セブン つけ麺。 【美味】セブンイレブン「とみ田 冷凍つけ麺」食べてみた。かなり美味しいけど作り方が面倒

セブン『つけ麺』チャーシュー盛がうますぎて感動した話│とりぷるセブン

セブン つけ麺

日本最大のコンビニエンスストア、セブンイレブン。 パンも弁当も惣菜もおいしいが、近年とんでもなく進化しているのが、 冷凍食品コーナーである。 手軽にできて低価格、しかもおいしいと来れば、人気が出ないハズがない。 そんな冷凍食品コーナーで、1、2を争うほどウマいと評判なのが 「冷凍つけ麺」である。 158円とは思えないクオリティなのだが、最近270円で 『具付き 冷凍つけ麺』なるものが発売された……。 これは食わねばなるまい! 約110円差の価値はあるのか? ・ノーマルの「冷凍つけ麺」は大人気商品 まずノーマルの「冷凍つけ麺」がいかに絶大な人気を誇っているかご紹介しよう。 基本的に鍋はいらず、電子レンジだけで簡単に作れてしまうお手軽メニュー。 極太麺はモチモチとした食感で、魚介ベースの濃厚スープとの相性もバッチリ! しかもお値段158円! コスパ良すぎの大人気商品で、ネットでは、 「正直なめてた。 これで158円はすごい」 「魚介のダシがやばい。 これはクセになる味」 「たぶんオフィスでも作れるくらい簡単」 「もうお店で800円とか出せない」 「神すぎる。 あそこのセブンの冷凍つけ麺を買い占めたのは私です」 などと、圧倒的な支持があるメニューなのだ! ・作り方はほぼ同じ そんな大人気「冷凍つけ麺」のニュータイプが 『具付き 冷凍つけ麺』である。 値段は約110円高い。 パッケージを見ると、メンマとチャーシューがプラスされている模様だ。 さっそく、ノーマル版と併せて購入し、2つを同時に作ってみた。 基本的な作り方は同じである。 麺を電子レンジで温めて水で洗い、スープにお湯を注ぐだけ。 『具付き』の方は、麺を洗う前に具を取り出す必要があるが 、大した手間ではない。 チャーシューとメンマはなかなかのボリューム! さっそく食べ比べてみると……! ・『具付き』のチャーシューもメンマもうまい! まず、麺とスープは全く一緒である。 1mmの狂いもなく一緒である……。 当然、どちらもウマい! そして肝心の具……! 詳しくは画像を確認してほしいが、チャーシューは全然ケチケチしてない立派なサイズ! 味もウマしッ!! しっとりとしてパサつきもなしや! さらにたっぷり入ったメンマ。 ・110円の差は…… チャーシューもメンマも十分にウマい。 さすが、俺たちのセブンイレブンや! と言いたいところだが、110円差の価値はと聞かれると……。 たしかに具自体に110円の価値はある! しかしあと50円出せば、もう一食つけ麺を食べられるかと思うと…… 非常に悩ましいところだ。 結論としては、普段は「冷凍つけ麺」で、ちょっといい気分になりたいときは『具付き 冷凍つけ麺』などと使い分けるといいだろう。 いずれにせよ、コスパはメッチャ高い! どちらも冷凍庫に常備しておいて損なしだッ!! 参考リンク: Report: Photo:RocketNews24.

次の

セブンイレブンから「冷凍 “具付き” つけ麺」が登場! ノーマルと食べ比べてみたぞーッ!!

