ほくろ 除去 韓国。 【韓国ほくろ除去】取り放題1万円!?現地人も通う穴場の皮膚科!

韓国でのほくろ除去の値段は安いの?体験談からの口コミレビュー!

ほくろ 除去 韓国

この記事はこんな人におすすめ• 韓国で安くほくろ除去をしたい• ほくろ除去ができる韓国の美容クリニックを探している 日本から韓国まで飛行機で2時間ほどで行ける上、LCCも多数就航しているので、ツアーではなく個人旅行で韓国に行く人も多いのではないでしょうか? また美容整形に関しては、日本よりも安く施術ができるので、プチ整形をしに韓国へ行くという人も増えています。 中でも、レーザーのシミ取りやほくろ除去は日本よりもかなり安い値段でできます! そのため、韓国には日本語が通じるまたは、日本人通訳がいる美容クリニックがたくさんあります! 実際にわたしは数年前、韓国でほくろを10個以上レーザー除去しました。 日本ではほくろ1つにつき3,000円〜という病院が多いところ、韓国では700円〜1,000円(レートにより変わります)で除去が可能です。 今回は、韓国でほくろ除去ができる美容クリニックを紹介します! 目次• 地下鉄3号線狎鴎亭 アックジョン、Apgujeong 駅 3番出口 徒歩9分 完全予約制、日曜日・祝日はお休み 地下鉄4号線明洞 ミョンドン、Myeong-dong 駅 5番出口 徒歩1分 日曜、祝日はお休み わたしがほくろを除去したクリニックです! 先生も通訳のお姉さんもみんな親切でした。 ブログに予約可能日時が記載されていますので、早めに予約することをオススメします! 地下鉄ソウル駅直結のソウルスクエアビルの地下1階にあります。 (8番出口) 日曜、祝日はお休み こちらも明洞の中心にあるクリニックです! 口コミの評判も良く、親子で通っているというリピーターまでいます! 明洞駅徒歩7分 釜山でおすすめの美容クリニックはココ ソウルだけではなく釜山にももちろん、日本語対応している美容クリニックがあります! 釜山でほくろを除去するなら、わたしもソウルで施術した4everがおすすめ! ソウルにもある4everが釜山にもあります! 現在は韓国で10店舗展開しているようです。 これには2つ原因があります• レーザーでほくろが完全に取り切れなかった• 術後のケアがしっかりできていなかった では詳しく説明していきます! レーザーでほくろが完全に取り切れなかった わたしが日本の病院で初めてほくろを除去した時に、先生から言われたのが 「レーザーで1つ1つしっかりほくろを取ってはいるど、稀に全部取り切れないことがある。 少しでも残っているとまたほくろになっちゃうから、1ヶ月ぐらい経って(除去したところの皮膚が治ってから)ほくろができるようだったら、また来てください。 」 その病院は1度目でほくろが取りきれなかったら、同じ箇所の再照射は無料でした。 ほくろによっては、1回で取りきれないこともあるので心配であれば、2回目のレーザー照射が無料のクリニックを選ぶようにしましょう。 とはいえ、韓国でほくろ除去を受ける場合、またすぐに施術しに行くことは難しいですよね。 予約の際に• ほくろがまたできてしまった場合、同じ箇所の除去は2回目は無料なのか• いつまでなら、2回目の除去は無料でやってもらえるのか(期限) を確認しておくといいでしょう。 術後のケアがしっかりできていなかった わたしの経験上、ほくろの再発の原因はこちらの方が多い気がします。 ほくろを除去した後、キズパワーパッドのような保護シールを貼ります。 これは 1週間〜2週間は貼り続けていなければいけません。 また、このシールにはかさぶたを作らずに、皮膚を再生させる効果があります。 かさぶたってできると、気になってつい剥がしたくなりますよね? この行為が刺激を与えて、薄いシミのように色素沈着を起こすこともありますので、術後は保護シールを決められた期間は貼り続けるようにしましょう。 また、紫外線も色素沈着の原因になりますので、しっかり日焼け止めは塗るようにしましょう。 まとめ 以上が韓国でほくろ除去ができる美容クリニックでした! もしわたしがまた韓国でほくろ除去を受けるのなら、以前も行った4everに行くと思います。

