にゃんこ伝説ランキング。 にゃんこ大戦争の強いキャラ最強ランキング

にゃんこ大戦争 伝説のネコルガ族のランキングは?

にゃんこ伝説ランキング

射程が非常に長い• 移動速度が4と非常に遅い• 攻撃頻度が全体的に遅め• 再生産が非常に遅い という特徴を持っており、 第3形態での運用が前提ということを覚えておいてほしいです。 経験値ステージが安定クリアできない、進化の虹マタタビがクリアできないうちは手に入れても使いこなせません。 また、非常に尖った性能のキャラが多いので、 1体手に入れたからといって攻略がすごく楽になるわけでもないです。 その代わり、白い敵を含むすべての敵の妨害キャラなどがいるので、狂乱ステージなど活躍するステージも結構あります。 ですので、ある程度の手持ちキャラがいて攻略には困っていない場合は引いてもいいですが、そうでなければ先に別のガチャで戦力の補強をすることをオススメします。 なお、にゃんこ大戦争がどれくらい進んでいるかでもおすすめ度は変わるので、「こんな人におすすめ」という目安を紹介しておきます。 2連続攻撃• 状態異常無効(波動 ふっとばす 止める 遅くする 攻撃力低下 ワープ 古代の呪い)• 生産コストは4,500円• 移動速度は4• 遠方範囲攻撃で射程は感知射程が500、最短400~最長1000• 再生産は約324秒• 攻撃頻度は14. 30秒 ノビルガはネコルガ族の中で唯一、第3形態が実装されていないキャラです。 ネコルガ族は第3形態で性能が大きく強化される傾向があるので、第2形態の時点では正直微妙です。。。 攻撃力も4万でDPSでは約2800と低く、妨害などもないので、 ただ射程が長いだけという感じの評価になります。 そのため、第3形態に期待したいところですが、現時点では7位でした。 すべての敵を100%の確率でふっとばして動きを止める• 射程650と長めで攻撃力が34000とそれなりにある• 生産コストは4,500円• 移動速度は4• 再生産は約324秒• 攻撃頻度は18. 93秒 ネコルガはすべての敵をふっとばして遅くする妨害を持っています。 射程650と大体の敵には射程勝ちしていて、攻撃力も34000と多少はあります。 しかし、 体力が2万と低く、被弾するとすぐ倒されるのがマイナスポイント。 攻撃頻度も約19秒に1回と遅いですが、前線を壁でしっかり守って持久戦することもできるので、狂乱のネコムートと合わせて耐久して攻略することができます。 中盤以降はほぼ使わなくなりますが、手持ちキャラが少ない場合は多少の戦力補強ができるキャラです。 100%の確率でクリティカル• 100%の確率でLv8波動(射程 1732. 5)を出す• 波動にもクリティカルが発生する• 生産コストは4,500円• 移動速度は4• 射程450とネコルガ族の中では少し短め• 再生産は約324秒• 攻撃頻度は12. 80秒 クビルガは 射程1732まで届くLv8の波動を出すのが一番の特徴です。 また、 クリティカルの特性も持っていて、波動にもクリティカルが乗るのでメタルキャラがたくさん出てくるステージで非常に活躍します。 ただし、 攻撃力は850と低めなので、1発で大きなダメージを与えることはできず、攻撃頻度も多くないのでクビルガのみに過信してはいけません。 クリティカルステージではとても活躍しますが、他の対メタルキャラは必要なので注意してください。 なお、 タンクネコと一緒に発動できるにゃんコンボ「ロングネック」はランキング道場で使える便利なものなので、そちらでも利用機会も多いです。 20%の確率でクリティカル• 単体攻撃で攻撃力が124000と高い• 生産コストは4,500円• 移動速度は4• 射程が720と長い• 再生産時間は約324秒• 攻撃頻度は8. 13秒と早め テコルガは妨害などはまったくできませんが、高い攻撃力とクリティカル持ちというのが大きな特徴です。 攻撃力は124000、クリティカルが発生したら1発約25万のダメージを出せてしまいます。 射程が720と長くて、この攻撃性能は非常に優秀。 風雲にゃんこ塔の40階はテコルガがいれば簡単にクリアできてしまう性能です。 ただし、 単体攻撃なので通常ステージでは攻撃がうまく当たらないこともあるため、一般的な起用は難しいかなという印象。 攻撃力の高さは魅力なので、狂乱・大狂乱ステージなど、強いボスがいるステージで活躍するキャラになります。 100%の確率で1度生き残る2倍• 波動無効• 残り体力99%以下で攻撃力2倍• KBが100回なので攻撃力上昇させやすい• 攻撃力51000で高めで、特性と合わせると102000になる• 生産コストは4,500円• 移動速度は4• 射程445とそれなりに長い• 再生産時間は158. 20秒とネコルガ族の中では速い• 攻撃頻度は17秒 トゲルガは 波動無効キャラで射程も445と長く、攻撃力が高いキャラです。 KB100回と約500ダメージでノックバックして、攻撃力上昇させることができるので、弱い敵からワザと攻撃を受けて運用する方法が一般的。 体力は5万しかありませんが、すぐノックバックするのでネコルガ族にしては珍しく攻撃を食らっても立て直しやすいです。 攻撃力が上昇していると 1発10万以上のダメージを出すことができ、にゃんこ塔30階のネコ仙人相手に活躍します。 その他、波動が厄介な敵が出てくるレジェンドステージなどでとても役立つので持っていると便利なキャラとなります。 遠方範囲全方位攻撃で感知射程が300、最短-700~最長300• 波動無効、ふっとばす・止める・遅くする・攻撃力低下・ワープが無効• 生産コストは4,500円• 移動速度は20と結構速い• 再生産時間は124. 87秒 レジェルガは遠方範囲全方位攻撃で、後方の広範囲の敵に攻撃できるのが大きな特徴。 古代の呪い以外のすべての状態異常が無効で、攻撃頻度が3. 5秒と多いのでDPS12143とかなり高いです。 宇宙編3章から出現する前方ワープの敵に刺さりそうな性能ですが、 ワープが無効なのが大きなマイナスポイント 笑 前方の射程は300と短めなので、 現状はゾンビ相手にしか後方攻撃が当たらないという噛み合っていない性能となっています。 再生産が124秒とネコルガ族の中では早いので、倒されても立て直しできますが、ステージを選びそうなキャラです。

