東方ロストワードガチャ単発。 『東方ロストワード』圧倒的火力を誇る綿月依姫の評価は?

【東方ロストワード】ガチャについて。確定演出・天井・確率など|1人でも攻略陣!東方ロストワード攻略まとめブログ

東方ロストワードガチャ単発

4月30日 木 ~• 【おすすめ度】• 東方ロストワードでは、パーティ編成にキャラが6体必要なので、持っているキャラが多いほど編成の幅が広がり、序盤の攻略が捗ります。 チュートリアルガチャもリセマラに含まれる チュートリアルガチャでもキャラが排出される 東方ロストワードでは、チュートリアル中に引けるガチャからもキャラが排出され、アプリ開始直後に引ける最初の1回目のガチャでは、キャラが1体確定で排出されます。 チュートリアルガチャは2回引ける チュートリアルガチャは、チュートリアル中にもう一度引けるため、合計2回 20連 回せます。 ただし、2回目のガチャでも同じようにキャラは排出されますが、確定ではありません。 あなたの選ぶリセマラ当たりキャラは? 皆さんの思う強いキャラをアンケートで募集中です。 【チュートリアルガチャ排出対象】• ・スペルカードが高火力• ・単体攻撃と全体攻撃の両方持ち• ・スキルで自身のステを超強化• ・毒霧付与で攻撃力ダウンデバフとダメージを両立• ・全体攻撃のスペルカード持ち• ・序盤の難所であるで有効• ・完凸で敵属性関係なく結界が破壊可能• ・属性耐性が非常に優秀で高難度で活躍• ・チェンジ連携で味方の霊力を上昇• ・序盤の難所であるで有効• ・ブースト時味方全体に陽攻バフ付与• ・陽攻パーティで活躍• ・序盤の難所であるで有効• 【チュートリアルガチャ排出対象】• ・敵全体に複数のデバフ付与• ・拡散ショットが全体で火力も高く使いやすい• ・序盤の難所であるで有効• 【事前登録配布キャラ】• ・全体攻撃スペルカードが強力• ・配布分と合わせが可能• ・スキルで自身の陰攻や命中上昇• ・相手の回避や陰防を下げられる• ・特性で霊力アップ持ち• 【チュートリアルガチャ排出対象】• ・スペルカードが高火力• ・単体攻撃と全体攻撃の両方持ち• ・スキルで速度ダウンの結界異常を付与• ・スキルで自身への火力バフ• ・グレイズ使用で自身の陽攻アップ• ・スペカで味方の命中率上昇• ・ヘイトダウンのスキルで生存力高めのバッファー• ・味方全体をクリティカルから回避• ・チェンジ連携で味方の霊力を上昇• ・すべての攻撃が無属性• ・スキルで味方全体にファスト付与• ・グレイズやスキルで陰攻アップ• ・自身の注目を下げられる• ・パワー連携持ち• ・燃焼付与で火力アップ• ・陽攻アップのスキル持ち• ・体力&結界異常を1枚回復できる Bランク おすすめしない キャラ 詳細• ・命中を上げられる• ・ブースト使用で陽攻を上げられる• ・攻撃デバフに特化した性能• ・暗闇を付与されたとき敵にも暗闇を付与• ・グレイズ使用時自身に速力バフ• ・スキルで暗闇を付与• ・命中デバフを付与可能• ・火力バフは持たない• ・高い攻撃ステータス• ・スペカ構成は単体が多め• ・序盤の難所であるで有効• ・回復能力に優れたヒーラー• ・グレイズ使用時味方全体の陽防を1段階アップ• ・スキルで自身の霊力を上昇できる• ・防御バフスキルが豊富• ・スキルで自身の霊力を上昇• ・スペカで敵の回避+命中ダウン• ・無属性攻撃で汎用性が高い• 【チュートリアルガチャ排出対象】• ・高い速力で先手を打てる• ・霊力を上げて火力上昇• ・特性のパターンが豊富• ・敵全体の命中をダウンする• ・結界異常を付与して妨害• ・wave開始時に先手で妨害可能• ・味方全体を回復可能• ・味方全体の攻撃や防御を上昇• ・自身の被ダメを減少• 【事前登録配布キャラ】• ・有利属性の被ダメダウン• ・ヘイトと防御をアップして高耐久補助• ・ターン開始時に結界増加• 【ログイン7日目配布キャラ】• ・不利属性からの被ダメダウン• ・味方全体を回復可能• ・結界増加で耐久補助 リセマラの終了基準 3体以上キャラを引く 配布キャラ3体は除く キャラを合計3体引ければリセマラを終了しても問題ありません。 最低3体引いておけば、配布で、、を入手できるので、パーティ編成の幅が広がります。 Sランクキャラ2体を引く Sランクキャラ2体も終了基準の一つです。 やは周回で、やは序盤の難所「紫 ゆかり 」との戦闘で活躍するため、探索を進めやすいです。 キャラボイスを変更することで課題クリアで賽銭1,000を入手できます。 ガチャの確定演出と排出確率 演出の種類 色の種類 緑色 金色 虹色 確定対象 演出パターン 星5絵札• 結晶の色が「虹色」に変化すると確定演出で、最高レアリティの星5絵札かキャラが排出されます。 色の変化は緑、金、虹色と順番に変化していく場合もあれば、最初から虹色の場合もあります。 変化演出が虹色から虹色で両方確定 10連ガチャを引いた場合、結晶が虹色の状態からエフェクトが発生し、再度虹色になった場合はキャラと星5絵札が確定します。 石の周りにエフェクト発生でキャラ確定 ガチャを引いた時、石の周りに虹色のエフェクト 円 が発生したらキャラ確定です。 単発、10連ガチャどちらでも発生する可能性があります。

次の

今から始める『東方ロストワード』攻略Q&A。当たりキャラは? 序盤にやるべきことは?