次の

韓国のクリニックで美白治療レーザー+ほくろ除去 してきた【感想&経過(写真あり)】【シミ取り】

ほくろ 除去 韓国

韓国をえらんだ理由 日本より安いから、韓国の美容皮膚科をえらびました。 ホクロ除去は、小さいもので1個500〜1,000円で、大きいと3,000円くらいだと、韓国の友人から聞いていました。 日本は安くて5,000円~、大きいと10,000円以上です。 通訳さんがいるので言葉の心配もないし、美容皮膚科に当たり前に行く人が多いと聞いていたので、技術的にも心配は何もありませんでした。 大がかりなもの(切ったり、縫ったり)だとこわいけど、皮膚科程度であれば何の不安もなく、気軽に行けます。 行ったクリニック えらんだのは『』 韓国の江南エリアにある、ローカルっぽい雰囲気の美容皮膚科です。 地下鉄盆唐線(プンダンせん)ハンティ駅から徒歩5分くらいにあります。 えらんだ理由はいくつかあります。 『ジアインクリニック』をえらんだ理由• LINEで簡単予約(日本語)ができる• 通訳さんもついてきてくれる• レビューの良さ(数は多くないです)• カウンセリングも施術も院長先生がやってくれる• ていねいという口コミがあった 行ってみると、すいていて、ゆっくりみてくれるところも良いなと思いました。 私がやったのはホクロとシミをとることで、終わった後も紫外線にあびないようにすることがかなり重要になってきます。 なので、マスクをしていても違和感がなく、紫外線も弱まってくる季節に入ってからにしました。 先生はどんな人? 院長先生は真面目で落ち着いた方で、片言の日本語を話します。 優秀な医学部卒なようで、レーザーや皮膚を専門としています。 丁寧にレーザーをあててもらえたし、サービスもしてくれました。 やったのはいろんな美肌レーザー やったのは、肌のあらゆるレーザー。 顔にある黒いもの(ほくろ、しみなど)を全部取ってもらいました。 人によっては不安があったり、おいおいという感じかもしれませんが、私は特に何も思いませんでした。 まず診察室から部屋を移動し、きれいなお姉さん(看護師さん?)が色々やってくれました。 あとからきいたところ、クレンジング、角質除去、皮膚の再生を助けるレーザーをあててくれていたようです。 気持ちよくてエステ感覚。 その後また診察室に戻って、レーザーに入ります。 2)I2PL レーザーは2種類やってくれました。 順番は忘れたけど、1つ目がI2PLという光レーザー。 既存のIPL(広範囲の波長の光を照射し、肌のくすみや薄いシミ、張りを改善する治療器、レーザーではない)とは異なり、最新の技術が導入した最先端の機械。 多くの波長光線を一回に放出するレーザーで、一点の波長光線だけを放出するIPLと比べて多くの光線を一度に放出し、メラニンや紅斑、アクネ菌、コラーゲンなどを同時に刺激、小さな傷やそばかす、にきび、顔の赤み、垂れた皮膚などを全体的に治療することができます。 いろいろやっている通訳のウンシルさんが「いたくない」といっていたけど、脱毛の時のいたさがありました。 脱毛効果もあるとのことで、鼻の下の産毛がなくなることを期待します。 