とり むね 唐 揚げ。 定番の味!鶏の唐揚げのレシピ作り方:白ごはん.com

鶏の唐揚げの作り方(レシピ)

とり むね 唐 揚げ

ついに今年も残すところ1ヶ月。 忘年会やクリスマスパーティーのシーズンに突入しましたね。 みんなが集まるときの定番メニューといえば「 鶏の唐揚げ」ですよね!みんな大好き、お酒もご飯も進む鶏の唐揚げ。 外はカリッと中はジューシーに作れたら最高ですが、家で作るとうまく作れないことって多いですよね?パサパサした鶏の唐揚げだと食べた時にちょっとガッカリ…ということも。 そんな鶏の唐揚げですが、クックパッドでいろいろレシピを検索すると「鶏肉を水に漬けておく」とジューシーに仕上がると、かなり多くの人が実践している様子。 水に漬けておくと鶏の唐揚げがジューシーになるなんて驚き!!そこで、クックパッド編集部が「水に漬けた」鶏肉と「水に漬けていない」鶏肉で唐揚げを作って比較してみることに!今回は、この「鶏を水に漬けておく」裏ワザを使ったこちらの鶏の唐揚げレシピを試してみましたよ。 まずは、片方を「水に漬けた」状態に。 10分後、水を捨て「水に漬けた」鶏もも肉と「水に漬けていない」鶏もも肉を比較してみると、 左が「水に漬けていない」もの、右が「水に漬けた」もの 見た目は大きな差はありませんが、「水に漬けた」鶏もも肉の方は水に漬ける前よりも40gほど重くなっていました!水をしっかり吸収したということですね。 タレに漬け込んで、揚げる! 次は、これらの鶏もも肉を調味料を合わせたタレに漬け込みます。 左が「水に漬けていない」鶏もも肉、右が「水に漬けた」鶏もも肉 たっぷり2時間タレに漬け込んだら、卵と片栗粉をまぶして、揚げていきます! 揚げ時間に差が出ないよう、温度を管理しながら同時に揚げていきました 中温、低温、高温と油の温度を変えながら、じっくり3度揚げするこのレシピ。 「水に漬けた」鶏もも肉、「水に漬けていない」鶏もも肉、どちらもおいしそうな色に揚がりましたよ! 果たして、味に違いはあるのか?? 左が「水に漬けていない」鶏もも肉の唐揚げ、右が「水に漬けた」鶏もも肉の唐揚げ 見た目や切ってみた断面はどちらもそれほど差はありませんでした。 しかし!食べてみるとその差は歴然! 「水に漬けた」鶏もも肉が圧倒的にジューシー。 普段食べている鶏の唐揚げよりもふっくらとして、噛むと確かに肉汁がじゅわ〜っと染み出てきました。 一方、「水に漬けていない」鶏もも肉の唐揚げは、ちょっと肉がぎゅっと固くなっているような印象でした。 パサパサになりやすい鶏むね肉でも試してみた! さて、鶏もも肉にここまで差が出たということは、パサパサ唐揚げになってしまいがちな「 鶏むね肉」ではもっと差が出るのでは?ということで、鶏むね肉でも検証してみましたよ! 鶏もも肉の唐揚げと同様に2種類の唐揚げを作りました。 「水に漬けた」鶏むね肉、「水に漬けていない」鶏むね肉、揚げ上がりは鶏もも肉同様、変化はありませんでしたが、断面を見ると…! 左が「水に漬けていない」鶏むね肉の唐揚げ、右が「水に漬けた」鶏むね肉の唐揚げ もともとの厚さに多少差はあるかもしれませんが、「水に漬けた」鶏むね肉の方が明らかにふっくらとしています。 食べてみると、同じ鶏むね肉とは思えない違いにビックリ! 「水に漬けていない」鶏むね肉は少しパサパサとしてしまっていましたが、「水に漬けた」鶏むね肉はふっくらジューシーでした! 鶏の唐揚げは、揚げる前にまず水に漬けてみよう! 今回、編集部が試してみたところ、水に漬けることで鶏もも肉、鶏むね肉どちらの唐揚げもふっくらジューシーになりました。 どうしてそうなるのか、クックパッド管理栄養士に聞いてみると、 「 加熱調理をすると肉から水分が外に出るため、加熱前に比べ縮んでかたくなります。 そのためあらかじめ水に肉を漬け込んで水分を含ませておくことで、加熱によって水分が失われても肉内の水分が保たれ、柔らかく仕上がると考えられます」 とのこと。 いつも、鶏の唐揚げを作るとパサパサしてしまうという人、水に漬けるだけでジューシーになる裏ワザ、ぜひ試してみてくださいね!.

