アマプラ テレビ。 Amazon Prime Video の始め方

ハイセンスのテレビを買おうかと検討中です。

アマプラ テレビ

Amazonプライム・ビデオは「Amazonプライム会員」向けサービスのひとつで、月額換算400円以下で動画コンテンツを楽しむことができます。 また、Amazonプライム・ビデオを利用しなくても、Amazonの買い物での無料配送やタイムセールへの招待など、Amazonプライム会員の特典が多数使えます。 また、月額400円以下と聞くと、どんなものを観られるのかに不安を覚える方もいるかと思いますが、国内外の映画やドラマはもちろん、現在放送中のテレビアニメも観ることができます。 「仮面ライダーアマゾンズ」や松本人志さんプロデュースの新しいコメディドキュメント「ドキュメンタル」といったAmazonオリジナルコンテンツも提供されており、ほかの動画配信サービスに引けはとりません。 ここでは、低コストでAmazonプライム・ビデオを視聴できる環境を構築するベストな方法をご紹介します。 ですが、環境などによってはベストが変わる場合もあります。 コスト面だけでなく、接続方法やセットアップのしやすさ、視聴した感想なども併せて記載しますので、ご自身にとってベストな視聴環境選びの参考にしてください。 最近では、インターネットに接続して動画配信サービスが観られる、「スマートテレビ(Smart TV)」という高機能テレビもあります。 しかし、すべてのスマートテレビにAmazonプライム・ビデオが観られるアプリが入っているわけではありません。 PanasonicのEX850シリーズなど、対応しているスマートテレビの機種は限られています。 いずれにせよHDMI入力端子があれば、ここで紹介する方法でAmazonプライム・ビデオを視聴できますので、無理にテレビを新たに購入する必要はありません。 次に必要となるのはインターネット環境です。 Amazonプライム・ビデオは、接続しているインターネット回線のスピードで画質のクオリティが調整されますので、高画質で視聴するためには、できるだけ高速で安定した環境が必要となります。 まずは、「テレビに挿すだけ」でお手軽にAmazonプライム・ビデオの視聴環境が構築できる「Fire TV Stick」をご紹介します。 Fire TVシリーズは、Amazonが発売しているメディアストリーミング端末のことで、ダウンロードできるアプリを利用して、動画配信サービスを観たり、ゲームをプレイしたりできます。 導入金額は「Fire TV Stick」で5,000円程度です。 9,000円弱で、より高機能な「Fire TV」が買えます。 こちらのモデルは、4KやHDRという高画質に対応しており、Amazonプライム・ビデオで提供されている4K対応コンテンツを楽しみたいなら買う価値はあります。 しかし、テレビも4Kに対応している必要がありますし、低コストで視聴…という観点で選ぶならFire TV Stickで十分ではないでしょうか。 そこで、ここではFire TV StickでAmazonプライム・ビデオを観る方法をご紹介しましょう。 なお、本体を初めて使う場合は、以下の手順が必要です。 本体をテレビのHDMI入力端子に挿し込みます。 挿しにくいところにHDMI入力端子がある場合や、リモコンの電波が届かない場合は、付属の延長ケーブルを使って接続します。 Fire TV StickについているMicro USB端子に付属のケーブルを介して電源アダプタに接続し、本体を起動します。 Amazonアカウントの入力やネットワークなど、Fire TV Stickの初期設定を行います。 ですが、Fire TV StickをAmazonから購入した場合、購入者のAmazonアカウントがすでに登録されている場合もあります。 登録されていない場合は、Amazonアカウントを登録しましょう。 無線LAN環境でFire TV Stickを使い、実際に視聴してみると、今回視聴したコンテンツに限っていえば、コマ落ちなどのトラブルはありませんでした。 これは、Fire TV StickのASAP(Advanced Streaming and Prediction)という、事前に再生の準備をする機能が働いていることで再生がスムーズなのです。 操作感としては、専用リモコンがあるのでとても扱いやすいです。 また、Fire TV Stickだけで視聴環境が整いますので、導入コストが低いのもうれしいところです。 なお、ほかの一般的な動画配信サービスにも対応していますが、YouTube視聴用のアプリは提供されていません(2018年3月時点)。 ですが、Fire TVシリーズのブラウザ経由で見ることができますので安心してください。 ですが、そもそも「テレビでAmazonプライム・ビデオを観る」ということであれば、登録の手間が少ないことやHDRで視聴できることなどもあり、Fire TV Stickは有力候補のひとつとなるでしょう。 次に、Googleが提供する「Chromecast」を使用してみます。 こちらも、Fire TV Stickと同様、テレビに挿すだけのメディアストリーミング端末のひとつです。 しかし、Fire TV Stickと違って、本体内にアプリケーションがあるのではなく、パソコンやスマートフォンの中にあるコンテンツをテレビに映し出すガジェットです。 導入コストは5,000円前後で、Fire TV Stickと同様に低コストですが、Chromecastはスマートフォンやパソコンがなければ使えません。 ただし、Amazonプライム・ビデオを観るスマートフォン用のアプリケーションがChromecastに対応していないため、Amazonプライム・ビデオを観る際にはパソコンを使う必要があります。 