東方ロストワードガチャ単発

お賽銭を集める5つの方法 施設の賽銭箱から入手する 賽銭を稼ぐ最も代表格がお賽銭箱から入手する方法です。 お賽銭箱はレベルアップをすると、お金が溜まるスピードが増えます。 ここで少し注意点があり、レベルアップした後で上の施設の画面から賽銭を入手するだけではレベルアップが完了しません。 なのでレベルアップした後は賽銭箱の画面をちゃんと開くようにしましょう。 おつかいからお賽銭を入手する 施設の賽銭箱の次に賽銭を入手出来るのは、おつかいになります。 特におつかいで賽銭のマークがついているものはお賽銭を入手出来るので、普段から積極的に選択していきましょう。 課題を達成して賽銭を入手する 毎日・毎週の課題は賽銭を多めにもらえるので、積極的に課題を達成しましょう。 クエストでお賽銭を入手する お賽銭はクエストで入手することが出来ます。 ただ入手出来る量が少しなので、塵積の精神でゼニ集めしましょう。 難易度が高いクエストほど、より多くの賽銭を入手することが出来ます。 ショップで神結晶とお賽銭を交換する 最後は神結晶を消費してお賽銭と交換する方法があります。 ただしお賽銭よりも神結晶の方が貴重なので、おいのりを天井まで回したい時以外はお勧めしません。 お賽銭不足にならないようにするには ガチャを回しすぎない 賽銭不足を防ぐには、あまりガチャを回しすぎないようにする必要があります。 スマホゲームはガチャを回したくなりますが、むやみやたらに回さない方が良いです。 特に 封結晶で10連ガチャをするのは避けた方が良いですね。 大抵のスマホゲームは10連するとおまけがついてくることが多いですが、ロストワードは10連するメリットがないです。 10連回しても単発回しても同じなので、なるべく単発を回すのがオススメ。 社務所でアイテムを交換しすぎない 社務所で賽銭を使いすぎないようにしましょう。 賽銭が不足するといざお祈りをしたい時や、キャラや絵札を強化したい時にできなくなります。 賽銭と積極的に交換するのは封結晶くらいにとどめておきましょう。

次の

東方ロストワードで神結晶の使い道は?入手方法と合わせて徹底解説!

東方ロストワードガチャ単発

お賽銭を集める5つの方法 施設の賽銭箱から入手する 賽銭を稼ぐ最も代表格がお賽銭箱から入手する方法です。 お賽銭箱はレベルアップをすると、お金が溜まるスピードが増えます。 ここで少し注意点があり、レベルアップした後で上の施設の画面から賽銭を入手するだけではレベルアップが完了しません。 なのでレベルアップした後は賽銭箱の画面をちゃんと開くようにしましょう。 おつかいからお賽銭を入手する 施設の賽銭箱の次に賽銭を入手出来るのは、おつかいになります。 特におつかいで賽銭のマークがついているものはお賽銭を入手出来るので、普段から積極的に選択していきましょう。 課題を達成して賽銭を入手する 毎日・毎週の課題は賽銭を多めにもらえるので、積極的に課題を達成しましょう。 クエストでお賽銭を入手する お賽銭はクエストで入手することが出来ます。 ただ入手出来る量が少しなので、塵積の精神でゼニ集めしましょう。 難易度が高いクエストほど、より多くの賽銭を入手することが出来ます。 ショップで神結晶とお賽銭を交換する 最後は神結晶を消費してお賽銭と交換する方法があります。 ただしお賽銭よりも神結晶の方が貴重なので、おいのりを天井まで回したい時以外はお勧めしません。 お賽銭不足にならないようにするには ガチャを回しすぎない 賽銭不足を防ぐには、あまりガチャを回しすぎないようにする必要があります。 スマホゲームはガチャを回したくなりますが、むやみやたらに回さない方が良いです。 特に 封結晶で10連ガチャをするのは避けた方が良いですね。 大抵のスマホゲームは10連するとおまけがついてくることが多いですが、ロストワードは10連するメリットがないです。 10連回しても単発回しても同じなので、なるべく単発を回すのがオススメ。 社務所でアイテムを交換しすぎない 社務所で賽銭を使いすぎないようにしましょう。 賽銭が不足するといざお祈りをしたい時や、キャラや絵札を強化したい時にできなくなります。 賽銭と積極的に交換するのは封結晶くらいにとどめておきましょう。

次の