3)レーザートーニング シミに使われるレーザートーニングもやってもらいました。 国内外最高の技術陣が開発した世界唯一の機械。 レーザー光線が均等に放出できるようレーザー共振機能が組み込まれています。 途中、手の甲のシミにもできるのかと話していたら、ついでにあててくれました。 私はおそらく痛みに鈍感なのですが、どちらも痛みを感じて終わったら涙がでていました。 と思ったら、アレルギー反応が出て、赤くぽつぽつとはれていました。 敏感だし刺激が強かったみたい。 また部屋を移動し、お姉さん(看護師さん)の番です。 4)ビタミンCアンプル導入、マスクパック、麻酔クリーム 顔が熱を持っていましたが、されるがまま。 ビタミン美容液を入れ、マスクパックをしてくれていたようです。 ほてりが沈静化されていく感じがしました。 最後20分くらい放置されたと思ったら、麻酔クリーム。 麻酔クリームをぬったら、また違う部屋に移動します。 5)ホクロ除去 部屋を移動したら、顔のホクロやシミなどをとるレーザー開始。 麻酔クリームがすごくきいていて、全然いたくありません。 焼けるにおいはします。 トーニングを何回もあてたらなくなりそうな小さな点にも1つ1つあてて、黒いものは確実になくしてくれたので、ぜんぶで70個以上になりました。 一緒にからだのホクロも3つとってもらい、最後に看護師さんが再生テープを全てにはってくれました。 看護師さんは日本語ができないので何も言わずに去り、通訳さんは他の人の対応をしていて、誰もいなくなりました。 終わった気配はしていたので、勝手に着替えて待合室に戻ったのですが、これで良かったようです。 かかった時間 かかった時間• カウンセリング 10~15分• 着替え 5分• 2)I2PL 5分• 3)レーザートーニング 5分• 4)ビタミンCアンプル導入、マスクパック 10分• 麻酔クリーム 20分• 5)ホクロ除去 20分• 着替え 5分• 支払いなど 5分 かかった時間は、ぜんぶで約2時間です。 11時にいって、13時頃に外に出ました。 キャンペーンもやっていたので、安い!!!! 他に再生クリーム、テープ10枚、パック2枚を買って、支払い合計 約80,000円。 シートパック2個、数日分のマスク、リポビタンD、術後の説明書をもらいました。 小さいシミはトーニングを何度もやればとれたかもしれませんが、1つ残らず確実にとって欲しいということが伝わり、ホクロのように1つ1つとってもらえました。 要望通りです。 費用の比較 おそらく日本で同じことをしたら、費用はこの倍どころではありません。 4倍はするんじゃないかな?(よく知らないから適当に言っています)と思いました。 500円でほくろを取っている韓国の友人も「安い。 紹介してほしい」と言っていたので、かなり安いと思います。 **閲覧注意** この下に経過写真を載せています。 割と気持ち悪いので、苦手な方は飛ばしてください。 とくに集合体が苦手な方はやめたほうがいいです。 光の当たり具合、角度、おおきさは不揃いですが、完全未加工です。 <左側頬> <右側頬> 1~2日目 ホクロなどをピンポイントでとった個所から白い体液がでて再生テープがぷっくり。 