あさり 砂抜き 簡単。 《あさりのレシピ》簡単な砂抜きのコツとパスタ・リゾットなど定番アレンジ料理をご紹介 (1/2)

【みんなが作ってる】 アサリの砂抜き 時短のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

あさり 砂抜き 簡単

あさりの砂抜きの塩の分量 あさりは潮干狩りでとってきたらもちろん、スーパーで買ってきても、砂抜きをしたほうがよいです。 その砂抜きをするのに必要なのが 『海水程度の塩水』です。 あさり300gほどに対しては、 目安として水200mlに6~7gの塩を混ぜると、ちょうどひたひたくらいの分量の塩水ができあがります。 5%なので、それと同じ3〜3. また、水はカルキ抜きしたものが理想的です(容器に汲み置いて室内に数時間放置しておけばOK) 用意したあさりが重ならずに入る大きさのタッパーやバットを用意してあさりを移し、塩水をそそぎ入れます。 あさりの頭が少し出るくらい(ひたひたに)塩水を調整します。 塩水が多すぎないほうが、あさりがよく砂を吐き出すため、塩水が多ければ少し捨てるとよいです。 あさりの砂抜きの時間と保存方法 あさりが塩水を吐くことがあるので、蓋かラップをします。 あさりの砂抜きの保存は『冷暗所』が適していて、時間は『2~3時間』です。 室温の高いときは冷蔵庫に入れた方がいいですが、 暑い時期以外は特に冷蔵庫に入れなくてOKです。 蓋が光を遮るものでない場合なら、濡らした新聞紙を上にのせたり、アルミホイルで軽く覆ったりするとあさりが砂にもぐった『冷暗所』に近い状態になります。 2~3時間ほど砂出しした後、あさりを料理に使うときにはじめてあさりを洗います。 その際は、あさりを塩水から出して、あさり同士をこすり合わせるように流水で洗うとよいです。 夏場など冷蔵庫に入れたものの砂抜きができていなかったら、庫内があさりにとって寒すぎる可能性が。 調理の1時間前くらいには冷蔵庫から出しておくなどするとよいです。 あさりを塩水につけた状態で長くおくときは冷蔵庫に入れるようにして、1日経ったら一度塩水を取り替えるとよいです。 放置しすぎると塩水が汚れ、あさりが死んでしまう原因となります。 あさりを重ねすぎてしまうと、上のあさりが砂を吐き出しても下のあさりがとそれを吸い込むことがあるのでできるだけ平らに入れてください。 3%の海水に近い塩加減をこのとき味見をして覚えておくと、次から塩の量を目分量でも作ることができます。 レシピ更新情報:塩水の分量を微調整し、すべての工程写真を差し替えました(2019.

