追悼の森。 <追悼メッセージ>森祇晶「唯一無二の好敵手へ」

ニコルさんの森の学校づくり【C.W.ニコルさん追悼企画その⑤】

追悼の森

追悼 桧森孝雄さま 追悼 桧森孝雄さま windyman 波照間 遊 YOUSSEF HIMORI 智徹院孝嶽雄道居士 RealAudio 32. 0kbps 1分53秒6 2002年1月18日 イスラエル大使館前にて お知らせ あるいは新聞報道などでご承知かとも思いますが、残念なお知らせを緊急にお伝えしなければなりません。 私たちの友人にして同志、かつ不屈の戦士にして心優しき酔っ払いでもあった桧森孝雄さんが、さる三月三〇日の夕刻近く、日比谷公園の「かもめの噴水」広場で焼身自殺をとげられました。 この日がパレスチナ人民が国際的連帯の誓いを新たにする「土地の日」であること、さらにこの広場が、桧森孝雄さんを中心に昨秋、イスラエルのパレスチナ侵攻への抗議とアフガン非戦の旗印のもと、七十二時間のハンストを敢行した時の現場であることを考え合わせると、桧森さんが焼身自殺の道をあえて選び取って、自ら抗議の意志表示としたことの意味は明白であります。 しかし、今ここで、その自死の意義をあげつらうことは、生者の倣岸を犯すことになりかねません。 今はただ、自死の現場に残されていたと聞くメモから、「故郷(秋田)の海をたどればシオンにいたる」という一節を取り出して、桧森さんが自らの生命存在を賭してまで、パレスチナ人民と一体化しようとした事実を、しばらく沈思黙考することにしましょう。 以下、あえて事務連絡とします。 故人の遺体は自死の現場から丸の内署によって三月三十一日午後慶応病院の霊安室に運ばれ、入棺ののち四月一日いっぱいは冷凍室で保存されています。 連絡の取り合えた近しい友人たちが三十一日夕刻まで霊安室で故人と最後のお別れをし、パーシム奥平とサラーハ安田の遺影ともども献杯の儀をも執り行いました。 四月二日の正午、遺体は冷凍室から東京・代々幡斎場(京王新線幡ヶ谷駅・小田急線代々木上原駅下車)へ運ばれ、十二時半すぎには荼毘に付されます。 最後のお別れはこの機会しかありません。 付け加えれば故人の遺骨は上京されたお兄さんによって故郷へ運ばれ、秋田の地で葬儀と納骨が執り行われる予定と聞いています。 私たちとしてはできるだけ早い機会に、悲しみを込めて桧森孝雄さんの追悼と、怒りをもってその死の真の犯人であるイスラエル国家を公然と弾劾する機会をもちたいと考えております。 以上、悲しみをこらえつつ取り急ぎお知らせする次第です。 二〇〇二年三月三十一日 友人一同 連絡先:渡辺亜人 2002年4月2日(火) 代々幡斎場内部 火葬を終えて 火葬のあと通信社の取材を受けるお兄さん 日本キリスト教団 城西教会 パレスティナの方々へ 侵略国家はいらない シオニズム・シャロンによる侵略と虐殺、そして人種差別に対するパレスティナの人々の抵抗を無条件に支持します。 平和的であれ、暴力的であれ、人間の尊厳を回復するための抵抗を無条件に支持します。 解放に取り組むパレスティナの人々は私には近い友人のような気がします。 日本は侵略戦争体制を急速に増強して非常に危険な国家になっていますが、侵略戦争の責任を問い日本解放を求める人々がアジアには少なからずいて、私も解放の一端に参加したいと希望してきました。 侵略を既成事実としてイスラエルを認める政治がまかり通っています。 特に、パレスティナの人々自身を抜きにして国家の和平が取りざたされる残酷な世界があからさまに現れ、言葉を失っています。 高度に発達した科学の世界は古代よりも残酷な侵略と虐殺の時代をもたらしました。 人間としてもっとも大事な、痛みを互いに思いやり、分かち合う心が無惨に踏みにじられています。 イスラエルを後押しするアメリカ、その盟友として振る舞う日本への抗議は日本でも小さいながら続いています。 シャロンを後押しする側の解体を求めて、その抗議に一人の人間として私も参加します。 イスラエルの解体、全ての侵略国家の解体を! シオニズムの解体、全ての奴隷制からの解放を! 解放の連帯! パレスティナに続く海辺で 2002/3/30 土地の日に ユセフ・桧森.