いくら再生テープを貼っている人が多い韓国でも、整形した人が外を歩いていたとしても、とんでもない感じはしたので、テープを交換しつつ(交換するとマシに見える)過、マスクしてすごしました。 上の写真は片側ずつですが、全顔面見るとすごいです。 3日目 ぷっくりが激減しました。 その他の肌も、赤みがぽつぽつ、うっすらとかさぶたのようなものがありましたが、おさまってきました。 4日目 穴がわからないくらいになっていた箇所の再生テープをとり、再生クリームをぬり始めました。 5日目 仕事だったので、ぜんぶとってしまいました(最低1週間はっておけといわれたのに)。 肌も少し荒れていたので、マスクで出社。 1週間後 このくらいから逆によくなっていきました。 今(2019年11月初旬)半月くらい経っていますが、75個くらいのシミやホクロを取ったところで、誰1人として気づきません。 自己満足なので気づかれなくても、気づかれてもどっちでもいいです。 日焼け止めは苦手でしたが、今は1日最低2回は塗っています。 韓国で皮膚科にいくメリットとデメリット 今回感じたメリットとデメリットです。 他のクリニックにはあてはまらないかもしれませんが、書いておきます。 まず、施術はまったく問題なくても、説明不足だったり(紙に書いてあったりするけど)適当なところもあるのがデメリット。 なので、何から何までやってもらいたい人は向きません。 1~100まで説明をしてもらったり、丁寧さやVIP対応を望むなら、別のところをえらぶことをおすすめします。 また、何かあってもすぐに病院に行けないし、言葉の問題があるとその分不安も大きくなるのもデメリットです。 大がかりなことをするときは、いつでも通えるような日本の方が安心だなと思います。 とはいえ、韓国が身近だと思えるなら気にならないかもしれません。 そして、メリットは安さ。 デメリットがすべて吹き飛ぶくらい安いです。 日本だと値段でためらっていたことも、韓国だとお手頃なので気軽にできます。 画質が悪くなくてもわかるこの違い。 もちろん未加工です。 トータル約8万円で、顔の黒いもの全部とれたし、毛穴が小さくなったし、くすみがなくなったし、この結果に大満足。 数日~1週間くらい一時的に肌が荒れたり、大き目(普通サイズ)のホクロ箇所はまだ赤黒かったりポツポツしていますが、消えていくでしょう。 一部再発しても想定内。 顔の黒いものがないだけで、すっごくスッキリしました。 気持ちも! ファンデつけた方が崩れたりしてイマイチになるので、ノーファンデ(日焼け止めはする)計画していきます。 まとめ 韓国は皮膚科がたくさんあって、質の高さと価格競争がおこるのだそうです。 交通費やホテル代ひいても安いので、定期的に肌メンテと称して韓国にいきたいと思いました。 こんなに安いならエステ感覚で気軽。 でもエステより効果的だし、韓国の人たちが肌がキレイなのもうなずけました。 触発された友人は、別のところ『4 ever 美容外科・皮膚科』で美肌注射やボトックスを衝動的にしていました。 そのくらい手軽だし、整形や美肌管理が日常できれいな人たちに言われたら、やりたくなります。 そこも院長先生がやってくれてよさそうなので、次の候補。