セブン つけ麺

セブンイレブンのとみ田監修濃厚魚介豚骨つけ麺 今回紹介するのは先に言っておきます。 もうこれはコンビニ革命です!コンビニのあらゆる商品のクオリティーを超越したといっても過言ではない・・・そんなセブンイレブンさんの商品をご紹介いたします。 その商品の名は・・・ 「中華蕎麦とみ田濃厚魚介豚骨つけめん」税込み価格429円 以前、セブンイレブンさんから発売している冷やし麺のほうの「とみ田」も頂いたのですが、そちらもかなりクオリティーが高かったですが今回の冷凍食品のとみ田にも驚かされました! 冷やし麺のとみ田の記事はこちら 冷凍食品コーナーで販売されている このセブンイレブンさんから 冷凍食品として販売されているとみ田。 コンビニにはこれまで驚かされる冷凍食品がたくさんありましたが、今回のこの冷凍食品のとみ田のつけ麺はもう、もはや 革命といえるレベルでしょう… そんな冷凍食品のつけ麺とみ田気になる方はセブンイレブンさんの冷凍食品コーナーにて見つけてみてください! セブンプレミアム「ゴールド」シリーズ 余談になってしまうかもしれませんが、セブンイレブンにはセブンプレミアムという商品ブランドがあるのはご存じでしょうか。 スタンドパック総菜やスイーツ、冷凍食品に袋菓子、日用品にも!セブンイレブンで販売されている多くの商品にこのマークがついています。 そのセブンプレミアムのブランドコンセプトがこちら セブンプレミアムは「進化しつづけるブランド」。 わたしたちは、お客さまが求める商品を提案しつづけます。 女性の社会進出や高齢化、エコへの関心、健康志向、安全安心など、ますます多様化する生活のニーズに、きめ細かく応えます。 「もっと美味しく」、「もっとお得に」。 セブンプレミアムは、あなたの楽しく豊かな食卓を応援します。 引用:セブンイレブン公式サイト このセブンイレブンさんの想いが込められたセブンプレミアムブランドに「ゴールド」という冠をつけたシリーズが存在するんです。 それが「セブンプレミアムゴールド」シリーズ セブンプレミアムゴールドブランドのコンセプトはこちら セブンプレミアム ゴールドは「最上級のブランド」。 上質な原料を、こだわりの技術で仕上げました。 すべてのお客様にご満足いただける美味しさで、あなたの食卓を豊かにします。 引用:セブンイレブン公式サイト 見ての通り「最上級」を掲げているんですね。 私もこのゴールドシリーズいくつか食べたことがあるのですがまだまだコンビニのチルド総菜などのクオリティーがそんなに高くない頃から一線を画していましたね。 はい、そして少し脱線してしまった感もありますが、何が言いたいかというと・・・今回ご紹介する「中華蕎麦とみ田濃厚魚介豚骨つけめん」税込み価格429円もこのセブンプレミアムゴールドシリーズだということです。 ジョブチューン: 先ほどご紹介したセブンプレミアムゴールドシリーズの紹介の際にこの冷凍食品のとみ田のつけ麺も紹介されて、とみ田店主の富田治氏も登場し商品の開発秘話などを語っていました。 レンジのみ!火を使わないカンタンな作り方 さて前置きが長くなってしまいましたが、実際に作って食べてみましょう!まずは調理をしていきましょう。 麺と具 チャーシューのみ 、スープに分かれています。 