秋アニメ。 【2020夏アニメ】7月アニメ(キャスト・配信)最新情報

発表!2019秋アニメ期待度ランキング・ベスト10!『SAO』『FGO』『PSYCHO

秋アニメ

全世界が対ヒュージのために団結して作り上げた決戦兵器「CHARM」を用いて、「リリィ」と呼ばれる少女たちは世界の為に戦い続けている。 世界各地にはリリィ養成機関である「ガーデン」が設立され、ヒュージに抗い、人々を守る拠点となっていた。 そして、数あるガーデンの中でも、名門と謳われる百合ヶ丘女学院に入学した一柳梨璃は、出会った仲間たちと一柳隊を結成、任務の為に東京へと赴く。 これを機に、ルドビコ女学院、エレンスゲ女学園、神庭女子藝術高校、御台場女学校、相模女子高等学館、そして百合ヶ丘女学院の運命が交錯し始める……• 「池袋ウエストゲートパーク」は、原作累計420万部を突破し、テレビドラマ化・舞台化など数々のメディアミックスをとげた石田衣良さんによる大人気小説。 2000年に監督・堤幸彦さん、脚本・宮藤官九郎さん、主演・長瀬智也さんで作られたドラマは伝説的な人気を誇り、2017年には舞台化もされており、2019年9月には、2020年にTVアニメ化されることが発表されていた。 悠々自適な引きこもりライフを満喫する美少女ユナは、 VRMMORPG『ワールド・ファンタジー・オンライン』の廃ゲーマー。 ある日いつものようにログインしてみると、なにか普段と様子が違う。 」 クマっ子、爆誕! しかもこのクマ、ただのクマじゃない。 辛酸・後悔・恥辱。 人間が生む負の感情は呪いと化し日常に潜む。 呪いは世に蔓延る禍源であり、最悪の場合、人間を死へと導く。 そして、呪いは呪いでしか祓えない。 打つ手もなく追い込まれていく人類に手を差し伸べたのは、自らを『オーディン』と名乗る神の存在だった。 オーディンはピラーに対抗する術として、戦乙女『ワルキューレ』と、彼女たちの翼となる英霊機を人類に授け、反撃を宣言した。 ここ日本も例外ではない。 霊峰富士にそびえし巨大なピラーと対峙する、 3人の戦乙女。 いずれも腕は確かだが、揃いも揃って問題児ばかり。 そこに、欧州から訳アリのエースパイロットがやって来ることになり……。 「さあ、反撃の時だ、人類。 幼い頃、森の火事に巻き込まれ、離ればなれになった双子の少女、とわとせつな。 とわは、時代樹の時空を越えるトンネルをくぐり抜け、戦国時代から現代へとタイムスリップ。 かごめゆかりの日暮家の娘として育てられ、武道に長けた女子中学生に成長した。 一方、戦国時代に残された妹のせつなは、妖怪退治屋のお頭となった琥珀の下で妖怪退治を生業にしていた。 もろはは、かごめと犬夜叉の娘。 賞金稼ぎとして「化け殺しのもろは」の異名を取り、やはり妖怪退治に明け暮れている。 とわとせつなが別れ別れになってから、10年。 時代樹の時空を越えるトンネルが再び開かれた。 現代に現れたせつなと再会するとわだったが、せつなは何故かとわのことを忘れてしまっていた。 せつなと共に、現代にやって来たもろはも加わり、とわたち「半妖の夜叉姫」が、現代を、そして戦国時代を、縦横無尽に暴れ回る!• お笑い芸人を目指す4人の若き乙女たち19歳(北風ふぶき、凩まふゆ、新谷りん、朝生祇なゆた)は、日夜バイトに明け暮れながらも一生懸命にネタの練習に励んでいる。 