リヨン駅 ホテル。 パリ リヨン駅周辺のホテル・ビジネスホテルを宿泊予約

リヨン ホテル予約 人気ランキング【フォートラベル】

リヨン駅 ホテル

市内交通の便利さ 2. 1 メトロ1番線、RER A線の停車駅 凱旋門のあるエトワール駅 Charles de Gaule Etoile までRER A線で直行で行け、 シャンゼリゼ大通りを徒歩で下って行き、どの駅からでもメトロ1番線に乗ればリヨン駅に戻ってくることができます(パリ観光が初めての方は初日に凱旋門からシャンゼリゼ大通り、テュイルリー公園を通ってルーブル宮まで、お店を覗いたりカフェで一休みしながら街歩きするのをお勧め)。 ルーブル美術館や シャトレ・レアール、 コンコルド広場や テュイルリー公園、 バスティーユも全てメトロ1番線沿線。 メトロ14番線では新開発された ベルシー地区Bercyにも直通で行けます。 クール・サンテミリオン Cour Saint Emilion駅で下車すると、かつてワイン倉庫街だったのを改造してできたお洒落なレストランやブティックが立ち並ぶベルシー・ヴィラージュがあります。 (ヴィラージュは「村」の意味で、屋外の道を挟んで両側に店の立ち並んでいるのを村になぞらえているのだと思います。 南仏の香水メーカー フラゴナールのお店 上記は全てメトロ交通網のメリットですね。 他の場所に滞在していてもメトロやバスを乗り継いでどこにでも行けますが、乗換えは意外と時間・体力のロスになるし、 直行で行けるのとそうでないのでは気分的に全く違います。 パリ・リヨン駅で目を引くのは何と言っても時計塔 la Tour-Horloge。 パリ〜リヨン間は既に1849年に開通していましたが、 現在の位置に移され時計塔が 建設されたのは1900年パリ万博の時です。 高さは 67 メートル、てっぺんのドームは亜鉛素材で覆われています。 文字盤の直径は 6. 4 メートル、面積は 140 平方メートル、時刻はローマ数字で表され、1メートルの長さ。 針はアルミニウム製で長針は重さ 38kg 、長さ4メートル、短針は 26kg 、長さ 2. 8 メートル。 1999 年 12 月の嵐により機能停止していたのが、 2005 年に修理・改善 、メカニズム自体は原型を維持しながら、近代的な動力システムおよび 時刻同期システム が導入され、正確なフランス標準時を刻んでいます。 また文字盤もこの時に電気照明になりました。 東京、銀座シックスの地下にもブティックがありますね。 バスティーユから徒歩圏内のヴォージュ広場にあります(15, Place des Vosges 75004 Paris。 パリには、元から存在するオペラ・ガルニエ(建築家ガルニエが設計)と、元大統領フランソワ・ミッテランがガルニエ宮の負担を軽減し「近代的で庶民的な」オペラ座を創設することを目的として建設された オペラ・バスティーユがあります。 オペラ・ガルニエの方は歴史を感じさせる豪華絢爛な劇場ですが演目は斬新な(突飛な?)演出のバレエ公演が多く、オペラ・バスティーユの方は近代的な建物でオペラや、オーソドックスな振り付けのバレエが上演されることが多いようです。 どちらかというと古典的内装のガルニエでオーソドックスなバレエを鑑賞したい所ですが …。 公演終了は夜遅くになり、1日の終わりで疲れていますから、すぐにホテルに戻れるのは安心です。 