次の

追悼の森/滝口順平さん死去

追悼の森

追悼 桧森孝雄さま 追悼 桧森孝雄さま windyman 波照間 遊 YOUSSEF HIMORI 智徹院孝嶽雄道居士 RealAudio 32. 0kbps 1分53秒6 2002年1月18日 イスラエル大使館前にて お知らせ あるいは新聞報道などでご承知かとも思いますが、残念なお知らせを緊急にお伝えしなければなりません。 私たちの友人にして同志、かつ不屈の戦士にして心優しき酔っ払いでもあった桧森孝雄さんが、さる三月三〇日の夕刻近く、日比谷公園の「かもめの噴水」広場で焼身自殺をとげられました。 この日がパレスチナ人民が国際的連帯の誓いを新たにする「土地の日」であること、さらにこの広場が、桧森孝雄さんを中心に昨秋、イスラエルのパレスチナ侵攻への抗議とアフガン非戦の旗印のもと、七十二時間のハンストを敢行した時の現場であることを考え合わせると、桧森さんが焼身自殺の道をあえて選び取って、自ら抗議の意志表示としたことの意味は明白であります。 しかし、今ここで、その自死の意義をあげつらうことは、生者の倣岸を犯すことになりかねません。 今はただ、自死の現場に残されていたと聞くメモから、「故郷(秋田)の海をたどればシオンにいたる」という一節を取り出して、桧森さんが自らの生命存在を賭してまで、パレスチナ人民と一体化しようとした事実を、しばらく沈思黙考することにしましょう。 以下、あえて事務連絡とします。 故人の遺体は自死の現場から丸の内署によって三月三十一日午後慶応病院の霊安室に運ばれ、入棺ののち四月一日いっぱいは冷凍室で保存されています。 連絡の取り合えた近しい友人たちが三十一日夕刻まで霊安室で故人と最後のお別れをし、パーシム奥平とサラーハ安田の遺影ともども献杯の儀をも執り行いました。 四月二日の正午、遺体は冷凍室から東京・代々幡斎場(京王新線幡ヶ谷駅・小田急線代々木上原駅下車)へ運ばれ、十二時半すぎには荼毘に付されます。 最後のお別れはこの機会しかありません。 付け加えれば故人の遺骨は上京されたお兄さんによって故郷へ運ばれ、秋田の地で葬儀と納骨が執り行われる予定と聞いています。 私たちとしてはできるだけ早い機会に、悲しみを込めて桧森孝雄さんの追悼と、怒りをもってその死の真の犯人であるイスラエル国家を公然と弾劾する機会をもちたいと考えております。 以上、悲しみをこらえつつ取り急ぎお知らせする次第です。 二〇〇二年三月三十一日 友人一同 連絡先:渡辺亜人 2002年4月2日(火) 代々幡斎場内部 火葬を終えて 火葬のあと通信社の取材を受けるお兄さん 日本キリスト教団 城西教会 パレスティナの方々へ 侵略国家はいらない シオニズム・シャロンによる侵略と虐殺、そして人種差別に対するパレスティナの人々の抵抗を無条件に支持します。 平和的であれ、暴力的であれ、人間の尊厳を回復するための抵抗を無条件に支持します。 解放に取り組むパレスティナの人々は私には近い友人のような気がします。 日本は侵略戦争体制を急速に増強して非常に危険な国家になっていますが、侵略戦争の責任を問い日本解放を求める人々がアジアには少なからずいて、私も解放の一端に参加したいと希望してきました。 侵略を既成事実としてイスラエルを認める政治がまかり通っています。 特に、パレスティナの人々自身を抜きにして国家の和平が取りざたされる残酷な世界があからさまに現れ、言葉を失っています。 高度に発達した科学の世界は古代よりも残酷な侵略と虐殺の時代をもたらしました。 人間としてもっとも大事な、痛みを互いに思いやり、分かち合う心が無惨に踏みにじられています。 イスラエルを後押しするアメリカ、その盟友として振る舞う日本への抗議は日本でも小さいながら続いています。 シャロンを後押しする側の解体を求めて、その抗議に一人の人間として私も参加します。 イスラエルの解体、全ての侵略国家の解体を! シオニズムの解体、全ての奴隷制からの解放を! 解放の連帯! パレスティナに続く海辺で 2002/3/30 土地の日に ユセフ・桧森.

次の

追悼の森/滝口順平さん死去

追悼の森

上田高校5組の同級会からの献花が目に付いた。 森君・武村君の友人で小中学校時代の同級生も数人、日本酒愛飲で森君と親交のあった友人なども参列。 ご子息の勤務先関係者など多数が参列して、しめやかに且賑やかなお通夜が行われた。 3月12日の葬儀・告別式にも北村が参列したが、焼香を済ませて出棺見送りをせずにお別れをした。 森君と同じクラスだった北沢彰君もお別れに姿を見せた。 導師は郷里坂城の曹洞宗の菩提寺の住持が務められた。 法名は『源信春陽那賢居士』、「源」は祖先が源氏に所縁があったのだろうか。 「識」は物識りだった森邦夫君らしい。 さて、小生はというと、昨年秋以来、立ちくらみ・めまいなどが頻発し、今日朝から、循環器の病院で精密検査を受けてさっき帰宅しました。 以前から心臓に爆弾を抱えていたようなものでしたが、今日新たに別の心臓の弁が故障しているのが見つかりもはや、手術する以外は「突然死」しかないと告げられた次第です。 主治医も様々な治療方針を検討するので、1週間後にもう一度相談することにして帰宅したところです。 人工透析を19年も続いているのが不思議かもです。 そんなわけで、当分は「酒はドクターストップ」状態になりました。 残念! しばらく、二木会も欠席となるでしょう。 申し訳ありません。 皆さんのご多幸を祈ります。 60年も酒を飲んできたので、年貢の納め時かも? (クリックすると拡大表示) 平成27年総会・懇親会 (手前左が森邦夫君) 平成30年12月二木会(手前右端が森邦夫君) 松門檀会・平成29年9月、後列右端 松門檀会・平成29年6月夏季定例会、前列左端 森邦夫君はとても物識りで、二木会でも色々な話題を提供してくれた。 また、武村洋治君とは小学校、中学校とず〜っと一緒の友人で、武村君が松本や上田で絵の個展を開いた時は、必ず観に行く義理堅い男であった。 我々二木会常連メンバーにとって、森君が亡くなったことの喪失感はとても大きい。 どうか安らかにお眠り下さい。 そして、我々がそちらに行くのをまっていて下さい。 また、あの世で会いましょう。

次の