笑いでみんなを幸せに!みんなの幸せで私たちも幸せになる、というきれいごとを大義名分に頑張るも、なかなか芽が出ない4人だった。 そんな4人には「お笑い界の武道館」、なんばグランド花月の舞台に立つ!という目標があった。 しかし、とりあえずまずは身近なところからいっとこか、ということで、東京渋谷の無限大ホールのいっちばん最下層、ファームクラスの舞台に立つことを目指して頑張っていくことにした。 彼女たちのライバルであり(勝手に彼女たちが思っているだけ)、まふゆの妹のまなつとその幼なじみの金成かなえの高校の先輩でもある現役女子高生芸人「JKクール」を目標に、まなつとかなえの女子高1年生組も芸人を目指し始める! 総勢8人、4組による、お笑い日常奮闘記。 2095年10月31日。 未観測の戦略級魔法によって、朝鮮半島南端の軍事都市と艦隊が消滅した。 《灼熱のハロウィン》と呼ばれたこの日から、 世界は新たな戦略級魔法師の登場に震撼することになる。 中でも「世界最強の魔法部隊」であるスターズを擁する北アメリカ合衆国(USNA)は危機感を募らせ、 秘密裏に未観測の戦略級魔法と、その魔法を使用した魔法師の正体を暴こうと躍起になっていた。 それから約二ヶ月後の12月24日。 街がクリスマスの飾りとイルミネーションで賑わっているなか、 達也たちは交換留学でアメリカに行くという雫の送別会のために、アイネ・ブリーゼに集まっていた。 雫がアメリカに行く期間は三ヶ月。 雫によると、彼女に代わって第一高校に来るのは、同い歳の女の子だという。 同い歳の女の子だという。 同じ頃、USNAのスターズ基地では、一人の少女が第一高校への潜入調査に赴く準備を進めていた。 彼女の名はアンジェリーナ・クドウ・シールズ。 「わたし、人の心が読めます!でも、ちょっと空気は読めません!よろしくお願いします!」 孤島にある奇妙な学園。 生徒、中島ナナオの前にあらわれたのは、 転校生の柊ナナ。 ここは、さまざまな能力を持つ少年少女が集う施設。 炎や氷をあやつる者。 自在に宙を飛べる者。 生徒たちは、「人類の敵」と呼ばれる怪物と戦うために訓練を受けているのだ。 だが、島にはいくつもの秘密が隠され、おそるべき罠が牙をむく。 続発する怪事件。 学園にひそむ殺人鬼。 一人、また一人と姿を消してゆく同級生。 予想を裏切る展開。 知力、能力の限りを尽くした頭脳戦。 そして友情。 熱いドラマにいろどられた、「人類の敵」との死闘が、いま、始まる!• 正和63年10月。 九洲は隈元県御一夜市。 疲弊しきった経済の立て直しを、蒸気機関車8620とそのレイルロオド・ハチロクとを主役に据えた観光振興により 見事成功させ鉄道復興の聖地となった同市は、 さらなる復興への機運や全国の鉄道事業者・まいてつたちの交流を盛り上げるべく、 『第一回まいてつ祭』の開催を企画する。 鉄道車両の運転制御用人型モジュール「レイルロオド」達もそれぞれのマスター達につれられ全国から集う。 人間達の連日の会議に刺激され、「自分たちも何かをしたい」と意気投合した彼女たちは、 有名レイルロオド「すずしろ」を中心として「レイルロオドサミット」を主催。 駅前の「cafe亜麻色」に集合し、「まいてつ祭」へ更なる彩りを加えるべく知恵を絞っていく。