この下記の通りとは[調理方法]に記載のあるレンジアップの時間です。 レンジアップ目安時間 〇具付麺:500W 約6分30秒 600W 約5分30秒 〇スープ:500W 約1分50秒 600W 約1分30秒 どちらも凍ったままで この時間を目安に具付麺、スープともにレンジで温めていきましょう! スープはほんとうに 凍ったままの袋をレンジで温めてどんぶりに移す だけでした。 具付麺はつけ麺なので 「流水で冷やしてシメる」という作業があります。 私も何度かこのつけ麺以外に冷凍食品のつけ麺を食べてきましたが、毎回この麺を冷やす際はザルとボールを用意して行っていました。 〇部にあるように ハサミで袋を切ります。 熱くて「持つ」というより指で「つまむ」ことしかできないほど熱いです。 そしてこの写真は水切りがそのまま袋でできることを伝えたい写真です。 この調理、 一切火を使わないんです!普段料理をあまりしない方にももってこいです。 箸で持ち上げただけでつるっと食感のもちっとした麺かなと感じれます。 濃厚魚介豚骨と聞くとスープは割とドロッとした感じかと思えば案外さらっとしています。 全粒粉でしょうか。 そして濃厚魚介豚骨のスープを纏った麺を口に運ぶと・・・ ここで これは革命だ!と思うほどのうまさを感じれます。 つるつるっとした麺は噛めばもっちり、そして噛むごとに小麦の香りがします。 この極太の麺 最高です。 スープもそんなに粘度がなく、さらっとしているんですが、細かく削った魚節から魚介の香り、味わい、そしてあとから豚骨のまろやかさが包み込んでくれます。 ほんとうにすばらしい!の一言の一品でした! チャーシューも大判で厚みもありしっかりとチャーシューだという食感のもので満足。 この味が近くのセブンイレブンで買えて、そしてお家でかんたんに作れるなんてほんと時代の進化を感じます。 セブンイレブンの冷凍つけ麺「とみ田」のコンビニ. comおすすめ度 さて恒例となってきましたコンビニ. comおすすめ度なんですが、このセブンイレブンのセブンプレミアムゴールドブランド「中華蕎麦とみ田濃厚魚介豚骨つけめん」のコンビニ. com的おすすめ度は・・・ 小麦粉、焙焼小麦ふすま、脱脂小麦ふすま、食塩、脱脂小麦胚芽/かんすい、着色料(クチナシ)【スープ】ポークエキス、さばぶしエキス、しょうゆたれ、チキンエキス、チキンオイル、砂糖、だし加工品、調味油脂、混合削りぶし(粉末)、醸造酢、そうだがつおぶし(粉末)、かぼす果汁、食塩、香辛料/調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉)、着色料(クチナシ、カカオ)、酸化防止剤(V. E)煮豚/ゲル化剤(加工でん粉、キサンタン)、トレハロース、着色料(カラメル)、調味料(アミノ酸等)、酸味料、(一部に乳成分・小麦・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む) 最後に いかがでしたでしょうか。 セブンイレブンの 「中華蕎麦とみ田濃厚魚介豚骨つけめん」お値段税込価格429円をご紹介しました。 詳しくはセブンイレブンの公式サイトをチェックしてみてください。 セブンイレブン公式サイト.

