数字 で 救う 弱小 国家。 『数字で救う! 弱小国家』シリーズの長田信織先生による新作『ささやかな希望の話』無料公開

第二章 オークションにかける! ぼっちな姫の癒やしかた(7)

数字 で 救う 弱小 国家

目次 1.... 「数字で救う!弱小国家」とは 2017年8月に第1巻が発売され、2019年1月時点で3巻まえ刊行されている。 電撃文庫から出版されていて、重版も何度かされている人気作。 大手小説投稿サイトの「カクヨム」でも連載されているようです。 著者:長田 信織 先生 イラスト:紅緒 先生 長田先生は電撃文庫から過去に「東京ドラゴンストライク」や「ガンズ・アンド・マジック」などを出版されています。 紅緒先生は過去に10作品以上のライトノベルの挿絵などを描いている先生で、過去の作品には以下のようなものがある。 「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました (GAノベル)」 「友人キャラは大変ですか?(ガガガ文庫)」 「10年ごじの引きニートを辞めて外出したら (オーバーラップ文庫)」 また、コミカライズ化の企画も進行しているようで、「月間コミックアライブ」という雑誌に掲載される可能性が高いとのことです。 『数字で救う!弱小国家3 幸せになれる確率を求めよ。 ただしあなたの過去は変わらないものとする。 』 最新刊は10月10日発売です。 今回も数字の話であり、人間の話であり、そして幸せの話であります。 イラスト担当の紅緒さんにも「面白かった」と太鼓判をいただいたので自信をもってお送りします! — 長田信織📖最新3巻発売済み nagatanobuori 2.... 1分で分かる簡単なあらすじ 小国である「ファヴェール」の王女ソアラは近隣諸国との戦争がいつ始まってもおかしくない状況下で、戦力的にも弱い自分の国をどうやったら守ることができるのか頭を悩ましていた。 王である父は病で床に伏し、兵士たちも自らの武勲を上げるための鍛錬をするのみで、戦力を覆せるような具体的な戦略は何もあがってこない。 そんな状況に絶望を感じ始めていたソアラの前に突如現れたのが、この物語の主人公:ナオキ。 ナオキは地球から転生してきた元日本人で、年齢は若いながらも数学者として研究をしていた。 ナオキは得意分野である数学は、この異世界でも十分に役に立ち、ソアラとともに、国の存亡の危機に立ち向かうことに。。 彼の「数字」の理論や計算で国を救うことができるのか?? 3.... 読んだ方の感想 1... 感想 異世界転生ものではありますが、「転スラ」などとは違い、主人公の能力がメチャクチャなチートってわけではないです。 現代の数学者が数学を使って、貧弱国家を救っていくというのがメインのあらすじですが、内容としては数学がわからないと理解できないようにはなってません。 難しめな理論が使われている場面では説明図が載っているので、そちらを見れば理解できます。 もちろん、数学を題材にしているため、スラスラ読むタイプのラノベではなく、戦略などを1つ1つ理解しながら読むと面白く読める作品です。 感想 タイトル的にファンタジー系な予感がしましたが、ファンタジー要素は全くない作品でした。 モンスターも魔法もなく、単純に戦略重視の戦いがメインに描かれています。 第1巻の後書きに書いてありましたが、この作品の作者は数学に特別詳しいわけではないとのことなので、数学に精通している人のみが楽しめる作品というわけではないと思います。 僕自身も数学に詳しいというわけではなく、高校で少し習った知識のうろ覚え程度でしたが、十分に楽しめました。 むしろ、知らないほうが楽しめるまであります。 詳しすぎる人がみると浅すぎるみたいな意見が散見されたので(笑) あと、ヒロインのソアラがただただ可愛いので、個人的には映像化してほしい(笑) アニメ化は厳しいかもしれんけど 3... 感想 数学をテーマにしているという点は目新しさがあって、方向性は面白いと思った。 ただ、1つ意見をいうと、文章が若干わかりにくいと感じる部分があって、もう少し洗練された文章構成であったなら読みやすくてよかったと思う。 続編がでるなら、その辺が改善されていることを期待したいです。 通常よりも安い値段でこの作品を読む方法 この章では少しだけ安くライトノベルを読む方法があったでの紹介したいと思います。 方法としては、ebookjapnという電子書籍サイトを通じてライトノベルを購入する方法です。 なぜ、ebookjapnで購入すると安く購入できるのか? キャンペーンその1: 無料で会員登録するだけで、サイト内で利用できるポイントが300pt贈与される。 最大5000円分まで キャンペーンその3: 期間限定で第1巻が無料で読めたりすることがある。 上記のようなキャンペーンがあるので、単純計算で少なくとも2巻買うと1巻無料で付いてくるみたいな感じになるので、電子バージョンで読むことに抵抗がない方はKindleなどよりこちらを通して購入することをおすすめします。 ブラウザからだけでなく、アプリからも読むことができるので、使用用途に合わせて利用することができます。 Wi-Fiのない環境で利用する際は、あらかじめアプリで読みたい本をダウンロードしておき、Wi-Fi環境下ならダウンロードなくブラウザで気軽に見ることができるのもかなりの利点だと思います。 全体的なまとめ 今回は「数字で救う!弱小国家」というラノベについてまとめてみました。 数学をテーマにした斬新な作品ですが、雰囲気的に「ノーゲーム・ノーライフ」に結構似ていると思います。 頭を使ってじっくり読むようなラノベが好きな人は楽しく読めるのではないでしょうか? また、階上とは数列とかでてくるので、数学に興味のない人は数学に興味を持てるようになるいい作品かもしれないです(笑).