次の

【2020夏アニメ】7月アニメ(キャスト・配信)最新情報

秋アニメ

「呪術廻戦」は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて、2018年14号より連載開始された、芥見下々(あくたみ・げげ)さんによる漫画。 コミックス1巻は2018年7月に発売され、現在10巻まで刊行中。 類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁(いたどりゆうじ)は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。 そんなある日、学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。 禪院真希役には小松未可子さん、狗巻 棘役には内山昂輝さん、パンダ役には関智一さんが決定し、キャストからコメントが到着したので紹介する。 そのギャップを大切にしながら、自分らしさも僅かに加えて演じていきたいと考えております。 一言で申し上げますと演じるのが楽しみです。 辛酸・後悔・恥辱。 人間が生む負の感情は呪いと化し日常に潜む。 呪いは世に蔓延る禍源であり、最悪の場合、人間を死へと導く。 そして、呪いは呪いでしか祓えない。

次の

秋アニメ「魔王城でおやすみ」“…寝る以外…することがない”スヤリス姫が気持ちよさそうに眠るキービジュ&PV公開(アニメ!アニメ!)2020年10月よりテレビ東京、BSテレ東、AT

秋アニメ

STONE ドクター・ストーン 引用:アニメ『Dr. STONE』 村編になってから 面白さが限界突破! と思ってたら過去編で父親が主人公になるという予想をはるかに超える展開で、 もう称賛の言葉しか出てこない・・・ ひたすら褒めても仕方ないので作品を語っていくと、 力 物理的 が無い主人公が知力を振り絞って進んでいくのが素晴らしすぎる。 しかも冷たいようで人情にアツい、 最高の主人公だよ! 村の登場人物も回を重ねるごとに魅力がどんどんup! スイカちゃんは可愛いだけじゃなく健気で頑張ってるし、金狼もギャグだけじゃなく漢を見せています、クロムもじいちゃんも魅力を語り出したらキリがない 笑 そして、父親 百夜 編。 もう感動が止まらない・・・ また始まった時点で百夜が死んでいるのが確定で切ないんですよね。 千空の諦めない心は百夜譲りだったんだ。 村がなぜ金髪・白髪だらけなのか?先住民 村人など たちはいつ生まれてたのか?などの気になっていた 疑問をすべて解決した上で感動させるって凄すぎないか。 あえて、イマイチな点をいうと新OPはちょっと微妙かも。 1期OPが好きすぎただけかもしれませんけど 苦笑 バビロン 引用:アニメ『バビロン』 これは問題作! ここまで本格的な サイコサスペンスをアニメで観れるとは・・・ 曲世愛というエロティックでいて幻妖な存在の描写の仕方が神がかっている。 声優の 雪野五月さんの演技も至高です・・・ そして、同時に自殺法に進めていく齋。 人間関係が入り乱れ誰も信用できません。 ストーリー、演出、声優とどれもハイクオリティ。 どうかこのままの勢いでラストまでたどり着いてほしいですね。 BEASTARS 引用:アニメ『BEASTARS』 いや~ とんでもないアニメが出てきました。 こういうアニメに出会えるからアニメ鑑賞は止められない。 と言いつつ、原作1巻は読んだことあったりするけど 笑 続きは読まずにアニメ化待ってて 大正解! アニメの作画と構成力がホント素晴らしい。 OPもセンスしかない・・・まさかの人形劇、しかも光と闇部分もあって OPだけで作品を表現するという凄さ。 EDも回によって変わるし、挿入歌も最高。 スタッフさん凄すぎです・・・ 内容にも触れていくと、動物が擬人化された世界、 ズートピアを思い出しますね。 ズートピアより更に人間世界っぽくして、肉食と草食の違いを濃くした感じかな? 普通の青春物語が肉食・草食の要素が入る事で一気に猟奇的になるのが本当凄い。 異世界作品のテンプレを嘲笑うかのようなストーリーは実に楽しい。 キャラを生かすのも上手くて、聖哉とリスタは言うまでもなく面白いキャラだし、仲間になった竜人たちや師匠キャラ 笑 の剣神など、皆上手くいじられて面白いキャラになってます。 ただ、一話落としたのと センスが全く感じられないEDは擁護できないです 笑 ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 引用:アニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション』 待望の2クール目! …だったんだけど、いきなり 鬱鬱しい展開の連続ですよ。 キリトくんが カミーユ状態に。 必然的に 主人公はアリスになりましたとさ。 そして、現実世界から アスナとよく分からない敵組織も参戦。 敵のボスがサイコパスなのは面白い、まさに アリスさん逃げてー状態だよ 笑 やっぱ何だかんだでSAOは面白い。 でもキリトは早く復活してくれー ハイスコアガール II 引用:アニメ『ハイスコアガール II』 久しぶりのゲームアニメの続編が来た! 面白さは1期と全然変わらないね。 