ヴィクトル・ユゴーの名作 レ・ミゼラブル(邦題「ああ無情」)の舞台になった場所が近くにたくさん。 書籍でこの名著に親しんだ人もミュージカルでこの作品が好きな人もこの界隈を散策(巡礼?)するのはマストですね。 ジャン・ヴァルジャンに助けられたコゼットは、リヨン駅から徒歩15分程のピクピュス修道院で教育を受けましたし、健気な少年ガヴローシュはバスティーユ広場に存在していた巨大な象の構築物の中に住み、時々はオーステルリッツ界隈に済む両親テナルディエの住まいに赴いていました。 オーステルリッツ駅はリヨン駅から橋を渡ってそう遠くない所にあります。 ガヴローシュの姉エポニーヌもそこに住んでいました。 ジャン・ヴァルジャンと養女コゼットが慈善事業のためにテナルディエ家を訪れ、危うくテナルディエの計略の的になりそうになりました。 テナルディエ家の隣には富裕な家庭の出自でいながら革命に参画するマリユス・ポンメルシーが住んでいましたし、そのマリユスの父親はバスティーユからメトロで1駅の フィーユ・デュ・カルヴェールに居を構えていました。 ジャン・ヴァルジャンがマリユスを背負い、下水道を通って父親の元に送り届けた場所です。 そしてヴィクトル・ユゴー自身、バスティーユからそれ程遠くない、 ヴォージュ広場に面した邸宅の3階(フランスでは2階と数える)に1832年から16年間 280平米の居を構えていました 6 Place des Vosge。 レ・ミゼラブルの大部分を書き上げた書斎も含め見学できるようになっています。 都市開発的にデファンスの対極にある街 都市開発を学んだフランス人に聞いた話なのですが、中庸やバランスを重んじるフランス人は片方に偏りが生じるのを嫌がり、この性質はパリの都市開発にも顕著に現れているとのことです。 東のヴァンセンヌの森に対し西のブーローニュの森、北にモンマルトル墓地があれば南にはモンパルナス墓地、北方に行くための北駅に対し南に行くリヨン駅、北のシャルル・ド・ゴール空港と南のオルリー空港、等々。 リヨン駅界隈に行ってみると気づくかもしれませんが、RATPやNatixis等の高層ビルが立ち並んでいますが、これは西の ラ・デファンスのビジネス街と好一対を成すものだとのことです。 故フランソワ・ミッテラン元大統領がフランス革命200周年に合わせて打ち出した パリ大改造計画は以下に見るように壮大なものでした。 ルーブル宮の一翼に入っていた 財務省を新開発地域ベルシーに移す• オルセー駅を美術館に改修して印象派美術品をここに集中(それにしても駅を美術館に転換するってすごい発想ですね)• こうしてできたルーブル美術館の空間にそれまで眠っていた美術品を展示• この一環で ガラスのピラミッドを正面に建造。 古風なオペラ座に対し斬新な オペラ・バスティーユを建設 学術• オペラ地区にある国立図書館はそのままだと全ての蔵書スペースに限界があったため、ベルシーの近接地域に近代的な 新国立図書館を設立• バスティーユから遠くない場所に近代的な アラブ世界研究所Institut du Monde Arabeが設立され、イスラム文化の研究・紹介が行われています。 ある意味、これら美術・音楽・学術といった文化的施設の新設自体、ベルシー地区での 財務省の新オフィス建設と対応が取れているように見えます。 そして東側でベルシー、バスティーユ地区が再開発される一方で、西に 新凱旋門Grande Arche(凱旋門型の通信センター)が建設されています。