そこで今回は、Chromecastとパソコンを使って視聴する方法をご紹介します。 なお、Amazonプライム・ビデオを視聴するために推奨されているパソコンの処理能力やOSなどは以下のとおりです。 Amazonプライム・ビデオをChromecastでテレビに表示させる場合、ブラウザはGoogle Chromeしか使えません。 Chromecastを取り出したら、まずはセットアップです。 セットアップには、Chromecast本体のほかに、パソコンやスマートフォンなどが必要です。 Chromecastのセットアップは、Fire TVのように挿したら終わりではなく、登録作業もいりますし、視聴の度にパソコンやスマートフォンとChromecastをコネクトする必要もありますので、少し手間がかかります。 簡単に紹介すると、まずChromecastをテレビに接続した後、「セットアップが必要です」という画面が出て、パソコンやスマートフォンを使いながらセットアップしていきます。 パソコンの場合は、Googleの「」ページから登録を行います。 「Chromecast をセットアップ」をクリックすればデバイスを検索してくれますので、後は画面の指示にしたがって、セットアップを完了させてください。 スマートフォンの場合の登録方法は「」に詳細を掲載してありますので参考にしてください。 続いては、スマートフォンを使ってテレビでAmazonプライム・ビデオを視聴する方法です。 やり方はいたって簡単。 お手持ちのスマートフォンの端子をHDMI端子に変換するコネクタやケーブルを使ってテレビとつなぐだけです。 非常に簡単ですし、購入するのは変換コネクタとHDMIケーブルだけで済みます(機種によっては本体とケーブルだけで済む場合もあります)。 しかし、変換コネクタによっては動画配信サービスの映像出力に対応していない場合もあり、注意が必要です。 iPhoneなどであれば純正品で5,000円弱しますので、ほかの方法とコストに大差ありません。 スマートフォンを使ってAmazonプライム・ビデオを視聴するには、まずAmazonプライム・ビデオの公式アプリケーションをダウンロードします。 ダウンロードが終わったら、アプリケーションを起動します。 そしてEメールアドレスやパスワードを入力して「サインイン」します。 サインインに成功すれば、後はAmazonプライム・ビデオを視聴するだけです。 この状態で、スマートフォンでAmazonプライム・ビデオを観ることはできますが、テレビで観るには、スマートフォンにHDMIケーブルを接続できるコネクタ等を使って、テレビとつなげます。 これで準備はOKです。 今回はiPhoneを使って視聴してみましたが、特に再生関連のトラブルはなく、画質にも問題はありませんでした。 ケーブルを挿すだけで観られるのはとてもシンプルですし、テレビに再生画面を映しているあいだは、iPhoneをコントローラーとして使えるのも便利です。 Androidの再生画質に関しては、HDRの再生ができる機種もあれば、SD画質しか再生できない機種もあります。 そのため、お手持ちのAndroidスマートフォンの機種によっては、画質に不満を持つ方がいるかもしれません。 なお、Amazonプライム・ビデオにはスマートフォンだけの特別な機能があります。 それは、映像コンテンツのダウンロード機能です。 すべてのコンテンツが対応しているわけではありませんが、作品によっては自宅のインターネット環境でダウンロードしておき、後からネットワークのないところで再生することもできるのです。 方法は簡単。 観たい作品を選ぶと、「今すぐ観る」ボタンのほかに「ダウンロード」ボタンがあるものがあります。 このボタンをタップすればダウンロードが開始されます。 もし、このボタンがない場合は、ダウンロードできないコンテンツということになります。 最後はゲーム機です。 ゲーム機を使って、テレビでAmazonプライム・ビデオを視聴することが可能です。 が、どのゲーム機でも対応しているわけではありません。 2018年3月現在、Amazonプライム・ビデオを視聴できるゲーム機は、PS4(PS4 Proを含む)、PS3、Wii Uとなります。 このうち、PS4(PS4 Proを含む)とPS3は、SD画質とHD画質に対応しています。 Wii UはHD画質のみの対応となっています。 なお、Wii Uは「オートプレイ」という「次のエピソード(なければおすすめのコンテンツ)」の表示機能がありません。 それほど不自由するわけではありませんが、「次の話を観たい!」というときに、毎回リストから選択するのは少し面倒かもしれません。 なお、PS4での視聴方法は「」にて、詳しくご紹介していますので参考にしてください。 基本的には、それぞれのゲーム機で対応するアプリケーションをダウンロードして起動し、Amazonプライムのアカウントを入力すればOKです。 以上のように、環境をセットアップして視聴してみた結果から、テレビでAmazonプライム・ビデオを観るためのベストアイテムとしては、「Fire TV Stick」が最適だと考えます。 コスト的にはどれも拮抗していますが、なんといっても同じAmazon商品というところでセットアップがしやすい点や、再生画質がHDRまで対応している点も見逃せません。 しかし、これはあくまで「Amazonプライム・ビデオを観る」という点に特化した場合の結論です。 ほかの動画配信サービスなども視聴する場合や、お手持ちのデバイスなどの状況によって、ベストな選択は変わります。 Amazonプライム・ビデオを観ること以外に何がしたいのかを考え、よりベストな視聴アイテムを選択してください。