次の

【体験談レポ】ほくろ取り放題で顔のほくろを10個除去した感想!

ほくろ 除去 韓国

韓国をえらんだ理由 日本より安いから、韓国の美容皮膚科をえらびました。 ホクロ除去は、小さいもので1個500〜1,000円で、大きいと3,000円くらいだと、韓国の友人から聞いていました。 日本は安くて5,000円~、大きいと10,000円以上です。 通訳さんがいるので言葉の心配もないし、美容皮膚科に当たり前に行く人が多いと聞いていたので、技術的にも心配は何もありませんでした。 大がかりなもの(切ったり、縫ったり)だとこわいけど、皮膚科程度であれば何の不安もなく、気軽に行けます。 行ったクリニック えらんだのは『』 韓国の江南エリアにある、ローカルっぽい雰囲気の美容皮膚科です。 地下鉄盆唐線(プンダンせん)ハンティ駅から徒歩5分くらいにあります。 えらんだ理由はいくつかあります。 『ジアインクリニック』をえらんだ理由• LINEで簡単予約(日本語)ができる• 通訳さんもついてきてくれる• レビューの良さ(数は多くないです)• カウンセリングも施術も院長先生がやってくれる• ていねいという口コミがあった 行ってみると、すいていて、ゆっくりみてくれるところも良いなと思いました。 私がやったのはホクロとシミをとることで、終わった後も紫外線にあびないようにすることがかなり重要になってきます。 なので、マスクをしていても違和感がなく、紫外線も弱まってくる季節に入ってからにしました。 先生はどんな人? 院長先生は真面目で落ち着いた方で、片言の日本語を話します。 優秀な医学部卒なようで、レーザーや皮膚を専門としています。 丁寧にレーザーをあててもらえたし、サービスもしてくれました。 やったのはいろんな美肌レーザー やったのは、肌のあらゆるレーザー。 顔にある黒いもの(ほくろ、しみなど)を全部取ってもらいました。 人によっては不安があったり、おいおいという感じかもしれませんが、私は特に何も思いませんでした。 まず診察室から部屋を移動し、きれいなお姉さん(看護師さん?)が色々やってくれました。 あとからきいたところ、クレンジング、角質除去、皮膚の再生を助けるレーザーをあててくれていたようです。 気持ちよくてエステ感覚。 その後また診察室に戻って、レーザーに入ります。 2)I2PL レーザーは2種類やってくれました。 順番は忘れたけど、1つ目がI2PLという光レーザー。 既存のIPL(広範囲の波長の光を照射し、肌のくすみや薄いシミ、張りを改善する治療器、レーザーではない)とは異なり、最新の技術が導入した最先端の機械。 多くの波長光線を一回に放出するレーザーで、一点の波長光線だけを放出するIPLと比べて多くの光線を一度に放出し、メラニンや紅斑、アクネ菌、コラーゲンなどを同時に刺激、小さな傷やそばかす、にきび、顔の赤み、垂れた皮膚などを全体的に治療することができます。 いろいろやっている通訳のウンシルさんが「いたくない」といっていたけど、脱毛の時のいたさがありました。 脱毛効果もあるとのことで、鼻の下の産毛がなくなることを期待します。 3)レーザートーニング シミに使われるレーザートーニングもやってもらいました。 国内外最高の技術陣が開発した世界唯一の機械。 レーザー光線が均等に放出できるようレーザー共振機能が組み込まれています。 途中、手の甲のシミにもできるのかと話していたら、ついでにあててくれました。 私はおそらく痛みに鈍感なのですが、どちらも痛みを感じて終わったら涙がでていました。 と思ったら、アレルギー反応が出て、赤くぽつぽつとはれていました。 敏感だし刺激が強かったみたい。 また部屋を移動し、お姉さん(看護師さん)の番です。 4)ビタミンCアンプル導入、マスクパック、麻酔クリーム 顔が熱を持っていましたが、されるがまま。 ビタミン美容液を入れ、マスクパックをしてくれていたようです。 ほてりが沈静化されていく感じがしました。 最後20分くらい放置されたと思ったら、麻酔クリーム。 麻酔クリームをぬったら、また違う部屋に移動します。 5)ホクロ除去 部屋を移動したら、顔のホクロやシミなどをとるレーザー開始。 麻酔クリームがすごくきいていて、全然いたくありません。 焼けるにおいはします。 トーニングを何回もあてたらなくなりそうな小さな点にも1つ1つあてて、黒いものは確実になくしてくれたので、ぜんぶで70個以上になりました。 一緒にからだのホクロも3つとってもらい、最後に看護師さんが再生テープを全てにはってくれました。 看護師さんは日本語ができないので何も言わずに去り、通訳さんは他の人の対応をしていて、誰もいなくなりました。 終わった気配はしていたので、勝手に着替えて待合室に戻ったのですが、これで良かったようです。 