ただハルオがすっかりラブコメ主人公になってて、何か腹立つ 笑 溝の口勢がブチ切れるのもおかしくない。 もっとやっちまえ。 ラブコメとしては大野さんも好きなんだけど、どうしても 日高の負けヒロインっぷりが可哀想で応援したくなるんだよなぁ。 懐かしのゲームネタも勿論楽しい。 凄く面白かったし、読めない展開にワクワクが止まらなかった・・・けど最近ちょっと失速気味。 もっと ギャグ多めでハチャメチャに突っ走ってほしいね。 最初だけ盛り上がって失速していくパターンのアニメにはならないでほしいところ。 やっぱアニメは 作画が大事な事を再確認できました。 原作ゲームは知らないんで設定はあまり分からないんですよ。 でも毎回の 格好良すぎるバトルが好きで楽しく観ています。 登場キャラが少ないので、把握しやすいのも良い所。 そして、 マシュの可愛さもMAX 笑 あとOP・EDが曲も映像も最高です。 特に OPは個人的に秋アニメNO. ぼくたちは勉強ができない!(第2期) 引用:アニメ『ぼくたちは勉強ができない!』 予想通り2期で化けた! 1期の時に思ってたんですよね、ヒロインが揃った2期からが盛り上がるのではと。 実は原作漫画読んでるので確信してたんだけど 笑 1期は 同級生3人の狭い世界観だったのが、2期で先生と先輩が加わった事で一気に広がったのが大きいと思う。 それによって3人の魅力もアップ! 理珠は関城ちゃんの効果も大きい 新ヒロインの先輩・先生はどちらも 見た目とのギャップがあって可愛いんですよ。 特に先輩はあの見た目でしっかりと先輩してるのが最高! 後、 新OPも1期と趣向変わってたけど良かったね。 ぼく勉のスタッフはOPEDのセンスありですな。 イマイチな点としては、 同じパターン 勘違いネタ・ラッキースケベネタ が多すぎるところ。 ラブコメの宿命と言えるけどね この辺は ライバル? の五等分の花嫁は上手かった。 本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 引用:アニメ『本好きの下剋上』 地味な異世界作品、だがそれがいい! 原作 漫画版 は読んだ事あり。 このチートも無く 地道に本作りを目指すのが良いですよね。 圧倒的な 世界名作劇場感。 名作劇場みたいにこういうアニメを夕方 夜 に放送する時代がまた来てほしい。 作画も1話はヤバかったけど、それ以降は大丈夫そうな感じですね。 主題歌が凄く好きで、OPは秋アニメの中でも3番目に好き でランキングにしてます 難点は ゆっくりすぎるテンポに起伏性の低いストーリー。 合わない人も多いとは思う。 私、能力は平均値でって言ったよね! 引用:アニメ『私、能力は平均値でって言ったよね!』 予想外に面白かったアニメの一つ。 よくある異世界転生かと思いきや、 ほのぼの日常でした +ちょい百合 パロネタをふんだんに取り入れたり、ゆる~い空気感が楽しい。 更に OPが中毒性MAX!わっほーわっはー ただ最新話で シリアスに振ったのが残念。 ひまわり・コスモスの二人は序盤で最低な人間性を見せているので、もう ヒロインレースは脱落。 友達のサンちゃんもジョーロを嵌めた張本人であり、パンジーを襲おうとまでした最低男。 これで元通り、仲直りと言われてもさ・・・ ジョーロが良くても、観てる方は違和感が半端ない。 ジョーロとパンジーは嫌いじゃないだけに、これからの展開が良く悪くも注目です。 歌舞伎町シャーロック 引用:アニメ『歌舞伎町シャーロック』 思ってた感じと違ったアニメだった・・・ もっとオシャレ感のあるアニメかと思いきや、なんか 色々ぶっ飛んでた 笑 落語で推理するホームズって訳分からないよ。 推理自体は正直普通なトリックが多いけど、2話の 「赤毛連盟」をモチーフにした事件は良かったね。 もっと シャーロックホームズをモチーフにした話が見たいです。 ED曲がアニメに似合わず神すぎるのは良い部分・・・なのかな?笑 何にせよ 規格外なアニメですね。 超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 引用:アニメ『超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!』 これは 良いネタアニメ枠 褒め言葉 叩かれたりもしてるけど、あまり 真面目に考え過ぎずに楽しく観る作品だと思うなぁ。 『賢者の孫』も同系統ね 笑 だって 高校生が総理大臣の時点で察し・・・ですよ。 他にも高校生の侍・実業家・ジャーナリスト…しかも全員チートな強さという無茶苦茶な設定であります。 マジに考察しても仕方ない 笑 個人的に一番好きなキャラは マジシャンの暁くん。 全くタネを考えてないであろう超絶マジックの連続にもうツッコミが止まらない 笑 もう暁くんだけいれば何でも解決だよ! ストーリーはよくある異世界作品ですけどね 苦笑 ネタ部分を楽しみながら最終話までおそらく観そうなアニメ。 七つの大罪 神々の逆鱗 引用:アニメ『七つの大罪 神々の逆鱗』 今回が3期になるのかな? 原作漫画は読んでいるので、 作品の面白さは間違いなし。 今までと変わって テレ東制作になったことで、ちょっと規制が強くなった? 1話はなぜか血が白色だったし ストーリーが飛んでいたり、作画が雑なのはマイナス点。 