エポスゴールド。 エポスゴールドカードのインビテーションを頑張らずに獲得する方法!

エポスゴールドカードの海外旅行でのメリット・お得な特典を旅のプロが解説【まずはエポスカードから発行がおすすめ】|ぐちをぐろーぶ

エポスゴールド

クリックできる目次• エポスゴールドカードの3つのデメリット まずはデメリットから。 さすがにゴールドカードなのでたくさんはありませんでした。 ポイント還元率は通常カードと同じ エポスカードはポイント還元率が低い点がマイナスです。 通常のエポスカードのポイント還元率は0. しかしこれはゴールドに上がっても変わりません。 優待特典など、特定条件下ではむしろ高くなったりするのですが、基本は相変わらず低いままです。 ポイントを稼ぐためのカードは別で持つのが良いでしょう。 ステータスは高くない アメックスのゴールドとかであれば良いのですが、エポスカードのステータスはゴールドカードの中で低い方です。 「ゴールドカードGETして友達に自慢してやろう」と思っている人はやめといた方が良いです。 少なくとも"持っているだけで自慢になるゴールドカード"ではありません。 「エポスカードのゴールドで調子乗ってんのかよ笑」と思われないように注意してくださいね。 切り替え時に引き落とし登録先の変更をすることになる 元々通常のエポスカードを使っていて、ゴールドへ切り替える場合のデメリットです。 水光熱費や定額制のサービスなど、定期的な引き落としをエポスカードで設定していた場合、すべて登録し直さなければなりません。 「カード番号とかがすべて同じだったら変えなくて済むのに... 」とも思いますが、こればっかりは仕方ありませんね。 貯めたポイントは一生使える 通常のエポスカードであれば有効期限は2年間です。 しかしゴールドになると永年有効、つまり有効期限なしになります。 複数枚カードを使っているとどれにいくら貯まっていていつまで有効、といった事が把握しきれなくなります。 有効期限のないポイントなら安心して貯められますね。 「1年に1度のボーナスポイント」がすごい 最大1万ポイント エポスゴールドカードは毎年、その年の利用額に応じたボーナスポイントのプレゼントを行っています。 具体的には以下の条件とポイントです。 年間利用額 ボーナスポイント 50万円以上 2,500ポイント 100万円以上 10,000ポイント 特に 100万円以上の利用で10,000ポイントが魅力的すぎます。 手数料もかからないので、ボーナスポイント10,000は現金1万円に相当しますよ。 年間100万円の利用を達成する方法 1年間で100万円なら、工夫すれば意外と簡単に達成できます。 前提として、 1か月あたり8. 4万円以上の利用で達成できますね? これを達成するには以下のような固定費をクレジットカード払いにすることが重要です。 水光熱費• 携帯・Wifi代• ジム・習い事• 定額サービス 特に家賃をクレジットカード払いにできれば一気に達成に近づくのでおすすめです。 また裏技として、 会社の飲み会やイベント事の幹事を行うのも非常に良いです。 大人数の会費をあなたのエポスカードで支払って会費を別で徴収すれば、出費は変わらずに利用金額を跳ね上げることができます。 公共料金をエポスゴールド等のクレジットカードで支払う方法も以下の記事で紹介しています。 これを組み合わせれば年なkん100万円なんて余裕です。 ゴールドだけの優待特典 エポスカードの大きな魅力として、持っているだけで使える優待特典がありますよね? ご存知ない方は以下をチェックしてみてください。 例えばホテルの割引は、これに該当するものが多いです。 まさに特別なカードを持つ人だけの豪華な特典と言えますね。 羽田空港 成田国際空港 新千歳空港 函館空港 仙台国際空港 小松空港 中部国際空港 大阪国際(伊丹)空港 関西国際空港 神戸空港 広島空港 松山空港 福岡空港 北九州空港 長崎空港 阿蘇くまもと空港 大分空港 鹿児島空港 那覇空港 ホノルル空港 仁川空港 ホノルルラウンジ 海外のラウンジは全然ありませんが、国内であれば非常に充実しています。 ラウンジ利用はゴールドカードを持つ醍醐味の1つですよね。 