ダイヤ の a 白州。 サントリー白州が売ってないので、白州蒸留所まで行きました

HyperDia

ダイヤ の a 白州

「モルトウイスキー」と「グレーンウイスキー」をブレンドしたウイスキーが「ブレンデッドウイスキー」と呼ばれ、サントリーの「響(ひびき)」がこれに該当します。 大麦麦芽だけを使用した「モルトウイスキー」• トウモロコシや小麦などの穀物を使用した「グレーンウイスキー」• モルトとグレーンをブレンドした「ブレンデッドウイスキー」 いずれのウイスキーも空前のウイスキーブームによって品薄状態となり、知多を除いた山崎、白州、響を店頭で見かけることは少なくなりました。 しかし、居酒屋では白州ハイボールが飲めるお店が意外と多いので、どこかに行けば売ってるはずと思い近場のスーパーや酒屋を探しましたが、やはり置いていない白州。 それならば・・・ 流通してないなら製造元を抑える。 これ、鉄則ですよね。 白州蒸留所に行ってみた 白州の名前を冠に持つ白州蒸留所は山梨県の南アルプスの麓にあります。 山梨県北杜市白州町鳥原2913-1  僕は車で行きましたが、電車とバスを乗り継いで行くこともできます。 JR中央本線「小淵沢駅」まで行くと、小淵沢駅から無料シャトルバスが運行されています。 白州蒸留所では、ウイスキーの飲み比べツアーなど申し込みできるツアーがいくつかあるので、飲酒可能なツアーを体験されたい方は車以外の交通手段で行きましょう。 南アルプスの麓「森の蒸留所」 サントリー第二のモルトウイスキー蒸留所として1973年に誕生した白州蒸留所は、南アルプスの麓に位置し、豊かな木々に囲まれた蒸留所です。 森の蒸留所の名にふさわしい。 駐車場に車を止め、受付を済ませて入場すると、蒸留所までの道のりで大自然を満喫することができます。 なお、場内見学は無料(一部ツアーは有料)ですが、事前予約が必須のためWEBから予約を済ませておきましょう。 大自然を満喫しつつ歩き続けること約10分(結構歩く・・・)、ようやく白州蒸留所の案内看板が見えてきました。 白州ミュージアムでウイスキーの歴史を学ぶ 案内看板からさらに進み、森を抜けるとウイスキーミュージアムがあります。 製造工場ではないですが、ウイスキーミュージアムには無料で入ることができます。 製造工程を知るツアーは有料になりますのでご注意ください。 ミュージアムでもウイスキーの製造工程や歴史を知ることができることができるので、僕としては充分かなと思います。 ミュージアムの展示品で一番テンションが上がったのがこちら。 歴代エイジドの白州ボトルが並んでおります。 一度で良いから白州25年を飲んでみたい・・・。 ファクトリーショップ「イン・ザ・バレル」で白州を買う さて、ミュージアムでの見学を終えて、ようやく本題の「白州を買う」です。 こちらのミュージアム周辺には、白州を飲みながら食事を楽しめるレストラン「ホワイトテラス」や、大人向けのBAR「BAR白州」などがあり、お土産屋さんとしてファクトリーショップ「イン・ザ・バレル」があります。 こちらのイン・ザ・バレルではお土産品やおつまみ、もちろんですがサントリー産のウイスキーが購入できるのです。 やっと探し求めた白州が手に入るのね(涙) お店に入ると、白州蒸留所ならではのお土産品がたくさん並んでいて色めき立ちます。 ウイスキーのボトルが多数並んでいるコーナーを見つけまして、その中から白州を探します。 「あれ?白州が無いな?」 並ぶボトルは知多ばかり。 お店の中を4周、くまなく歩き探しましたが、白州が見当たらないのです・・・。 これはもう店員さんに聞くしかないですね。 ぼく:「すみません、白州ボトルで買いたいのですが、ありませんか?」 店員:「申し訳ございません、白州は品切れ中です」 ぼく:「ええっ!?品切れなんですか!?ここ白州の工場なのに!?」 店員:「入荷分しか販売ないんですよ〜」 ぼく:「ここで白州を製造してるんじゃないのぉぉ!?」 ・・・・・・・・・・・・・・。 ウイスキー白州、白州蒸留所でも買えず! 森に囲まれた大自然の白州蒸留所にて、セミの大合唱を聴きながらしばし途方に暮れましたが、結果として白州を購入するには至りませんでした(涙)。 製造元でも購入できない状態なのだと思いますが、飲食店などには優先的に出荷してるんですかね・・・。 白州は購入できませんでしたが、お土産として白州蒸留所限定のシリアルナンバー入りウイスキーと樽材コースターを購入しました。 白州蒸留所まで行った証として購入せざるをえませんでした(笑)。 近くの酒屋で白州が購入できるようになりますように・・・。

次の

HyperDia

ダイヤ の a 白州

右投げ右打ち• ポジションはキャッチャー。 中学時代はシンキングベースボールで有名な大京シニアに所属しており、奥村光舟と瀬戸拓馬は中学時代からのチームメイトで親友です。 中学からシンキングベースボール(考える野球)を経験していたため、野球の知識は非常に高く実力は1年生離れしており周囲から高い評価を得ています。 しかし私生活では性格は暗いのに気が強く危なっかしく、沢村栄純に「目障りなんで消えてくれませんか?」と発言したり、キャプテンの御幸一也に「レギュラーポジションも奪い取るつもりですよ」と発言したり、周囲を冷や冷やさせます。 それでも沢村栄純や御幸一也と一緒にプレーすると、徐々に2人の存在の大きさに気付き素直になっていきます。 そしてもらったチャンスを確実にものにしていき、「上級生 vs 1年生」の試合の後に2軍、1年生の夏の予選前に見事1軍ベンチ入りします。 右投げ左打ち• ポジションはキャッチャー。 リトル時代(小学生時代)は、世界大会で日本代表をまとめるキャプテンを任され、同世代ではかなりの有名人でした。 しかし身長が伸び悩み体格に恵まれず、強豪高校からの勧誘も少なく最終的に青道高校に進学しました。 由井薫は体格に恵まれていないとはいえ、日本代表のキャプテンを任された実力は本物で、特に打撃力は高く広角に力強い打球を打ち分けることができ、すぐに1軍に合流します。 しかしキャッチャーとしては経験・実力が不足しており、パスボール・補給ミスで投手から信頼を得ることができていません。 同学年の奥村光舟のキャッチャーに対する姿勢・こだわりには一目置いており、奥村光舟を意識しています。 左投げ• ポジションはピッチャーです。 中学時代まで軟式野球で野球しており控え投手でしたが、覚悟と決意をもって、高校野球では強豪青道高校を選択します。 しかし浅田浩文は寮で個性が強すぎる沢村栄純と倉持洋一と同じ部屋になってしまいます。 最初は戸惑うも、徐々に沢村栄純の人間性に惹かれていき、どんどん青道高校の魅力にハマっていきます。 しかしまだ体格ができていないこともあり、筋力をつけることから汗を流しています。 右投げ右打ち• ポジションはショート。 前園健太と小湊春市と同部屋になり、主力組と同部屋になったため、期待されていると勘違いするも、徐々に期待されていることが勘違いと気付き始めました。 自分に言い聞かしているのか、心の声がよく漏れているのも、最上武の特徴の一つです。 表面上は礼儀正しいですが自分に甘く、小湊春市には見透かされている模様。 小湊春市は、遠回しに精神的な成長を最上武にうながしますが、最上武本人は理解できていないようで、まだまだ時間がかかりそうです。 最上武の野球の実力は、「上級生 vs 1年生」の試合時に速い打球を処理することができなかったり、2軍に上がる実力も示せず、体作りから取り組んでいます。 左投げ左打ち• ポジション:投手 沢村栄純は、「ダイヤのA act2」の主人公です。 漫画の王道とも言える熱血バカな主人公で、ひたすら真っ直ぐ野球に向き合います。 また仲間思いのため周囲からの信頼は厚く、いつも沢村栄純の周りには人が集まり笑顔が生まれます。 