神様 ダマ し て 楽々 無双 毎月 レアスキル と 大量 経験 値 貰っ て ます が 何 か 問題 でも。 まるずしの作品一覧

生命観 小説家になろう 作者検索

神様 ダマ し て 楽々 無双 毎月 レアスキル と 大量 経験 値 貰っ て ます が 何 か 問題 でも

—————約半月前。 桜原隼人は、気づくと草原で寝ていた。 気持ち良い風に吹かれながら、最高に気分が良かった。 そこに、一台の馬車が通りかかる。 あまりの映えスポットに感動していると、気づいてしまった。 俺は死んだんだ、と。 ————————まさか、これが噂の異世界転生なのか。 荷台に乗せられているのは生贄だという。 隼人は言葉巧みに、エルフを救い出すことに成功する。 どうやら、生贄は巨人を鎮めるために捧げなくてはいけないらしい。 隼人は宣言する。 巨人は俺が倒す。 種の保存のために作られたのではないかと、隼人は推測する。 エムの性能もまさかのチート仕様。 この遺跡になったシェルターは人類の生き残りである隼人の所有物となり、自由に使って良いという。 ヒューマノイドを駆使し、生贄を使って巨人を起動させ続ける魔族と交渉して、生贄を二度と取らないように交渉に成功した隼人は、そればかりでなく、エルフの村の水道の知識の授与、交易を持ちかける。 エルフの村の発展に貢献した隼人は一躍、エルフの村の英雄として称えられる。 クリミナとともに、世界を見て回る隼人は、人間の街で現実を知る。 そして、二度目の死を迎えることとなる。 愛と絶望の冒険ファンタジースペクタル! 魔法の名家・ストライン家の四男として生まれたアレン。 兄弟や門下生はどんどんとその才能を開花させていく中、アレン一人だけは簡単な魔法すら使うことができず、ほかの人間と比べられ、さんざんにさげすまれる日々を送っていた。 そんな中、10才の誕 生日にアレンは父、ダレン・ストラインに破門を告げられる。 当てもなく街を出て歩いていると、その道中に一人の少女と出会う。 彼女は【古龍の巫女】を名乗り、アレンに【古龍のマナ】が眠っていると告げる。 魔法が使えないというのは、【古龍のマナ】では普通の魔法への媒介にはならないからであった。 【古龍のマナ】が媒介になるのは【闇魔法】。 数年の後、魔法学園に入学したアレンは【神龍の巫女】を名乗る少女、カイナに出会い、【神龍のマナ】があることを告げられる。 【神龍のマナ】が媒介するのは【光魔法】。 破壊をつかさどる【闇魔法】と、再生をつかさどる【光魔法】の二つの能力を持つアレンにとって、自身を家に戻そうとするストラインの刺客など敵ではない。 今日もアレンは自由気ままな生活を送るのであった。 さえない元社畜のおっさん、ガルドは荷物持ちであったが、特殊な実を食べることによってなんとか魔法に目覚めるも、その能力は【食料を出す】という魔法だった。 使えない能力ではないものの、魔法である必要はないと参加していたSランク勇者パーティの仲間 たちに不要とされて追放されてしまう。 勇者に魔法で眠らされ、自分では倒すことのできない魔獣に囲まれた丘の上に、一歩も動けない状態で置いていかれてしまう。 絶体絶命の危機。 しかしそこに現れた謎の少女に助けられる。 少女はガルドの能力を教えてくれた。 ガルドの魔法は実は【願いをかなえる】魔法であった。 しかし、少女は自分のことがわからない。 それを知るためにガルドとともに行動をすることになる。 【謎の少女】に【クーデレメイド】、さらに【ヤンデレ猫耳娘】というクセのある仲間を集め、冒険を始めるガルド。 ガルドの能力が無意識化で働いたのか、集まる仲間は最強、信頼もばっちり!? そんなある日、「お前の力が必要だ」とSランク勇者パーティの元仲間から声を掛けられる。 しかし今の仲間と比べると見劣りするその仲間たち。 当然恩義もないので断ります。 今の仲間に満足してますので。 こっちは勝手に魔王を倒すので、どうぞよろしく! 