次の

にゃんこ大戦争の激レアおすすめランキング

にゃんこ伝説ランキング

人によって違いそうなので、各キャラの講評。。 宮本) 対黒で見れば、めちゃくちゃ強いです。 打たれ強い+極だめで良攻撃回転。 欠点は単体攻撃ですが、意外と攻撃回転がいいおかげで気にならないこともありますね。 ただ、対黒以外では基本的に使わないです。 ヘヴン) 強い(確信)ステータス見てもらえばわかりますが、第一形態の対黒ではガメレオンと同じくらいの体力を誇り、移動速度を考えるとこっちが上位互換だったりします。 素の体力が20万弱、DPSも1万、射程400あるので、普通のステージでも使えます。 第二形態だと、これに黒とエイリアンに6倍のダメージですから、頭おかしい(注・範囲攻撃)。 ジャンヌダルク) 対赤・対浮きです。 対赤であればこのキャラに肩を並べるものはいません。 セイバーの赤い敵verだと思っていただければ話は早いかと。 対浮きでもセイバーには劣りますが、2番手ということでかなり使えるでしょう。 ガイア) ほかの伝説レアキャラと違い、全属性を対象とした効果を持っています。 このキャラの場合、攻撃性のはめちゃくちゃいいのですが、感知射程と遠方範囲の最短射程の差がわずか50しかないため、簡単に潜り込まれてしまいます。 KBで仕切り直しができたらいいのですが、2回しかないため、それも困難。 そこの部分を補えれば強いですが、ちょっと惜しい感じのキャラクター。 ムー) 対ゾンビ最強兵器です。 ゾンビに6倍ダメージと打たれ強い、ゾンビキラー、全包囲攻撃を持っています。 そして、足が極端に遅いですが、大型キャラの後ろに敵がいて攻撃できない、という状況になりにくいのでこのキャラの場合はむしろ好都合。 ただ、波動ストッパーがありますが、前線で戦うキャラではないので、あまり機能はしなさそうです。 使うときはほかの大型と一緒に使って、潜り込んできた敵を処理するために使うとよさそうです。 七穂) 遠方範囲とゾンビキラーは相性が悪いので、この能力はおまけ程度に考えておいたほうがよさそうです。 遠方範囲でバリアブレイク&50%クリティカルと、非常に強力な能力ですが、遠方範囲の最短射程が長めで、潜り込まれやすいです。 特に、メタルな敵は結構ゴリゴリ押してくるのが多いので、壁で守ってあげることが重要。 その辺はガイアと違い、超打たれ強いと多くのKB回数を持つので、耐久力はあります。 レジェラン) 足が速いですが、射程が短い分、被弾しやすいです。 攻撃発生が速いので一発はぶち込んでくれますが、意外とすぐ死にます。 攻撃頻度もいいのでDPSも高めですが、射程が短いのが残念なところ。 全妨害無効も何気によい。 バベル) 赤と浮きに超打たれ強く、素の体力も高めという壁キャラにしては申し分ないステータス。 止める、遅くするといった厄介な妨害を無効化し、しかも火力が地味に高い!。。。 とここまではよかったのですが、コストが6670円とめちゃくちゃ高いのが玉に瑕。 そもそも赤と浮きに対しては優秀なキャラが多いので大型壁が必要なかったりもして、ちょっと残念な感じ。 モモコ) 妨害性能もよくてまさにその通りなんですけど、連続攻撃なのがちょっとな。。 意外とDPSはステータスほどでないことが多いです。 ルミナリア) 対エイリアンに対しては超体力を誇ります。 永久攻撃力低下も容易に可能なので、本当に要塞レベルで硬い。 ただ、アタッカーとして使う場合、黒ダルのような待機モーションがないので、突っ込みやすいのが難点です。 もちろん壁キャラなので、全然問題ないですが。 汎用性は結構高いです。

