西武 対 ソフトバンク。 5/21(火)・22(水)沖縄・那覇開催(福岡ソフトバンク戦)チケット情報について|埼玉西武ライオンズ

2019CS西武対ソフトバンク第2戦!試合前予想オッズ評価は…!?今井達也VS武田翔太!対戦成績は?|【初心者オススメ】ブックメーカーやり方始め方!<2020年>

西武 対 ソフトバンク

開幕前 [ ] 春季キャンプ中、捕手のが右肘の違和感を訴え、検査の結果右肘と判明、2月27日に神奈川県内の病院で「鏡視下右肘関節形成術」を受け全治3か月で開幕絶望となる。 また同じく捕手のが2月20日の練習中に左肩を、3月8日に手術を受け、復帰までに6か月を要すると診断され、残る唯一の一軍経験者が招集されたこともあり、オープン戦に1軍経験のない、らが同行する緊急事態となる。 これを受けて、3月27日、育成登録だった捕手と支配下契約を結ぶ。 堀内は2014年以降の育成ドラフトで獲得した25選手から初の支配下登録となった。 投手陣も、前年右肘内側側副靱帯再建手術を受けたの来日が開幕後まで遅れ、前年左肘骨片除去手術を受け、その後復帰していたは、左肩の違和感を訴え出遅れるなど 、故障者が多数出たこともあり、オープン戦は5勝10敗1分、12球団中10位の成績に終わる。 開幕後 [ ] 開幕投手となったが、2試合登板後に右肘付近の張りを訴え、出場選手登録を抹消され、開幕戦で勝利投手となったは、右肘の違和感を訴え、前年和田が受けたのと同様の手術を受けることになるなど、故障者が続出する。 さらに、4年連続60試合以上に登板し、前年には日本新記録のシーズン54セーブを挙げた絶対的クローザーのが、右股関節の張りで4月18日に出場選手登録を抹消され、同20日に米国へ帰国、現地で検査などの後、同27日までに手術を受け、シーズン中の復帰が絶望的となる。 開幕前からの怪我による捕手不足を補うため、4月18日、日本ハムからを金銭トレードで緊急獲得する。 4月終了時は12勝11敗の貯金1で、開幕8連勝でスタートダッシュに成功し4月終了時点で19勝5敗でパ・リーグタイ記録となる貯金14と独走した に6. 5ゲーム差をつけられる。 5月に入り、5月16日にに連勝した時点で貯金を6にまで伸ばし、首位西武との差を2. 5ゲーム差にまで縮めたが、その直後4連敗、22日にが1軍で618日ぶりとなる勝利を挙げ連敗を止めたが 、直後にさらに3連敗と一気に貯金を失い、結局交流戦直前迄で23勝23敗の5割に終わり、西武とのゲーム差は再び4. 5まで広がる。 交流戦では、、に6連勝するも、直後にとに4連敗、うち6月8日の中日戦では、前年までソフトバンクに所属したに「恩返し」勝利を献上 、続く3連戦にも負け越し、リーグでの順位も4位に転落 、には勝ち越したものの、6月17日の第3戦に敗れた時点で、工藤監督就任以来3年続いていた交流戦勝率1位の可能性が消滅 、最終的に11勝7敗でと同成績ながら規定によりロッテに次ぐ4位に終わる。 西武が10勝8敗に終わったため、首位西武との差は3. 5と若干縮まる。 交流戦後オールスターゲームまでは5勝7敗と負け越し、前半戦は39勝37敗の貯金2、と同率の3位で首位西武とのゲーム差は6. 5、2位日本ハムとのゲーム差は4. 0となる。 後半戦開幕となる7月16日、同月契約した元の左腕投手が来日。 オールスター戦明けの西武戦で連勝し貯金を4とした直後、翌日での西武戦に5-12と大敗したのを皮切りに4連敗で一気に貯金0となり、7月28日に楽天に連敗しついに借金1となる。 7月29日には、前年育成ドラフト4位で獲得したを支配下登録。 その後は約半月、借金0と2の間を推移、8月11日に日本ハム戦で敗れ再び借金1となった時点で、首位西武とのゲーム差がシーズン最大の11. 5まで広がるが、8月12日の日本ハム戦で勝利し勝率を5割に戻すとそこから3連勝、8月17日のオリックス戦から9連勝、その後4連勝2回で、9月12日の楽天戦までの25試合を21勝4敗と首位西武を猛追、同じ期間を貯金0だった西武とのゲーム差が3. 0にまで縮まる。 しかし、9月15日からのでの直接対決で西武に3連敗しゲーム差を6. 5まで再び広げられると同時に西武に優勝マジック11が点灯 、直後に7連勝し、西武が1つでも負ければマジック消滅で自力優勝の可能性が復活するところが、西武も10連勝でマジックを5に減らし 、9月27日からの直接対決では再びメットライフドームで西武に連敗し西武はマジック1、29日には勝利し、直接対決での優勝決定こそ免れたものの、翌30日のでのロッテ戦に敗れ、優勝マジック1としていた西武の優勝がその時点で決定した。 最終的に、4年連続で80勝を超え、82勝60敗1分の2位でレギュラーシーズンを終える。 が2015年以来2度目となる首位打者(. 352)と、4年連続となる最高出塁率(. 431)の2冠を獲得し、本塁打36、打点102はいずれも自己最高記録を更新した ほか、が打率. 292で打率リーグ6位、またが打率. 270ながら三塁打14本を放ち、2014年の(日本ハム)、2009年の(楽天)、2003年の(ダイエー)、1997年の(西武)らのシーズン13本を超え、平成期の両リーグ最多記録を更新するとともに、日本プロ野球史上4位タイ、1953年に(阪急)が三塁打16本の記録を残して以来65年ぶり、ホークスでは南海時代のが1950年に15本を打って以来68年ぶりに13本超えを果たした。 