リーバー ケル コーチ。 米女子フィギュアの注目選手、アリサ・リュウがコーチ変更を発表。宮原知子も師事するバーケル氏に|ニフティニュース

リー・バーケル

リーバー ケル コーチ

2022北京五輪で女子フィギュアスケートのメダル候補と期待される14歳、アリサ・リュウが、新しいコーチとともに新シーズンに挑むことを決断。 アメリカ・フィギュアスケート協会が公式HP上で、同選手がコーチを変更することを発表した。 リュウは、昨年12月に行なわれたISUジュニアグランプリシリーズで2度の優勝を果たすと、ファイナルでSP首位で好発進を見せて銀メダルを獲得。 翌1月には、前年に史上最年少13歳で優勝を飾った全米フィギュアスケート選手権にディフェンディングチャンピオンとして出場し、見事に2連覇を達成するなど、今後の活躍に大きな期待が集まる選手だ。 同協会は6月22日、「全米選手権2連覇のアリサ・リュウが、リー・バーケル、ローリー・ニコルとマッシモ・スカリを含む新チームのコーチ陣の下で、練習を開始することを発表しました。 バーケル氏以外のコーチ陣は、同選手の以前のチームメンバーです」と、伝えると同時にその詳細を明らかにした。 バーケル氏は、昨年9月から宮原知子が濱田美栄氏との師弟関係を継続しながら指導を受けている人物だ。 発表に際してリュウは、「とてもワクワクしている」とコメント。 「何人かのコーチはそれぞれ別の国にいるけれど、コーチ陣全員と一緒に努力することを楽しみにしています」とコメントしている。 その愛らしさからファンが急増しているリュウの武器は何と言っても高難度ジャンプ。 史上最年少で国際大会におけるトリプルアクセル成功(2018アジアオープン)、米国人選手として国際大会で初のクワッドルッツを成功(2019ジュニアグランプリシリーズ2大会)させるなど、昨シーズンの勢いは目を見張るものがあった。 その技術を1から教えてくれた元コーチのローラ・リペツキー氏について、リュウは、「私がキャリアをスタートさせた時からこれまで、リペツキー氏が私のためにしてくださったすべてのことに感謝しています。 いつも近くにいてともに努力してきた。 今の私があるのは、元コーチのおかげなの」と、自身の思いを述べた。 コーチ変更は、新シーズン幾度となく表彰台に立つであろう有力選手、紀平梨花とアレクサンドラ・トゥルソワに続いて3人目。 まだ開幕は少し先になるが、何かが起こる可能性があるシーズンになりそうだ。