旅行の楽しさを1ランク高めてくれますよ。 ゴールド会員の家族紹介が超お得 これは他のカードにはない魅力です。 あなたがエポスゴールドカードをGETして、ご家族に紹介して入会してもらった場合、ご家族も全員ゴールドカードをもらえます。 しかも年会費無料版のゴールドカードですよ。 通常年会費5,000円が、ゴールド会員からの紹介というだけで無料になるなんて気前が良すぎです。 さらにファミリーボーナスポイントもあり、家族の合計利用額に応じて代表会員にプレゼントされます。 エポスゴールドカードのQ&A 何かと特殊で分かりづらいエポスゴールドカード。 よくある疑問について回答をしていきます。 学生でも持てるゴールドカードってほんと? 持てません。 エポスゴールドカードの申し込みページには以下の記載があります。 お申し込みにあたってのご注意 お申し込みは20歳以上の方(学生を除く)とさせていただきます。 引用元: しかしネット上には「学生だけどエポスゴールドカードを持てた」という声もあるので、もしかするとそこまで厳密ではないのかもしれませんね。 しかし基本的には審査で落とされると思っておいて間違いないでしょう。 インビテーションが来ると年会費無料のエポスゴールドカードに申し込むことができます。 具体的な基準は明示されていませんが、 "エポスカードの年間利用額50万円以上"が1番重要な指標と言われています。 通常申し込みの場合でも、この基準を超えると翌年度の年会費が無料なので信ぴょう性は高いですね。 また短期間に高額の利用をして50万円を達成するのではなく、1年を通して利用を積み重ねることも重要と言われています。 本当のところはカード会社のみ知るところとなりますね。 一般のエポスカードよりお得になるってほんと? 本当です。 もちろんすべての面においてお得になるわけではありませんが、グレードアップする点は多いです。 ゴールド会員限定の特典もあるので、それだけでも一般よりお得と言えるのではないでしょうか。 ファミリーゴールドと普通のエポスゴールドの違いは? 2つあります。 エポスゴールドを持つ家族の招待が申し込み経路• 年会費永年無料 それ以外の点は通常のエポスゴールドカードと同じです。 カードデザインについても変わりません。 利用上限金額は? ショッピング利用で最大300万円です。 しかし実際の利用上限額は人によって違います。 インビテーションが来てゴールドになった人も最初はこのくらいです。 (当時インビテーションのことは知らずに、普通に申し込んでしまいました... ) 通常のエポスカードからゴールドに切り替わって、実際に感じる良かった点を3つご紹介します。 ラウンジ利用で旅行がより楽しくなった 元々ラウンジ目当てでゴールドを申し込みました。 友人と国内旅行に行く機会がちょこちょこあるので、活用しています。 その際に ラウンジを利用すると本当に気分が良く、友人も絶賛してくれます。 ちょっとした事かもしれませんが、旅行を楽しむにはこういった細かい事も大事だと感じます。 圧倒的にポイントが貯まるようになった 通常カードの頃はポイント還元率が低いことを理由に、あまりエポスカードでポイントを貯めようとしていませんでした。 しかしゴールドになってからは、 ボーナスポイントや登録ショップのポイントアップで意外とポイントを貯められると気づきました。 他のクレジットカードと使い分けているので、ポイントを貯めるメインのカードではありません。 しかし気づくと「あれこんなに貯まってたっけ?」という状態になっていることが少なくないです。 私自身ずぼらな性格なので、ポイントの有効期限など把握できていた事がありません。 エポスカードのポイントも大して貯まってない上に失効させてしまっていました。 ゴールドになってからは有効期限がないので管理が本当に楽です。 思い出したときにポイントをチェックするだけで良いのですから。 特典内容も非常に豪華で使い勝手も良いので、まだゴールドカードを持っていないという人は試してみる価値ありです。 通常申し込みでも2年目からは年会費無料にできるので、インビテーションにこだわらずにGETするのもありだと思います。