次の

【みんなが作ってる】 アサリ 砂抜き 簡単のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

あさり 砂抜き 簡単

ボウルやザルもそんなに大きなものはないし、第一、 一晩つけておくなんて面倒だし邪魔。 新鮮なアサリを新鮮なうちに食べたいのに、かえって腐ってしまうかも??? それに、この方法で時間かけても、あさり自体が口を開かず、結局食べたときにジャリジャリするときもあるのです。 アサリの砂抜きは実はこんなに簡単! それでは、最近話題になっている超簡単な方法をお教えしますね。 なんで「50度」かって言うと、本来 (1)は「 50度のお湯を用意する」 となるところですが、 水の温度をいちいち計るなんて、面倒じゃないですか。。。 (温度計だって持ってないし。。。 ) そこで、 沸騰したお湯と同量の水を混ぜると、ほぼ50度になるってわかったんです。 だから、手順としてはこの方が簡単ですよね。 でも、分量は目分量でなく、しっかり 計量カップで計ってくださいね。 というのも、水の温度が高すぎると、あさりが煮えてしまいますし、 低すぎると効果もないし、細菌も繁殖するというのです。 とても簡単な方法ですので、是非分量だけはきっちり計って「50度洗い」をしてください。 あさりの砂抜きがすぐできて早い 上で紹介した「50度洗い」、やってみると本当に簡単で早いです! 中には、同じやり方で「5分で大丈夫」という人もいるけど、 私の経験では、やっぱり15分くらいかな? でも、室温やアサリの量にも寄りますので、数回やって、あなたにとっての ベストタイムを見つけてくださいね。 とにかく「早い」これは本当に嬉しいです。 この方法であれば、屋外でのバーベキューなどでもアサリを早速に食べられますし、採った浜辺ですぐに食べるのもいいですね。 この「50度洗い」をすると、あさりの口が少し開くんですね。 それは、実は あさりが苦しくなるからなんです。 実はこの方法で、 あさりが生きているか死んでいるかも判別できます。 「50度洗い」をすると、もう死んでしまったアサリは、苦しいということがないので、口も開きません。 死んだアサリは、逆に最初に水道で洗っているときに衝撃によって蝶つがいがはずれて開くことがあるので、 ・まずアサリをこすり合わせるようにして洗った時点で、口が開くあさり ・50度のお湯に15分つけて、逆に口が開かないあさり この2つの観点で、「死んだアサリ」は取り除きましょう。 新鮮な生きたアサリは、 ・アサリをこすり合わせるようにして洗った際には固く口を閉めます。 ・50度のお湯に15分つけると、苦しくなって口を少し開きます。 これを取り出して、その少し開いた口に水道水を入れてすすぎ、砂が完全に出るように洗います。 これって本当に「早い」です。 是非やってみてくださいね。 あさりの美味しい食べ方 それでは、アサリの砂出しもできたし、いよいよ美味しいお料理に取りかかりましょう! ここで、アサリを美味しくいただくコツは、 「加熱しすぎない」ということです。 一般的なやり方だと、加熱すると「生きているアサリは口を開き」「死んだアサリは開かない」という俗説を信じて、みな「煮過ぎ」になってしまうのです。 そうすると、あさりのぷっくりした身自体が固くなり、まったく美味しくありません。 死んだアサリでも、実は、加熱をすると最後には口を開くんですよ。 だって、死んでいるのでもともと「口を閉じろ」という指令はなく、加熱によって蝶つがいが緩くなっていずれは開いてしまうんです。 だから、ほとんどの方は、みな開くまでじっくり煮込んでしまうのですね。 生きているアサリと死んでいるアサリは、料理中に見分けるのではなく、上記の 「50度洗い」の段階で見分ければよいので、料理に使う段階では、生きているアサリだけ さっと火を通すだけの方が美味しいですよ。 あさりの身にしっかり火を通すには、85度以上の加熱を1分以上する必要があるようです。 だから、1分煮たら、もうそれ以上に加熱する必要はありません。 なので、アサリの味噌汁を作る場合には、 さっと煮たらすぐにアサリを取り出してしまいます。 そこにダシや味噌を溶いて味噌汁を作り、 お椀にアサリと一緒に入れると、本当にぷっくりと柔らかく美味しいお味噌汁ができますよ。 味噌汁だけでなく、他の料理を作るときにも、「火はさっと通すだけ」というのが鉄則です。 是非こちらもやってみてください。