かかった時間 かかった時間• カウンセリング 10~15分• 着替え 5分• 2)I2PL 5分• 3)レーザートーニング 5分• 4)ビタミンCアンプル導入、マスクパック 10分• 麻酔クリーム 20分• 5)ホクロ除去 20分• 着替え 5分• 支払いなど 5分 かかった時間は、ぜんぶで約2時間です。 11時にいって、13時頃に外に出ました。 キャンペーンもやっていたので、安い!!!! 他に再生クリーム、テープ10枚、パック2枚を買って、支払い合計 約80,000円。 シートパック2個、数日分のマスク、リポビタンD、術後の説明書をもらいました。 小さいシミはトーニングを何度もやればとれたかもしれませんが、1つ残らず確実にとって欲しいということが伝わり、ホクロのように1つ1つとってもらえました。 要望通りです。 費用の比較 おそらく日本で同じことをしたら、費用はこの倍どころではありません。 4倍はするんじゃないかな?(よく知らないから適当に言っています)と思いました。 500円でほくろを取っている韓国の友人も「安い。 紹介してほしい」と言っていたので、かなり安いと思います。 **閲覧注意** この下に経過写真を載せています。 割と気持ち悪いので、苦手な方は飛ばしてください。 とくに集合体が苦手な方はやめたほうがいいです。 光の当たり具合、角度、おおきさは不揃いですが、完全未加工です。 <左側頬> <右側頬> 1~2日目 ホクロなどをピンポイントでとった個所から白い体液がでて再生テープがぷっくり。 いくら再生テープを貼っている人が多い韓国でも、整形した人が外を歩いていたとしても、とんでもない感じはしたので、テープを交換しつつ(交換するとマシに見える)過、マスクしてすごしました。 上の写真は片側ずつですが、全顔面見るとすごいです。 3日目 ぷっくりが激減しました。 その他の肌も、赤みがぽつぽつ、うっすらとかさぶたのようなものがありましたが、おさまってきました。 4日目 穴がわからないくらいになっていた箇所の再生テープをとり、再生クリームをぬり始めました。 5日目 仕事だったので、ぜんぶとってしまいました(最低1週間はっておけといわれたのに)。 肌も少し荒れていたので、マスクで出社。 1週間後 このくらいから逆によくなっていきました。 今(2019年11月初旬)半月くらい経っていますが、75個くらいのシミやホクロを取ったところで、誰1人として気づきません。 自己満足なので気づかれなくても、気づかれてもどっちでもいいです。 日焼け止めは苦手でしたが、今は1日最低2回は塗っています。 韓国で皮膚科にいくメリットとデメリット 今回感じたメリットとデメリットです。 他のクリニックにはあてはまらないかもしれませんが、書いておきます。 まず、施術はまったく問題なくても、説明不足だったり(紙に書いてあったりするけど)適当なところもあるのがデメリット。 なので、何から何までやってもらいたい人は向きません。 1~100まで説明をしてもらったり、丁寧さやVIP対応を望むなら、別のところをえらぶことをおすすめします。 また、何かあってもすぐに病院に行けないし、言葉の問題があるとその分不安も大きくなるのもデメリットです。 大がかりなことをするときは、いつでも通えるような日本の方が安心だなと思います。 とはいえ、韓国が身近だと思えるなら気にならないかもしれません。 そして、メリットは安さ。 デメリットがすべて吹き飛ぶくらい安いです。 日本だと値段でためらっていたことも、韓国だとお手頃なので気軽にできます。 画質が悪くなくてもわかるこの違い。 もちろん未加工です。 トータル約8万円で、顔の黒いもの全部とれたし、毛穴が小さくなったし、くすみがなくなったし、この結果に大満足。 数日~1週間くらい一時的に肌が荒れたり、大き目(普通サイズ)のホクロ箇所はまだ赤黒かったりポツポツしていますが、消えていくでしょう。 一部再発しても想定内。 顔の黒いものがないだけで、すっごくスッキリしました。 気持ちも! ファンデつけた方が崩れたりしてイマイチになるので、ノーファンデ(日焼け止めはする)計画していきます。 まとめ 韓国は皮膚科がたくさんあって、質の高さと価格競争がおこるのだそうです。 交通費やホテル代ひいても安いので、定期的に肌メンテと称して韓国にいきたいと思いました。 こんなに安いならエステ感覚で気軽。 でもエステより効果的だし、韓国の人たちが肌がキレイなのもうなずけました。 触発された友人は、別のところ『4 ever 美容外科・皮膚科』で美肌注射やボトックスを衝動的にしていました。 そのくらい手軽だし、整形や美肌管理が日常できれいな人たちに言われたら、やりたくなります。 そこも院長先生がやってくれてよさそうなので、次の候補。

次の