【一話1000文字程度で1~4話ほどを毎日どんどん更新していきますので、電車、寝る前などに気楽に読んでください!】 魔法の名家に生まれたアレンだったが、ただ一人魔法を使うことができなかった。 兄弟にはバカにされ、家の使用人たちにも厄介者扱い。 ある日、父ダレンによって勘当を告げられ、家を追い出されあてもなく歩いている最中に一人の少女と出会う。 その少女、ミ ーシャは自身を【古龍の巫女】と名乗り、アレンには【古龍のマナ】があると告げる。 魔法が使えないのは才能がないからではなく、普通の人間とは違い古龍のマナをもつことに原因があった。 数年後、魔法学校に入学するとそこで【神龍の巫女】を名乗る女、カイナに出会う。 カイナはアレンに【神龍のマナ】が眠っていると伝え……。 しかし、アレンが学園にいると知ったダレンはアレンを退学へと追い込もうとする。 だが古龍と神龍の力を手にしたアレンの敵ではない。 最強になったアレンの実力を知ると家に戻るよう言われるが、そんなことは聞かずに自分のペースで地位をあげていく。 【一話1000文字程度で毎日1~4話ほどをどんどん更新していきますので、電車、寝る前などに気楽に読んでください!】 (16話まではグダグダで、正直構成に失敗しました。 17話が事実上の序章のような感じです。 至らぬ点をご容赦下さい) 「私は悪くない! どうして加害者のくせにのうのうと要領のいい明るい子として育って、被害者のはずの私が、何をするにも自信のな い根暗なデブスにならなきゃいけないの!?」 「正義(なにもしないの)に一方的に仕掛けてくるヤツが悪なんだ。 やられたら必ずやり返す。 そうでなきゃあそんなクソ野郎は一生自覚しない。 報復が嫌なら最初からしてくるなってンだクソが!」 容姿に恵まれず、勉学もスポーツも振るわない。 人に誇れる才能もなく、現状を変える努力もできない。 『正論』にこだわるばかりに、どこへ行っても孤立する。 次第に周囲からの風当たりも厳しくなるが、自分は決して悪くない。 『先に仕掛けた方が悪い』と父母から教師からメディアから、いつも教えられてきたから。 何もない自分にあるのはプライドだけ、自らへの攻撃には徹底的に応報する明星三太(あけぼしさんた)と、 対していじめにもただ耐えるのみ、漫画など空想の世界に逃げ込む毎日を送る蛙田三果(かえるだみか)。 モンスターを狩って金銭を得るにも、重厚な鎧を長時間身に着けられる体力と武器を扱う技量が必要。 魔法を覚えるにも、難解な理論を習得し体内の気をコントロールする術が不可欠。 すべての体験が何もかも超リアルかつ、地道ゆえに「楽してチート」など夢のまた夢。 「ハハッ最高だなこの力! これでもう誰にも舐められない。 こんなクソな社会もストレスなく生きられる! がんがんログインして、どんどんスキルを覚えてやるぞ」 「怖いよこんな力……。 だけど会いたい。 会ってみたい。 しかしそれが、やがて世界を巻き込む壮大な造反劇になることをふたりはまだ知らない。 すべてに逆張りする、邪道をゆくダークファンタジー! 【原作版へのご案内】 本作品は現在連載中の『世界最強の元一般人 130話以上を投稿済み&現在毎週土曜日に最新話を投稿中 』の一部を切り抜いたお試し版的な小説です。 また各話のタイトルは原作版で書かれているお話の内容になっておりますので、気軽 に好きなところから読んでみてください。 自らが願った力や環境を手に入れ、日本で生きていく限り永遠と続くであろう縛りから解放された時、いったい彼は何を感じ何を思うのか。 ……とか言いつつもちゃんと卒業する為に大学には通う、日本と異世界両方の世界で生活をしながらの異世界 日常 成長 バトル ハーレム ファンタジー。 自らが願った力や環境を手に入れ、日本で生きていく限り永遠と続くであろう縛りから解放された時、いったい彼は何を感じ何を思うのか。 ……とか言いつつもちゃんと卒業する為に大学には通う、日本と異世界両方の世界で生活をしながらの異世界 日常 成長 バトル ハーレム ファンタジー。 