手作り餃子の皮 余ったら。 余った餃子の皮アレンジレシピ【エッグタルト】♡

大量に作れば節約に♡余った餃子を10倍楽しむアレンジレシピ

手作り餃子の皮 余ったら

グルメ漫画の金字塔とも呼ばれる『美味しんぼ』には数えられないほど多くの料理が登場するが、そのなかで作ってみたい料理としてよく名があがるのが 「ローピン」だ。 雪山の別荘に閉じ込められた主人公・山岡たちが限られた材料で作り出した「非常食」である。 雪山で「このまま死ぬかもしれない」という緊迫した状態からの、ホカホカのローピンはめちゃくちゃウマそう。 そんなローピンがもっと簡単に作れるのをご存知だろうか? 餃子の皮を使えばいいのだ! ・餃子の皮でローピンを作ろう 原作12巻収録、アニメなら第61話「非常食」に登場するローピンは、小麦粉にネギとごま油、塩を使って作る中国の家庭料理だ。 ネギパイや葱油餅(ツォンヨウビン)と呼ばれることもある。 材料こそシンプルであるものの、小麦粉をこねるのがちょっと面倒でパイっぽいサクサクした食感を出すのも少し難しかったりする。 だがしかし! この小麦粉を餃子の皮に置き換えることで、作業は半分になり、しかも確実にサックサクとなるのだ。 作り方は以下の通り! 【材料】 ・餃子の皮:3枚でローピン1枚分 ・ネギ:適量 ・ごま油:適量 ・塩:2つまみ 【作り方】 1.ネギをみじん切りにする 2.餃子の皮を並べ、その表面にごま油を塗る 3.並べた餃子の皮のうち2枚にネギをのせ、その上に塩を1つまみずつふる 4.一番上がネギなしの皮になるように餃子の皮を3枚とも重ねる 5.4を綿棒で細長く四角になるようにのばす 6.四角の長い辺が手前にくるように置き直し、手前から巻いていく 7.6を端から巻き、円柱状になるように形を整える 8.7の上からボウルなどを押し当て、圧をかけて平たい円になるようにのばす 7.熱したフライパンに油をしき、8をこんがり焼く。 両面が黄金色に焼けたら完成 ・サクサク! 完全に本場の味 出来上がったローピンは手の平サイズ。 外側はサクサクぱりっ、ネギの部分はネギの旨味とごま油の香りがしみこみモッチリ。 もう完璧! まるで熟練の屋台職人が作ったかのような味わいなのだ。 『美味しんぼ』では何も食材がないときの非常食として登場したローピンだが、より手軽になった餃子の皮版は非常時のみならず、おやつに良し、おつまみに良し、子供の朝食にも良しのオールマイティータイプだ。 さらに上に卵を落としたり、チーズをのせても好(ハオ)。 餃子の皮が余ったら、ローピンが食べたくなったら、ぜひトライしてみてほしい! 参考リンク:小学館 Report: Photo:Rocketnews24.

次の

餃子の皮で作る『美味しんぼ』の「ローピン」がマジウマ激ウマ!一瞬で熟練職人の食感になった / 雪山遭難回に登場した非常食

手作り餃子の皮 余ったら

手作り餃子、じつは冷凍保存できるということをご存じだろうか。 餃子の冷凍方法と上手な保存のコツを紹介しよう。 最初に段ボールや牛乳パックなどを冷凍庫に入る大きさに平らに切り取る。 そのうえに大きめのナイロン袋やラップをかぶせ、餃子を並べていく。 このとき、餃子同士がくっつかないように、少し間隔を置いて並べるのがコツ。 餃子を並べ終えたら、ラップをかぶせて冷凍保存しよう。 この方法で2段、3段とどんどん積み重ねてもよい。 これなら、かなりの数を冷凍保存できるのでおすすめだ。 1日経てば餃子は凍るので、その後はビニール袋に入れて保管してもくっつく心配はない。 ポイントは、平らなところで冷凍保存することだ。 底面が安定するのでフライパンで焼くと、パリッとした焼きあがりになるだろう。