次の

Top Hotels in Lyon from ¥6,293 (FREE cancellation on select hotels)

リヨン駅 ホテル

リヨン駅の歴史 リヨン駅は1847年に建設が開始されました。 リヨン駅が竣工されたのは1849年のこと。 当時の駅はバスティーユ広場の近くにあり、当時の路線は「リヨン通り」となっています。 1900年に万国博覧会に合わせて3代目の駅舎が完成。 現在も使われている青いホームはこの時に建設されました。 1960年代に地下ホームが完成し、1980年代にはTGVホームが完成。 フランスの鉄道の発展を常に見続けてきたのがリヨン駅なのです。 リヨン駅はどのような構造? リヨン駅は大きく3つのフロアに分けることができます。 ホール1は正面から入ってすぐの場所にあります。 ホール1から左奥の方向に進むとホール2に着きます。 そして、0階にあるのがホール3です。 それぞれのホールへの移動は3~5分はかかりますので、移動の際には十分ご注意ください。 電光掲示板では列車が発車する番線だけでなく、どのホールから発車するのかもチェックしておきましょう。 リヨン駅にはどのような列車が乗り入れているのか リヨン駅はパリのターミナルということもあり、様々な列車が乗り入れています。 まず、フランスが誇る高速列車(TGV)をご紹介しましょう。 リヨン駅から発車するTGVは国内線と国際線に分けることができます。 国内線は主に南東方面(リヨン・アヴィニョン・ニースなど)へ向かいます。 一方、国際線はスイス(ジュネーブ・ベルンなど)とイタリア(ミラノなど)へ。 その他にはブルゴーニュ方面へ向かうTERなどがあります。 他の交通機関への乗り継ぎ リヨン駅へはメトロ1号線と14号線が乗り入れています。 1号線はシャトレ駅やシャルル・ド・ゴール=エトワール駅を、14号線はマドレーヌ駅やサン・ラザール駅を通ります。 なお、リヨン駅からパリの玄関口であるシャルル・ドゴール空港へはエールフランスの空港バスを使いましょう。 シャルル・ドゴール空港からの場合はモンパルナス行きのバスに乗ります。 所要時間は約1時間ですが、夕方は交通渋滞に巻き込まれる可能性がありますので、時間には余裕を持ちましょう。 リヨン駅のサービス 次に気になるリヨン駅のサービスを見ていきましょう。 Photo credit:Hiroyuki Fukagawa「」 リヨン駅を訪れたら必ず「ル・トラン・ブルー」というレストランに寄ってみましょう。 このレストランは映画「ニキータ」にも登場したことでも有名です。 ちなみに、この「ル・トラン・ブルー」はカレーからニースを結んでいた豪華列車の列車名に由来します。 店内に入って驚くのはバロック調の豪華絢爛な内装。 そして、天井や壁にはパリからマルセイユまでの風景画が飾られています。 料理の方は正統派のフレンチとなっています。 ドレスコードはありませんが、キレイめな服で行くといいでしょう。 トイレ トイレは各ホールにありますのでご安心を。 ホール1にあるトイレはエスカレーターを下り、メトロとの連絡通路の途中にあります。 ホール2のトイレは左奥、ホール3のトイレはホールの手前にあります。 それぞれのトイレの営業時間はホール1のトイレが6:00~22:00、ホール2のトイレが6:00~24:00、ホール3のトイレが6:00~22:00となっています。 フランスのみならず、ヨーロッパのトイレで気をつけたいことは使用は有料であるということ。 リヨン駅のトイレ料金は0. 5ユーロとなっています。 荷物預かり所 乗り継ぎの際に賢く使いたいスポット、荷物預かり所。 リヨン駅には荷物預かり所が一箇所しかありません。 荷物預かり所はホール3の南奥にある0番線の近くにあります。 荷物預かり所は黄色い外観となっています。 駅の外からですと、セーヌ川寄りのベルシー通りから入ると簡単に見つけることができます。 なお、荷物を預かる際には、荷物検査の機械に通す必要があるのでご注意を。 ロッカーから出てくるカードは紛失しないように気をつけましょう。 リヨン駅の治安 基本的には安全ですが、スリや置き引きには十分注意したいところ。 リヨン駅を歩く際には、お喋りばかりせず、ほんの少しの警戒心は持つようにしましょう。 ちょっとしたスキでも荷物を盗まれる可能性がありますので、管理はいつも以上に気をつけてください。 特に夜間の場合は、駅に長居せず、足早に立ち去るのが賢明です。 万が一、テロなどが起きた場合、爆発音を聞いたら身をかがめて、そして駅員や警察の誘導に冷静に従いましょう。 駅の周辺には リヨン駅の周辺にはどのようなスポットがあるのでしょうか? さっそく紹介します。 ベルシー・ヴィラージュ Provided by パリには数多くの駅が存在しますが、ベルシー駅もその一つ。 リヨン駅から南方向にベルシー通りを歩きます。 すると10分~15分程度でベルシー駅に到着します。 ベルシー駅からはブルゴーニュ地方にある都市へ向かう列車が発着しています。 ボルドー、リヨン方面へ向かう方はベルシー駅もチェックしてみましょう。 なお、ベルシー駅にはメトロ6号線と14号線が乗り入れています。 一応ベルシー駅にもキオスクはありますが、リヨン駅と比較すると閑散としています。 基本情報 名称:リヨン駅(Gare de Lyon ガール・ドゥ・リヨン) 住所:Place Louis Armand, 75571 Paris ホームページ:.