ある日森の中、熊さんにじゃなくて 主人公は目を覚ますと森の中にいた。 記憶を巡るが何故森に居るのか覚えがない。 そして小さな体。 目線に入るほど長く伸びた白銀の髪の毛。 そして主人公は自分が関西の大阪で育った事を思い出す。 更に憶えてい るのは年齢は25歳働き盛りで仕事をこなす毎日だった筈。 頭によぎるのは死んで違う世界に飛ばされる異世界なんちゃら。 でも死んだ記憶も無ければ自分の名前も思い出せずにそのまま森の中を彷徨っているとそこで新たな出会いが。 新たな世界にやってきた人間が違う世界でどんな事が出来るのか。 何をするのか。 森でのこの出会いがこの後の人生を大きく変える出来事となる。 そしてこの世界で旅をして生きていく事になった主人公がどんな人生を歩んでいくのか? サクサク読めるストーリー! 面白おかしい主人公に目が離せない? どんどんと話が進んでいく物語を是非楽しんでいってください! 数ある小説の中から見つけてくれてありがとうございます。 是非ゆっくり読んでいって下さい。 良かったらブックマーク評価感想など待ってます。 では皆さん宜しくお願いします。 ノベルアップ+さんとアルファポリスさん でも掲載始めました。 複数の神が管理する異世界に魔族との戦争から世界を救う勇者として、クラスごと転移させられた主人公。 転移者にはチートスキルが与えられるはずが、主人公 大和祐二は担当の女神の地位の低さからショボいスキルしかもらえなかった。 転移後の世界で勇者として 暮らすのを諦め、小さな村で過ごすことを決めた祐二。 一年後和平が成立し、戦争は終わったが、ある事件を境に祐二は勇者達が民衆から徴収した税金で遊び歩いていることを知る。 苦しい生活の民衆を顧みず遊び歩く勇者に祐二はチートスキルを持つ勇者相手に知恵と工夫で税金を奪い返すこと決意する。 やがて祐二の行動は、民衆や国の上層部を動かしていく。 *基本敵がチート持ち、主人公にはチートはなく工夫や不意打ちでチート持ちに勝負を挑んでいくスタイルです。。 しかし彼はある日当然、パーティーを追放され てしまう。 精霊使いなら誰しもが行える精霊との契約、彼にはそれが出来なかったからだ。 途方に暮れたアレンは、街のとある噂を思い出す。 それは「幻影の森には願いを叶えてくれる泉がある」という物。 精霊の力を借り、泉にたどり着いたアレンを待っていたのは、見た目は可愛らしい銀髪の少女、だが正体は精霊の中でも特に希少な存在である《大精霊》だった。 そして今までアレンが契約を結べなかったのは、彼の大精霊としか契約が結べない隠しスキル『大精霊の盟約』による物と判明。 ソナタと契約したアレンは彼女を始めとした様々な大精霊を仲間にしていき数々の強敵、クエストを攻略していく事で瞬く間にその名を轟かせていく。 一方その頃、アレンが抜けたことによる影響は予想以上に大きく、マルス達はかつての勢いを失い次第に崩壊していく。 ゲームが現実となったような世界、そこで発生したバグは勇者を殺す。 原因不明のバグにより全てを失った受難系勇者が、全員絶壁系ヒロインたちとともに魔王に挑む物語。 序章だけ俺TUEEEしますが、本編は王道の俺YOEEE展開です。 RPG系ファ ンタジー世界で絶望的な状況に立ち向かう主人公の奮闘を、テンプレを少しだけ外したストーリーで描いていきます。 残虐描写、鬱展開多めな内容ですが、ギャグとツッコミとラブコメを織り交ぜた軽めのテイストで進みます。 ー序盤あらすじー そこは魔物や魔族がリポップする世界。 魔王すらも数年おきに復活してしまう世界。 そして魔王の侵攻によって人類社会が一度滅亡した世界。 魔物の脅威、魔王との聖戦。 絶望的な滅亡の危機にさらされる人類は、教会がもたらす奇跡の力と、聖戦のたびに選ばれる聖勇者の犠牲によって、かろうじてその存在を永らえていた。 そして次の聖勇者を決める選定の儀まであと3ヶ月。 