次の

Amazonプライムビデオをテレビで見る方法ベスト3

アマプラ テレビ

公開日: 2019年12月08日 最終更新日: 2020年05月08日 今回は、「 TCLのAndroid TV」についてご紹介します。 「 TCL ティー・シー・エル 」と言えば、世界のテレビ市場シェアで 第2位の、近年急成長している中国メーカーです。 そんな「TCL」は、以前から日本でもテレビの販売を行っていましたが、特に2019年からは 本格参入と銘打って新機種を投入してきました 参考:。 TCLは2019年モデルから新たに「 Android TV OS」を搭載したスマートテレビを発売しているので、 テレビでネット動画を楽しめるようになっています。 そんな中、「 TCLのAndroid TVはどの機種?」、「 どんなネット動画に対応してるの?」と気になっている方もいると思います。 そこで今回は、「TCLのAndroid TV」について見ていきましょう。 TCLのAndroid TV3機種 Android TVとは? そもそも「 Android TV アンドロイド・ティーヴィー 」とは、グーグルが開発する「Android TV OS」を搭載したスマートテレビのことです。 「Android TV OS」を搭載したテレビは、 ソニー、シャープ、TCLなどから発売されています。 「Android TV」では、「 Google Play」からAndroid TV OS専用の アプリをインストールして使うことができます。 「Android TV」は、YouTube、Netflix、Hulu、DAZN、Disney DELUXE、TVer、AbemaTV、GYAOといった メジャーな動画配信サービスに対応しています。 また、Android TVは 「Chromecast」の機能を内蔵しているので、スマホやパソコンから動画をテレビに キャストすることもできます 参考:。 このように、Android TVではネット動画を楽しむことができます。 TCLのAndroid TV1. P8シリーズ 2019 1つ目のTCLのAndroid TVは、「 P8シリーズ 2019 」です。 TCLの「P8シリーズ」は、Android TVに対応する ベーシックモデルです。 「Android TV OS」のバージョンは 9. 0となっています。 「P8シリーズ」は、 43インチ、50インチ、55インチ、65インチの4つの画面サイズが販売されています。 バックライトは、「 エッジ型白色LED」となっています。 「HDMI2. 0」対応の HDMIポートが2つ搭載されています。 「 マイクロディミング技術」は、画面を1296ゾーンに分けて映像解析を行う技術で、細部の明暗を分けることができるようです。 「 広色域 WCG 」では、鮮やかな映像表現ができるようです。 スピーカーには、8Wが2つの 計16W出力に対応しています。 HDR入力は、「 HDR 10」と「 HLG」に対応しています。 もちろん、Android TVなので「 Google Playストア」から対応する アプリをインストールできます。 また、 Chromecastの機能も内蔵しているので、スマホやパソコンから対応するアプリでテレビに キャストをすることができます。 さらに、 外付けHDD 最大8TB に テレビ番組を録画することもできます。 TCLのAndroid TV2. C8シリーズ 2019 2つ目のTCLのAndroid TVは、「 C8シリーズ 2019 」です。 TCLの「C8シリーズ」は、Android TVに対応する ハイスペックモデルです。 「Android TV OS」のバージョンは 9. 0となっています。 「C8シリーズ」は、 55インチ、65インチの2つの画面サイズが販売されています。 バックライトは、「 エッジ型白色LED」となっています。 「HDMI2. 0」対応の HDMIポートが3つ搭載されています。 「 マイクロディミング技術」は、画面を1296ゾーンに分けて映像解析を行う技術で、細部の明暗を分けることができるようです。 