ヤーコン 茶 効能。 ヤーコン茶でダイエット?効果や効能、副作用について

ヤーコン茶【血糖値を下げる飲み物】

ヤーコン 茶 効能

「ヤーコン茶」、みなさんは、聞いたことありますか?あまりメジャーではないので、初めて聞いたという方も多いかもしれませんね。 ヤーコン茶とは、 ヤーコンという根菜を煎じたお茶のことです。 昔から、 体の健康面を改善・整える効果があるとして飲まれてきました。 フラクトオリゴ糖をはじめ、多くの成分が含まれていて、とくに血糖値を下げる成分がヤーコン茶には入っているので、糖尿病の予防に期待できると注目されています。 もうひとつ特筆すべき特徴は、 ノンカフェインということです。 カフェインは集中力を上げてくれたり眠気を覚ましてくれたりと良い面もあるのですが、寝れなくなったりイライラしたりする悪い面もあります。 カフェインが苦手な方や、妊娠中の方にとっての健康飲料として、大いに役立ってくれるのがヤーコン茶なのです。 まず、ヤーコン茶の元となるヤーコンの茎と葉を採取します。 葉はそのままでも大丈夫ですが、茎は長いので小さめにカットしておきましょう。 そのあと、茎と葉を徹底的に水洗いします。 とくに葉の裏は、小さな虫が潜んでいる場合があるので念入りにしてください。 次に蒸していきます。 蒸し終わったら絞って、水分を極力減らしておきましょう。 次は天日干しです。 葉が複数枚くっついている場合があるので、丁寧に剥がしてカラカラになるまで干します。 そのあとはオーブンに入れて、さらに乾かして完成。 手にとったとき少し力を入れるとバラバラになるくらいがベストです。

次の

ヤーコン茶の効能・副作用・飲み方

ヤーコン 茶 効能

ヤーコン:主な栄養価と効能 ヤーコンは究極のダイエット野菜と言われるほどヘルシーな野菜です。 普段の食事から効果的に摂取することで余分な贅肉を落としつつ健康な身体を維持しましょう。 それぞれの栄養素については、「旬の食材と栄養素」で詳しく説明しているので、そちらと合わせてご覧ください。 フラクトオリゴ糖は虫歯菌の栄養源にならないため、虫歯になりにくい性質があります。 また、人間の消化酵素や消化器官では分解・吸収されにくい性質を持っているので低カロリーです。 一方で、大腸内のビフィズス菌など乳酸菌類の餌となり善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすなどの整腸作用があり、ダイエットに非常に高い効果がある事がわかっています。 そのほかにも、血中総コレステロール・中性脂肪・血糖値・血圧を低下させる働きもあると言われています。 また 一緒に含まれるクロロゲン酸やフラボン類と共に活性酸素の除去に効果があり、発がん予防や老化防止にも効果が期待されています。 それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。 状態 水分 灰分 塊根 生 54 kcal 86. 3 g 0. 6 g 0. 3 g 12. 4 g 0. 4 g - g - g 0 mg 1. 1 g 塊根 水煮 44 kcal 88. 8 g 0. 6 g 0. 3 g 9. 9 g 0. 4 g - g - g 0 mg 1. 04 mg 0. 01 mg 1. 0 mg 0. 03 mg 0. 01 mg 0. 7 mg 0. 01 mg 2 mg 無機質 状態 ナトリウム リン 鉄 塊根 生 0 mg 240 mg 11 mg 8 mg 31 mg 0. 2 mg 塊根 水煮 0 mg 190 mg 11 mg 7 mg 26 mg 0. 2 mg 七訂日本食品標準成分表より.

次の

ヤーコン茶【ヤーコン葉茶】作り方、効能、効果などの情報

ヤーコン 茶 効能

ヤーコンとは?旬の時期はいつ? サツマイモに似た根菜 ヤーコンとは、中南米アンデス高原が原産の キク科の根菜になります。 草丈は1~2メートルにもなり、サツマイモに似た芋の部分と茎が食用です。 ヤーコンが誕生したのは遥か昔のインカ帝国。 当時から果物のような野菜として親しまれてきた歴史ある食材なんですよ。 また 「究極のダイエット野菜」とも言われています。 その栄養に秘密があるのですが、後ほど詳しく説明しますね。 食感はシャキシャキしており、味は甘味の少ない梨と言われています。 料理の幅が大きそうな野菜ですね。 ヤーコンの旬は11月〜2月 収穫時期は10月~12月で、最も美味しい 旬は11月~2月になります。 これからが美味しいシーズンですね。 ヤーコンの生産が盛んなのが北海道と香川県。 特に北海道の置戸町は全国第1位の生産量を誇ります。 またヤーコンだけでなく、ヤーコンの葉を使ったヤーコン茶も販売されていますよ。 一株でたくさんのヤーコンが収穫できるんですね。 ヤーコンの選び方や保存方法はどうすれば良いの? ヤーコンの選び方 まずヤーコンの選び方ですが、太すぎないものをオススメします。 そして手に持つとハリがあり、 表面が固く重いものの方が新鮮で美味しいんです。 逆に触って柔らかさを感じるものは、鮮度が落ちている可能性があるので要注意。 気を付けて選んでくださいね。 ヤーコンの保存方法 ヤーコンの保存方法ですが、サツマイモなどの芋類と一緒です。 新聞紙や紙袋などに包んで冷暗所に保存してください。 1週間から10日はもちますよ。 切って残ったものを保存する場合は、ラップにしっかり包んで早めにいただいてくださいね。 ヤーコンの栄養や効能、美味しい食べ方をご紹介! ダイエット効果が期待できる 先ほどヤーコンは 「究極のダイエット野菜」とお伝えしましたが、その理由をここで説明したいと思います。 ヤーコンには フラクトオリゴ糖という栄養が豊富に含まれています。 この フラクトオリゴ糖の含有率が、世界の野菜の中でNo. 1と言われているのです。 フラクトオリゴ糖は人の消化酵素では分解されません。 また、善玉菌であるビフィズス菌の栄養源になります。 フラクトオリゴ糖を摂ることで、腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌が増えます。 そして 腸内環境も整い、便秘の改善にも効果があるのです。 繰り返しになりますが、そんなフラクトオリゴ糖が世界の野菜の中で1番多く含まれていると言われているのがヤーコンなんです! そしてヤーコンは カロリーが低く、 食物繊維もたっぷり。 ダイエットにも効果が期待できるわけですね。 【関連記事】 虫歯予防やコレステロール低下も フラクトオリゴ糖はダイエット効果だけではありません。 その他にも体に良い効能があるので、どんな働きがあるかご紹介しますね。 ・虫歯になりにくい フラクトオリゴ糖は虫歯菌の栄養源になりません。 また歯垢の原因となる粘着性の不溶性グルガンも作られないので、虫歯になりにくのです。 ・コレステロールや中性脂肪の低下 血液や血行の正常化が期待できるので、血中の総コレステロールや中性脂肪の低下、血糖値の抑制に効果があると言われています。 体に良いこと尽くしですよね。 こんなに優秀な食材があまり知られていないのが勿体ない気がします。 ヤーコンの美味しい食べ方 ヤーコンは生でも食べれます。 なのでそのままサラダで食べたりして、 素材そのものを味わうのがオススメです。 また 味噌汁に入れたり、 きんぴらにするのも良いでしょう。

次の