7組の勇者と聖女が次なる聖勇者に選ばれるべく冒険を繰り広げる中、第5勇者ハルトと第2聖女ユウナは未知のダンジョンを発見する。 そこは先々代の聖勇者のみがクリアしたと伝えられている伝説のダンジョン。 その終点である物を入手したことにより、勇者の運命は全世界を巻き込んで大きく狂い出す。 原因不明のバグ、無くした力、知られざる世界の真実。 全てを失った勇者の絶望的な戦いが始まる。 主人公 宮沢 勇樹は前世では不運な人生で終えてしまう。 そして女神マリアの手違いで転生した異世界では、何故か勇者と同等の神の加護を受けた遊び人として再タートをする。 弱いと思っていたはずの職業なのに 『何故遊び人の俺に、こんな力が? 』 他の職業にはない特別な力を手に入れ主人公は悪党や魔物に無双していく。 そして究極ともいえる特殊スキル『黄金の手』を手に入れる。 『 こ、この黄金に光る手はっ!? 』 魔法も使えない落ちこぼれと言われていた職業は使い方次第で最強になる?! 主人公ユウキはこの特別な力を使い周囲を巻き込み変えていく。 使い魔のキラ様、獣人のシャルルと相棒のタイガ 剣士のニーアという美女達と出会いながら、ユウキは自分のスキルが最大限活かせる女の子だけのパーティー兼サーカス団を作ろうと壮大な計画する。 これは主人公が美少女達を引き連れて世界を救おうとする、落ちこぼれと言われていた遊び人が世界を変えていく特別な物語。 是非皆さん、一度でもいいので読みに遊びに来て下さい! 作品検索する時は『神の手』でヒットします。 お待ちしてます! ーーあらすじーー 『神聖魔法』で魔王を倒し世界を救った勇者ベイダー。 「これで平和な世の中になる」と思っていたが、訪れたのは人間同士が争う新たな戦乱の時代だった。 「穏やかに暮らしたい」と願う彼は、魔王討伐の際に見つけた『隠しダンジョン』に 身を隠すことにした。 そんな『隠しダンジョン』で、4匹の魔物の子供達と出会い、ひょんなことから彼らと共同生活をすることに!? 純粋な子供達に彼の疲れた心は癒されていき、やがて家族としての絆が芽生えていくのだった。 弱虫コボルト。 音痴なハーピー。 火を吹けないドラゴン。 騒がしいミミック。 そんな欠陥だらけの子供達と暮らす最強勇者のあたたかトホホなスローライフ! そして、穏やかな暮らしの中から、世界の真実を知っていくベイダーは、この世界と向き合う強さを手に入れていく。 たまに変更するかもしれませんが悪しからず。 弾けろ筋肉! 飛び散れ魔法! 超ド級肉体派魔法物語第二弾が今開幕ッッッッッ!!!! 「お前もう、このパーティーに要らないよ全然成長してないし最近」 魔王討伐を目指す勇者パーティーに属していた気弱魔法使いダリルはこの一言で追放され、しかも その勇者に幼馴染みを寝取られ ダリルと付き合ってる訳ではない 、追放の経緯を巡って根も葉もない噂で性犯罪者扱いされたことで王都すらも追放され最早彼のメンタルは崩壊寸前だった..... しかし、田舎の酒場でやけ酒していたダリルはある老人と出会うことで人生が一変する。 その老人は東方世界で『武神』と呼ばれており『理合』と言う奇妙な武術を使っていた。 そんなダリルの前に王都から使いが現れる。 なんでも複数の勇者達が魔王と世界の半分を割譲すると言う条件で寝返り、王都が危機に晒されているので助けて欲しいというのだ。 普通の人なら、あれだけの仕打ちをしといて何て都合の良い奴等だ! と思う所だが、何とダリルはこれを快諾!! それは自分を捨てた勇者と幼馴染みに復讐するため? それとも失われた信頼と栄光を取り戻すため? 断じて否ッッ!! 最早ダリルはそんな些細なことは気にしていなかった。 今の彼が求めるのはただ『最強』の称号のみッッ!! 幼い頃より自由気ままで恐れすら知らなかった。 少年が無自覚ながらも救って来た少女達は、たった一度の過ちにヤンデレへと豹変しまう。 自分 達の恋を邪魔する者を消す? 監禁して自分だけしか見られないようにする? 俺の心を壊す? 「面白いじゃねぇか。 