「 広色域 WCG 」では、鮮やかな映像表現ができるようです。 HDR入力は、「 HDR 10」と「 HLG」に対応しています。 もちろん、Android TVなので「 Google Playストア」から対応する アプリをインストールできます。 また、 Chromecastの機能も内蔵しているので、スマホやパソコンから対応するアプリでテレビに キャストをすることができます。 さらに、 外付けHDD 最大8TB に テレビ番組を録画することもできます。 TCLのAndroid TV3. X10シリーズ 2019 3つ目のTCLのAndroid TVは、「 X10シリーズ 2019 」です。 TCLの「X10シリーズ」は、Android TVに対応する フラッグシップモデルです。 「Android TV OS」のバージョンは 9. 0となっています。 「X10シリーズ」は、 65インチの画面サイズのみ販売されています。 バックライトは、「 直下型青色LED」となっています。 「HDMI2. 0」対応の HDMIポートが3つ搭載されています。 ディスプレイに 直下型のLEDライトを15,000個設置しているため、 最大輝度1500nitを実現しています。 また、画面を768ゾーンに分けて ローカルディミングすることができるようです。 「 倍速駆動技術」を採用しているため、60fpsの映像を120fpsで表示できます。 HDR入力は、「 HDR 10」と「 HLG」、「 Dolby Vision」に対応しています。 もちろん、Android TVなので「 Google Playストア」から対応する アプリをインストールできます。 また、 Chromecastの機能も内蔵しているので、スマホやパソコンから対応するアプリでテレビに キャストをすることができます。 さらに、 外付けHDD 最大8TB に テレビ番組を録画することもできます。 最後に 今回は、『 TCLの「Android TV」3機種!テレビでネット動画を楽しもう』についてご紹介しました。 このように、TCLからは「 Android TV」が発売されていて、 価格の安いモデルから、高画質の 高級モデルまで用意されています。 「TCL」の魅力はなんといっても 価格の安さで、43インチのAndroid TVが 4万円台から購入できる上に、QLED搭載の最高級モデルも65インチで 20万円程度で販売されています。 テレビ市場における TCLの世界シェアはLGを超えて 2位となっていて、このまま1位のサムスンを超える日も近いかもしれません。 皆さんも、TCLのAndroid TVでネット動画を快適に楽しんでみてはいかがでしょうか。

次の

アマゾンプライムに“宮崎駿監督アニメ”の原点『未来少年コナン』が降臨!『ナウシカ』も『ラピュタ』もすべてはここから始まった……【アマプラオススメ作品】

アマプラ テレビ

1978年4月から10月にかけてNHK総合テレビで放送されました。 いま見てもドキドキハラハラワクワクが止まりません」などの反響が続出しました。 Amazonより 気が遠くなるほど高い位置にある独房からの脱出を試みるコナンとラナ。 数十メートルはあるだろう地上を見つめるなり、コナンはラナを抱えたまま塔から飛び降りてしまいます。 思わず見ているこっちまで心臓がヒュンッとなる描写であるものの、当のコナンはほぼ無傷。 これにはネット上も「コナンの大ジャンプはもはや名シーン」、「着地した後のコナンの表情がいつ見ても笑えるwww」といった声が。 じつは現在NHK総合でもデジタルリマスター版『未来少年コナン』を放映中ですが、アマゾンプライムビデオであれば全話を一気に視聴できます(ちなみに、NHK放送では16:9の画面比率に合わせるため、上下がカットされて放送されていますが、アマゾンビデオではもとの4:3で観られます。 宮崎駿監督のレイアウトをじっくり堪能したいならこちらのほうがいいかも?)。 さらに、2020年冬には、宮崎吾朗監督のスタジオジブリ最新作『 アーヤと魔女』がNHK総合にて放送予定。 この機会に宮崎アニメの原点『未来少年コナン』を振り返ってみるのも一興かもしれませんね。

次の