一方、投手陣は、千賀滉大とがともに13勝を挙げ、岩嵜、サファテの故障の穴を埋める形で抑えとなったが37セーブで最優秀救援投手となり、岩嵜に代わりセットアッパーとなったがチーム史上最多タイとなる72試合に登板しリーグ3位の35ホールドを記録するなどしたが、最も投球イニングの多かった千賀滉大でも141イニングに終わり、南海時代の1956年以来62年ぶりに規定投球回数に達した投手が1人も出ない事態となった。 また、が盗塁阻止率で12球団唯一の4割超えとなる. 447を記録、も甲斐に次ぐ盗塁阻止率. 385を記録、盗塁王を獲得した(日本ハム)の盗塁を阻止したのはソフトバンクのみ(甲斐2回、高谷1回)と、機動力封じに貢献した。 守備率でも、今宮、内川の故障や松田の不振などで内野のポジションを固定できず、6球団で最多の29人もの選手が内野守備に就いたが、 守備率は. 989で2015年から4年連続のリーグ1位を記録した。 では、ヤフオクドームで開催されたファーストステージで日本ハムを2勝1敗で倒し、メットライフドームで開催されたファイナルステージでは、シーズン中3勝9敗と苦手にしていた同球場で、9月にプロ9年目にして対ソフトバンク初勝利を挙げたを攻略し初戦を勝利、続く第2戦を落とすが、第3戦でクライマックスシリーズ最多タイ記録の1試合15得点で大勝してから3連勝で4勝2敗(西武の1勝はリーグ優勝によるアドバンテージ)、チーム初となるシーズン2位からの出場を決める。 日本シリーズでは、シリーズ初対戦となるに、では初戦を引き分け、2戦目は1-5で落とすも、ヤフオクドームで3連勝、日本シリーズでは本拠地で12連勝となりシリーズ新記録となる。 再びマツダスタジアムで行われた第6戦では3安打ながら継投で広島を完封、4連勝で4勝1分1敗とし、2年連続の日本一を達成した。 5 日本ハム 1. 0 日本ハム 0. 0 日本ハム 3. 0 ソフトバンク 6. 0 ソフトバンク 6. 5 3位 ソフトバンク 6. 5 ソフトバンク 3. 5 ソフトバンク 3. 0 ソフトバンク 9. 5 日本ハム 7. 0 日本ハム 13. 5 4位 ロッテ 7. 0 オリックス 5. 0 オリックス 4. 0 ロッテ ロッテ 14. 5 オリックス 21. 5 5位 オリックス 9. 5 ロッテ 7. 0 ロッテ 4. 0 オリックス 11. 5 オリックス 15. 0 ロッテ 28. 5 6位 楽天 13. 5 楽天 12. 0 楽天 13. 5 楽天 15. 0 楽天 21. 0 楽天 29. 5 期間 成績 12勝11敗 勝率. 522 14勝12敗 勝率. 538 11勝10敗 勝率. 524 6勝11敗1分 勝率. 353 18勝6敗 勝率. 750 21勝10敗 勝率. 677 最終成績 順位 優勝 88 53 2. 624 --- 2位 82 60 1. 577 6. 5 3位 74 66 3. 529 13. 5 4位 65 73 5. 471 21. 5 5位 59 81 3. 421 28. 5 6位 58 82 3. 414 29. 5 セ・パ交流戦 [ ] 日本生命セ・パ交流戦2018 最終成績 順位 優勝 東京ヤクルトスワローズ 12 6 0. 667 --- 2位 オリックス・バファローズ 11 6 1. 647 0. 5 3位 千葉ロッテマリーンズ 11 7 0. 611 1. 0 4位 福岡ソフトバンクホークス 11 7 0. 611 1. 0 5位 北海道日本ハムファイターズ 10 8 0. 556 2. 0 6位 埼玉西武ライオンズ 10 8 0. 556 2. 0 7位 読売ジャイアンツ 8 10 0. 444 4. 0 8位 横浜DeNAベイスターズ 8 10 0. 444 4. 0 9位 中日ドラゴンズ 7 11 0. 389 5. 0 10位 広島東洋カープ 7 11 0. 389 5. 0 11位 阪神タイガース 6 11 1. 353 5. 5 12位 東北楽天ゴールデンイーグルス 6 12 0. 333 6. 0 クライマックスシリーズ [ ] 日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場 10月13日(土) 第1戦 北海道日本ハムファイターズ 3 - 8 福岡ソフトバンクホークス 10月14日(日) 第2戦 北海道日本ハムファイターズ 4 - 2 福岡ソフトバンクホークス 10月15日(月) 第3戦 北海道日本ハムファイターズ 2 - 5 福岡ソフトバンクホークス 勝者:福岡ソフトバンクホークス 日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場 アドバンテージ 福岡ソフトバンクホークス 埼玉西武ライオンズ 10月17日(水) 第1戦 福岡ソフトバンクホークス 10 - 4 埼玉西武ライオンズ 10月18日(木) 第2戦 福岡ソフトバンクホークス 5 - 13 埼玉西武ライオンズ 10月19日(金) 第3戦 福岡ソフトバンクホークス 15 - 4 埼玉西武ライオンズ 10月20日(土) 第4戦 福岡ソフトバンクホークス 8 - 2 埼玉西武ライオンズ 10月21日(日) 第5戦 福岡ソフトバンクホークス 6 - 5 埼玉西武ライオンズ 勝者:福岡ソフトバンクホークス 日本シリーズ [ ] 日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場 