千 利休 評価。 【戦国炎舞】千利休SSR21の性能

6tag.sixdegrees.org:カスタマーレビュー: 千利休

千 利休 評価

年表 西暦(年齢) 1522年(1歳)和泉国・堺の商人・田中与兵衛の二男・与四郎として誕生 1540年(19歳)茶の湯を学び、 宗易 そうえきを名乗る 1569年(48歳)堺が織田信長の直轄地となる 1570年(49歳)今井宗久、津田宗及とともに茶堂として宗易(利休)が召し抱えられる 1575年(54歳)越前の一向一揆を討つための鉄砲玉を織田信長のために調達 1582年(61歳)本能寺の変、以降・豊臣秀吉に仕える 1583年(62歳)豊臣秀吉に認められ、茶坊主に取り立てられる。 茶室・待庵を完成する 1585年(64歳) 正親町天皇 おおぎまちてんのうに茶を献じ、「利休」の居士号を与えられる。 黄金の茶室の設計 1587年(66歳)北野大茶会を主管 1590年(69歳)小田原征伐に従う 1591年(70歳)秀吉に堺蟄居を命じられる。 のち、京の聚楽屋敷内で切腹 千利休の生涯 茶を嗜む商人・利休 千利休の誕生は1522年。 堺で「 魚屋 ととや」と号する倉庫業を営む 商家の出です。 商人の教養として茶の湯に親しんでいた利休は、17歳から堺の茶匠として知られる 北向道陳 きたむきどうちんを師としました。 その後、堺の豪商で茶人の 武野紹鴎 たけのじょうおうに師事したと言われますが、近年師事したのが茶人であり連歌師の 辻玄哉 つじげんさいだった可能性も指摘されています。 商家の生まれの利休は、30代40代は商売に打ち込み、堺の実質的支配者・ 三好氏の 御用商人として財を成しました。 また、堺の南宗寺で禅の修行を積み、その本山である京都の大徳寺とも関わりがあります。 この大徳寺の住持となった 大林宗套 だいりんそうとうから「 宗易 そうえき」の名を賜わり、当時は 「 千宗易 せんのそうえき」と名乗っていました。 織田信長に仕える利休 1569年以降は堺が三好氏から織田信長の直轄地へと変わります。 その過程で、利休は堺の豪商茶人だった 今井宗久 いまいそうきゅう、 津田宗及 つだそうぎゅうとともに 信長の茶頭として召し抱えられました。 ・1583年 秀吉の近江坂本城での茶会で始めて茶頭を勤める ・1584年 秀吉築城の大阪城内に2畳の茶室を作り、茶庭の始まりをつくる ・1585年 秀吉の正親町天皇への禁中献茶に奉仕するに際し、居士号「利休」を天皇から賜る ・同年 秀吉のために黄金の茶室を設計 ・1587年 秀吉主催の北野大茶湯を主管 このように秀吉に重用された利休は、秀吉が完成させた聚楽第内に屋敷を構え、築庭にも関わり、禄も3000石を賜りました。 多くの大名を弟子に抱え、茶人としての名声と権威に加え、秀吉の側近の一人として政治にも影響力を持ちました。 豊臣政権内で力のあった秀吉の弟・豊臣秀長が、 「公儀のことは私に、内々のことは宗易(利休)に」 と大友宗麟に忠告したことが記録に残っています。 秀吉が命じた利休の切腹 1591年、千利休は突然秀吉の 逆鱗に触れ、堺に 蟄居 ちっきょを命じられました。 「利休七哲」と呼ばれる古田織部、細川忠興ら利休の高弟である大名たちが奔走しますが、利休を助けることはできません。 そして堺から京都に呼び戻された利休は 切腹を命じられます。 秀吉は利休の弟子大名たちによる利休奪還を恐れ、 上杉景勝 うえすぎかげかつに命じて3000兵で利休の屋敷を取り囲んだといいます。 そんな中、利休は聚楽第内の屋敷で切腹し、生涯を終えました。 死後、利休の首は 一条戻橋 いちじょうもどりばしで 梟首 きょうしゅ(さらし首)され、秀吉の怒りの原因となったとされる大徳寺の利休自身の木像に踏ませたということです。 千利休の罪とは? 一体利休は、なぜ秀吉の怒りを買ってしまったのでしょうか。 利休無念の死 利休邸に切腹命令を告げる3名の使者がやって来たとき、利休は驚きもせずこう言いました。 茶室にて茶の支度ができております 彼らに生涯最後の茶を点てたあと、利休の門弟でもある 蒔田淡路守 まいたあわじのかみの介錯(見届け役との説も)で切腹しました。 彼の最期の瞬間は、介錯に立ち会ったほんの少数の人々が知るだけです。 一説には、茶室の床に腰を掛け、腹を十文字にかき切ると、臓腑を摑みだして 蛭鈎 ひるかぎ(柱などの物を引っかける金具)にかけるほど壮絶だったとも。 無念の死であったことには違いありません。 その日、屋敷の外は激しい雷雨。 京の人々は北野天満宮の祭神・菅原道真が利休の死を怒って雷雨を起こしたと噂したそうです。 秀吉が利休に切腹を申し付けた理由 前提として、豊臣政権における 利休の立ち場が弱まっていたことが挙げられます。 1591年、利休をバックアップしていた 豊臣秀長が死去。 これが利休の立場に影響しました。 天下人の弟である秀長は、温厚・寛容な人物。 多くの人に慕われており、秀吉のよい補佐役として、秀吉をなだめることができる数少ない人物の一人でした。 もし彼が生きていれば、秀吉の怒りを抑え、利休の切腹を止めることができたかもしれません。 なぜ秀吉は利休に怒ったのか? 秀吉の怒りの原因として、秀吉も通る大徳寺の三門の利休像が、まるで利休が秀吉の頭を足で踏みつけるように置かれていたから、というのは有名な話。 しかし、これはおそらくただの言いがかり。 本当の原因について諸説があります。 利休が、 ・秀吉が堺の交易支配しようとする動きに対し、堺の権益を守ろうと抵抗していたから ・秀吉の朝鮮出兵に反対したから ・渋好みで、秀吉の派手好みと合わず、芸術的な嗜好が対立していたから ・彼の娘を秀吉の側室にすることを拒否したから ・安価な茶器類を高額に販売していると秀吉が疑ったから などです。 しかし、どの理由が直接の原因となったかは明確になっていません。 理由は一つだけではなかったかもしれません。 いずれにせよ、政治に影響力を持つようになった利休と、秀吉との 考え方の違いが原因だったと想像されます。 秀吉の側近にまで上り詰めた茶人・利休は、武士の死の形である切腹となりました。 千利休の墓所 利休の墓がある聚光院 大徳寺敷地内にある塔頭の中のひとつ。 もともと 三好義継 みよしよしつぐが父・ 長慶 ながとしの菩提を弔うため建立しました。 大徳寺第107世住職の 笑嶺宗訢 しょうれいそうきんが千利休の禅の師匠だった関係から、利休が聚光院を自分の菩提寺としたのです。 境内には利休の墓を中心に三千家歴代の墓所があります。 <大徳寺聚光院:京都府京都市北区紫野大徳寺町58> 利休の遺髪が埋葬された南宗寺 南宗寺 なんしゅうじは 大林宗套 だいりんそうとうが開いた寺院です。 千利休や彼の師匠と言われる武野紹鴎がここで禅の修行をしていました。 利休の遺髪が埋葬された供養塔をはじめ、茶道三千家の供養塔、武野紹鴎の墓もあります。 <南宗寺:大阪府堺市堺区南旅篭町東3丁-1-2> きょうのまとめ 今回は、商人から天下人付きの茶人となり、政治的な力まで持つことになった茶聖・千利休の生涯をご紹介しました。 千利休とは.

