まとめ 韓国 おーる。 韓国あんてな

韓国の新型肺炎による死亡が少ない理由は「キムチ」 仏研究チームが明らかに : ネトウヨにゅーす。

まとめ 韓国 おーる

5ch. gif 韓国で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)による死亡者が比較的に少ない秘訣が「キムチ」のためというフランス研究チームの研究結果が出た。 仏モンペリエ大学医学部のジャン・ブスケ名誉教授が率いる研究チームは、新型肺炎による死亡者数と国家別食生活の違いの相関関係を研究したと英国メディア「ザ・サン」が13日(現地時間)、単独で報じた。 研究チームは特に韓国、そして欧州ではドイツの死亡者数が少ない理由に注目した。 両国は食生活に共通点があった。 すぐに発効したハクサイやキャベツを主食として食べるということだった。 韓国はキムチ、ドイツはザワークラウト(sauerkraut、キャベツの漬物)を食べるため、新型肺炎による死亡者数が少ないというのが研究チームの分析だ。 研究チームによると、発効したハクサイはACE2(アンジオテンシン変換酵素2)を抑制する効果がある。 ACE2は人間の細胞膜にある酵素で、新型コロナウイルスはまさにこのACE2と結合して細胞の中に浸透する。 キムチが一種の「ACE2の天然抑制薬」という意味だ。 したがって研究チームは「ハクサイが新型肺炎の予防に役に立つ」と主張した。 この研究論文は国際学術誌「Clinical and Translational Allergy」にのせられた。 研究チームは「食生活」が新型肺炎の被害程度に影響を及ぼす根拠としてスイスを例に挙げた。 同じスイスでもフランス語とイタリア語を使う地域がドイツ語を使う地域より死亡者がはるかに多かったというのが研究チームの説明だ。 ドイツ語を使う地域ではドイツ式キムチであるザワークラウトを食べて比較的に死亡者数が少なかったという意味だ。

次の

6tag.sixdegrees.org

まとめ 韓国 おーる

RSS新着(アンテナ)のTOPページは です まとめブログ界隈で話題のを読んだ所感です。 さて、アンテナ管理人の端くれとして月間1億2000万pvのまとめサイト管理人が出した本を読まないわけにはいきません。 普段は知りたい内容が明確に書いてあるか目次やレビューなどを吟味して買います。 が、今回は中身によらず、とりあえず読もうと決めていたので何も調べずに買いました。 ノウハウ観点での所感 本のタイトルには「ノウハウ」とありますが、結論から言うと、既にまとめサイトを管理している人にとって目新しいノウハウは書かれていないと言えます。 これからまとめサイトを始める人にとっても、ノウハウ本としての意味はあまり無いと思います。 ノウハウ目的であれば、Googleで検索したほうが有益な情報が得られます。 何を期待して買うかにもよりますが、もしアフィリエイトなどで儲けることを期待しているのであれば のほうが良いですね。 中の人の生い立ちや、プライベートで起きた事件なども含まれていますので。 スポーツ新聞がやっているからまとめブログでもやって良いという考えは少し疑問。 オリジナル記事を書くための考え方なんかは多少参考になった気もしますが、 検索すれば同じようなレベルの内容はすぐに見つかります。 ということで、無料で読めるブログのタイトルならいざしらず、 お金を払って買うこの本のタイトルに「ノウハウ」を含めたことには違和感があります。 あくまで個人的な感想なので、Amazonのレビューでも確認してみてください。 他の観点での所感 ノウハウ観点の否定から入ってしまいましたが、全否定するわけでもありません。 とくに私はノウハウを期待して買ったわけではなかったので、読み終わった後に Amazonのに書かれているような嫌悪感はありませんでした。 というよりも個人的にはノウハウより大切なことが書いてあったと思います。 それは、人気サイトになったと感じるまでに、少なくとも2年以上、1日18時間ブログ中心の生活を過ごしたという部分です。 あと、続けるのに最も大切なのはお金ではなくて情熱だという部分も。 これはキレイ事ではなくて、私も一部正しいと思っています。 私は、この世界で儲けるという意味で成功するのは、18時間・2年以上も熱中できるような狂気じみた人か、 ビジネスとして成功させるセンスを持った人だと思います。 後者は、はちま起稿をはじめ大手が行っている複数人管理、 記事作成代行などを取り入れて仕事として効率よくクールにやるべきですが、 前者に必要な狂気のことを情熱と呼ぶのかもしれません。 また、この狂気が人を惹きつける文章の元になるのだと思っています。 なんにせよ、駆け出したばかりのまとめサイト管理人や、これから始める人たちに、こんな生々しい経験を語ってくれる人は居ません。 私も管理人の端くれとして感じていたことではありましたが、それを確信できました。 贅沢を言えばもう少し早い時期に読みたかった本です。 まとめ ということで、覚悟を決めたい人・感じたい人には一読の価値はあれど、ノウハウ本としてはお薦めできないかなという感じでした。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 今回紹介した本 清水 鉄平 SBクリエイティブ株式会社 売り上げランキング : 370 応援・共有してもらえると、 韓国あんてなを続ける力になります。

次の

6tag.sixdegrees.org

まとめ 韓国 おーる

5ch. gif 韓国で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)による死亡者が比較的に少ない秘訣が「キムチ」のためというフランス研究チームの研究結果が出た。 仏モンペリエ大学医学部のジャン・ブスケ名誉教授が率いる研究チームは、新型肺炎による死亡者数と国家別食生活の違いの相関関係を研究したと英国メディア「ザ・サン」が13日(現地時間)、単独で報じた。 研究チームは特に韓国、そして欧州ではドイツの死亡者数が少ない理由に注目した。 両国は食生活に共通点があった。 すぐに発効したハクサイやキャベツを主食として食べるということだった。 韓国はキムチ、ドイツはザワークラウト(sauerkraut、キャベツの漬物)を食べるため、新型肺炎による死亡者数が少ないというのが研究チームの分析だ。 研究チームによると、発効したハクサイはACE2(アンジオテンシン変換酵素2)を抑制する効果がある。 ACE2は人間の細胞膜にある酵素で、新型コロナウイルスはまさにこのACE2と結合して細胞の中に浸透する。 キムチが一種の「ACE2の天然抑制薬」という意味だ。 したがって研究チームは「ハクサイが新型肺炎の予防に役に立つ」と主張した。 この研究論文は国際学術誌「Clinical and Translational Allergy」にのせられた。 研究チームは「食生活」が新型肺炎の被害程度に影響を及ぼす根拠としてスイスを例に挙げた。 同じスイスでもフランス語とイタリア語を使う地域がドイツ語を使う地域より死亡者がはるかに多かったというのが研究チームの説明だ。 ドイツ語を使う地域ではドイツ式キムチであるザワークラウトを食べて比較的に死亡者数が少なかったという意味だ。

次の