10月27日(土) 福岡ソフトバンクホークス 2 - 2 広島東洋カープ 10月28日(日) 福岡ソフトバンクホークス 1 - 5 広島東洋カープ 10月29日(月) 移動日 10月30日(火) 広島東洋カープ 8 - 9 福岡ソフトバンクホークス 10月31日(水) 広島東洋カープ 1 - 4 福岡ソフトバンクホークス 11月1日(木) 広島東洋カープ 4 - 5x 福岡ソフトバンクホークス 11月2日(金) 移動日 11月3日(土) 福岡ソフトバンクホークス 2 - 0 広島東洋カープ MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島 優勝: 福岡ソフトバンクホークス(2年連続9回目) 入団・退団 [ ] シーズン開幕前 [ ] 本節では、前レギュラーシーズン終了から本シーズン開幕までの支配下選手・育成選手の登録・抹消について記述する。 なお、抹消の去就は球団職員又はスポーツ関係・芸能関係の職業に転身した場合のみを記載し、空欄は前述以外の一般職業に転身もしくは去就不明を示す。 また、退団区分は自由契約・任意引退・詳細不明である場合については、記載しない。 支配下選手 登録 抹消 No 選手名 前所属 区分 No 選手名 去就 区分 投手 26 ドラフト1位 18 28 ドラフト2位 28 34 ドラフト4位 34 トレード1 56 ドラフト5位 39 育成再契約 56 捕手 39 育成選手 支配下登録 22 トレード2 33 FA移籍 内野手 22 トレード2 27 傘下 27 新外国人 52 外野手 33 ドラフト3位 育成選手 登録 抹消 No 選手名 前所属 区分 No 選手名 去就 区分 投手 120 育成ドラフト1位 133 育成ドラフト4位 140 育成ドラフト6位 143 島袋洋奨 支配下選手 再契約 捕手 131 堀内汰門 開幕前に支配下登録 支配下登録 内野手 121 育成ドラフト2位 127 育成ドラフト3位 外野手 139 育成ドラフト5位 育成再契約 No. 選手名 投手 122 123 126 128 外野手 124 シーズン開幕後 [ ] 本節では、本シーズン開幕から終了までの入退団について記述する。 支配下選手 入団 退団 月 No. 選手名 守備 前所属 入団区分 退団区分 No. 色付きは規定投球回数(143イニング)以上の選手• 太字はリーグ最高。 選 手 登 板 完 投 完 封 勝 利 敗 戦 セ | ブ ホ | ル ド 勝 率 投 球 回 被 安 打 被 本 塁 打 与 四 球 奪 三 振 失 点 自 責 点 防 御 率 22 1 1 13 7 0 0. 650 141. 0 116 21 58 163 57 55 3. 51 23 0 0 10 7 0 0. 588 138. 0 113 21 61 127 68 66 4. 30 42 0 0 13 6 0 6. 684 127. 1 115 20 43 96 55 51 3. 60 27 3 3 4 9 1 0. 308 124. 2 123 11 37 87 67 62 4. 48 17 2 0 7 5 0 0. 583 103. 0 91 15 32 83 42 38 3. 32 23 0 0 5 3 0 0. 625 91. 2 87 13 57 79 54 53 5. 20 72 0 0 4 3 0 31. 571 66. 2 67 5 25 53 25 25 3. 38 66 0 0 2 4 37 6. 333 61. 1 51 7 19 61 20 19 2. 79 11 0 0 3 2 0 0. 600 48. 2 45 6 13 36 21 21 3. 88 8 0 0 6 1 0 0. 857 47. 2 28 3 27 40 10 10 1. 89 49 0 0 5 1 0 13. 833 45. 2 31 6 24 57 23 23 4. 53 23 0 0 1 0 0 0 1. 000 38. 1 37 3 15 21 13 13 3. 05 67 0 0 2 1 0 25. 667 33. 0 17 3 11 28 11 9 2. 45 35 0 0 1 0 1 4 1. 000 30. 1 33 3 19 17 19 18 5. 34 12 0 0 0 1 0 0. 000 30. 0 23 2 13 15 10 10 3. 00 7 0 0 2 4 0 0. 333 29. 2 28 7 18 23 19 17 5. 16 6 0 0 1 2 0 0. 333 28. 2 25 5 14 20 11 11 3. 45 21 0 0 0 0 0 4 ---- 26. 1 25 1 18 20 8 7 2. 39 23 0 0 0 1 0 2. 000 20. 0 23 2 11 14 11 10 4. 50 10 0 0 0 1 0 0. 000 13. 2 18 6 6 15 13 13 8. 56 11 0 0 1 1 0 3. 500 10. 0 15 1 5 10 7 7 6. 30 9 0 0 0 1 0 0. 000 7. 2 11 1 6 4 6 6 7. 04 6 0 0 1 0 5 0 1. 000 6. 0 4 0 3 9 2 2 3. 00 2 0 0 0 0 0 0 ---- 3. 0 2 0 3 6 2 2 6. 00 2 0 0 1 0 0 1 1. 000 2. 0 0 0 0 2 0 0 0. 