 まずは1パターン作ってみて、「イメージと違う」と言われたら直してという感じで作業していきます。 こぎみいい:それを聞いて後はインスピレーションでメロディーをつけていくのですが、ここみらいのトラックって結構予想外のものが出来上がってくることが多いんですよ。 あえて外してくるっていうよりは発注通りできないみたいで(笑) ここみらい:逆にこぎみが合わせてくれるよね(笑)。 こぎみいい:でもそれがここみらいの個性で良いところだなと思っていて、 ここみらいの感性に自分の音楽を掛け合わせると、さらに上がるような感じになったりするんです。 最初に思っていたのとは違って予想外のものができるから、化学反応的な何かが起きるというか、面白くなるんですよね。 こぎみいい:お互いすごく近くに住んでいるのですが、僕の自宅にスタジオがあるので、ここみらいが出勤してきます。 夜から来てもらって朝まで作業し続けるときもありますし、本当に寝に帰るだけという感じのときも多いので、漫画家のアシスタントさんみたいな生活ですね。 こぎみいい:いや、僕たちはかなり早い方だと思います。 最短だと……3分でできた曲がありますね。 そのときは本当に時間がなくて、ここみらいに適当なトラックを流してもらってそこに曲を1発でつけて録ってという感じでした。 僕たちはコンペに出す仕事が多いのですが、打率が高いのはそういう1発でできた曲ですね。 逆に時間がかかったのは、「僕戦(ぼくせん)」かなぁ。

次の

欅坂46の東京ドーム公演を回顧。“不協和音”と平手友梨奈“角を曲がる”

欅坂46まとめきんぐだむ 不協和音

8月に結成4周年を迎えた欅坂46にとって初の東京ドーム公演(以下、ドーム公演)が、9月18日と19日の2日間にわたって開催された。 8月16日のゼビオアリーナ仙台公演に始まり、9月6日の福岡国際センター公演で地方公演としては一旦幕を閉じた『欅坂46 夏の全国アリーナツアー2019』(以下、アリーナツアー)の追加公演となるドーム公演は、単に「追加公演」という以上に、物語的にアリーナツアーと連続性を持つものであった。 だからまずはアリーナツアーについて語られなければならない。 (メイン画像:撮影 上山陽介) 「逆再生するあべこべな世界」を舞台に、日本武道館公演のセットリストを遡ったアリーナツアー 右肘の負傷によりセンターの平手友梨奈が不在であったため、その代理を鈴本美愉、小池美波、小林由依、菅井友香、守屋茜、土生瑞穂、上村莉菜が務めたアリーナツアーは、「逆再生するあべこべな世界」を舞台に、5月に行なわれた『欅坂46 3rd YEAR ANNIVERSARY LIVE 日本武道館公演』(以下、武道館公演)のセットリストを遡るというものであった。 「意味の過剰さ」をライブ演出に持ち込む。 なぜ過去を逆再生し、その世界からの脱出に失敗しなければならかったのか? あべこべな世界の雰囲気は、映像・音声の逆再生や、武道館公演でのダンストラックを逆再生する振付、デジタル時計の逆進、欅坂46の過去を想起させる写真のゆがみ、音声のひずみ、歌詞テロップの反転、合わせ鏡、ステージを映しているはずのスクリーンと実際のステージで起こっていることが異なるという昨年の『欅共和国2018』でも用いられた映像トリック、最後にひとりステージに取り残されるメンバー(冒頭では手鏡を持っている)が公演ごとに変わる演出など、一度見ただけでは理解が困難な様々な仕掛けによって醸成されており、欅坂46のメンバーはそうした世界からの脱出を試みるも毎回失敗に終わるという「ループもの」としてアリーナツアーは構成されていた。 既に頼もしくある2期生と共に坂道を登りゆく欅坂46が武道館公演のセットリストを遡るということは、過去への憧憬とも映るし、そうした世界からの脱出が毎回失敗に終わるということは、現在の否定とも映るからである。 選抜制の導入を発表。 「忘れかけてた気持ち」を取り戻す試みとしてのアリーナツアー ドーム公演を目前に控えた9月7日には、昨年の夏に行なわれた『坂道合同オーディション』の合格者のうち配属が決まらなかった15人からなる「坂道研修生」のプロフィールが公開され、翌9月8日放送の『欅って、書けない?』では、これまで「卒業メンバーを含む1期生21人全員」が選抜されるという「全員選抜制」でシングルをリリースしてきた欅坂46に、今冬リリースの9thシングルから選抜制が導入されることが発表されるなど、アリーナツアーがもはや遠い昔であるかのように思わせる出来事が立て続けに起きた。 欅坂46運営委員会委員長などを務める今野義雄によると「これからの欅坂46にとっては必要なステップ」として、アリーナツアー前の7月某日に行なわれた選抜発表では、1期生17人から10人、これまで卒業メンバーのポジションを担当してきたが自分のポジションが与えられるのは初となる2期生9人から7人の計17人が選抜され、センターには引き続き平手友梨奈が立つ。 欅坂46 選抜制についてキャプテンの菅井友香は番組内で「欅坂46が変わるためにはこれしかないのかなって思いました」「グループとして停滞しているのはずっと感じてたので」と語り、渡邉理佐は「忘れかけてた気持ち」と言葉を漏らした。 だが、選抜制に伴うネガティブさを感じさせないアリーナツアーでのパフォーマンスを経て、メンバーそれぞれが様々な感情を抱きながらも前に進もうという決意を綴ったブログを読むと、アリーナツアーで描かれたループは「忘れかけてた気持ち」を取り戻そうとする試みの繰り返しであったように思えてくる。 アリーナツアーは、主人公が様々な試練を乗り越えながら成長していくビルドゥングスロマンであり、その続きとしてドーム公演がある。

次の