次の

数字で救う! 弱小国家 (電撃文庫)

数字 で 救う 弱小 国家

小国ファヴェールの王女・ソアラは悩んでいた。 隣国との緊張が高まり、戦争の気配がちらつき始めた今、国力が低い自国を守るにはどうすればよいか。 父王は病に倒れ、頼みの綱の家臣たちも、前時代的な「戦いの栄誉」ばかりを重視し、国を守る具体案を誰も持たないまま。 このままファヴェールは滅ぶのか…。 しかし、そんな時、彼女の前にある人物が現れた。 異能ナシ、戦闘力ナシ、頼れるのは2人の頭脳だけ…! 理系青年と、敏腕王女が『戦争』という強敵に挑む『異世界数学戦記』、ここに登場! --このテキストは、版に関連付けられています。 著者について 読み終えて最初に思ったのは、「学生時代に読めていたらなぁ」という口惜しい気持ちでした。 ご想像どおり私は数学に詳しくないので、他の方のレビューを拝見する限り実際の数学的な目で見れば物申したい部分があるのでしょうが、重要なのはこの作品で記されている数学の扱いが正しいか……というより、 「数学って意外とかっこいいかもな! 」と若い人たちに思わせる力がある作品だということでした。 ストーリーも分かりやすく、サクっと読み進められましたので小説が苦手な方にもおすすめです。 もしもこの作品を私が学生時代に読んでいれば、「数学マニアになっていた」とまでは言わずとも、それまで退屈で一番嫌いだった数学の授業に、それまでとは少し違った心持ちで臨めていたのではと思います。 よって、この作品はすでに数学に精通している方ではなく、 「数学苦手なんだよなぁ」、「数学とか何に使うのかわからんよ」 と顔をしかめてしまう過去の私のような現役中学生、高校生に読んでいただきたいなと思います。 あとヒロインのソアラさんは清楚でしっかりものでちょっと抜けてる感じもある可愛い銀髪ロングのお姫様です。 清楚でしっかりものでちょっと抜けてる感じもある可愛い銀髪ロングのお姫様好きの方は間違いなく買いです。 良い点:ソアラちゃんかわいい 悪い点:ソアラちゃんが意識高い子じゃなくて意識高い系のアホの子みたいな発言になってる・・・ 総評:軽く数学を使った異世界モノとして、とてもおもしろいとおもいます。 おっぱいの公式はいいぞ。 車持ってない丸裸に近い実況者VS車もってるベテランプレイヤーVS車もってるベテランプレイヤーの3者が生き残って「いやどう考えても実況者死んだよねコレ」と思ったら車同士が激突してボっ立ちしてた実況者だけが生き残りドン勝つ・・・というちょっとネットでも話題になった動画の場面なんかが良い例ですね。 ただ現実にやるとなると銃空撃ちは2人が自滅してくれないと厳しいので、僕ならソアラちゃんの腋をくすぐるとかおっぱい揉むとかして銃をいったん取り落としてもらって似たような場面誘うかなって思います。 すぐ拾えば弾のこってるので片方外して生き残ってもワンチャン生まれるので。 スタークラフトとかエイジオブエンパイアとか。 この法則は元々A軍とB軍を争わせた場合、「さまざまな外的要因・内的要因を含めてどちらがどれだけ生き残るか」という点を導く数式であり、戦闘後に「この戦闘結果は何故こんな事になってしまったのか?」という解析を行うための数式です。 このため解析結果と実践結果に乖離がある場合、あーでもないこーでもないって元の数式に様々な要因変数を加えて計算しなおし、実践結果に近づけ、その過程で今回の戦いは前回と違いこんな変数が加わったので前回の戦いと違う結果になりました!とか導くための「たたき台」のような数式です。 つまり、戦闘結果の勝敗をあらかじめ導くためのものでは無いので、数学を学んでいる人からすると、「いやいやこの数式の使い方はそういう風に使うんじゃないヨ」と突っ込みたくなるのは分かりますし戦記物あるあるかなぁと。 多分ですけど、フォルクスワーゲンなんかがセールス戦略で使ってた「ランチェスター経営戦略」って呼ばれる奴とちょっと混同してるのかなーと。 まぁ良くわからない人は「現代版孫子の兵法」ぐらいの概念でしか認識してないと思うので仕方無いかなーと思います。 とはいえ、「平原等の遮蔽物が無い状況」「お互いの兵力が判明している」「お互いの使う武器が判明している」「軍隊同士が全力で真正面から当たり合う」といった条件が比較的揃い易い中世設定のファンタジーだとまぁ採用しやすくはあります。 市街戦で使おうとしない方が良いゾ。 式がスゲー複雑になるから。 あと空戦。 竜騎士とかワイバーン兵とかグリフォン兵とかペガサス兵とかそういうの使う時はダメかな。 そういうのはジョン・ボイドのE-M理論とか向いてるのがちゃんと他にあるし、勉強すべきものがいっぱい出てくるので、戦記物を書く場合には色々な数学に当たってみるのも良いゾ。 他の数式とか法則もまぁ出て来ますがソアラちゃんがかわいいので別にこれ以上突っ込むのも無粋だし良いかなーと思いました。 window. head e. getElementsByTagName "head" [0] e. createElement "script" ;d. onload ;c. insertBefore d,c. ssl-images-amazon. tags. indexOf "usesAppStartTime" b. transition. type?! transition. u :l ;a. previousSibling e. nodeName;1! getAttribute return a. getAttribute k? getAttribute k :f a. left 0,y:C. top 0,w:C. width 0,h:C. width 0,h:h. getAttribute y ,w:a. w,h:a. h,d:a. d, x:a. x,y:a. y,t:b,k:"ewi",cl:a. f e. x,g. y,g. w,g. h,g. getAttribute y ,w:a. w,h:a. h,d:a. d,x:a. x,y:a. getElementsByClassName b. c :b. getElementById b. id ]:h. querySelectorAll b. s ;b. t-s[c-1]. pop ;B. ns;d. 0 ,f ; clearInterval t ;d. performance ,a. registerModule "mouse move module",a. a throw"";a. open "POST",b,! 0 ;a. sendBeacon c, d b. navigator. cordova. cordova. prototype. toISOString? toISOString :a. toFixed 3.