00 1 0 0 0 0 0 0 ---- 2. 0 2 1 0 1 2 2 9. 00 1 0 0 0 0 0 0 ---- 1. 0 2 0 0 0 1 1 9. 00 1 0 0 0 0 0 0 ---- 0. 1 0 0 1 0 2 2 54. 00 野手成績 [ ]• 色付きは規定打席(443打席)以上の選手• 太字はリーグ最高。 選 手 試 合 打 席 打 数 得 点 安 打 二 塁 打 三 塁 打 本 塁 打 打 点 盗 塁 犠 打 犠 飛 四 球 三 振 打 率 出 塁 率 143 608 551 88 149 26 14 22 62 13 17 3 30 117. 270. 315 143 580 517 72 128 21 3 32 82 3 0 3 56 113. 248. 324 136 580 506 57 148 28 1 14 57 1 3 6 60 68. 292. 369 130 550 475 95 167 29 5 36 102 21 0 5 62 105. 352. 431 116 469 407 62 97 15 1 29 74 0 0 3 55 93. 238. 333 99 405 354 45 94 18 1 11 45 5 22 2 25 60. 266. 316 133 363 314 27 67 13 1 7 37 2 23 0 26 79. 213. 274 71 296 281 27 68 11 0 8 30 1 0 3 9 32. 242. 270 59 264 249 32 79 12 4 3 26 9 3 2 8 33. 317. 341 54 202 185 29 54 6 1 9 30 1 0 1 15 34. 292. 347 74 153 133 13 25 3 2 2 15 2 6 0 12 36. 188. 265 91 152 142 17 38 5 0 3 16 2 0 3 7 31. 268. 296 110 128 118 28 31 6 0 7 15 6 4 0 4 35. 263. 298 45 115 103 16 29 5 3 1 12 2 0 0 11 21. 282. 357 72 113 109 18 23 3 0 4 16 3 2 1 1 37. 211. 216 55 112 101 15 29 6 0 5 20 0 0 1 9 18. 287. 348 33 101 85 15 22 3 2 1 8 5 5 3 8 17. 259. 313 73 57 52 5 9 1 0 1 4 0 3 0 1 11. 173. 204 25 51 42 2 7 1 1 2 5 0 8 0 0 11. 167. 186 25 45 37 8 10 2 0 3 6 0 2 0 6 13. 270. 372 13 36 32 3 6 1 0 0 2 1 2 0 2 9. 188. 235 41 26 24 8 4 1 0 1 2 3 1 0 1 9. 167. 200 11 9 9 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 4. 111. 111 6 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2. 000. 000 5 5 5 2 3 1 0 1 1 0 0 0 0 2. 600. 600 表彰 [ ]• (5月)• MVP• 優秀選手賞• (6月)• オールスターゲーム敢闘選手賞(第1戦)• 月間MVP(8月)• スカパー! サヨナラ賞(8月)• 日本シリーズMVP• ゴールデングラブ賞• 日本シリーズ優秀選手賞• 日本シリーズ優秀選手賞 達成記録 [ ]• 4月21日 - 柳田悠岐がサイクル安打、史上65人目、通算70度目。 5月9日 - 内川聖一が通算2000安打、史上51人目。 5月25日 - アルフレド・デスパイネが通算150本塁打、史上287人目。 5月31日 - 中田賢一が通算1500投球回、史上177人目。 8月26日 - 中田賢一が通算100勝、史上136人目。 10月5日 - 柳田悠岐が通算150本塁打。 史上170人目。 ドラフト指名選手 [ ]• Full-Count. Creative2 2018年2月27日. 2018年11月7日閲覧。 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 2018年3月8日. 2018年11月7日閲覧。 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 2018年3月27日. 2018年11月7日閲覧。 西日本スポーツ. 西日本新聞社 2018年4月9日. 2018年11月7日閲覧。 西日本新聞. 西日本新聞社 2018年4月28日. 2018年11月7日閲覧。 ニッカンスポーツ. 日刊スポーツ新聞社 2018年4月18日. 2018年11月7日閲覧。 サンスポ. 産経デジタル 2018年5月1日. 2018年11月7日閲覧。 ニッカンスポーツ. 日刊スポーツ新聞社 2018年5月22日. 2018年11月8日閲覧。 Full-Count. Creative2 2018年5月29日. 2018年11月7日閲覧。 ニッカンスポーツ. 日刊スポーツ新聞社 2018年6月8日. 2018年11月7日閲覧。 