中学時代は指導者にも恵まれなかったこともあり、持ち球はストレート一本というほとんど素人の状態で青道高校に入学します。 しかし青道高校では、沢村栄純の成長するための指針を示してくれた滝川クリス優と御幸一也の二人のキャッチャーに出会います。 二人の指針と沢村栄純の努力により、1年かけてようやく高校野球に必要な体力や筋力、そして知識・経験を手に入れ、2年生の戦いが幕を開けます。 2年生になった沢村栄純は、オフの間から取り組んでいたナンバーズ(沢村栄純独自の変化球)で、全国の強者たち、そしてライバルである青道高校のエース降谷暁の背番号1を奪うために、突き進みます。 右投げ右打ち• またバッティングもセンス抜群で、柵越えの打球を連発します。 降谷暁は、1年生の春の甲子園で好投して青道高校を全国ベスト8へ導きます。 2年生になってからは、降谷暁自身がが日本一の投手になり、青道高校を日本一にするという高い目標を持ち、野球に取り組んでいきます。 また高身長でイケメン、そして性格はクールと天然が合わさった『かっこかわいい』と非の打ち所がないキャラと言えます。 右投げ右打ち• ポジション:二塁手(セカンド) 小湊春市は、ダイヤのAの青道高校2年生で、主人公沢村栄純の親友で、穏やかな性格の持ち主です。 しかし沢村栄純に対しては、きつめの言葉を容赦無く言い放ち、沢村栄純もタジタジになったりします。 小湊春市の身長は164cmと体格には恵まれていませんが、守備センスとバッティングセンスが秀逸です。 強豪の青道高校で、1年生の夏の大会前に1軍に合流、1年生の秋からレギュラーに定着するほどの実力の持ち主です。 しかし1年生の春の甲子園で思うように活躍できず、自分の力不足を痛感します。 ピンクの長い前髪で眼を隠したりシャイな一面を持っていましたが、今の自分から生まれ変わるため、2年生になったら前髪をバッサリ。 沢村栄純と降谷暁に負けじと、小湊春市も成長していきます。 ちなみに前髪を切った小湊春市の目は大きくもキリッとした目つきですが、たまに兄である小湊亮介を彷彿させるときもあり、チームメイトに緊張が走る時もあります。 右投げ右打ち• ポジション:外野手 東条秀明は、同じ松方シニア出身の金丸信二とは仲が良く、中学2年生の時には投手として全国ベスト4進出に貢献したこともあり、全国的に有名な選手でした。 しかし同学年の怪物の降谷暁や、努力し挑み続ける沢村栄純の姿をみて、外野手への打者転向を決意します。 外野手では攻守に渡り存在感を見せ、1年生の秋からレギュラーで出場し始め、1年生の春の甲子園大会ではセンターのレギュラーを確固たるものにします。 また東条秀明は投手への道を諦めたわけではなく、バッティング投手をより積極的につとめ、ピッチングを磨き、2年生の夏の大会前の練習試合では投手として出場しました。 シニア時代の後輩の九鬼洋平とは、どちらが先に公式戦で投手として出場できるのか、勝負しようと約束しています。 右投げ右打ち• ポジション:捕手(キャッチャー) 狩場航は、沢村栄純の学年のキャッチャーです。 青道高校の正捕手の御幸一也の影に隠れていますが、よく沢村栄純の投球練習に付き合ったり、面倒見がよい人物です。 2年生になった狩場航は、2軍で1番手捕手まで成長します。 しかし1年後輩の奥村光舟と由井薫というセンスあふれる捕手が2人入部してきたため、結局2年生の夏もベンチ入りすることができませんでした。 「ダイヤのA act2」狩場 航(かりば わたる)の実力 狩場航は1軍への昇格はできていません。 青道高校には、正捕手の御幸一也、2番手捕手として評価が高い小野弘など、キャッチャーの層が非常に厚いこともあり、狩場航はずっと2軍で練習しています。 「ダイヤのA act2」1軍まで後一歩の狩場 航(かりば わたる) 青道高校の毎年の恒例、「新入生vs上級生(1軍に上がる選手を選抜する2軍と1年生の試合)」では、上級生チームのスタメンマスクを被り、1軍に一番近い捕手という立ち位置であることを証明します。 