次の

リヨン ペラーシュ駅周辺のホテル・ビジネスホテルを宿泊予約

リヨン駅 ホテル

市庁舎の奥から坂を少し登ったあたりは、おしゃれなカフェが点在しています。 このエリアはアーティストたちが住んでいるので、自由な雰囲気であふれています。 もっとずっと坂を登ると、クロワ・ルースというシックな地区にたどり着きます。 丘からはリヨンの街を見渡すことができてとても素敵な場所です。 オテル・ド・ヴィル地区は地元の人も、観光客も行き来する地区です。 きちんとしたレストランから、ファーストフードまで、食べ物を扱う店はたくさんあります。 またホテルも、高級ホテルから、安宿まで、いろいろな種類があります。 オテル・ド・ヴィル地区は旅の目的を選ばず、すべての旅行者にとって便利な地区と言えるでしょう。 おすすめのリヨン滞在エリア2:旧市街地区 次のおすすめエリアは 旧市街地区。 ユネスコ世界遺産に登録されている、石畳のとても歴史ある素敵な地区です。 古いヨーロッパの町並みを存分に味わうことができます。 この地区には、ブションと呼ばれるビストロやカフェが多く立ち並び、夜遅くまで賑わっています。 美食の町というだけあって、リヨンのブションはレベルが高いことでも有名です。 家庭的な雰囲気のブションでリヨンの郷土料理を味わってみてはいかがでしょうか? また旧市街地区のホテルに泊まって、町が寝静まったころに、また一味違う静かな旧市街を感じるのもおすすめです。 町かどを見上げると小さなマリア像があったり、信仰の深い土地柄をかんじることもできます。 この地区は360度、どの角度からみてもフォトジェニックなので、ポストカードのような写真を撮ってみるのもいいでしょう。 旧市街地区から、坂道を登っていくと、フルヴィエール大聖堂にたどりつきます。 このフルヴィエールの丘からのリヨンの眺めも最高です。 歩いて登るのが大変だという方には、フニクラという登山電車がでています。 また絹織物が盛んだったリヨンの、トラブールと呼ばれる抜け道がたくさんあるのもこの旧市街地区です。 駅前の観光案内所に行けば、ツアーの参加申し込みをすることができます。 旧市街地区は、ヨーロッパの古い町の雰囲気に身を置いてみたいという旅行者に特におすすめしたい地区です! おすすめのリヨンの滞在エリア3:パール・デュー地区 パール・デュー地区には、リヨン中央市場 ポール・ボキューズという、最高級の食材の市場があります。 美味しいチーズやパン、ハムを買って、ローヌ川のほとりで食べてもいいし、ホテルの部屋で食べるのもよさそうです。 市場の中にもレストランがあります。 もう一つ、リヨンで有名なベルナションというショコラティエがこの地区にあります。 輸出をしていないので、リヨンでしか味わうことができないショコラを是非味わってみてください。 パール・デュー地区には、ギャラリー・ラファイエットやショッピングセンターもあるので、買い物にはとても便利です。 パール・デュー地区は、とにかくアクセスの良いところに泊まりたいという旅行者に特におすすめしたいエリアです。 宿泊エリアを選んで素晴らしいリヨン滞在を! リヨンを最大限に楽しめる、おすすめの滞在地区3つをご紹介しました。 雰囲気を含め、この3つの地区の中から滞在ホテルを選べばまず間違いないと思います。 リヨンはメトロ、トラム、バスと交通網が発達しているので移動は便利ですが、 大きい街ではないので、中心地から外れたところにホテルを取ると、期待はずれになることがあります。 中心地に泊まることをおすすめします!• アフィリエイトで家族で旅する生活を叶えています こんにちは、SUMIKIKI編集長の阪口です。 企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。 そのライフスタイルを「 パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をする生活をはじめました。 このSUMIKIKIの運営をはじめ、インターネット広告を活用したWEBメディアを個人で運営しながら、妻と娘、3人暮らしの生計を立て、国内外を旅する生活を叶えています。 現在はコロナ期間ということもあり、僕ら家族も旅行は自粛していますが、PC一台あればできる仕事ですので、今は自宅でサイト運営の仕事や次の旅行準備をしながら、世界情勢が落ち着くことを待っています。 WEBサイト運営は旅行とも非常に相性が良く、各地を旅したり、お気に入りの場所に暮らす自由を叶えたいという人にとっては、良い選択肢なのではないかと思います。 僕が旅行資金と生計を立てている手法は、運営しているオンラインスクールでお伝えしています。 現在運営6年目、常時350名程のメンバーが在籍しており、働き方の自由化を叶えたメンバーも106名になりました。 *今月は6月20日-22日の3日間募集いたします。 関連記事.

次の