西日本新聞. 西日本新聞社 2018年6月14日. 2018年11月7日閲覧。 ニッカンスポーツ. 日刊スポーツ新聞社 2018年6月18日. 2018年11月8日閲覧。 西日本新聞. 西日本新聞社 2018年7月17日. 2018年11月7日閲覧。 西日本新聞. 西日本新聞社 2018年7月28日. 2018年11月7日閲覧。 西日本新聞. 西日本新聞社 2018年7月29日. 2018年11月7日閲覧。 リアルライブ 2018年9月14日. 2018年11月7日閲覧。 Full-Count. Creative2 2018年9月17日. 2018年11月7日閲覧。 西日本新聞. 西日本新聞社 2018年9月25日. 2018年11月7日閲覧。 西日本新聞. 西日本新聞社 2018年9月30日. 2018年11月7日閲覧。 ニッカンスポーツ. 日刊スポーツ新聞社 2018年10月9日. 2018年11月8日閲覧。 Full-Count. Creative2 2018年10月7日. 2018年11月8日閲覧。 日本プロ野球機構. 2018年11月10日閲覧。 ニッカンスポーツ. 日刊スポーツ新聞社 2018年10月5日. 2018年11月8日閲覧。 Full-Count. Creative2 2018年11月17日. 2018年11月17日閲覧。 Full-Count. Creative2 2018年11月17日. 2018年11月17日閲覧。 NPBHP• 福岡ソフトバンクホークス公式HP• NPBHP• 福岡ソフトバンクホークス公式HP 2017年12月21日. 2017年12月22日閲覧。 福岡ソフトバンクホークス公式HP 2018年3月27日. 2018年3月28日閲覧。 福岡ソフトバンクホークス公式HP 2018年7月29日. 2018年7月30日閲覧。 関連項目 [ ]•

次の

【ソフトバンク対西武3回戦】ソフトバンクが3-1で西武を破り開幕3連勝! 柳田が連日の逆転弾&高橋礼がプロ初勝利 西武は開幕3連敗・・・

西武 対 ソフトバンク

31日、ヤフオクドームで行われた西武戦。 1点ビハインドの6回に柳田が2日連続の逆転弾を放って試合をひっくり返し、投手陣の力投で逃げ切った。 1点ビハインドで迎えた6回だ。 1死から今宮が死球を受けて出塁すると、主砲が一振りで仕留めた。 西武先発の高橋光が投じた真っ直ぐを捉えると、打球は左中間スタンドへと飛び込んだ。 試合をひっくり返す2号2ラン。 さらに7回には上林が今季初アーチとなる1号ソロを放ってリードを広げた。 先発の高橋礼は緩急を巧みに使い、西武打線を翻弄。 5回に中村にソロ本塁打を浴びたものの、自己最長となる6回を4安打1失点に抑える好投を見せた。 6回裏の攻撃で味方が逆転に成功し、2年目で嬉しいプロ初勝利をマークした。 7回からはモイネロ、嘉弥真と繋ぎ、8回1死一塁の場面からはドラフト1位ルーキー甲斐野がマウンドへ。 山川をフォークで空振り三振に仕留めると、森には四球を与えたものの、外崎を三ゴロに仕留めた。 9回は3連投となった森が締めて開幕3連勝とした。 西武は5回に中村が今季初アーチとなる1号ソロを放って1点を先制。 だが、先発の高橋光が6回に柳田に逆転2ランを浴びて試合をひっくり返されると、6回以降はソフトバンク投手陣に封じられて、痛い開幕3連敗。 ヤフオクドームでは昨季から9連敗となった。

次の

2019CS西武対ソフトバンク第2戦!試合前予想オッズ評価は…!?今井達也VS武田翔太!対戦成績は?|【初心者オススメ】ブックメーカーやり方始め方!<2020年>

西武 対 ソフトバンク

経歴 [ ] アマチュア時代 [ ] の農家で兄、姉それぞれ3人ずつの7人兄弟の末っ子として生まれる。 小学校5年生の時に野球を始め、クラブが全寮制だったため親元を離れた。 台南長栄中から長栄高等中学に進み、2年生の時にからに転向している。 この頃、初めて郭を見に来たプロのスカウトがの人間だったという。 高校卒業後はに入り、には野球部に入隊。 同年のでとして活躍し、各国のスカウトの注目を集める。 のアジア予選も兼ねて実施されたのでは、チャイニーズタイペイ、、の3カ国同時優勝に貢献。 さらにとのロサンゼルスオリンピック代表決定戦(韓国は既に出場決定)では、との投げ合いを9回2安打1四球のサヨナラ勝ちで制し 、出場権獲得の立役者となった。 一時はのや、、、のや西武、、、などが獲得を検討するほどだった。 のロサンゼルスオリンピックにもチャイニーズタイペイ代表として参加し、この頃には入団先は巨人と西武に絞られていた。 最終的に台湾は銅メダルを獲得し、郭自身は8000万円(推定)で西武への入団が決まった。 西武時代 [ ] プロ1年目のは自主トレの投球練習から監督や投手コーチの高い評価を受けた。 その後も広岡のキャンプに耐え 、初登板となったの対戦でいきなり完投勝利を挙げる。 これでプロで投げていく自信がついたといい 、4月は3完投で2勝0敗、は0. 32という好成績でを受賞。 5月は5試合に登板して3勝を挙げたものの、18日の戦では6回途中7失点、28日の戦では7回5失点で連続KOされて敗戦投手となっている。 しかし、の対戦()では1978年の以来となるを達成。 これでの争いにも加わったが、同年はシーズン途中で肩を痛めたため離脱。 登板15試合にとどまったが、最終的には9勝を挙げた。 なお、新人王はにも達したのが獲得した。 