時間を割いてくれてありがとう 英語。 「お時間を割いていただき」の使い方・読み方・類語・例文|面接

「時間を割く」の意味と4つの使用例・敬語表現のポイント

時間を割いてくれてありがとう 英語

「本日はお時間を割いていただいて、ありがとうございます」と、仕事で言われたことがある人は多いでしょう。 この「時間を割く」の「割く」は「さく」と読みます。 時間は物質ではないので、厳密には「割く」ことはできませんが、「時間を割く」という言葉にはどのような意味があるのでしょうか。 この記事では、ビジネスや日常会話にも使える「時間を割く」について詳しく解説します。 「時間を割く」の意味 「時間を割く」の意味は、「時間を使う」と同じです。 「時間を使う」「時間をかける」などの表現と言い換えても特に問題はありません。 ただし、「時間を割く」という表現と「時間を使う」「時間をかける」とでいう表現では、含まれているニュアンスが異なりますので、状況に応じて言い換える必要があります。 「時間を割く」のニュアンス 「時間を使う」「時間をかける」という言い回しと、「時間を割く」では言葉に含まれるニュアンスが異なります。 「時間を割く」には「時間がない中わざわざ」「そんな余裕はないが、なんとか時間をつくる」という意味合いが含まれます。 「時間をかける」は、ある行動をするために「時間を使う」と言った意味があるのに対し、「時間を割く」は「わざわざ相手のために~する」のニュアンスが強いです。 「時間を割く」の使用例 「時間を割く」は、その主語によってニュアンスが若干異なります。 自分が使う場合には、「わざわざ~する(した)」という意味を強めたい時に使います。 逆に、相手の行動に対して用いる場合には、「あることのために時間を作ってもらう、または使ってもらう」というニュアンスが強くなりますので、使うシチュエーションには注意しましょう。 自分が「時間を割く」とき 自分が「時間を割く」時には、「わざわざ~した」、「時間がない中で無理やり時間をつくった」というニュアンスが強くなります。 仕事や作業で、本来であれば自分がコントロールできるはずの時間なのに、自分で時間の管理ができなくなった時にも使います。 相手方が「時間を割く」とき 「相手が時間を割く」と使う場合は、こちら側が相手の手間を想像した上で、それに対しての申し訳なさや思いやりを示すというニュアンスが強くなります。 「自分のために時間をわざわざ使っていただき」という表現で、相手に対する感謝を示すことができますので、便利な表現です。 使用例1 忙しくて時間調整できないと伝える時 「時間を割く」を使って、相手に自分の時間をつくることができないと伝えることもできます。 「時間がありません」「時間がつくれません」と言うと、相手に失礼になることもあります。 その時は、「なんとか時間を作ろうとしたけれども、できない」という意味で、「時間を割く」を使うことができます。 例文:業務が立て込んでおり、本日1日会議に時間を割くことができません。 別の日に、再度調整をお願いできないでしょうか。 使用例2 時間を工面したことを伝える時 相手のために、自分が時間を作ったことを伝える場合にも、「時間を割く」と使うことができます。 前述したように、「自分」を主語にして使うと「わざわざ~した」と自分の行動を強調するニュアンスが強くなります。 例文1:会議の資料の準備をするために、時間を割いた。 例文2:取引先からの依頼に答えるために、昼食の時間を割いて資料を作成した。 使用例3 アポイントメントをとりたい時 会議や会う約束などを相手に取り付けたい時にも、「時間を割く」を使うことができます。 相手側の時間をこちらのために使うことを意味していますので、「申し訳ない」と言った気持ちを込めて使うようにします。 例文:お忙しいことと存じますが、本日15時よりお時間を割いていただくことはできませんでしょうか。 使用例4 スピーチで出席に対する謝意を述べる時 「時間を割く」と言う表現は、スピーチなどの公の場で使うことも可能です。 その場合は、挨拶の定型文として「時間を割く」を使います。 スピーチの場合は多くの人に向けて使う言葉なので、本当に時間を割いているかどうかは状況次第になります。 例文1:本日はこのような場にお時間を割いていただき、ありがとうございます。 例文2:開催者のご好意で、私にこのような時間を割いていただき、ありがとうございます。 さらにマナーのある敬語表現を身につけたい人へ マナーがある人と思われるために、「大人のマナー敬語の便利帳」と言う本で敬語表現を学ぶことをおすすめします。 日常会話の表現を敬語ではどう言うかということが書かれているので、「こんなことを言いたい」を探すのにも便利です。 大人同士の付き合いになると、たとえ敬語が間違っていても指摘されることは少なくなります。 時間を割いてでも、社会人のマナーとして正しい敬語表現を覚えておきましょう。 「時間を割く」の敬語表現について解説します。 「時間を割く」という言葉は、相手の行動に対しての気遣いや感謝の意味を込めて使うことが多い表現です。 逆に、自分で使う時には、「わざわざ」と言ったニュアンスが強くなりますので、あまり相手に言わない方が良いこともあります。 注意して使いましょう。 敬語で表現する時は、「時間」「割く」をそれぞれ尊敬語にして使います。 敬語で使う時のポイントを詳しく解説します。 尊敬語として用いる時のポイント 相手の行動について、「時間を割く」を使う場合には、「時間」と「割く」の両方を尊敬語にして敬語表現にします。 自分が「時間を割く」場合の敬語表現は、特にありません。 「時間を割く」もしくは「時間を取る」のようにそのままの表現を使うようにします。 「お時間」 まず、「時間を割く」の「時間」を丁寧語にします。 時間は名詞なので、「お」をつけて言うようにします。 しかし、敬語にして「お時間を割く」とすると、くどく聞こえる場合があります。 その場合には、「時間」はそのままでも使えます。 より丁寧なニュアンスを伝えたいのであれば、「お時間」を使った方が相手への感情も伝わりやすいでしょう。 「割いていただく」・「割いてくださる」 「割く」を敬語表現にする場合は、後ろに「いただく」と「くださる」2つのパターンをつけて使うことができます。 「いただく」の場合は、「割いていただき、ありがとうございます」と使います。 「くださる」の場合は、「割いてくださり、ありがとうございます」と使います。 どちらの場合も、同じように相手への敬意を示す意味が込められていますので、好みのフレーズを使いましょう。 「時間を割く」を正しく使う 「時間を割く」は「わざわざ時間をとる」という意味の表現で、ビジネスでは約束を取り付ける時や、その後のお礼のメールなどでも使える便利な表現です。 「時間を割く」の敬語表現としては、「お時間を割いていただく」または「お時間を割いてくださる」を使うようにします。 会話で、相手に対して「自分が時間を割く」と言う場合は、「相手のために無理をして時間を作った」意味にもなりますので、注意が必要です。 別の表現も覚えておこう 「時間を割く」は「時間を取る」と言い換えることもできます。 「時間を取る」の場合も敬語表現は同じで、「お時間を取ってくださる(いただく)」を使うことができ、意味は同じです。 ぜひ、参考にしてみてください。 その他にもアポイントをとる時の表現、また相手の時間を使うという意味の表現については、別の記事でも解説していますので、ご一読いただければ幸いです。