次の

宮原知子に新コーチ、織田信成ら指導したバーケル氏

リーバー ケル コーチ

経歴 [ ] 7歳でスケートを始め、1年間はでポール・ウィルツの指導を受ける。 1998年に怪我をした後は地元に戻り、マルポサスケートスクールのダグ・リーとリー・バーケルにコーチを変更した。 1998年にのノービスクラスで銀メダルを獲得。 1999-2000シーズン、に参戦。 2003-2004シーズンののスケートスロバキアで3位、スケートブレッドで優勝し、に進出し銅メダルを獲得した。 カナダ選手権はシニアに初出場し6位。 同じく初出場のは5位となった。 シーズンオフには一度変更していたコーチを、リーとバーケルに戻した。 2004-2005シーズン、に2年連続で出場。 怪我の影響もあり最下位の8位に終わった。 2005-2006シーズン、シニアクラスに移行。 の代表選考がかかったカナダ選手権は予選A組2位と好スタートを切るも、SPで8位。 FSで3位と巻き返すも総合で4位となり、代表には選ばれなかった。 初出場のは2位で、シニアの国際大会で初のメダルを獲得。 2006-2007シーズン、の9位、で10位。 カナダ選手権のSPではミスのない演技でに約3点差の2位につけた。 FSでは4位だったが総合で2位となり、初めての世界選手権への切符を掴む。 のSPでは完璧な演技で7位につけたが、FSでは14位となり、総合で13位に順位を落とした。 2007-2008シーズン、では4位、では8位となった。 2008-2009シーズンはとにエントリーをしていたが欠場。 モチベーションの低下を理由に12月に競技からの引退を表明した。 引退後はプロスケーターとしてやロイヤル・カリビアンなどのアイスショーで活躍。 46 7 120. 18 5 190. 64 2007年11月15日-18日 () 6 61. 68 8 113. 49 8 175. 17 2007年11月1日-4日 () 4 66. 50 5 125. 70 4 192. 20 2006-2007 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2007年3月19日-25日 () 7 71. 33 14 124. 05 13 195. 38 2007年2月5日-11日 () 8 58. 58 3 129. 83 5 188. 41 2007年1月15日-21日 () 2 75. 68 4 133. 63 2 209. 31 2006年11月23日-26日 () 7 62. 80 12 98. 36 10 161. 16 2006年10月26日-29日 () 7 58. 35 10 104. 81 9 163. 16 2005-2006 シーズン 開催日 大会名 予選 SP FS 結果 2006年1月23日-29日 () - 3 68. 13 1 130. 56 2 198. 69 2006年1月9日-15日 () 2 31. 57 8 58. 90 3 134. 75 4 225. 22 2005年12月1日-4日 () - 9 54. 55 4 117. 10 4 171. 65 2005年10月20日-23日 () - 11 42. 40 5 104. 60 9 147. 00 2004-2005 シーズン 開催日 大会名 予選 SP FS 結果 2005年2月28日-3月6日 () 14 72. 12 9 54. 78 11 98. 24 10 153. 02 2005年1月17日-23日 () 2 29. 64 7 57. 75 4 121. 46 5 208. 85 2004年12月2日-5日 () - 8 44. 28 8 89. 25 8 133. 53 2004年9月22日-25日 () - 1 59. 46 2 102. 62 1 162. 08 2004年9月9日-12日 () - 2 55. 90 2 100. 77 2 156. 67 2003-2004 シーズン 開催日 大会名 予選 SP FS 結果 2004年2月29日-3月7日 () 6 4 4 5 2004年1月5日-11日 () 3 6 6 6 2003年12月11日-14日 () - 5 3 3 2003年10月9日-12日 () - 2 1 1 2003年9月18日-21日 () - 5 2 3 2002-2003 シーズン 開催日 大会名 予選 SP FS 結果 2003年1月6日-12日 () 4 13 9 9 2002年10月17日-20日 () - 12 10 11 2002年9月19日-22日 () - 4 7 6 2001-2002 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2002年1月8日-13日 ジュニアクラス() 3 3 3 2001年10月25日-28日 () 15 13 15 1999-2000 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2000年1月26日-30日 ジュニアクラス() 6 9 9 1999年11月11日-14日 () 8 10 9 1999年9月29日-10月3日 () 11 11 11 1998-1999 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 1999年1月26日-31日 ジュニアクラス() 6 5 4 1997-1998 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 1998年1月7日-11日 ノービスクラス() - 2 プログラム使用曲 [ ] シーズン SP FS EX 2007-2008 スパルタクスとフリーギアのアダージョ バレエ『』より 作曲: 作曲: A Song and Dance Spectacular 2006-2007 Blues Deluxe 演奏:ロブ・スチュワート ビッグ・バンドセレクション 映画『』サウンドトラックより 作曲: Ordinary Day 曲:Great Big Sea 2005-2006 Fear 作曲: Tango Remembrances 作曲:ホルヘ・カランドレッリ、アストル・ピアソラ Arvid Beaten 映画『』より 作曲: Concerto For Cootie 作曲: 作曲: 作曲: 演奏: Brothers 映画『パール・ハーバー』より 作曲:ハンス・ジマー Decommission Alien Landscape 作曲:クリストファー・ゴードン Shout It Out Loud 曲: Play That Funky Music 曲: 2004-2005 Art of War 作曲: 作曲: 2003-2004 ファンタジア 演奏:パヴロ 映画『10番街の殺人』より 作曲: 作曲: 脚注 [ ]• 113• 外部サイト [ ]• - 公式サイト• (英語).