2年目のはキャンプ終盤まで肩痛が残っており、肩を心配した新監督のの方針で開幕からに回り 、16を記録。 はに定着し、自身初の二桁勝利となる13勝を挙げる。 肩痛で一時チームを離れた が、第3戦ではとの投手戦を1失点の完投で制し、シリーズ初勝利を挙げた。 子供の頃から台湾のヒーローだった監督率いる巨人が相手だったため、喜びが倍増したという。 オフにはと共に台湾でや、運動療法などによる肩のケアを行なった。 はシーズン初先発のの対戦で8回を投げて12安打、6失点の内容ながら9点の援護をもらって勝利を挙げると 、そのままの対戦まで12試合に先発して10勝0敗という好スタートを切った。 この間、には対日本ハム戦でと投げ合い、187球を投げて延長12回を完投し引き分けに持ち込んでいる。 また6月には全て完投で4勝を挙げ、防御率1.25で2度目の月間MVPに選ばれている。 シーズン前半は最多勝争いを独走し、では同年セ・リーグでブレイクしたとの台湾人対決が期待された が、の対南海戦で延長11回を完投して負けた直後にヒジ痛を訴えてオールスターには推薦されなかった。 オールスター後のの対近鉄戦では1失点で完投勝利を挙げたがにヒジ痛のため登録を抹消され 、最終的に前年と同じ13勝となり初タイトルとなるを獲得している。 では第2戦に先発し、7回まで3失点に抑えるも8回に4点を失い敗戦投手となった。 この試合では7回からが登板し、台湾人同士の投げ合いが実現している。 27となった。 なお、の対ロッテ戦では初めてとの先発対決が実現し、0対1で敗れている。 同年は自身最低の10敗(10勝)となった が、チームトップの防御率が評価されて10%増の年俸6600万円(推定)で契約を更改している。 翌は初めてに出場し、第1戦で1イニングを投げてパ・リーグの完封リレーの一翼を担っている。 同年はヒジや肩の故障で4年ぶりにを割り込んだ が、18試合で9勝を挙げた。 では第4戦に先発して6回を3失点に抑え、3年ぶりにシリーズでの勝利を挙げている。 のキャンプでは同じ投手のが競争相手となったが、の対近鉄戦ではシーズンベストの投球内容 で1失点完投。 オールスター前には5連敗するも、同期間の調整が功を奏しての対ロッテ戦からの対戦まで 、パ・リーグ歴代2位 となる9連続完投勝利を記録した。 この間の8月、9月はいずれも無敗の4完投勝利、防御率もそれぞれ2. 00、1. 00という好成績をおさめて2ヶ月連続で月間MVPを受賞し、やの一時離脱 を十分カバーしている。 また同年は優勝を争ったに対して防御率0. 78で7勝1敗と好投して優勝の原動力となり 、やに輝いた。 第6戦では5回を1失点に抑え、継投したが勝利投手となった。 はの対近鉄戦で腰痛を訴えて途中降板し、これを理由にを直前で辞退した。 これについて他球団からの疑いを指摘されて物議を醸し、球団側が自主的に後半戦開始直後の10試合をベンチから外している。 シーズン終盤のの対オリックス戦からの対日本ハム戦まで、パ・リーグタイ記録となる3試合連続完封勝利 を挙げるなど、同年は14勝を挙げた。 この年は2年連続となるを受賞している。 オフには3000万円増の年俸1億3000万円(推定)で契約を更改した。 は3年ぶりに二桁勝利に届かず、8勝8敗に終わる。 またオフには台湾人女優のと結婚し、これを契機に張は女優業を引退した。 は開幕から打ち込まれる試合が続くも打線の援護に恵まれ、開幕9連勝を飾る。 の対日本ハム戦で完封で通算101勝目を挙げ、外国人選手としてNPBの通算最多勝利記録を更新した。 シーズンでは9連勝は挙げたが先発での投球内容は悪く8月には4連敗を記録し、9月にはと共に先発ローテーションから外れリリーフに回る。 先発時同様に勝運に恵まれリリーフでは自責点僅か1だったこともあり6試合に登板し4勝0敗防御率0. 71と好成績を収めリーグ優勝に貢献 先発での成績は16試合9勝4敗防御率5. 規定投球回に達した投手の中でリーグ最低の防御率4. 98ながら、13勝5敗で自身2度目となる最高勝率のタイトルを獲得。 は、前年とは逆に好投しても打線の援護に恵まれない試合が続いた。 それでもとのタイトルを最後まで争ったが、シーズン終盤に右手首を痛めて伊良部と0. 01差の防御率2. 54で惜しくもタイトルを逃している。 この手首の故障が大きな原因となり、翌は0勝6敗に終わった。 なお、同年オフには外国人選手として初めて権を取得、規定により翌年からはから外れることとなった。 しかしも復活する事はなく、9月に現役引退を表明。 最終戦となるの対ダイエー戦の先発が引退登板となり、長年チームメイトでもあったがダイエーの1番打者として出場し、全て直球を投げて中飛に打ち取った。 なお、この試合では秋山の打席を終えると、同じく引退するに交代した。 現役引退後 [ ] その後は台湾大聯盟からの要請もあり台湾に帰国し 、技術顧問としてを台湾に呼び寄せるなどの活動を経て、からにかけては・の監督を務めた。 に台湾代表監督に就任して翌年の出場を目指したが、予選となるで、韓国に敗れ3位に終わり出場権を逃した。 その責任を取りに台湾代表監督を辞任し、後任にはが就任している。 には、同年のの投手コーチを務めた。 のではチャイニーズタイペイ代表の投手コーチを務めている。 2013年からはの一軍投手コーチ(ブルペン)に就任。 同年は先発のチーム防御率がリーグワースト2位の4. 14と低迷した。 2014年は一軍投手コーチ(ベンチ)を担当し、11月5日に今季限りで退団することが発表された。 