次の

千利休

千 利休 評価

歴女にも人気のアクションゲーム「戦国BASARA」に登場するキャラクターが論議を呼んでいる。 話題になっているのは、この夏に発売予定のシリーズ最新作「戦国BASARA4 皇(すめらぎ)」に、新キャラクターとして抜擢された「千利休」。 ゲームの公式サイトでは「二重人格の茶人サイキッカー」として紹介されているが、「これは酷い」「歴史を冒涜している」と非難の声が上がっている。 公式サイトによると、この千利休は、豊臣秀吉の暗殺未遂の疑いで、豊臣軍に負われているという設定だ。 さらに、戦いを好まない「ワビ助」と好戦的な「サビ助」という2つの人格がせめぎあうというハチャメチャな性格なのだという。 ネットでは「子孫の人たちはこれを見たらどう思うかな」と批判的なコメントが少なくない。 千利休といえば、戦国時代に茶道を大成した偉人で、いまに続く千家流茶道の開祖である。 いくらゲームとはいえ、実在した「歴史上の人物」の性格をこのように描くのは、名誉毀損にあたらないのだろうか。 に聞いた。 虚偽の事実を挙げて、死者の名誉を侵害した場合、犯罪が成立する可能性があります」 加藤弁護士はこう切り出した。 死者はすでにこの世にいないが、なぜ、犯罪になるのだろうか。 「遺族の名誉を守るためといった見解や、死者に対する遺族の感情を守るためといった見解もありますが、死者個人の名誉を守るためという見解が、多数説です」 では、歴史上の人物の名誉毀損も、刑罰の対象となるのだろうか。 「名誉毀損罪は、被害者などの告訴がなければ裁判になることのない『親告罪』です。 死者の名誉毀損については、親族や子孫に告訴権があるので、その判断しだいとなります。 ただ、そもそも死者に対する名誉毀損罪が成立するためには、名誉を毀損するおそれ、すなわち、死者の社会的評価が害されるおそれがなければなりません。 では、ファンタジー性の高いゲームではなく、もっと現実味のあるルポやノンフィクション小説などに描かれた場合は、どうだろうか。 「民事の裁判ですが、モデルの死後44年後に発表された小説が問題となった有名な裁判があります。 裁判所は、死者に対する遺族の感情は保護に値するとしつつ、時の経過とともに死者に関する事実は歴史的事実へと移行して、歴史的探求の自由、表現の自由が優位に立つ、と言及しています。 死後まもない故人はともかくとして、教科書に登場するような『歴史的人物』については、表現の自由が重視されるため、名誉毀損が問題となることはないと思いますね」 歴史上の人物は、時に英雄、時に裏切り者として描かれる。 実は女性だったという設定の作品もある。 私たちは、歴史上の人物に関するバラエティ豊かな小説やドラマを楽しむことができる。 その背景には「表現の自由」が保障されているということがあるようだ。