次の

[ラノベ] 数字で救う!弱小国家を通常よりも安い値段で読む方法 あらすじ・感想

数字 で 救う 弱小 国家

Posted by ブクログ 2017年08月24日 異世界へと迷い込んだ数学好きの主人公が、弱小国家の王女と出会い、数字を使ってその状況から抜け出そうと足搔く正統派の国際政治物の物語である。 上述したような書き方をすると、ネタとしてはよくよく見かける異世界ファンタジー物であるように一見して思えるが、その質は極めて高い。 数学好きを増やすためにお っぱいを描く理論から始まり、ガチャの当たり確率の計算で読者の気を引きながら、続くヒロインの王女が会議でぶち上げた弱小国家が生き残るために「ルールを変える」というメインテーマの提示で物語の文脈が指定されるが、その直後の二人の出会いに到るまでで50ページほどと、非常にシンプルに納まっている。 その後の展開も動的であり、数字を使えば何でも解決するわけではない人間的な側面も十分に描かれた物語は秀でたものである。 伏線の繋げ方なども達者だ。 何より、ヒロインどころか女性が一人しか登場しないというストイックさには驚かされるものがある。 ちょっと覚えがないくらいの硬骨なライトノベルである。 掛け値なしに面白かった。 少し手を付けてしまい、そのせいで睡眠時間が削られてしまう体験は本読みとしては大変喜ばしい。 星五つで評価したい。 続巻があるのなら、ぜひとも買わせていただきたい作品である。 値段の2倍以上おもしろかった。 cafu1700 2018年03月26日 こういう作品に出会えるから読み物はやめられない。 だいたい、異世界モノに溢れてるのは人間関係や信頼が数行で成り立ってしまい、それは作者が表現できないことからおこるのだが、この作品はそんなことはなかった。 おそらく続編はでないとは思いますが、こういうものこそ出て欲しいと思ってしまう。 人間関 係、能力、活躍の場。 どれを取っても結構バランスの良い作品に仕上がってると思います。 アニメ映画で言うならサマーウォーズまでは行かないが、それに近いバランスのよさを感じます。 なぜにこれがこの値段なのかわからない。 掛け値なしに星5です。 Posted by ブクログ 2017年10月26日 いわゆる異世界召喚もの。 数学を修めた青年が異世界の戦争を数学を駆使して切り抜けていくといういかにもラノベらしい物語。 いやなんというか、最初読み始めて思ってたよりも面白かった。 たぶん自分がやっぱり理系だからだろうな。 数学的発想で戦略を決めていくところなど、なるほどーと聴き入ってしまった。 な ので、根っからの文系の人が読んだら面白いかどうかは、ちょっとわからないな。 ただ、そういうこととは関係なく、主人公とお姫様が初めて出会う場面は、ちょっと感動してしまった。 自分のやっていることが世間にちっともわかってもらえなかったことを、誰かに頑張ったね、よくやっとねと言ってもらえる喜び。 うん、胸が震える。 姫様の涙がよくわかるよ。 実はこの部分が個人的ハイライトだったりして。 女の子がヒロインしか出てこないとか、主要人物がすごく少ないとか、最近のラノベでは珍しいけれど、個人的には十分楽しめた。 せっかくだからもう少しエッチでもよかったな(爆).

次の