同年11月11日にの一軍ヘッド兼投手コーチに就任することが発表された。 6月29日に、のチャイニーズタイペイ代表監督を務めた。 同年オフにの一軍監督就任。 開幕前のに「侍ジャパン強化試合 日本 vs チャイニーズタイペイ」のチャイニーズタイペイ代表コーチを務め 、に「」のチャイニーズタイペイ代表監督に選出された事が発表された。 同年オフに成績不振での一軍監督辞任を表明し 、にが顧問として迎えることが分かった。 選手としての特徴 [ ] 投球 [ ] 投球フォームは。 バッテリーを組んだは「とにかく速い。 最初に(投球を)受けたとき、こんな投手がいるのか、と衝撃を受けた」といい 、も「僕が一番、速い球を投げる。 そう思っていたのは、郭泰源の球を見るまで」と述べている。 において郭との対戦経験を持つは「(郭の)当時の速球は、(セーブ数の日本タイ記録を残した)頃のにも劣らない」と評している。 制球力は西武黄金期の投手陣の中でも1・2を争うほどの良さと言われた。 それもこの辺 オーバースロー じゃなくてこの辺 スリークォーター からくるだろう そりゃ凄かったね」と身振り手振りを交えて語っている。 郭自身は若い時からシュートを一番の武器と考え 、シュートの調子が悪い時にはスライダーを多投した。 スライダーはのような軌道で、球速を落とさずに真横に変化して常に低めに決まり 、を取るのに非常に有効だったという。 郭自身、「困ったときはシュートだった。 それがあったからスライダーが生きたと思うんです」と述べている。 スライダーは伊東勤にとって西武の全投手の中で最も印象に残ったほどの変化球で、郭はこの球のサインに首を振った事が全く無かったといい 、「調子がいいときなら、ほとんどミットを動かさなくていい。 高めに浮くこともないし、受けていて、これほど楽で、楽しい投手はいなかったですね」と振り返っている。 1985年の5月に一時的にスランプに陥った際には、から「速球だけでは通用しない」とアドバイスされたことを受け、速球を見せ球にして変化球でかわすピッチングを心がけていたが、速球で打者をねじ伏せる姿を期待していたファンは「超特急とは名ばかり」と不満をあらわにした。 には、球が見やすく速球主体の投手が不利とされたデーゲーム で連勝を重ねるなど、来日3年目の頃から変化球をうまく使う投球スタイルを確立した。 逆に変化するシュートを持つために打者はスライダーに対して踏み込みにくくなり、これに加えてやなどの緩い球も有効に使っていた。 郭の後にマウンドに上がったは、足場が全く掘れていないことに驚いたと後年振り返っている。 また伊東によると「大舞台で本気になるけど、たいていは80パーセントくらいの力で投げていた」という。 調整方法 [ ] 1980年代、日本球界で中4日もしくは5日のが一般化していた中、郭はとともに中6日ローテーションの先駆的な存在である。 当時の主力投手としては珍しく200イニング以上投げた年がなく、故障の多さから「」と揶揄されるほどであった。 肩やヒジの負担を抑えるため中6日もしくは5日での先発を基本とし 、登板翌日は軽く汗を流し2日目もランニング程度、3日目はキャッチボールで4、5日目に80%程度の力で60-70球を投げ、6日目は汗を流す程度で翌日の登板に備える、という調整を行なっていた。 台湾人選手として [ ] 台湾にプロ野球がない時代からで活躍した台湾人選手の嚆矢として、やとともにと並び称された。 通算117勝は外国人投手としては歴代最多、NPB全体でも歴代86位(2010年現在)に当たる。 体格的に日本人と差がなくプロ野球の経験もない状態で来日しており、またシーズン中の扱いは日本人同様である事などから、台湾人選手にもの規定を一律に適用する事に対して配慮を願っていた。 の顧問時代には投手コーチを求めてに相談してを選手兼任コーチとして招聘し、の台湾球界入りも斡旋するなど、台湾球界の発展に大きく貢献した。 また、、ら台湾人選手の日本球界入りをアシストしている。 詳細情報 [ ] 年度別投手成績 [ ] 15 15 9 3 0 9 5 0 --. 643 484 117. 2 89 14 48 1 4 75 1 0 44 33 2. 52 1. 16 39 9 5 1 0 5 7 16 --. 417 450 108. 1 93 10 38 7 0 105 1 0 39 35 2. 91 1. 21 22 21 11 2 0 13 4 0 --. 765 640 158. 0 136 12 40 6 4 81 2 1 56 53 3. 02 1. 11 19 18 15 1 3 13 3 1 --. 813 583 149. 1 113 10 23 3 2 76 0 0 50 40 2. 41 0. 91 26 26 14 4 1 10 10 0 --. 500 804 198. 1 172 15 49 7 3 117 2 0 78 72 3. 27 1. 11 18 17 5 1 0 9 4 0 --. 692 504 119. 1 113 14 44 0 2 84 2 0 53 47 3. 54 1. 32 24 23 12 4 1 15 6 1 --. 714 721 184. 1 162 17 30 3 1 108 0 0 54 53 2. 59 1. 04 23 23 9 3 0 14 4 0 --. 778 661 168. 0 128 17 44 5 4 108 1 1 54 45 2. 