出来るならやってみろ」 この殺伐とした日常を生き抜く為に、少年が出した結論。 必要なのは、絶対の泰然自若。 圧倒的な強さと狂気を見抜く洞察力だと。 《回復術師》の男クロードは、回復・支援魔術を用いて勇者パーティを援護してきた。 だがある日、上位互換である《聖女》の加入に伴い、クロードは幼馴染の《勇者》によってパーティを追放されてしまう。 しかし切断部位すら完治させてしまうクロードの回 復魔術は、たとえ《聖女》であっても再現不可能なものだった。 さらにクロードは実は、剣聖から剣術を学んでおり、《勇者》すらも凌駕するほどの実力者だった。 前衛は《勇者》ひとりに一任し、魔術によるサポートに徹していたため、剣技を披露する機会が訪れなかっただけなのだ。 そんなクロードに支えられていたパーティは、内部崩壊を起こしたりロクに戦えなくなったりして徐々に落ちぶれていく。 一方のクロードは勇者パーティや魔王討伐のことを忘れ、自由に生きることに決めた。 有り余る魔力を活かして重傷者を治療し、持ち前の剣術を活かして武勲を立てていく。 そうしていくうちに、クロードの周囲には多くの美少女が集うようになり、愛されるようになる。 いつしかクロードは平民・貴族・王族問わず能力を認められていき、国を超えて成り上がっていく。 カクヨムにも投稿しています。

次の

ヤンデレ 小説家になろう 作者検索

神様 ダマ し て 楽々 無双 毎月 レアスキル と 大量 経験 値 貰っ て ます が 何 か 問題 でも

作者:• 最強世代と言われる同級生達が、勇者の称号や経験値10倍などの超強力なスキルを授かる中、ハズレスキルどころか最悪の人生終了スキルを授かった主人公。 しかし、そのスキルで女神を助けたことにより人生大逆転。 神様を上手く騙して、黙っていても毎月大量の経験値が貰えるようになった上、さらにランダムで超レアスキルのオマケ付き。 驚異の早さで成長する主人公は、あっという間に最強クラスに成り上がります。 ちょっと変な幼馴染や、超絶美少女王女様、押しの強い女勇者たちにも好意を寄せられ、順風満帆な人生楽勝モードに。 ところがそんな矢先、いきなり罠に嵌められ国外逃亡。 全世界のお尋ね者になっちゃったけど、圧倒的最強になった主人公は、もはや大人しくなんかしてられない。 こうなったら世界侵略国盗り合戦。 伝説の魔竜も古代文明の守護神も不死生命体も、弱すぎチョロすぎ楽勝すぎ。 あまりにも強すぎて魔王と呼ばれちゃった主人公が、世界を蹂躙しまくります。 旧タイトルは『神様ダマして楽々無双! 毎月レアスキルと大量経験値を貰っているので、勇者の代わりに魔王を倒します(ワンパンで)』です。 ハイファンタジー[ファンタジー] 連載:全175部分• オリジナル戦記 ハーレム チート 主人公最強 俺TUEEE スキルガチャ スキル合成 ヤンデレ 変態少女 超スキルクラスメイト 魔王復活 超成長 ゆるめの設定・世界観 ご都合主義• R15 残酷な描写あり• 作者:• なろう作品で私が気に入ったものを感想を書いて紹介しています。 タイトルやあらすじだけ読んで敬遠していた作品を読むきっかけになればと思います。 ある程度作品の要素を数値で表していますが私個人の評価なので参考程度に御考え下さい。 どの作品を読めばいいか迷ってしまうという人向けに、有名で読みやすいお薦め10作品を纏めたものが最初にあるので参考にしてください。 【注意】感想を書く前に前書きを必ず読んでください。 目指せ1日1作品紹介! 200日間毎日紹介!ただ今、週1に変更になりました! このエッセイを読んであなたが気にいる作品と出会えることを祈っております。 バックアップ用に小説投稿サイト『マグネット』で同じものを載せております。 magnet-novels. エッセイ[その他] 連載:全386部分• 異世界 転生 転移 現代 ファンタジー 魔法 戦記 友情 恋愛 男主人公 ヒロイン ハッピーエンド などの要素がある 作品が載ってる.