女神族と魔人族の争いも何だかモヤっとする展開。 ただ要所での盛り上がりはさすが 『七つの大罪』! ノー・ガンズ・ライフ 引用:アニメ『ノー・ガンズ・ライフ』 レトロ感のある ハードボイルドアニメ。 スチームパンクにも近いですね。 いかにも派手な展開になりそうなキャラと設定だけど、 意外に地味なんだよなぁ 笑 アクションも思ったより大人しめ。 戦闘作画を期待するような作品ではなさそうですね。 でも秋アニメでは 他とかぶらない雰囲気の作品なので、そこそこ面白く観れています。 胸糞な展開が多いので、スカッとする話も増えてほしいかな。 放課後さいころ倶楽部 引用:アニメ『放課後さいころ倶楽部』 これも 期待してなかったけど面白かったアニメ。 ボードゲームをメインとした女子高生たちの日常は珍しいかな? メイン3人が各々の魅力出てるよなぁ。 登場人物が少なく毎回3人が中心なのも上手く作用しています。 ただ、肝心のボードゲームがちょっと 分かりづらかったり・・・ 苦笑 馴染みの無いゲームばかりだからしゃあないけど。 ゆっくり読める漫画の方が相性良さそう。 星合の空 引用:アニメ『星合の空』 EDのパクリ騒動のせいで本編以外で有名になってしまったアニメ。 確かにあれは駄目ですけどね。 踊り手さんがクレジットに追加されましたが、しっかりと謝罪と反省をしてほしいです。 さて、本編ですが 青春部活ものにダークな家庭環境を織り込む面白い作品ですね。 テニス描写もトンデモ系ではなくリアル路線。 部活感が出てて好印象です。 ただ、児童虐待や育児ノイローゼなど重すぎる問題を使いすぎてるのは気になる。 しっかりと描き切ってくれたらいいけど、出来ないのなら一気に安っぽくなる諸刃の剣なテーマだと思う。 魔入りました!入間くん 引用:アニメ『魔入りました!入間くん』 今期の 「優しい世界」はこのアニメだね! 人間が悪魔の中に入りこみ、友達を増やしていくのが意外に珍しい。 主人公の入間くんが現実世界で親を含めて人間関係が散々だったのに、 悪魔の世界で親と友達を手に入れるのが泣けるじゃないですか 涙 変に現実的な展開もなく、何でも上手くいってしまうラッキーマン状態で安心して観られます。 ただストーリーが大きく動く作品じゃないので、 マンネリは否めない 苦笑 NHKの夕方アニメでピッタリな感じです。 男主人公なのに何でこんな百合百合しいのか 笑 主人公の中二病全開なセリフが恥ずかしいを通り越して、ちょっと好き。 『超余裕』ぐらいもっと突き抜けてほしい。 今のところ、ストーリーはあまり盛り上がりが無く微妙・・・ センスあふれるOPが一番目立ってます。 警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 -トクナナ- 面白そうな素材は揃ってるんだけど、イマイチ跳ねてこないアニメ ファンタジーが混じった警察ものは面白そうなんだけど。 七月と一ノ瀬がメインの話が多くて、 サブキャラが生きてないんですよね。 ニンジャとか面白そうなのになぁ。 後、せっかくのファンタジー要素もほとんど死んでいるのがもったいない。 作画も序盤は悪くなかったです 最近危なくなってきてるみたいですが ただゲームをやってなかったので、 舞台設定がよく分からないのとキャラが多すぎる。 特にキャラの多さは観てて混乱する一方で、ここが同じくゲームをやっていない FGOとの評価の分かれ目だったかな。 ファンには嬉しい作品だと思う。 ただ自分はちょっと付いていけなくなったので 4話で鑑賞stop! 戦闘はオマケでラブコメ・お色気メインな感じかな? 主人公の真面目キャラは嫌いじゃなかったけど、作品自体に新鮮味が感じられないのと他のお色気アニメより色々と見劣りしてたかなぁ・・・ ヒロインもさすがに 9人は多いんじゃ? 2話で鑑賞stop! 神田川JET GIRLS ジェットレースの青春スポーツアニメと思わせてからのメインは 超お色気なアニメ 笑 最初は少女版『モンキーターン』や『ガルパン』かなと思ったけど、一話からエロさに度肝を抜かれた。 『競女』の方向だったね。 そのラインぎりぎり 越えてた? のエロが最初は楽しかったけど、さすがに途中で飽きが来ちゃったかな。 レースシーンも頑張ってはいるけど 常にエロが挟まってきて熱さが足りない・・・ 4話で鑑賞stop! ライフル・イズ・ビューティフル 「きらら」のようで「きらら」ではなかった OPできららジャンプしてるのに!笑 ライフル射撃も描いていますがメインは日常という感じ。 悪くはないと思うんだけど・・・ でもなぜか 全然心の琴線に触れなかった 苦笑 15分アニメだったら良かったかも。 30分は非常に長く感じたよ。 2話で鑑賞stop! 後は最近イマイチだった異世界作品が秋は面白い。 今のところ異世界系は切る予定無しです。 あくまでも序盤なのでどんどん順位も変わりそうですけどね、特に中位以降は。 次は終盤戦でまたランキングを作ります。 <覇権予想>2019秋アニメランキング<まとめ> 評価感想・ランキングはこんな感じです。 まぁこの秋アニメはソシャゲアニメじゃないかな。 円盤に特典がつくというのもありますし、それなりにどのソシャゲアニメも話題になってるので。

次の