次の

【焼き方まで解説!】餃子の冷凍方法と保存期間、アレンジレシピ

手作り餃子の皮 余ったら

キャベツもみじん切りにしてください。 混ぜたらレンジ600Wで2分加熱し、ゴムべらで固まり出した生地をつぶすように混ぜます。 ゴムべらでしっかり混ぜて、餡にします。 ここで天かすを加え、捏ねすぎないように軽く混ぜます。 レンジはかけ過ぎない様にしてください。 最初は柔らかいかなと思っていても混ぜたらしっかりした餡になります。 片面が焼けたら、裏返します。 側面はフライパンの壁を利用して焼いてください。 ゴムべらで切るようにざっと混ぜます。 水分が足りなければ小さじ1~足してください。 お餅のように滑らかになるまでこねます。 この工程を2周ほどで完成します。 中心は少し厚く外側は薄いのが理想の生地です。 ちなみに目指す大きさのひと周り小さめで作りましょう。 伸びが良い生地なので、中身を包む時に伸びて、丁度良い大きさになります。 餃子の皮を使えば簡単にラザニアが作れてしまいます。 スライスチーズを適度に切ります。 焦げないように様子を見ながら、途中でアルミホイルをかぶせて焼いたら出来上がり。 お好みで粉チーズやパセリを振ると更においしくなりますよ。 出典: cookpad. com 餃子の皮で作るので手のひらサイズで食べやすく、またフライパンで焼くので香ばしいクリスピータイプになります。 お好みのソースを塗って、好きな具を乗せたら立派なピザに!おつまみにもおやつにもピッタリです。 5〜1cmくらい残して塗ります。 ケチャップ同様、端に余白を残してください。 乗せ終わったら、テフロン加工のフライパンに重ならないように並べます。 仕上げにバジルを振ると更においしくなりますよ。 出典: cookpad. com 調味料を一切使わないので超簡単です。 餃子の皮と同じ個数のカニカマと大葉があれば出来ますので、余った餃子の皮の枚数に合わせて作れますね。 お弁当にもおつまみにもぴったりのレシピです。 大葉の先は皮に入るように折りましょう。 焼き色が表裏についたら水を入れて蒸したら完成です。 com 餃子の皮で作るたこ焼き風味のおつまみです。 牛乳で作るクリーミーでとろとろの生地がたまりません。 キャベツもみじん切りにしてください。 混ぜたらレンジ600Wで2分加熱し、ゴムべらで固まり出した生地をつぶすように混ぜます。 ゴムべらでしっかり混ぜて、餡にします。 ここで天かすを加え、捏ねすぎないように軽く混ぜます。 レンジはかけ過ぎない様にしてください。 最初は柔らかいかなと思っていても混ぜたらしっかりした餡になります。 片面が焼けたら、裏返します。 側面はフライパンの壁を利用して焼いてください。 トッピングでソースにかつお節、青のりを散らすとまさにたこ焼き風! 出典: cookpad. com 餃子の皮の残りが、つるつるもちもちのあったかスープに大変身。 とろみのある餃子の皮の食感がたまりません。 簡単なので寒い時期の朝食にピッタリです。 ニラは小口切りにします。 もし餃子のタネが残っていたら、このスープに加えるとぐっと風味が増しておいしくなりますよ。 出典: cookpad. com 重なったまま煮えた餃子の皮が「すいとん」のようなスープです。 おろし生姜も入っているので冷え性の方にピッタリ。 5cm幅に切ります。 まいたけ、しめじは手で細かく裂きます。 長いもは5㎜角に刻みます。 卵は溶いておきます。 塩、胡椒、オイスターソースで味を調えます。 餃子の皮を軽く箸でほぐしながら、透明になるまで2~3分煮ます。 器に注いで、お好みで七味唐辛子を振りかけると、ピリっとしてますます体が温まるスープになりますよ。 出典: cookpad. com 手作りなら大きさや厚さが自由に出来ます。 扱いやすい生地なので、理想の餃子の皮が作れますよ。 ゴムべらで切るようにざっと混ぜます。 水分が足りなければ小さじ1~足してください。 お餅のように滑らかになるまでこねます。 この工程を2周ほどで完成します。 中心は少し厚く外側は薄いのが理想の生地です。 ちなみに目指す大きさのひと周り小さめで作りましょう。 伸びが良い生地なので、中身を包む時に伸びて、丁度良い大きさになります。 コツ・ポイント いかがでしたでしょうか?餃子の皮はひと袋に大量の枚数が入っていることが多いですよね。 せっかく餃子を作っても皮だけ余ってしまう…この記事を読めば、そんな心配は吹き飛びませんでしたか?余った餃子の皮は冷凍保存やアレンジレシピ等で効率良くおいしく消費していきましょう。

次の