次の

ヤンデレ 小説家になろう 作者検索

神様 ダマ し て 楽々 無双 毎月 レアスキル と 大量 経験 値 貰っ て ます が 何 か 問題 でも

かつて、単独で魔王を討伐した名も無き勇者がいた。 伝承にも名が残らぬ最強の勇者には秘密があった。 彼は魔王の血を引く半人半魔だったのだ。 そしてこの世界には知られざるルールがあった。 「魔王は魔王を殺せない」というルールが。 魔王に「真の死」を 与える事が出来ない勇者は、魔王復活に備えて氷の柩で眠りにつき、半世紀後に目覚めた。 魔王に「真の死」を与えられる女神の血を引く若者を見つけ、勇者に育てる為に…… 冒険者ギルドの中級メンターに転職した元勇者アムルは、女神の血を引く村娘アイシャと出逢い、物語は動き出す。 序盤は育成モノになってます。 朝永智播(あさながともは)は高校に通う一年生。 ロボットゲームに魅入られてその世界で一番になろうとしたが、自分とは違う天から授かった才能を持つ者達を見て遂に諦めてしまった。 これまでゲームに夢中になりすぎて、心配をかけた家族にも安心させようと 地道に堅実な人生を歩もうと決意する。 だが、高校生生活最初の学期が終ろうしている頃、近くのゲーセンに行くと偶々一人で来た女の子、道真鶴世(みちまつるよ)にかつてプレイしていたロボットシミュレーションゲームの大会でタッグを組んで出場して欲しいと誘われてしまった。 彼女に天才の片鱗を感じ、彼女の才能に嫉妬しつつ、足手まといになると思った智播は彼女の誘いを断ろうとした。 「厚かましくて申し訳ないのですけど、お願いがあります。 私と一緒にこの世界で一番を目指しませんか?」 一度は断るが、熱意ある彼女の言葉に説得され、その日を境に智播は一度諦めた夢を再び追いかける。 だが、同時に疎遠になった異性の友人たちが集まり、更に新たな仲間も加わってゲーム内で修羅場を繰り広げることになるとは考えてもみなかった。 申し訳ございませんが、6月22日よりSFのVRゲームから恋愛の現実世界へジャンル変更しました。 【ハイファン日間8位ありがとうございます!】 「お金も貯まったし、新しくて強い武器を買ったから、もうお前は不要だ」 剣士のアディは、ある日突然リーダーにそう言われた。 他のメンバーは瞬く間に強くなったのに、彼だけは剣士としてまったく成 長がなく、パーティを追放された。 アディには【接着】というレアスキルがあり、壊れた武器を直したりしていた。 しかし新しい武器が手に入れば、そのスキルもまったく必要が無いのだと、メンバー達に鼻で笑われる。 そこまでバカにされたアディは、パーティ脱退を受け入れる。 ところが誰も気づいていなかった。 【接着スキル】は単に壊れた物をくっつけるだけではなく、性能を大幅アップさせる付与効果もあったということに。 パーティメンバーが急に強くなったのは、そのおかげだった。 しかもどんどん強くなる。 いや、性能強化だけでなくて、実は色んなことに使えるぞっ、このスキル。 挙句の果てには、史上最強と言われる魔剣を復活させてしまう。 syosetu. 私達を召喚した人間達は、息子を勇者と呼び、復活した魔王と戦わせようとしていた。 まだ中学1年生の息子を魔物と戦わせるなんてとんでもない!と奮闘し たところ、邪魔者扱いされた私は、たった一人で魔物の巣窟に置き去りにされる。 死を覚悟した何の力もない私を助けてくれたのは、人間の敵であるはずの魔物たち。 一緒に過ごしていくうちに情も芽生えたけれど、平和な日々は長くは続かない。 数々の試練に対抗できる自分の武器は、料理の腕と機転を利かせることだけ。 息子に会うまでは死ねない!と、日々奮闘しているうちに、いつしか私は魔王軍の幹部になってしまった。 そんな訳で、感動の親子の再会は、戦場で敵同士となる事に・・・ 何でこんな事になった?責任者でてこい!大事な一人息子、絶対無事に取り返してみせます! アラフォーおばさんの反撃が、今ここに始まる。 