次の

クリストファー・メイビー

リーバー ケル コーチ

経歴 [ ] 7歳でスケートを始め、1年間はでポール・ウィルツの指導を受ける。 1998年に怪我をした後は地元に戻り、マルポサスケートスクールのダグ・リーとリー・バーケルにコーチを変更した。 1998年にのノービスクラスで銀メダルを獲得。 1999-2000シーズン、に参戦。 2003-2004シーズンののスケートスロバキアで3位、スケートブレッドで優勝し、に進出し銅メダルを獲得した。 カナダ選手権はシニアに初出場し6位。 同じく初出場のは5位となった。 シーズンオフには一度変更していたコーチを、リーとバーケルに戻した。 2004-2005シーズン、に2年連続で出場。 怪我の影響もあり最下位の8位に終わった。 2005-2006シーズン、シニアクラスに移行。 の代表選考がかかったカナダ選手権は予選A組2位と好スタートを切るも、SPで8位。 FSで3位と巻き返すも総合で4位となり、代表には選ばれなかった。 初出場のは2位で、シニアの国際大会で初のメダルを獲得。 2006-2007シーズン、の9位、で10位。 カナダ選手権のSPではミスのない演技でに約3点差の2位につけた。 FSでは4位だったが総合で2位となり、初めての世界選手権への切符を掴む。 のSPでは完璧な演技で7位につけたが、FSでは14位となり、総合で13位に順位を落とした。 2007-2008シーズン、では4位、では8位となった。 2008-2009シーズンはとにエントリーをしていたが欠場。 モチベーションの低下を理由に12月に競技からの引退を表明した。 引退後はプロスケーターとしてやロイヤル・カリビアンなどのアイスショーで活躍。 46 7 120. 18 5 190. 64 2007年11月15日-18日 () 6 61. 68 8 113. 49 8 175. 17 2007年11月1日-4日 () 4 66. 50 5 125. 70 4 192. 20 2006-2007 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2007年3月19日-25日 () 7 71. 33 14 124. 05 13 195. 38 2007年2月5日-11日 () 8 58. 58 3 129. 83 5 188. 41 2007年1月15日-21日 () 2 75. 68 4 133. 63 2 209. 31 2006年11月23日-26日 () 7 62. 80 12 98. 36 10 161. 16 2006年10月26日-29日 () 7 58. 35 10 104. 81 9 163. 16 2005-2006 シーズン 開催日 大会名 予選 SP FS 結果 2006年1月23日-29日 () - 3 68. 13 1 130. 56 2 198. 69 2006年1月9日-15日 () 2 31. 57 8 58. 90 3 134. 75 4 225. 22 2005年12月1日-4日 () - 9 54. 55 4 117. 10 4 171. 65 2005年10月20日-23日 () - 11 42. 40 5 104. 60 9 147. 00 2004-2005 シーズン 開催日 大会名 予選 SP FS 結果 2005年2月28日-3月6日 () 14 72. 12 9 54. 78 11 98. 24 10 153. 02 2005年1月17日-23日 () 2 29. 64 7 57. 75 4 121. 46 5 208. 85 2004年12月2日-5日 () - 8 44. 28 8 89. 25 8 133. 53 2004年9月22日-25日 () - 1 59. 46 2 102. 62 1 162. 08 2004年9月9日-12日 () - 2 55. 90 2 100. 77 2 156. 67 2003-2004 シーズン 開催日 大会名 予選 SP FS 結果 2004年2月29日-3月7日 () 6 4 4 5 2004年1月5日-11日 () 3 6 6 6 2003年12月11日-14日 () - 5 3 3 2003年10月9日-12日 () - 2 1 1 2003年9月18日-21日 () - 5 2 3 2002-2003 シーズン 開催日 大会名 予選 SP FS 結果 2003年1月6日-12日 () 4 13 9 9 2002年10月17日-20日 () - 12 10 11 2002年9月19日-22日 () - 4 7 6 2001-2002 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2002年1月8日-13日 ジュニアクラス() 3 3 3 2001年10月25日-28日 () 15 13 15 1999-2000 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2000年1月26日-30日 ジュニアクラス() 6 9 9 1999年11月11日-14日 () 8 10 9 1999年9月29日-10月3日 () 11 11 11 1998-1999 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 1999年1月26日-31日 ジュニアクラス() 6 5 4 1997-1998 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 1998年1月7日-11日 ノービスクラス() - 2 プログラム使用曲 [ ] シーズン SP FS EX 2007-2008 スパルタクスとフリーギアのアダージョ バレエ『』より 作曲: 作曲: A Song and Dance Spectacular 2006-2007 Blues Deluxe 演奏:ロブ・スチュワート ビッグ・バンドセレクション 映画『』サウンドトラックより 作曲: Ordinary Day 曲:Great Big Sea 2005-2006 Fear 作曲: Tango Remembrances 作曲:ホルヘ・カランドレッリ、アストル・ピアソラ Arvid Beaten 映画『』より 作曲: Concerto For Cootie 作曲: 作曲: 作曲: 演奏: Brothers 映画『パール・ハーバー』より 作曲:ハンス・ジマー Decommission Alien Landscape 作曲:クリストファー・ゴードン Shout It Out Loud 曲: Play That Funky Music 曲: 2004-2005 Art of War 作曲: 作曲: 2003-2004 ファンタジア 演奏:パヴロ 映画『10番街の殺人』より 作曲: 作曲: 脚注 [ ]• 113• 外部サイト [ ]• - 公式サイト• (英語).

次の