しかし実力を示しきれず、逆に1年生の奥村光舟と由井薫の存在感が目立つ結果に。 沢村栄純の相棒としてよく登場するキャラですが、2年生の夏はベンチ入りすることができませんでした。 右投げ• ポジション:投手・外野手 金田忠大は、沢村栄純の学年の3番手ピッチャーです。 沢村栄純や降谷暁など、同学年に良いピッチャーがいるにもかかわらず、投手を諦めずチャレンジし続けています。 外野手を守ることもできますが、1軍ではほとんど投手での出場です。 諦めず努力し続けた結果、2年生の夏は川島謙吾との4番手投手争いに勝ち、見事ベンチ入りをはたしました。 「ダイヤのA act2」金田 忠大(かねだ ただひろ)の実力 金田忠大は、1年生の秋からベンチ入りを果たし、川島謙吾と青道高校の4番手ピッチャーの枠を争っていました。 「ダイヤのA act2」1年生の春の甲子園でもベンチ入りを果たす金田 忠大 金田忠大は、常にベンチ入りの瀬戸際に立たされていますが、1年生の秋以降は必ずベンチ入りをはたしている実力者です。 登板こそありませんでしたが、1年生の春の甲子園でもベンチ入りをはたしていました。 右投げ左打ち• ポジション:捕手(キャッチャー) 御幸一也は、1年生の夏から青道高校の正捕手として活躍する超高校級キャッチャー。 主人公の沢村栄純の1つ上の学年で、沢村栄純が青道高校への進学を決めたきっかけになった人物でもあります。 2年生の夏の予選敗退後は、新チームのキャプテンとしてチームを、キャッチャーとして投手陣を、4番打者とし打者陣を引っ張る、まさに青道高校に欠かすことのできません。 そして2年生の秋の東京都大会で優勝し、御幸一也は青道高校を春の甲子園に導きました。 2年生の春の甲子園大会では降谷暁の活躍が目立ちましたが、御幸一也自身もしっかりと結果を残しています。 捕球力と強肩はもちろん、その巧みなリード・野球理論は高校生離れしており、青道高校の寮で塾が開かれるほどです。 もちろん打撃力も高く、高校通算本塁打数も40本塁打を超えると予想されており、まさにプロ注目の世代No1キャッチャーとして君臨します。 両投げ両打ち• ポジション:遊撃手(ショート) 倉持洋一は、青道高校の不動の1番ショートです。 抜群の身体能力と運動神経で2年生ながらレギュラーで活躍しています。 沢村栄純の同部屋の先輩で、よく沢村栄純にレスリングの技をかけて可愛がって(いじめて)います。 元不良ということもあり素行は良いとは言えませんが、後輩の面倒見がよく気遣いもできるので、3年生が引退した後は、副キャプテンに就任しています。 3年生になってからは、倉持洋一自身の課題でもある打撃に磨きをかけ、走攻守全てが揃った青道高校の不動のリードオフマンとして君臨します。 さらには小湊春市との鉄壁の二遊間は、日本一と自称できるレベルになりました。 右投げ右打ち• ポジション:一塁手(ファースト) 前園健太は、青道高校の一塁手(ファースト)を守る2年生です。 パワーがあるのですが、ブンブン振り回すため、なかなか打率が上がらず結果が残せず、2年生の夏はベンチ入りがかないませんでした。 2年生の秋からファーストのレギュラーを任され、打順も主に5番という中軸を任されますが、それでもなかなか結果が出ないのが前園健太。 しかし努力を惜しまず練習したり、情に厚いこともあり、チームメイトからの人望があり、倉持洋一と副キャプテンを任されています。 しかし前園 健太は、冬に取り組んだ打撃改善に失敗し、2年生の春の甲子園ではレギュラーを山口健にゆずってしまいます。 それでも持ち前の努力を重ね、3年生最後の夏の大会では無事レギュラーに返り咲きました。 右投げ左打ち• ポジション:外野手(主にライト) 白州健二郎は、走攻守全てにおいて高いレベルを誇る外野手で主にライトを守っています。 個性豊かな青道高校の中で、最もバランスが取れた選手と評価されることもあるほどです。 