かつて、たった一人で世界を敵に回し、世界征服一歩手前まで迫った神がいた。 その名は、破壊神バイラヴァ。 最悪にして最強の神と謳われた男である。 しかし、バイラヴァは世界征服の直前に、ありとあらゆる垣根を超えた世界の人々の団結と、自分以外のす べての神が敵に回ったことによって、敗北し封印される。 未来永劫解かれるはずのなかった封印は、1000年の時を経て解かれ、バイラヴァはついに復活する。 目的は、もちろん世界征服! 世界に暗黒と混沌を齎すため、彼は手始めに近隣の村に襲撃を仕掛け……今まさに自分以外の何者かに征服されかけ、虐殺される村人たちを見るのであった。 「えぇ……やりすぎだろ……」 1000年前に自分を倒したヒロインたちは大変なことになっているし、成り行きで助けたら病むし……。 傍若無人にふるまい好き勝手暴れまわる連中を、世界征服のために圧倒的な力で無双し叩き潰すと、怖がられずに崇められるようになって困惑する破壊神様の物語である。 「ありがとうございます、救世主様!」 「いや、破壊神だから」 不思議な蝶に目を奪われた女子高生の私は、目覚めると十歳の侯爵令嬢になっていた。 しかも私シャノンは、ソシャゲの乙女ゲームで『不死蝶』と呼ばれるネタキャラ!? ストーリーでは完全敵役、イベントでは乱立する死亡フラグ。 なのにイベントの度に運営 都合で復活してはまた死亡フラグの連鎖で…………。 ゲームの始まる入学までにバタフライエフェクトを起こして、なんとしても死亡フラグを回避してやる! けれど、私は周りに愛されるただの女の子で。 どうしてこの子は悪役令嬢になったんだろう? え、ただのモブだった『不死蝶』の従者は実は王子さま? 『不死蝶』はヒロインと同じ能力を持ったチート? イベント潰しのために仲良くなった貴公子たちに婚約を申し込まれるけど、私は同担拒否なんだよ。 しかも王道ヒロイン派! 悪役令嬢に告白なんてしないで! ヒロインから攻略対象強奪なんて、本当に悪役令嬢じゃない!? 私、死亡フラグを折りたかっただけなのにな…………。 *以下にご注意ください。 この物語は人によっては逆ハーと思われるかもしれません。 この物語にざまぁはありません。 書き直しますが、基本的なストーリーに変更はありません。 若き勇者パーティの一員で、『ゴージャスマート』の店員であった、ゴルドウルフ・スラムドッグ。 彼は皆から『駄犬』とからかわれるほどの、うだつのあがらないオッサンであった。 オッサンはある日、勇者と店長から『煉獄』の最下層に置き去りにされ、ク ビを言い渡されてしまう。 しかし…皆はまだ知らなかった。 オッサンは地味ながらも、重要な役割を担っていたことに…! 鋭い洞察力と知識を持ったオッサンを失った勇者パーティは、マナ管理すらもできなくなってクエストは失敗続き。 オッサンの丁寧な接客とアフターケアで支持を得ていた『ゴージャスマート』は高級路線に転換、一時は増収だったものの、じょじょに取り返しがつかないほどの客離れを起こしはじめる。 そして『煉獄』という修羅場をくぐり抜けたオッサンは、持ち前の丁寧な仕事ぶりに、狼のような強靭さとリーダーシップを兼ね備え、復活…! 冒険者として、商売人として、世界を支配していた勇者一族に『金狼』となって牙を剥く…! ごく普通のOL、山本百合はオンライン乙女ゲー『ミリオンプリンセス』に転移してしまう。 しかもラスボス的な悪役令嬢である、アクヤ・クレイ嬢に。 さらに置かれたシチュエーションも最悪。 すべての令息から婚約破棄されて落ちぶれきって、ヤケになっ て邪神復活させようとしたけど阻止されて殺されるという、アクヤにとっての最終イベントであった。 それでもなんとか破滅フラグを逃れたアクヤは、せっかくだから、と『ミリプリ』の世界で暮らし始める。 しかしすべての令息と令嬢に嫌われた後なので、味方ゼロ。 廊下を歩けば他の令嬢からアツアツの紅茶をぶっかけられ、しかも令息も味方してくれないという孤立無援の状況であった。 それでもアクヤはめげなかった。 