次の

エポスゴールドカードのインビテーションを頑張らずに獲得する方法!

エポスゴールド

何か買い物をする以外でいっさいの出費がかかりませんので 国際ブランドはVISA エポスゴールドカードの国際ブランドは VISAとなっています。 VISAは日本はもちろんのこと、世界で最も普及している国際ブランドになるので、 そのVISAが使えるエポスゴールドカードは国内・海外でも広く利用できるクレジットカードとなります。 基本ポイント還元率は0. ゴールドカードとしては低めのポイント還元率ですが、ノーマルのエポスカードとは違い、 ポイントの有効期限が無いのが地味に嬉しいポイント。 また、還元率の計算は税込価格となっているため、例えば950円(税抜)の買い物では1,045円(税込)となるので、5ポイントを得ることができます。 年会費無料で持てるゴールドカードでは、他にイオンカードゴールド、セブンカード・プラス(ゴールド)などがあります。 基本的にはエポスカードの特典と同じですが、一部ゴールドカードにしかない特典が追加される形です。 海外旅行保険が自動付帯で内容も充実 エポスゴールドカードには、充実した内容の海外旅行傷害保険が付帯されています。 金利(利子)は高いですが両替所の手数料を考慮するとさほど変わりませんし、海外キャッシングのほうが何かと便利です。 エポスゴールドカードの場合は、というサービスを使うことでキャッシングの繰り上げ返済も可能となっています。 海外キャッシングの繰り上げ返済とは? キャッシングの借入金を通常より繰り上げして(早めて)返済する方法。 早く返済した分だけ利息を抑えることが可能。 この繰り上げ返済を利用すれば、 キャッシングにかかる金利を最小限に抑えられるので、お得です。 残念ながら海外のATM利用手数料はかかってしまうため、海外キャッシングできるクレジットカードの中では最もお得な訳ではありませんが、 それでもエポスゴールドカードは海外キャッシングに強いクレジットカードと言えます。 対象のラウンジがある空港• 羽田空港• 成田国際空港• 新千歳空港• 函館空港• 仙台空港• 小松空港• 中部国際空港• 大阪国際(伊丹)空港• 関西国際空港• 神戸空港• 広島空港• 松山空港• 福岡空港• 北九州空港• 長崎空港• 阿蘇くまもと空港• 大分空港• 鹿児島空港• 那覇空港• ホノルル空港• 仁川空港• ホノルルラウンジ 上記のラウンジでは、ドリンク(アルコール含む)と軽食のサービスを提供しているので、 飛行機に登場する前や移動した後での休憩に最適です。 ただし、いくつかの優待店でポイントアップの特典があり、また利用で割引となる店舗も多いので、使い方次第では十分にお得さが得られます。 国内旅行保険やショッピング保険はない エポスゴールドカードには充実とした内容の海外旅行傷害保険が自動付帯でついていますがが、 国内旅行傷害保険や国内・海外でのショッピング保険はありません。 これらの保険が必要な人は、別のクレジットカードを持つなどして補う必要があります。 月1回以下の利用は利用明細書発行料80円(税抜)がかかる エポスゴールドカードの利用明細書を郵送で受け取る場合、 月1回以下の利用だと80円(税抜)が必要となります。 なので、たった80円とは言え対象となる人は月2回以上利用するのがおすすめ。 ちなみに、を利用してオンラインのみで利用明細を確認する人の場合は、 月0回の利用でも一切の支払いは必要ありません。 保険デスクからセールスの電話が来る場合あり 僕は1度、 エポスカードの保険デスクからいきなり保険入会のセールスを電話で受けたことがあります。 その時は丁重にお断りしましたが、僕は電話があまり好きではないので「今時電話でセールスするのか…」と少し萎えた経験があります。 こういったセールスが苦手な人は少し注意ですね。 電話帳に登録しておくなどして対策をしておきましょう。 直接申し込む まずは、シンプルに 直接エポスゴールドカードを申し込むことです。 エポスカード(ノーマルカード)はマルイの店頭でも申し込みができますが、エポスゴールドカードの場合はのみとなっています。 ただし、後述の通り 直接エポスゴールドカードを申し込むのはおすすめしません。 エポスカードを利用し、インビテーションをもらって申し込む エポスゴールドカードは、 エポスカードを継続的に利用することでもらえるインビテーションを受けてから申し込むのが断然おすすめです。 なぜなら、インビテーションを受ければ 年会費永年無料でエポスゴールドカードを発行できるからです。 年間5,000円の節約は地味に馬鹿にできないですし、そもそもゴールドカードを無料で持てること自体が珍しいことなので、このキャンペーンは見逃すべきではないかと。 ちなみに、僕もインビテーションをもらってエポスゴールドカードを発行したのですが、エポスカードを半年間で20万円利用したらインビテーションが届きました。 なので、単純計算で1ヶ月3. 5万円を利用すれば、半年後にインビテーションが届く可能性が十分にあることになりますね。 まとめ:エポスゴールドカードはインビテーションで年会費無料となる海外旅行にもメリット多数のクレジットカード 以上、エポスゴールドカードの特徴やお得な特典、メリット・デメリットをまとめました。 エポスゴールドカードは、エポスカードの上位互換で、 エポスカードよりもさらに充実した特典の得られる海外旅行にもおすすめのクレジットカード。 もちろん、国内での利用でもお得です。 また、エポスカードを継続して利用することで届く インビテーション(招待状)によって、 年会永年無料で持つことのできる珍しいゴールドカードになります。 直接申し込むこともできますが、 エポスカードから利用してこのインビテーションを狙うことを強くおすすめします。

次の

エポスゴールドカードは年会費無料で持てるゴールドカード!?

エポスゴールド

楽天カードかな。 楽天市場以外でも常時1%還元。 楽天市場を月2万円以上使うとそれ以外の店でのポイント還元率が2%になるキャンペーンをずっとやっている。 (ただし期間限定ポイント)これが今後も継続されて条件をクリアできれば楽天カードだけど、月2万円使うなら楽天ゴールドカードで充分年会費の元がとれるので(楽天市場のポイント還元率が高くなる)そちらをお勧め。 でも先に平の楽天カードを8000ポイントのキャンペーンで作ってポイントを貰う。 次にゴールドに変更のキャンペーンの時にゴールドにしてポイントを貰うのがお得。 更にポイントサイトに登録してそこ経由で申し込むと、楽天カードのキャンペーンポイントとは別に数千から1万円相当のポイントが貰えてお得。 エポスゴールドカードは3つの店やサービスを選んで1. 5%還元にできるものの丸井以外は0. 5%と還元率が低い。 また年間100万円使えば1万円相当のポイント還元があって還元率1%だから、丸井と3つの店やサービスだけで100万円使えるなら悪くはない。 3つの店やサービスにモバイルSuicaも指定できたと思うのでうまくやれば何とかなるかも。 エポスも最高8000ポイントの時ポイントサイト経由で申し込むのがお得。 どこのポイントサイトがお得かは時々で変わるので申し込みの時「ポイントサイト 比較」で検索してください。 ただ出張等で飛行機をよく使う人ならエポスゴールドカードは国内主要空港のゴールドカードラウンジを無料で何度でも利用できるので便利かもしれない。 楽天ゴールドカードはケチなので年に2回しか無料にならない。

次の