ボーイング の 株価。 事故後の株価下落を捉えてボーイング株を購入したミレニアル世代

ボーイング(Boeing Company)(BA):株価 (高配当)|アメリカ株(米国株) | 投資の森

ボーイング の 株価

Associated Press• は、3週続けて株取引アプリ「ロビンフッド」ユーザーに人気の株となった。 同社の株価は737MAXが5カ月あまりで2度目の墜落事故を落とした後、14%以上下落した。 ミレニアル世代は株の売りの流れを最大限に活用しているようだ。 若い世代が多い、株取引アプリ「ロビンフッド」のユーザーは737MAXの2度目の墜落事故の後も、3週連続で同社株を買い続けている。 ボーイング株は墜落事故の後、14%以上下落し、トランプ大統領がアメリカでのした3月13日(現地時間)には、360ドル近くまで下落した。 これは株主には痛手だったが、ロビンフッドのユーザーは株価下落の機会を捉えて同社株を購入している。 18日の週、ボーイングはロビンフッドで4番目に人気の株となり、2962人のユーザーがポートフォリオに加えた。 その前の2週間では、それぞれ6528人、1万1167人がポートフォリオに加えていた。 歴史を踏まえると、ボーイングの株価はすでに底を打った可能性があり、ロビンフッドのユーザーは安心できそうだ。 2013年1月、ボーイング787はバッテリーの不具合などを含むインシデントを受けて飛行停止となった。 だが株価は、飛行停止から2013年4月に飛行再開となる間に20%上昇した。 今のところ、ボーイングの株価は3月の底値361. 53ドルから3. だが、事態は同社にとって良い方向に進んでいるようだ。 3月27日(現地時間)、ボーイングはソフトウエアおよび機のトレーニング手順のアップデートを含む、737MAXの。 「我々は世界中の顧客および規制当局と、業界における信用を回復し、安全へのコミットメントを再確認し、飛行への公の信頼を獲得することに取り組んでいる」 ボーイングの技術部門のバイスプレジデント、マイク・シネット(Mike Sinnett)氏は27日、記者会見で語った。

次の

ボーイング(Boeing Company)(BA):株価 (高配当)|アメリカ株(米国株) | 投資の森

ボーイング の 株価

ニューヨーク株式市場が過去最大の下げ幅を更新し、ボーイング株も安値を更新した(写真:AP/アフロ) 世界最大の航空機メーカー、ボーイングが経営危機にあえいでいる。 主力の小型民間機「737MAX」が2018~2019年にかけて相次いで墜落事故を起こし、運航停止に追い込まれたことを引き金に業績が急激に悪化。 すでに発注した分のキャンセルも相次いでいる。 ボーイングなどはアメリカ政府や金融機関に総額600億ドルもの支援を求めた。 そこにコロナウイルスの感染拡大が追い打ちをかける。 顧客である航空会社は売り上げが急減しており、今後新たな航空機の発注を控えることが予想される。 ボーイングの視界不良は晴れそうにない。 22年ぶりの最終赤字で債務超過に ボーイングの2019年12月期決算は売上高が前年同期比24%減の766億ドル、営業利益は19億7500万ドルの赤字だった。 純損失も6億3600万ドルとなり、最終赤字は1997年以来、22年ぶりとなる。 同期末は83億ドルもの債務超過に陥った。 こうした事態に陥った最大の理由は737MAXが運航停止になっていることだ。 2018年10月にインドネシアで、2019年3月にはエチオピアで相次いで墜落事故が発生。 いずれも乗員乗客全員が死亡する大惨事となった。 これを受けて同機は全世界で運航を停止。 新しい機体の納入が進まないほか、運航停止に対する航空会社への補償金も重荷になっている。 2020年1月には、「(737MAXは)道化が設計し、猿が監督している」と揶揄するボーイング社員のメールが見つかったと同社が発表。 「猿」とは航空機の安全を審査し、737MAXの不具合の審査をしているアメリカ連邦航空局 FAA を指すとみられる。 墜落事故への反省の気持ちのないボーイングの体質にアメリカ議会からも厳しい批判の声が上がる。 737MAXの運航再開についてボーイングは2020年夏以降を目指すとしているが、さらに遅れる可能性もある。

次の

ボーイング(BA)の株価・配当利回りは?業績など解説|マネーの研究室

ボーイング の 株価

ボーイング【BA】の株価と業績 BAの株価とバリュエーション 2017年10月13日 BA 株価 261. 91 PER 22. 93 EPS 11. 42 配当 2. 12 BAの10年株価チャートはこちら。 BAの売上高と利益率の10年推移 ボーイング社の売上高(青色)はリーマンショック以降右肩上がりを続けている。 これが世界最大の飛行機メーカーの実力だ。 BA ボーイング社のフリーキャッシュフロー 防衛宇宙銘柄としても名高いボーイング社は、キャッシュフローを潤沢にもっている。 そしてその額を拡大している。 世界平和につながっていると考えればよいのであるが、軍需産業が儲かっているというのは複雑な気分にもなる。 BA ボーイング社の配当金 オレンジ色の配当金は2010年代に入って増配を続けている。 リーマンショック時でも減配はせずに配当据え置きというのは株主として心強い。 青色のEPSは順調に伸びている。 米国政府が主な顧客であり、実はディフェンシブ株といってもよいのかもしれない。

次の