お通夜 御霊前 御香典 どっち。 御香典とは?御霊前と御沸前の違いは?49日の表書きは?

通夜・告別式に持っていく香典袋の種類と選び方

お通夜 御霊前 御香典 どっち

お通夜 お通夜は、家族、親族、仲のよかった友人など、 生前、故人と親しかった人たちが別れを惜しみ、最期の夜を過ごす儀式です。 かつては、邪霊が入ってくるのを防ぐため、ろうそくと線香の火を絶やさないようにし、 夜通しで故人を見守っていました。 そのために「通夜」と呼ばれていたのですが、現在では、自宅ではなく斎場や葬儀場で通夜を行うことが増えた、防火上の理由によって、火をつけたままにしていることができなくなったなどの理由から、夜のうちに散会する「半通夜」が行われることが多くなっています。 お通夜の流れなどはそれぞれの地域の習わしや宗旨宗派によって違いもありますが、僧侶の読経、焼香が行われた後、僧侶の法話があるのが一般的です。 また首都圏では お通夜の参列者全員に対し、通夜振る舞いが行われるという流れとなっています。 通夜振る舞いの席では、料理や飲みものが出されますが、本来お通夜は、故人と親しい間柄の人たちが故人を偲ぶという場なので、長居をしないようにしましょう。 半通夜の場合、開式から閉式までの時間は2~3時間程度です。 告別式 葬儀・告別式と現代ではひとくくりにいわれることが多いですが、 葬儀式と告別式はもともと別の儀式でした。 葬儀式は、 故人の冥福を祈って、家族や親族などの近しい人たちが行う宗教的な儀式であるのに対し、告別式は、 友人、知人、近所の人、会社関係者など、故人とゆかりのあった人が、最期の別れを告げる儀式です。 本来の意味が異なるため、別々に行うのが正式ですが、近年は、両方の儀式を併せて行うのが一般的になっています。 またこのふたつを合わせて告別式と呼ぶことも近年増えてきました。 告別式は、出棺前の最後の儀式です。 遅刻や、途中で式から抜けることのないよう、早めに式場に着き、準備をしておきましょう。 通常、火葬場まで同行するのは、遺族、親族、親しい友人など、故人とごく親しい間柄の人たちです。 通夜と告別式、どちらに参列したほうがいい? 訃報を受けた際、お通夜と告別式のどちらに参列すべきか迷う人もいるかもしれません。 先述の通り、お通夜は、故人と親しかった人たちが別れを惜しむ場であり、一般の弔問客は、翌日の告別式に参加して故人に別れを告げるというのが本来の形でした。 しかし、近年では、仕事などの都合から、日中に行われる告別式よりも、夕方から夜に行われる通夜のほうが参列しやすいということもあり、 仕事関係者や知人も通夜に参列することが多くなっています。 お通夜と告別式の本来の意味からすれば、故人と親しい間柄であればお通夜と告別式に、仕事関係や知人の場合には、告別式に参列するのが望ましいのですが、日中の都合がつかない場合には、お通夜にのみ参列してもかまいません。 お通夜にも告別式にも出られない場合の香典の渡し方? は、故人との関係性や、自分の年齢によって変わってきます。 血縁関係が濃かったり、親しい間柄であったり、自分の年齢が高いほど高くなるのが一般的です。 都合により、お通夜と告別式、どちらにも参列できないという場合、まずはその旨を遺族に伝えましょう。 その際の香典の渡し方としては、 お通夜や告別式に代理を立てて渡してもらう方法と、喪主宛に 現金書留で郵送するという方法があります。 代理を立てた場合、受付では、代理人の名前ではなく、出席できなかった人の名前と住所を記帳します。 代理人が妻の場合は左下に「内」と、それ以外の人の場合には「代」と記します。 個人的な付き合いがあった故人に対し、現金書留で香典を送る際には、弔電ではなくお悔やみの手紙を添えるようにします。 お通夜や告別式に参列する際の服装は? どちらの場合でも喪服を着用するのが基本です。 お通夜の場合、 「取り急ぎ駆けつける」という意味から、喪服ではなく、地味な服装であればいいともいわれていますが、はブラックスーツやダークスーツを、は、黒やグレーなど地味な色のスーツやワンピースを着用するのが一般的です。 まとめ お通夜と告別式、どちらも、故人を偲び、お別れをする場であることに変わりはありません。 大切なのは、故人への哀悼の意を表し、遺族に対し、お悔やみの気持ちを伝えることです。 お通夜や告別式に参列した際には、マナーをもって、遺族や参列者に失礼のない行動を心がけましょう。 いい葬儀で葬儀場・斎場を探す エリアを選択してください 北海道・東北地方 探す• 関東地方 探す• 中部地方 探す• 関西地方 探す• 中国・四国地方 探す• 九州地方・沖縄 探す• いい葬儀の鎌倉新書が運営するサービス•

次の

御香典とは?御霊前と御沸前の違いは?49日の表書きは?