次の

【モンスト】千利休わくわくの実厳選完了&オススメの実紹介!

千 利休 評価

千利休の生い立ち 千利休は堺の会合衆、または納屋衆と言われる家に生まれます。 つまり商人の出身です。 幼名は田中与四郎といいました。 堺というと、商人達が力を持っていた自治都市というイメージが強いのですが、千利休が幼い頃は、応仁の乱の影響が残っており、商人は苦しい商売を強いられていました。 しかし当時の商人は、文化人としての側面もあったので、千利休は17歳で茶道を始めます。 師匠は諸説あり、明らかになっていません。 残っている記録では、1544年、利休が22歳の時に初めて主催した茶会が開かれています。 その後、堺を支配した三好氏とつながり、財を蓄えます。 1569年、堺は織田信長の直接支配を受けるようになります。 この時、利休は信長に召し抱えられ、政治に近づいていきます。 信長政権では茶道だけでなく、商人として信長と関わりました。 武器調達などに活躍したとされています。 千利休という名前を名乗ったのは、1585年、60歳を過ぎてからでした。 幼名は田中与四郎、そして20歳前後に宗易と名乗っています。 正親町天皇との茶会において、町人の身分では天皇と面会できないため、「利休」という居士号(出家せずに修行をする仏教の信者を表す)を正親町天皇から与えられました。 豊臣秀吉との接近 信長が本能寺の変で倒れ、山﨑の戦いを経て政治の主導権を握ると、利休は秀吉に接近します。 秀吉は信長以上に茶の湯を重視しました。 それには政治にとって重要な理由があったのです。 茶室は密談の場所 茶室、という言葉が定着したのは近世以降ですが、一般的に現在において茶室と言われている建築物は室町時代から存在しています。 草庵形式の茶室で最古のものは、15世紀後半に足利義政によって作られた同仁斎ではないかと言われています。 狭い部屋に入れる人数は限られます。 そして草庵形式であると、小さな建物周辺に警備の武士を配置すれば、政治的な密談にはもってこいの場所になります。 秀吉は相手を茶室に招き入れ、当時絶大な知名度を誇った茶人、千利休の茶でもてなし、政治的な密談を行ったと想像されます。 発言力を増す千利休 そのような政治的密談の場に立ち会っていた千利休は、徐々に豊臣政権内で政治的な発言力を持ち始めます。 秀吉の弟であり、政治的手腕に長けていた秀長との関係も良好で、豊臣政権は、秀吉を頂点として弟秀長と千利休が支えるという形になっていきます。 「表向きは秀長に、内々の事は千利休に」とされており、秀吉からの信頼も厚かったと思われます。 しかし、秀長が1591年2月に亡くなり、政権バランスが崩れます。 突然の蟄居、そして切腹 秀長がなくなった直後、千利休は秀吉から突然蟄居を命じられます。 そして切腹を命じられます。 この理由は、「大徳寺三門に自分の像を設置し、その下を秀吉が通った事に秀吉自身が怒った」という説があります。 しかし実際は、様々な説があって本当の理由は確定していません。 秀吉と千利休の対立ポイント 豊臣政権を支えていた、秀吉、秀長、千利休ですが、秀吉と千利休にはいくつかの対立する事柄があります。 よく知られているのが、派手好みの秀吉と、素朴な雰囲気を好む千利休の茶の湯に対する思想の違いです。 秀吉は当時、千利休の好む雰囲気はそれほど好きではなかったようです。 そして、秀吉の堺に対する政策が挙げられます。 堺は千利休の本拠地であり、自治都市としての性質を持っていたのですが、秀吉は堺に重税をかけます。 そして堺を守っていた堀などを埋め立ててしまい、武力的な抵抗もできないようにしてしまいます。 最後に、千利休の弟子であった山上宗二の処刑です。 これは、北条攻めの際に、山上宗二の言葉に怒った秀吉が宗二の処刑を命じたという出来事です。 ただし、ただの処刑ではなく、鼻と耳を削がれて処刑されるというものでした。 