次の

【ハナタカ】あさりの味噌汁がもっと美味しくなる方法とプロ直伝!砂抜きの方法

あさり 砂抜き 簡単

潮干狩りで採ってきた大量のあさり。 どうやって食べようか心弾ませますね。 美味しく調理してパパも子供も驚かせたいです。 子供があさり料理を気に入ってくれると、 来年もまた「潮干狩り」に行く時のテンションが変わってきますね。 大人も美味しく食べれて、子供にも大人気のレシピを紹介します。 美味しく食べて潮干狩りを最後まで楽しみましょう。 まずは砂抜きをしっかりと せっかく美味しいあさりを食べようとしているのに、食べた瞬間に「ジャリッ」となると、とても残念な気持ちになっちゃいますね。 潮干狩りから帰ってきて疲れている夜ですが、しっかり砂抜きをしておきましょう。 1Lなら10gの塩ですね。 500mlのペットボトルに「大さじ1杯」の塩を入れて混ぜると簡単にできますよ。 次に、網付きの「バット」を用意します。 無ければ網のカゴやザルでも。 砂を吐いた あさりがもう一度砂を吸い込まない為です。 あさりを軽く洗い、バットに並べ、先ほどの塩水を入れます。 あさりが顔半分出るぐらいの量が目安です。 あさりが全部浸からない方が良く砂を吐いてくれます。 菜箸をバットの上に渡した上で、新聞紙で蓋をします。 あさりは暗い環境だと砂を吐くのですが、あさりが苦しくなっちゃうので、密閉してはいけません。 2〜3時間程放置で砂抜きの完成です。 潮干狩りで採ってきたものなら、1晩置いておきましょう。 20分で砂抜きできる裏ワザ 時間のかかる「砂抜き」ですが、20分でできる裏ワザがあるんです。 20分ならあさりを手に入れたその日の晩ご飯にも使えますね。 50度のぬるま湯を用意します。 温度計がない時には、沸騰させたお湯と「同量の」水を入れると簡単に45〜50度になりますよ。 擦りながら水で洗ったあさりを、お湯に投入します。 投入後も殻同士を擦りながら洗います。 その後、10分〜20分ほど放置。 その後、外側の汚れを落としながら洗えば、砂抜き完成です。 とっても簡単な時短テク。 原理としてはいくつか説があるようですが、ヒートショックを受けた「アサリ」が、身を守ろうと勢いよく呼吸をして砂抜きできてしまう。 50度ぐらいのお湯につけると口が開くので、その中で殻同士を擦り付けて洗うと砂が出ていく。 と考えられています。 お湯に投入した後は、 お湯の温度が下がらないように足し湯をしたり、汚れがひどい時にはお湯を取り替えながらやりましょう。 実はまだ工程があった 「塩抜き」って知ってます?「砂抜き」は知っていても「塩抜き」は知らないって人も多いです。 スーパーで買ってきた「あさり」には必要のない工程ですが、 潮干狩りで採ってきたものには「塩抜き」が必要です。 砂抜き後のアサリの体内にはまだ海水が残っているので、その海水を吐き出してあげないと、料理がしょっぱくなってしまうんです。 とっても簡単に出来て、砂抜きした流れで出来るので、一気にやってしまいましょう。 砂抜きをした「バット」内にある塩水を捨て、水がない状態で砂抜きと同じように貝を並べます。 「砂抜き」で使ってた新聞紙で蓋をして、 そのまま1時間ぐらい放置。 その後にもう一度流水で殻を擦るように洗えば塩抜き完了。 さらに、この「塩抜き」した後、水がない状態で2〜3時間室温で放置すれば、さらに「あさり」が美味しくなるんです。 水がない状態だと、あさりが酸欠になりストレスを受けます。 ストレスを受けると 旨味成分である「コハク酸」が体内で増加し、美味しくなるんです。 時間がある時に試してみましょう。 やっぱり王道で食べたい!あさりの酒蒸し とっても簡単にできるあさりの酒蒸しは、あさり料理の定番ですね。 材料と言えるものも、ほぼ「あさり」だけで出来ちゃいます。 子供も喜んで食べるし、お酒の「つまみ」にもなりますよ。 キャベツや小松菜、白ネギを加えても美味しいですよ。 どれか一つでももちろんOK!その際は野菜の上にあさりを乗せて蒸しあげましょう! 小松菜を入れると春らしさもUPしますね。 炊飯器だけ!あさりの洋風炊き込みご飯 炊飯器一つでできちゃう簡単レシピ。 スイッチを入れたら ほったらかしで出来るので、他の料理と一緒に作りやすいですね。 炊き上がり直前の香りが家中に漂ってきて、匂いだけで美味しそう。 ピーマン、パプリカで彩りが鮮やかなのも良いですね。 野菜やご飯に、 バターとあさりの旨味が染み込んでて美味しい! あさりパスタの定番!ボンゴレ・ビアンコ あさりのパスタといえばやっぱり「ボンゴレ・ビアンコ」ですね。 シンプルなのでいくらでも食べられそうですね。 白ワインを一緒に飲みたくなっちゃいます。 ニンニクとあさりって本当によく合いますね。 子供のパスタをより分けた後に「鷹の爪」を加えると、ピリッとメリハリが効いてグッと大人味に!パスタの汁までキレイに飲めちゃいますね。 応用して、あさりの味噌汁 酒蒸しから味噌汁に変身!酒蒸しの出汁が味噌に合わないわけがない。 あさりの酒蒸しをあえて多めに作って、あえて残して朝は味噌汁にしたいですね。 味噌を少なめにして「すまし汁」風にしても合うし、赤だしで濃厚に仕上げても美味しいですよ。 お寿司屋さんで出てきそうです。 子供が大好き!あさりうどん 子供が大好きなうどん。 鰹だしに加え「あさり」の旨味が加わりました。 美味しいに決まってますね。 いつものうどんがあさりによって豪華になります。 余計なものが入っていないのはママもうれしいですね。 「わかめ」によってミネラル分アップですし、卵を追加で入れても美味しそうです。 朝に食べたい!あさりチャウダー 牛乳とコンソメでチャウダーにするんですね。 とっても簡単。 仕上げ直前にあさりを入れることによって、あさりが固くなるのを防げます。 野菜がたっぷり取れるのも良いところ。 あさりのエキスを残さず堪能できます。 粉チーズを入れて濃厚にしてパンにつけて食べるのもおすすめです。 忙しい朝にさっと作れるので重宝しそうです。 それでも食べきれない余ったあさりの保存方法 砂抜き後のあさりはそのまま冷凍しましょう。 真空パックできるならそれが1番です。 機械が無いなら冷凍焼け防止の為「ジップロック」等に並べて入れ、 なるべく空気を抜いた状態で冷凍庫へ。 冷凍したあさりを調理する時には、 必ず凍ったまま火にかけるのがポイント!解凍した後で火にかけても開きません。 一気に熱を加えることが重要です。 今シーズンにもう一回!潮干狩りスポットを探そう! 関西圏にはたくさんの潮干狩りスポットがあります。 無料で利用できる場所は、こちらで紹介しているので参考にしてみて。 無料の潮干狩りスポットの場合、「あさり」などの貝が取れるかどうかは、やってみないとわかりません。 どうせ行くなら 確実にGetして帰りたいですね。 お金はかかりますが「潮干狩り場」ならあらかじめアサリを撒いてくれているので、 きっちり持ち帰ることができますよ。 兵庫県のおすすめ「潮干狩りスポット」をこちらで紹介しています。 車を持っていない場合に便利な「駅から近いスポット」はこちら。 電車で行けるからアクセス抜群ですよ。

次の