41 1. 02 22 22 4 1 1 8 8 0 --. 500 540 133. 1 121 15 26 0 4 88 3 0 56 52 3. 51 1. 10 27 21 4 2 0 13 5 0 --. 722 569 130. 0 137 23 52 2 3 86 1 0 75 72 4. 98 1. 45 22 22 3 2 0 8 6 0 --. 571 642 163. 0 131 11 34 2 6 115 0 0 48 46 2. 54 1. 01 14 11 1 0 0 0 6 0 --. 000 248 52. 1 72 9 22 3 1 26 1 0 48 43 7. 39 1. 80 1 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 1 0. 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0. 00 0. 00 通算:13年 272 229 92 24 6 117 68 18 --. 632 6847 1682. 1 1467 167 450 39 34 1069 14 2 655 591 3. 16 1. 各年度の 太字はリーグ最高 タイトル [ ]• :2回 (1988年、1994年 ) 表彰 [ ]• :1回 (1991年)• :1回 (投手部門:1991年)• :2回 (投手部門:1991年、1992年)• :4回 (1985年4月、1988年6月 投手部門:1991年8月、1991年9月) 記録 [ ] 初記録• 初登板・初先発登板・初完投・初勝利・初先発勝利・初完投勝利:1985年4月8日、対2回戦()、9回1失点• 初奪三振:同上、1回表にから• 初完封勝利:1985年4月25日、対5回戦(西武ライオンズ球場)、10回無失点• 1000投球回数:1991年9月6日、対近鉄バファローズ21回戦()、3回裏2死目に達成• 1500投球回数:1995年4月30日、対千葉ロッテマリーンズ6回戦(千葉マリンスタジアム)、6回裏1死目に達成• 12 (1985年 - 1986年)• 18 (1987年 - 1997年)• 88 (2004年 - 2005年、2015年 - 2016年)• 83 (2013年 - 2014年) 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 「最強日本代表をつくろう! 台湾というアウェーへようこそ オリエンタル・エクスプレスからの招待状 郭泰源・台湾代表監督」『週刊ベースボール』、ベースボール・マガジン社、2007年3月19日号、P. 『朝日新聞』、1985年6月6日付 朝刊、P. 「郭泰源 西武ライオンズ 素晴しい環境を与えてくれた日本の球界には、深く感謝しています '97引退選手リレー・インタビュー『燃え尽きて』〔5〕 」『週刊ベースボール』、1997年12月15日号、P. 143• 『週刊ベースボール』、1984年8月20日号、グラビア• 『別冊宝島』、宝島社、1545号、P. 142• 62-63• 『週刊ベースボール』、1988年7月4日号、P. 森監督どうする?」『週刊ベースボール』、1988年9月5日号、P. 「郭泰源&呂明賜の一大決意報告 『郭源治に続くのはオレたちだ!』」『週刊ベースボール』、1989年1月23日号、P. でも、それを切り抜けるのがエースだと思う」『Number』、1991年11月20日号、P. 毎日新聞、1992年7月22日付朝刊、P. 毎日新聞、1992年12月26日付朝刊、P. 140• 毎日新聞、2010年8月5日付朝刊、P. 福岡ソフトバンクホークス 2012年10月29日. 2012年10月29日閲覧。 福岡ソフトバンクホークス公式サイト2014年11月5日配信• INTERNATIONAL BASEBALL FEDERATION (英語) 2015年6月29日 2015年8月2日閲覧• 2015年12月27日 2016年8月9日閲覧• 中華職棒大聯盟全球資訊網The Official Site of CPBL (中国語) 2016年1月29日 2016年2月17日閲覧• CNA 中央通訊社 (中国語) 2016年9月30日 2016年11月11日閲覧• 三立新聞網SETN. COM (中国語) 2016年10月26日 2016年11月8日閲覧• 週刊ベースボールONLINE. 2014年6月16日. 2015年7月27日閲覧。 column. baseball. findfriends. 週刊ベースボールONLINE. 2020年2月15日閲覧。 別冊宝島、1545号、P. 毎日新聞社・編『西武ライオンズファンブック 1994年度版』、P. 』」『週刊ベースボール』、2008年06月23日号、P. column. baseball. findfriends. 週刊ベースボールONLINE. 2020年2月15日閲覧。 『週刊ベースボール』、1988年7月4日号、P. スポニチ Sponichi Annex 野球 2009年1月1日. 2017年9月7日閲覧。 『1993』、ベースボール・マガジン社、1992年12月発売、P. 772 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - NPB. jp 日本野球機構.

次の