次の

会うことに時間を割いてくれたお礼を言おう。相手の時間を尊重して、しすぎることはない。

時間を割いてくれてありがとう 英語

ika no futatsu ha keigo hyougen desu. dochira mo tadasii desu. kojin teki na kankaku de ha , A no hou ga , yawarakai insyou desu. A 「 o jikan wo sai te kudasa ri arigatou gozai masu. 」 B 「 jikan wo sai te itadaki arigatou gozai masu 」 ika ha keigo de ha ari mase n. yuujin ya kazoku ni tsukai masyo u. 「 jikan wo sai te kure te arigatou 」 dore mo tadasii desu. 「 ~ si te kudasaru 」 ha , aite ga jikan wo sai te kure ta koto nitaisuru keigo sonkei go desu. 「 ~ si te itadaki 」 ha , watasi ni jikan wo sai te kure ta koto nitaisuru keigo kenjou go desu. 「 sai te kure te arigatou 」 ha sono dochira de mo nai desu ga , yuujin ya douryou nitaisite tsukaeru hyougen desu.

次の

「わざわざ」は英語で?あえて手間をかける様子を伝える表現16選!

時間を割いてくれてありがとう 英語

自分のために時間を取ってくれた人へ「お時間をいただき」とか「お時間をさいていただき」「お時間をちょうだいし」というような言葉で感謝の気持ちを伝えます。 儀礼の決まり文句ではあります。 英語でも、時間をとってくれた人へのお礼の言葉は、社会生活のエチケットとして欠かせません。 そんなときによく使われているのが Thank you for your time. 「あなたの時間ありがとうございます」ですから、お時間を「いただき」「さいていただき」「ちょだいし」の部分をどう訳せばいいのだろうかと思案する必要はありません。 もちろん、 Thank you for taking your time. という言い方もよく使われていますが簡潔なThank you for your timeだけで、まったく同じメッセージを伝えることができます。 たとえば、「昨日はわたしたちのため、お時間をおとりいただき、ありがとうございます」なら Thank you for taking the time to meet with us yesterday. でも、 Thank you for your time to meet with us yesterday. でも同じです。 「お忙しいところ、お時間をとっていただきありがとうございます」なら Thank you very much for your time and I understand you are very busy. あるいは、「ありがたく思う」「感謝する」という意味のappreciateを使って I appreciate your time, I know you are very busy. という言い方もできます。 もう一段上の感謝の気持ちを伝えたい場合は、上の例同様、very much をはさみこんで Thank you very much for your time. とします。 さらにもっととなると、 Thank you very much for your time. I appreciate it. とI appreciate it. それをありがたく思っています をつけて、二重に感謝するという手もあります。 もうすこし、具体的に「本件に関して、お時間を割いていただき、お力添えいただき、本当にありがとうございます」と、感謝の言葉を述べるなら、 Thank you very much for your time and assistance in this matter. とか、 Thank you very much for your time and assistance regarding this matter. がよく使われています。 結びに一言。 Thank you for your time reading this article. その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典 本体 (www. waeijisho. net)をご覧ください。

次の