次の

『にゃんこ大戦争』リセマラ最強キャラランキング|ガチャ 攻略

にゃんこ伝説ランキング

残り体力99%以下で攻撃力が200%上昇• 1度だけ100%の確率で生き残る• KB100!• 射程445と長い射程• 波動無効 体力を1%削るだけで攻撃力が200%上昇! KB100で体力の1%以上のダメージを受けると、必ずノックバックするので、体力の調整がしやすくなっています。 まだ1度だけ100%の確率で生き残るため、1回は必ず攻撃力を200%懸状態になれるわけですね! デイダラトゲランは波動無効もあるので、波動を使ってくるステージでも有効なキャラとなっております。 欠点をあげるとしたら『攻撃頻度が少ないこと』と『移動速度4と遅いこと』 17. 00秒に1回の攻撃頻度なので、攻撃1回1回の間隔な長いことがネックですね。 攻撃によるノックバックがあまり期待できないので、 他のもう1体アタッカーがいれば、戦線は安定するかなという感じ。 ケサランパサランになると、以下のような良いところがあります。 全ての敵をふっとばす• 全ての敵の動きを止める(第三形態から)• 射程650の長射程! 射程650からの確率100%の妨害特性が、とにかくエグイ! 第三形態になると、ふっとばしてから動きを止めることができるのが、非常に良いですね。 『全ての敵』と聞くと白い敵が含まれないことが多いのですが、ネコルガの場合は白い敵も対象! 本能によって動きを止めるを強化(0. 4秒~1秒)できるようになったので、さらに評価が上がりましたね。 バラランパサランになると、以下のような良いところがあります。 100%の確率で動きを止める• 100%の確率で攻撃力を半分に低下(第三形態から)• 射程940という超射程! 完全に妨害に特化したキャラですね。 体力が低いので絶対に敵を近づけてはいけません。 ここさえ気をつけていれば、最高クラスの妨害役となります。 テサランパサランの良いところは以下のとおり。 全ての敵を100%の確率でふっとばす• 100%の確率でLv8波動(射程1732. 射程450と長め 全ての敵を100%ふっとばす特性がお強い! ふっとばす特性は波動攻撃にも乗るので、波動が発生できれば射程1732. 5まで届かせることができます! 敵をふっとばしつつ、敵の城を直接狙うこともできますね。 ヤメロ! 攻撃力が850しかないので、クリティカルでもメタルを倒せない場合も・・・ ぶっちゃけ第三形態は使わないことが多いので、マタタビは温存しておいた方がいいかも? 欠点は『ふっとばしすぎる可能性がある』ことと『移動速度4と遅い』ところ。 ふっとばしている最中は敵に攻撃が当たらないので、特に注意が必要です。 クビランパサラン以外にふっとばす要員を連れていくとは、生産数などで調整して使うようにしましょう。 第二形態のアシランパサランから使うことができます。 アシランパサランの良いとことは以下の通り。 全ての敵の100%動きを遅くする。 射程750と長め(第三形態は1250!) 特性の効果時間は、3秒~4秒弱と一見あまり使えないように見えますが、第三形態にすると射程が1250にアップ! 射程1250から動きを遅くできるなら、敵の進軍を相当足止めできますが、射程1250も欲しい場面はそうそうないですね。 一部ステージでは相当使えるようなので、第三形態はその時になってからでも遅くはないかも。 本能で動きを遅くするを強化できることもポイントです。 87秒とかなり遅い』ことと『移動速度が4と遅いこと』 再生産324秒ともなると、1ステージで1回しか生産できないと言ってもいいでしょう。 第三形態の射程があれば、そうそうやられはしないでしょうが・・・生産ミスには気を付けたいところです。 第二形態のノビランパサランじゃないと使えないので、必ず進化させてから使いましょう。 ノビランパサランの良いところは以下の通り。 ふっとばす• 動きを止める• 動きを遅くする• 攻撃力低下• ワープ• 古代の呪い 先ほど『あらゆる特性を無効にする』と書きましたが、この7つの特性を無効にすることができます。 欠点はアタッカーのポジションなのに、『攻撃力が低いこと』ですね。 これはアタッカーとして致命的ですね・・・ あらゆる特性を無効にできても、アタッカーの仕事をしてくれないと、使うのは難しいでしょう。 ネコルガ族はクセは強く、初心者さんには扱いにくいんですよね。

次の