これらに対して千利休が快く思うはずがありません。 北野茶会の後から、徐々に2人の関係は悪化していったのではないでしょうか。 利休切腹は秀吉主導か、三成主導か 秀吉の懐刀である石田三成は、千利休切腹のような事件では、必ず黒幕説が出てきます。 ただ考慮しておかなければならないのは、三成はその後徳川家康に敵対した、という事実です。 徳川家康に敵対した三成に対しては、江戸時代に入って、歴史書などで黒幕として何か企んだ、という印象操作が行われた事は否めません。 しかし全く関係ない、ということもないと考えられています。 千利休の失脚には三成も多少は関わっていたと思われます。 石田三成と千利休の関係 豊臣政権を現代の政治になぞらえると、秀長、千利休は大臣などの政治家、または政権に発言力のある有識者、といった所でしょう。 一方で、石田三成らの奉行などは、官僚にあたります。 そうなりますと、政治的な対立軸は当然あると考えなければなりません。 実際、千利休の本拠地、堺の奉行として税を増やしたりする政策の事務処理は石田三成が行っています。 この点から、三成と千利休に対立があったのではないかと想像できますが、記録には三成と利休の関係が悪かったという事実はほとんど見当たりません。 三成と利休の関係、というよりも、秀吉と利休の関係が招いた切腹であり、その過程で三成が何らかの役割をしていたとしても、それは単に秀吉の意をくんで三成が動いただけなのかも知れません。 関連記事 諸説ある切腹の理由 今後、何か新しい資料が出てこない限りは、千利休切腹の理由は明らかにならないと考えられます。 現在言われている理由の代表的なものをいくつか挙げましょう。 茶器高額転売 茶碗など、茶道に用いる道具は、利休のお墨付きがあると高値で取引されたと言われています。 利休は元々商人ですし、商売として茶道具の売買を行っていたとしてもおかしくありません。 また、茶碗の鑑定で少しでもいい評価を得ようと、その茶碗の持ち主が利休に賄賂を渡す事も考えられます。 しかし、利休が使った道具はそれまでの道具と比べると高価ではないという事実もあります。 利休の娘 千利休には数人の娘がいました。 そのうちの1人(次女という説あり)を秀吉の側室にという話がありました。 しかし利休はそれを断ったために秀吉の怒りを買った、という説があります。 この説は、利休の秘伝書と伝えられる南方録に記載があります。 しかし現在、南方録は元禄時代に書かれたものであり、秘伝の書としては偽書と考えられています。 秀吉の朝鮮出兵を批判 利休が秀吉の朝鮮出兵を批判したという記録は、遡るとどうやら野上弥生子が書いた小説、「秀吉と利休」のようです。 つまり、野上弥生子が小説、つまりフィクションとして書いたものが独り歩きしていた可能性が高いのです。 利休が秀吉の朝鮮出兵を批判したという記録は歴史書などには見当たりません。 まとめ 千利休が蟄居、切腹を命じられた時期は豊臣政権の実力者、秀長の死の直後です。 このことから、秀長死後の政治闘争説がしっくりくる理由ではあります。 しかし、別の理由で秀吉は利休の排除を考えていた可能性もあります。 秀長は利休を信頼しており、兄秀吉の意向とはいえ、 千利休は役に立つ男だが、私にも遠慮なく物を言いすぎる。 ここは上下関係をはっきりさせておこう。 と秀吉が考え、蟄居を命じました。 秀吉は、すぐに利休が謝罪の態度を示してくると考えましたが、利休はそれを行いません。 さらに切腹を命ずれば利休は命乞いをするであろうと考えて、切腹を命じましたが、駆け回るのは弟子達のみで、本人は申し開きも謝罪もしなかったために、そのまま切腹させざるを得なかった、という可能性も、もしかしたらあるのではないでしょうか。 とはいえ、どれも想像の域を出ませんし、もっともらしい説も状況証拠しかありません。 新しい資料が出てこない限りは、千利休の切腹は、ずっと謎に包まれているでしょう。 関連記事.

次の