少年執事に料理を教え、トマトは食べ物だと庶民に説き、『ミリプリ』ライフを楽んでいく。 しかしそれでもチョッカイをかけてくるような令嬢には、破滅フラグのお返しをする。 すると、いままで冷たかった令息たちから、急にモテモテになって…。 「約束の地 第2章」つながり あらすじ アマネたちが乗り込み、地球へ向かったのはジガに搭載されていた哨戒用の小型艦だった。 のちの「バゴス」には、ゼロの独断でジガの装備がほとんどそのまま積み込まれていた。 そうとは知らないアマネは病床の中、指 揮をとり地球に降下していく。 その途中ゼロがついに本性を現す。 彼はオロスに向けメッセージカプセルを発射するのが精一杯だった。 やがて同じく太平洋上に着水したベガと合体する。 改造、拡大された「要塞島」パゴスはジグロスの活動拠点となるのであった。 その最中アマトがようやく帰還する。 アマトに一人残された少女「ミドリ」をセイレが再び石化してしまう。 大戦の終結とともにセイレも美沙も力つきる。 地球を救うのは、スザクを連れ地球へ一足先に向かった「オオヒメ」か、石化したタイスケとアマトを出発した「サリナ」か、あるいはオロスに墜落した「サクヤ」なのか、それともルナから戻ってくる「カグヤ」なのだろうか? この作品は、オリジナル作品です。 恋愛武器バトル青春学園ファンタジー 咲楽紫千(さらしせん)家の次男・麗音愛(れおんぬ)通称・玲央(れお)は高校2年生。 ある日 謎の人物から襲撃に合い、最強の呪い刀「晒首千ノ刀」を継承する事になる。 晒首千ノ刀は災厄・紅夜を倒すために 創られた108の武器の頂点。 災厄・紅夜が復活した事によって溢れ増えだした妖魔を 親友の女子高生・椿と共に、高校生活を送りながら退治する日々。 対紅夜会の組織、白夜団で打倒紅夜を目指す。 白夜団には、陽気な術剣士やメガネのエリート部長やギャルや絵描きや 個性的なキャラが沢山。 呪い刀に喰われぬように感情を制して恋愛鈍感な麗音愛と 麗音愛大好き溺愛なのに、恋愛って何かわからない椿の 無自覚でくっついたり、たまにドキドキしたりの ラブストーリー多めの武器バトルファンタジー 大切過ぎる親友同士の想いはどうなるのか。 バトルもののラブ展開がお好きな方へオススメです。 婚約破棄を経て世界を変えた女性がいた。 世界を恐怖によって支配し、秩序を生み出した伝説の傭兵団を設立した女性がいた。 その名はリーズレット・アルフォンス。 最強の女性として君臨していた彼女は素敵なお嫁さん生活を追い求めたが、遂にそれは叶 わなかった。 老衰で死んだ彼女は人類が愚かな歴史を繰り返す中で転生者として復活した。 転生した理由を探りながら、彼女は秘められた想いを知る。 そして、再び彼女は最強の淑女として理想の旦那様を得る為に豚を駆逐する人生を歩むのであった。 前日単1と2は短編部分です。 短編を既に読んでいる方は前日譚3からが続きとなります。 かつて大昔に勇者と呼ばれる者たちが居た、その者たちは魔王に立ち向かった。 だが、魔王の力は絶大すぎた、勇者たちの力だけでは弱らせることで精一杯だった。 倒しきることができなかった勇者たちは魔王を極限まで弱らせ地下深く、もう二度と地上に出てこ れないように封印した。 世界にこれで平和が訪れると思われていたが、すぐにそれは崩れる。 後にダンジョンと呼ばれる謎の空間が現れた。 ダンジョンは魔王の手下であった悪魔たちが独自に作った人間に対する復讐を目論む施設、または魔王を復活させるための何かであると噂される。 魔王の復活を阻止するため、かつての平穏を取り戻すために人々は立ち上がり、旅に出た。 時は流れて現代、ダンジョンを町を自然を旅する冒険者という職ができた。 あるものは未知の世界にあこがれて、あるものはダンジョンに眠る財宝を狙って、あるものは謎に包まれたダンジョンを解き明かすため、あるものは地位と名誉のためにそれぞれの目的を持ちダンジョンへと挑んでいく。 彼らもまた、冒険への旅路を歩みだす。

次の