次の

【実食】セブンプレミアムゴールド とみ田つけめん 全国解禁!

セブン つけ麺

「セブンプレミアム」と「中華蕎麦 とみ田」のコラボ商品は、カップラーメンやセブンイレブンオリジナルのレンジ麺など色々リリースされており、どれもコンビニ商品と思えないほどのクオリティで「めちゃくちゃ美味しい!」と大好評。 今回紹介する「中華蕎麦とみ田」監修の冷凍つけ麺も、つけ麺専門店にも劣らないレベルになっていると、SNSなどで大絶賛されている。 2019年07月08日に新発売した冷凍食品で、食べたい時に電子レンジで加熱をするだけで「中華蕎麦 とみ田」の味を楽しめるのだ。 「中華蕎麦 とみ田」は千葉県松戸市に店舗を構えているんだけど、東京や千葉、その近郊の方はお店まで足を運びやすいが、地方の田舎者にとってはなかなかそうはいかない。 カップ麺やチルド麺もそうだけど、冷凍麺とはいえ、こうやって気軽に名店の味に触れられるのは、素直に嬉しいことだよね。 とみ田の冷凍つけ麺、けっこう作るのが面倒だったりする・・・ この「とみ田 冷凍つけ麺」は、従来の冷凍ラーメンや汁なし系の麺とは違い、一般的な冷凍麺と比べると作り方に手間がかかる。 つけ麺は、麺とつけ汁が分かれているから仕方ないのかもしれないし、クオリティーを高くするためには避けては通れない道ってことなのだろう。 中身は、「麺、チャーシュー」と「スープ」の2種類の袋が入っている。 しっかりと調理方法に従って作っていこう。 前もって、 麺を入れる皿とスープを入れる器を用意しておくとスムーズに事が運ぶよ。 麺とチャーシューの入った「具付麺」と、「スープ」を袋のまま電子レンジで温める必要がある。 加熱時間が指定されているので、それに合わせて温めてやろう。 まずは「具付麺」を皿にのせ、レンジで温めていく。 気を付けるポイントは、 具材のチャーシューが上になるようにすること。 加熱の目安時間は、 500wで約6分30秒、 600wで約5分30秒。 温め終わったらレンジから取り出し、すぐに「スープ」のほうをレンジで温める。 「スープ」も皿にのせて温めてやるんだけど、 蒸気口があるほうを上にするように気を付けよう。 じゃないと温めている途中でスープが袋から溢れ出したり、ボンッと破裂する危険性があるからだ。 加熱時間の目安は、 500wで約1分50秒、 600wで約1分30秒。 「具付麺」の袋にある点線に沿ってハサミで切り、チャーシューだけ取り出し麺を冷水でシメていく。 取り出したチャーシューは、つけ汁の器に入れておこう。 こうすれば、つけ汁の味が染み込んで美味しさ倍増ってね。 袋には小さな穴が空いていて、そのままザル代わりになるから、これはホントに便利。 袋の開封口から水道水を注いで麺をシメるわけだけど、こんなふうに袋の下から水が流れ出てくる。 つけ汁がすぐ冷めてしまうのがイヤだとか、「あつもり」で食べたい方は、麺はシメないほうがいいかもね。 水気をよく切って麺を皿に盛り付ければ完成。 レンジを2度加熱しないといけないし、冷水で麺をシメたり、やっぱりちょっと面倒。 でも、一度作り方を覚えてしまえば、それほど難しくないかな。 とみ田の冷凍つけ麺を食べてみた 茶色味のある極太麺。 「とみ田」の店舗で実際に使われている専用の小麦粉を配合したとのことで、小麦の風味がとっても豊か。 これだけでも充分すぎるほどの香りだけど、冷水でシメないで「あつもり」だったら、もっと香り立ちが良いはずだ。 とにかく、小麦の風味が心地良く、コシと張りが力強い極太麺だ。 濃厚な魚介豚骨スープと、プリンッとした弾力の麺は相性が抜群! 茹でたての食感と旨味を堪能できて、つけ麺専門店で提供される新鮮味のある麺にも劣らない。 ずるっと啜ったひと口めから、 めちゃうまい!!! の言葉しか思い浮かばないほどで、感動の窮地に辿り着ける。 これ、ホントに冷凍のつけ麺なのかよ!? 「豚骨、鶏ガラ」を炊き出し、「鯖、煮干、宗田鰹」の節などを加えた濃厚魚介豚骨スープ。 魚粉の風味がガツンと強く、超濃厚と言ったほうがいいくらいで、かなり魚介の旨味が強烈にくるね。 口当たりは豚骨のクリーミーさをほんのりと感じ、豚骨の甘味や鶏ガラの塩気が味の土台を作りだす。 そこに、節系の魚介を凝縮させ、コッテリとした濃厚感ではなく、妥協なく魚介の味と風味が染み込んだ、ただひたすらに濃い味わいに導いてくるのだ。 チャーシューは豚バラ肉で、厚みはそれほどないけど大きめ。 柔らかく煮込まれ、ほんのりと甘めに味付けされていて、脂ものっているから食べ応えがある。 ただ、具材はチャーシューだけだから少し寂しい気も。 葱、メンマ、煮玉子なんかを追加でトッピングしてみると、華やかになっていいんじゃないかな。 超濃厚豚骨魚介スープに、もちもち食感の極太麺の組み合わせ。 まさに王道的な「これぞつけ麺」といった素晴らしい仕立てになっている。 ホントに美味しいものに出会ったとき人は、 うまい!!! としか言葉が出てこないわけで。 セブンプレミアムから『チャーシュー盛つけ麺』という冷凍つけ麺もあるんだけど、これも濃厚な味わいでクオリティが高い商品である。 だけど、このとみ田の冷凍つけ麺は、それを凌駕する美味しさ。 ここまで完成されたつけ麺を、コンビニで手軽に購入できて食べられるってんだから、世のつけ麺屋やラーメン屋はたまったものじゃないだろう。 1g 商品の特徴 ・もちもち食感の極太麺に超濃厚豚骨魚介スープの組み合わせ ・麺は「中華蕎麦 とみ田」の実店舗で使用する小麦粉を使用 ・鶏ガラを炊き出したスープに鯖、煮干、宗田鰹の節などを加えた濃厚な魚介豚骨スープ 実食レビューについて: 個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み 、すべての方に当てはまる内容ではありません。 あくまでも 筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。 とみ田監修のつけ麺は、チルドもおすすめ! これも美味しい!レンジで温め不要の冷やしつけ麺だよ!.

次の