次の

定番の味!鶏の唐揚げのレシピ作り方:白ごはん.com

とり むね 唐 揚げ

お財布に優しい鶏むね肉。 でもパサパサ感が気になる…という方も多いのでは? 私もどちらかと言えば「鶏もも肉派」。 でもカロリーやお財布のことを考えるとむね肉で調理したほうが断然リーズナブル。 そんなむね肉がしっとり柔らかに変身するマジックがあります! しかも手のかからない方法で…。 今回はむね肉をジューシーにするマジックをご紹介です。 むね肉の下ごしらえが済んだらいよいよ味付け。 から揚げも実にさまざまな作り方があります。 普通のから揚げ、竜田揚げ、チキン南蛮、ケンタッキーフライドチキンなどなど。 あなたは小麦粉派?それとも片栗粉派? 実は衣の組み合わせによって料理名が変わります。 なるほど納得の組み合わせも併せて見てみましょう。 Contents• 鶏むね肉が美味しく変身する裏技 パサパサ感をなくすコツ 鶏もも肉は脂が多く食感も良くておいしいですが、気になるのはカロリー。 対する鶏むね肉はカロリーも低く、コスパもいいのでぜひ取り入れたいですね。 しかし鶏むね肉特有のパサパサ感が気になりつい鶏もも肉を選んでしまうという方も多いのでは? そんな方に必見!! 鶏むね肉でもひと工夫すればおいしいから揚げができます! ではどのようにすればおいしくなるのでしょうか? 水に 20 分浸す なんと簡単! 鶏むね肉をひと口大に切ったらボウルに入れ、 その中に 水をヒタヒタに入れて冷蔵庫で20分放置するだけです。 私は1晩くらい冷蔵庫に放置しています。 下ごしらえはたったこれだけ。 たったこれだけでなぜ鶏むね肉がしっとりするのでしょう? パサパサになる原因は、加熱調理の際に肉から水分が外に出てしまうため。 調理すると加熱前に比べて硬くなってしまいます。 あらかじめ肉を水に浸け込んで水分を含ませることによって、加熱によって表面の水分が失われても、肉の内部に水分が保たれているため外に流れ出ず、鶏むね肉が柔らかく仕上がるというわけです。 フォークで刺しておく 水を浸ける前に鶏むね肉をフォークでブスブス刺しておくと、さらに浸透しやすくなります。 先にフォークで刺して、それからひと口大に切ってもOKです。 しばらく浸したあと、鶏肉を水からあげてキッチンペーパーなどで表面の水気を軽く拭いてあとは通常どおり調理します。 から揚げの衣は小麦粉?それとも片栗粉? 割合がポイント から揚げを作るときの「衣」は、小麦粉、片栗粉、一体どっち?両方入れる場合の割合は?など悩んだことはないですか? 実はこの組み合わせで料理名が変わります。 片栗粉のみ…竜田揚げ• 片栗粉+小麦粉(1:1の割合)…お惣菜コーナーにある冷めてもおいしいお弁当に最適なから揚げ• 片栗粉のみ 片栗粉のみで揚げたら、衣の表面は白く、パリパリしています。 にんにくや醤油、しょうがのすりおろしなどで下味をつけて、片栗粉で揚げたものを「 竜田揚げ」と呼びます。 名前の由来は、奈良県の北西部を流れる「竜田川」に、見立ててつけられたようです。 食感は、カリカリとしていて、大人の味。 居酒屋なんかに出てくるから揚げもこのタイプが多いようですね。 片栗粉+小麦粉( 1 : 1 の割合) 片栗粉+小麦粉を1:1の割合で混ぜた衣で揚げたから揚げは、 衣の表面は茶色く、もこもこしており、食べるとふわっとした食感です。 この割合で作ると、冷めてもおいしく食べれます。 冷めてもおいしいので、 お弁当に最適ですね。 お弁当に入れる場合の下味はニンニクは使わず、しょうがのすりおろしを使うほうが無難です。 また、スーパーのお惣菜コーナーにあるから揚げはこちらのタイプが多いようです。 よく中華料理店で出てくる塩やコショウをつけて食べる、衣がふわふわしたタイプのから揚げがコチラです。 紹興酒と五香粉が決め手 中華風なので、下味にはごま油と五香粉を加え、酒の代わりに紹興酒にすると風味が一層増します。 卵を加えることによって衣がふわふわしてクリーミィになり、さらに紹興酒と五香粉の風味が活かされて中華料理店で食べるから上げといった感じでしょうか。 下味は簡単、鶏肉におろしにんにくを擦りこみ、塩コショウを振り、溶き卵にくぐらせるだけ。 後から甘酢で味をつけるので、下味は濃くしません。 溶き卵にくぐらせるのは、卵が肉と衣の接着剤の役目を果たし、水分を閉じ込めるためです。 から揚げは時間が経つと肉から水分が出てしまい、粉だけだとべちゃっとしてしまいます。 卵にくぐらせることによって、ふっくらしたから揚げに仕上がります。 こちらは全体的にさっぱりとした食感です。 これはだんぜん鶏むね肉が合う感じ。 チキン南蛮が鶏もも肉ではなく、さっぱりとした鶏むね肉を使うのは納得です。 【甘酢の作り方】• しょう油…大さじ2• 砂糖…大さじ2• 酢…大さじ2 材料を合わせて甘酢(漬けだれ)を作ります。 【タルタルソースの作り方】• マヨネーズ…大さじ4• ゆで卵…1個• 好みでピクルス(みじん切り)…小1本• 塩コショウ…少々 材料をすべて混ぜ合わせます。

次の

安いむね肉がメチャ柔らかいザンギからあげ by haml 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

とり むね 唐 揚げ

今日からのメニューもあります。。 スタンダード• やきとり風味たれ味• スパイシー• 怪味ソース(辛口)+20円• 100gあたり 230円(税込み)• からあげむね• ももと同様のソースが選べます• 100gあたり 210円(税込み)• 砂ずり(にんにく醤油)• 100gあたり 220円(税込み)• 食べやすいっ手羽 (にんにく醤油)• 骨を一本抜いて• 食べやすしました。 1本 100円(税込み)• 1パック 300円(税込み)•

次の