フクシア ピンク。 フクシアの育て方|季節によって栽培適所は変わる?夏越しのコツは?|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

フクシアの花言葉や由来|色別(白色・ピンク色・紫色・赤色)の意味から怖い意味まで丸わかり

フクシア ピンク

ウィンタータイプはホットピンクがおすすめ! ヴィヴィッドでさえた色、強くてハードな色がよくお似合いになるウィンタータイプ ウィンタータイプの方はミステリアスなクールさと、セクシーな濃厚さを合わせもつタイプ。 ホットピンクのようなぱっと目をひく力強いピンクがよくお似合いになります。 中途半端な色はあまり得意ではありませんが、アイシーピンクのような淡いピンクを品よく着こなすタイプです。 黒よりも春らしくソフトな印象で、きちんと感をアピールすることができます。 トップスをグレーの濃淡にして、インパクトのあるフクシアピンクをボトムにもってくると、合わせやすいでしょう。 淡い色は膨張して見えがちなので、視線を上に誘導すると、バランスよく見えるでしょう。 インパクトの強いホットピンクの分量を控えめにするのがポイントです。 今回は、ジャケット、インナー、ボトムの組み合わせを想定して、12通りのカラーコーディネートをご紹介しました。 まずは、調和する色の組み合わせが大切ですが、色の分量や配置によって視線を誘導し、スタイルよく見せることも可能です。 淡いピンクは優しくかわいらしいイメージですが、濃いピンクはドラマティックなイメージが強くなります。 サーモンピンクのようなややくすみのあるオレンジ寄りのピンクは、落ち着いた雰囲気が感じられるでしょう。 このように、一口にピンクといってもさまざまですが、ピンクに共通しているのは、「女性らしさ」です。 テーラードジャケットのような「かっこいい」アイテムに、ピンクの「女性らしさ」を取り入れて、華のあるコーディネートを目指しましょう。 ご登録はからどうぞ。

次の

フクシアとは

フクシア ピンク

フクシアとは• 基本情報• 特徴 フクシアは下向きに咲く上品な花姿から、貴婦人のイヤリングと呼ばれることもあります。 花形は一重咲きから八重咲きまであり、花の大きさは1cmにも満たない小輪から8cmを超える大輪までと多種多様です。 野生種のトリフィラをもとに交雑された品種の花は、萼の筒状部が長く、中から花弁がわずかにのぞく朱赤色で一重の花が特徴です。 亜熱帯性気候地域原産ですが、高冷地や湿った薄暗い森、峡谷などに自生するため、涼しくて湿り気のある環境を好みます。 それらをもとに主にヨーロッパで園芸品種が育成されたため、日本では、過酷な夏、特に熱帯夜が苦手で、夏越しの難しい植物です。 一般に、一重で小輪の品種は、八重で大輪の品種よりも暑さに強い傾向があります。 基本データ 園芸分類 庭木・花木 形態 低木 原産地 主に中南米と西インド諸島。 ニュージーランドとタヒチ島にもわずかに分布 草丈/樹高 30~150cm 開花期 4月~7月中旬、10月中旬~11月 花色 白,赤,ピンク,オレンジ,紫,複色 栽培難易度 1~5 耐寒性 弱い 耐暑性 弱い 特性・用途 開花期が長い,常緑性.

次の

フクシアの花言葉や由来|色別(白色・ピンク色・紫色・赤色)の意味から怖い意味まで丸わかり

フクシア ピンク

フクシアの花の特徴や名前の由来 フクシアは、ドイツ人の植物学の研究者、フックスがその名の由来です。 うつむくように下を向いて花を咲かせる様子が品がよいイメージをあたえます。 貴婦人の耳飾りにもたとえられる可愛らしい花です。 一重で花開くもの、ダブル咲きのもの、品種も様々で、園芸植物としてもポピュラーです。 日本ではあまりメジャーではない花ですが、欧米では違います。 とても盛んに品種改良がされ、花き農家による生産も盛んです。 フクシア愛好団体もあるほど人気の花です。 日本で流通するフクシアが少ないのは、気候のせいもあるかもしれません。 フクシアは寒さに強いですが、暑さに弱く、日本の夏を越せないものも多いのです。 フクシアの花姿は、さながらモード系ファッション。 はっきりとした色合いと、鈴の音でもなりそうなリズミカルな下向きの花は、おのずと人の注目を集めるでしょう。 新たな美を追求して、品種も多いです。 はなやかな色ながら、優美な雰囲気を漂わせます。 花の形も繊細で貴婦人の耳元に揺れるイヤリングのようだとさえいわれます。 こんなイヤリングを身に着ける女性は、おしゃれの上級者。 センスの良い大人の女性を感じさせるフクシアの花言葉は「おしゃれ」です。 フクシアは、日が長くなるとそれをスイッチにして花を咲かせます。 また、ある程度の温度も必要なので、フクシアの花を冬も楽しみたいために、温室で人工の光を当てて世話をする愛好家もいます。 それほど大切にしたい、愛される花です。 そして、しばしば濃く、鮮やかな色合いは、恋愛に関係して情熱的な印象を与えます。 たいていの花では背後に見え隠れしがちな花托のほうまで艶やかです。

次の