秋田 県 コロナ ウイルス 会見。 新型コロナ:秋田県、5都道県との往来自粛 6月18日まで要請 :日本経済新聞

秋田県では9病院で受け入れ 新型コロナの発生に備え:朝日新聞デジタル

秋田 県 コロナ ウイルス 会見

秋田県は3月6日、秋田市の60代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客で、船内で陽性と判定され都内で入院。 いったん陰性となり退院していたが、6日の検査で再び陽性となった。 東北地方での感染者の確認は、2月29日に仙台市で確認されて以降2例目。 秋田県によると、男性に熱やせきなどの症状はない。 入院した医療機関の指示で、経過観察のため県内の医療機関を受診し、判明したという。 男性は2月28日に都内の医療機関を退院し、羽田空港近くのホテルまでタクシーで移動し、宿泊した。 翌日、航空機で秋田空港に戻り、タクシーで帰宅した。 同居家族はおらず、濃厚接触者については調査中という。 1月に感染が判明した大阪市のガイドの女性も、いったん退院した後、検査で再び陽性と判定されている。 佐竹敬久知事は「退院後の人について全く国から情報がなく、非常にやりにくい」と訴えた。

次の

秋田県大館市のヨーロッパ帰国のコロナウイルス感染者は誰?行動経路や(受け入れ先)入院先の病院はどこ?│ひつまぶしブログ

秋田 県 コロナ ウイルス 会見

秋田県高校体育連盟は5日に会見を開き、新型コロナウイルスの感染拡大を受け中止となった、県高校総合体育大会の代わりの大会として「県高校体育大会」を開催することを発表した。 秋田県高体連の会見が始まる前に、秋田市の金足農業高校ウエイトリフティング部3年の村上裕麻選手は「自分たちは大会があると信じて切り替えて頑張ってきた。 やはり大会をやって締めくくりたい」と思いを語っていた。 そして秋田県高体連の木浪恒二会長は、中止が決まった県高校総体に代わる大会の大会名を「秋田県高校体育大会」とすることを発表した。 大会は7月17日から26日までの日程で行われ、県北・中央・県南の各地区での分散開催が原則となる。 分散の実施が難しい場合は、全県規模の大会を認める。 3年生にとっては最後の舞台ができたことになるが、手放しではまだ喜べない。 県高体連は開催の条件として 1、秋田県内に緊急事態宣言が出されていないこと 2、大会前に4週間以上練習を継続していること などを挙げている。 さらに選手は大会の1週間前から大会中まで37. 5度以上の発熱や味覚・嗅覚異常があった場合は参加を認めない。 代わりの大会が実施されることが決まったのは定時制と元々、全県大会がなかったヨット競技を除いた全29競技中25競技。 体操・レスリング・ハンドボール・カヌーの4競技は大会を行わないことが決まった。 行わない理由として秋田県高体連は「練習を再開して間がなく、7月までに体づくりができない可能性があり、安全が確保できないため」と説明している。 また、実施予定の競技の中でも開催に条件が付く競技がある。 ラグビー・剣道・柔道・ボクシングではそれぞれの競技団体が通常の練習を禁止しているところもあり、大会の4週間前までにその措置が解除されない場合、大会は中止となる。 ほかにも県高体連では感染予防対策として、原則無観客での実施、声を出しての応援の自粛、ハイタッチや握手の禁止を挙げている。 大会の実施は決まったが、県内で感染拡大があればこの舞台も中止となる可能性がある。 高校生はもちろん、我々もさらに感染予防への気持ちを持つ必要がある。

次の

【秋田コロナ】大館保健所管内で新型コロナウイルス感染者が確認される

秋田 県 コロナ ウイルス 会見

秋田県は27日、いずれも外国籍で同県由利本荘市に住む外国語指導助手(ALT)の20代女性と30代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 県内での感染確認は3、4例目。 県によると、2人を含む県内のALT8人は19日から22日まで仙台市に滞在した。 同市には車で移動し、市内のホテルに宿泊。 大型ショッピングセンターなどを訪れたという。 県は詳しい行動歴を調べている。 女性は24日に37.8度の発熱などの症状が現れ、医療機関で気管支炎と診断された。 27日に帰国者・接触者外来を受診。 県健康環境センターでPCR検査を実施し、陽性と判明した。 男性も24日に37.5度の発熱があり、26日に味覚と嗅覚障害の症状が現れた。 27日に陽性と判明した。 濃厚接触者は仙台に同行した6人。 うち1人にはPCR検査を実施し、陰性が確認された。 他の3人にもPCR検査を実施しており、残る2人は自宅待機中。 現時点で児童生徒との接触は確認されていない。 2人は仙台から戻った後の23、24日、勤務する由利本荘市内の小中学校で教職員と職員室で一緒に過ごすなどしており、県は感染の有無を調べる。

次の