お通夜 御霊前 御香典 どっち

葬儀に参列できないときに香典を人に頼んでも「大丈夫」です。 職場の同僚や、友人が葬儀に出席するのであればその人にお願いするのが最もいい方法だと言えます。 他には、香典を現金書留で送ることも出来ます。 遠方に住んでいて、香典を頼める人がいない場合はこの方法が良いでしょう。 あとは、後日香典をもって自宅を訪問する方法もありますがこの場合は、 事前に伺ってもいいかの確認の電話をしてくださいね。 葬儀後で疲れているところに突然の訪問は失礼ですし香典返しの用意が出来ていないと相手にも気を使わせてしまいますからね。 そんなわけで、知り合いが葬儀に出席するのであれば香典を依頼するのがベストです。 失礼にもならないのでご心配なく。 ただお金のことなので預けるのはちょっとという場合はこちらの記事が参考になります。 その際に、名前、住所、電話番号の記入を求められます。 その為、外袋にも住所を書いていないと、預かってくれた人に迷惑がかかりますし、香典返しをするほうとしても住所や名前が間違っていると困ってしまいますからね。 それから香典を預かって、その人の分を記帳したら記帳した人数分の粗供養を持って帰ってください。 粗供養は来てくださった人に渡すのですが香典を預かったのであればその人は来てくれたとみなされるからです。 ただし、その時々で違う場合もあるので葬儀スタッフに香典を預かったのですが…と一言伝えるのがいいですかね。 香典を預けるほうも、預かるほうもいろいろとマナーがあるので社会人として最低限のことは覚えておきましょうね。 香典を代理でお願いする時は手紙など一筆添えたほうが良い? もちろん手紙も良いとは思いますが、預ける相手がご家族や喪主に渡さなければならず、ご家族と面識のない人だとちょっと難しいかもしれません。 なので、 手紙よりも電報を送るほうが個人的にはいいかと思います。 最近ではネット電報が増えてきていて、電報サービスのサイトも多いので利用しやすいですね。 香典を郵送 現金書留 で送る場合には、お悔やみと葬儀に出席できなかったお詫びの手紙をそえるのがよいでしょう。 まとめ 社会人になると職場関係から、学生時代の友人からなど冠婚葬祭に参加する頻度が嫌でも多くなりますよね。 いくら嫌でも出席するからには、または欠席するにしてもそれぞれにマナーがあるものです。 自分は良くても他人に迷惑をかけたり、恥をかかせることのないように最低限のマナーは身に着けておきたいものですね。 香典をお願いされる立場になった時のマナーについてもまとめました。

次の

お通夜の不祝儀袋は「御香典」で良いでしょうか。それとも「御霊前」です...

お通夜 御霊前 御香典 どっち

49日は御霊前(ご霊前)、御仏前(ご仏前)? 御仏前が多いです。 香典袋(不祝儀袋)の表書きは、御仏前か御佛前です。 御仏前と御佛前は同じですのでどちらでも構いません。 (仏は佛の略字) 地域やしきたり、ならわしで違う場合もありますので、事前に確認できるなら確かめたほうがより良いです。 どうしても迷うのなら、 「御香典」を使います。 同じ仏教でも宗派によって成仏(じょうぶつ)の考え方が違います。 宗教は人間の考え(妄想)で出来ているので、これが唯一無二という正解はありません。 一般の仏教では、亡くなった人は四十九日まで霊の状態で、「四十九日に来世の行き先が決まる」とされています。 家族や親族は、故人が極楽浄土に行けるよう願うため、四十九日に法要を営みます。 ですので、四十九日の時点では故人は霊なので本来のお香典の表書きは「御霊前」なのです。 ですが、四十九日に行く先が決まり 極楽浄土に行き仏になる前提で「御仏前(御佛前)」を持参します。 実際の四十九日は、僧侶の都合や土日に合わせるため、本来の四十九日ビッタリの日よりも前に行われることがありますが、その場合でも同じです。 スポンサーリンク 気になる四十九日の香典相場 法要のみに参加する場合と、会食のも参加する場合で違ってきます。 金額に幅があるのは、年代によって変化するからで20代でしたら下限、40代以上であれば、中間から上の金額を包むとよいでしょう。 四十九日法要の流れ 流れの順番は、前後ありますが内容はこのようになります。 喪主あいさつ• 僧侶の読経• 白木の位牌から本位牌に魂を移す儀式• 僧侶法話• 僧侶とお墓に行き読経後に納骨• 会食 四十九日法要のマナーについて 四十九日の香典は、お通夜・お葬式ほど細かいマナーはありません。 香典に包むお札 お通夜・お葬式では避けなければいけなかった新札ですが、四十九日では新札でも構いません。 なぜなら、不幸を予想していたかのようなイメージになるお通夜・お葬式とは違い、四十九日は予定されているからです。 薄墨は必要なし お通夜・お葬式のときのように薄墨は使いません。 「悲し涙で墨が薄くなった」や「墨をする余裕がなかった」というような意味を表していましたが、四十九日は予定されているものですので普通の墨の濃さで書きます。 香典袋に書く金額 漢数字の旧字体(大字)を使います。 これは、お通夜・お葬式のときと同じです。 よく読まれている記事• この記事は、御霊前(ごれいぜん)の書き方についてまとめています。 お葬式やお通夜の御香典には、知っておき... 534件のビュー• 御霊前(ごれいぜん)の中袋の書き方についてまとめています。 お葬式やお通夜は急な場合が多く、時間がありま... 407件のビュー• 葬儀に持っていく「ご霊前」は、急に準備することになるので慌てます。 予め準備しておくわけにもいきません。... 141件のビュー• この記事は、御霊前(ごれいぜん)の表と裏面の書き方についてまとめています。 特に、中袋(内袋)なしの場合... 86件のビュー• 亡くなってから49日に営まれる法要にも香典を持参します。 香典袋(不祝儀袋)をお店に買いに行って悩むのが... 60件のビュー.

次の