2年生の夏の大会ではすでに外野手のライトとしてレギュラーで出場しており、3年生が引退したあとは、青道高校の中心選手として絶対的レギュラーとして君臨します。 性格は控えめのため、あまり目立たず地味ですが、同学年の副キャプテンの倉持洋一から相談を受けたり、黒子役としてチームを支えています。 3年生になってもそのバランスの良さは健在ですが、守備面では持ち前の好守に加え肩力も向上し、『白レーザー』と称されたりします。 右投げ右打ち• ポジション:外野手(主にレフト) 麻生尊は、走攻守バランスが取れた外野手で、主にレフトを守っています。 2年生秋からレギュラーを努める実力者ではありますが、白州健二郎のような評価は得ておらず、打順もいつも下位打線だったり、途中で交代しベンチに下がったりします。 中学時代は4番を任されていたこともあり、態度がでかく自信家でしたが、青道高校のレベルの高さに圧倒され、徐々に自信がなくなり、丸くなっていきます。 3年生になるとさらに丸くなり、自虐ネタを言ったり、守備で褒められれば照れたり、どんどん可愛いキャラクターへ変貌していきます。 同学年の関直道とは仲が良く、態度がでかい裏で実は根がいいところをいじられたりします。 右投げ右打ち• ポジション:捕手(キャッチャー) 小野弘は、超高校級の御幸一也の控え捕手です。 2年生の秋から1軍に合流しますが、なかなかベンチの信頼は勝ち取れず、秋季東京大会で御幸一也が怪我しても小野弘に出番はありませんでした。 それでも春の甲子園大会出場が決まった後の明治神宮大会では、負傷の御幸一也に代わり、小野弘はスタメンマスクを任されます。 しかしエース降谷暁のボールを後ろにそらしたことが決勝点となり、チームが敗退。 その悔しい思いを糧に小野弘は急成長します。 3年生になれば小野弘は御幸一也の控えという立場は変わりないですが、チームに掛け替えの無い戦力となります。 しかし最後の夏直前に、ファールチップを指に受け、骨折してしまいます。 それでもチームから必要とされる小野弘は見事ベンチ入りを果たしました。 右投げ右打ち• ポジション:三塁手(サード) 樋笠昭二は、2年生夏からベンチ入りするなど、実力がある三塁手です。 しかし1つ下の学年の金丸信二が頭角を現すと、樋笠昭二と金丸信二の熾烈なレギュラー争いが始まります。 2年生の秋の大会では、スタメンを金丸信二に許す場面も多くなりました。 樋笠昭二が3年生になっても、金丸信二と三塁手のレギュラー争いは続きますが、徐々に大事な試合で金丸信二がスタメンで起用されることが多くなり、最後の3年生の夏、とうとう樋笠昭二は背番号5を剥奪され、レギュラーを金丸信二にゆずることになりました。 「ダイヤのA act2 青道高校」樋笠 昭二(ひがさ しょうじ)の実力 樋笠昭二は、重要な場面でヒットをうったり、盗塁を試みたり、打力や走力は一定のレベルを誇ります。 しかし守備力は重要な場面でエラーしたり、そこまで高いとは言えません。 もともと2年生夏にベンチ入りするなど、レギュラー候補であったこともあり、キャラは立っています。 見た目は、スキンヘッド、太い眉、あひる口。 そして口癖が「はいや〜」や「シュー」という特徴持っています。 右投げ右打ち• ポジション:外野手 関直道は、2年生秋からベンチ入りします。 しかしレギュラーではなく、公式戦に出場しているシーンは描かれていません。 しかしベンチからの存在感は大きく、よく声を出してチームを明るい雰囲気にします。 しかし最後の3年生の夏は、結城将司や由井薫といった外野を守れる超高校級の1年生が入学してきたこともあり、ベンチを外れてしまいました。 麻生尊とは中学時代からの友達であることからよく一緒に行動し、プライドの高い麻生尊をいじっています。 「ダイヤのA act2」関 直道(せき なおみち)の実力 関直道は、実は沢村栄純のお株を奪うバントの名手として知られています。 そして口癖が「な」という特徴を持っています。 明るい性格の持ち主で、ちょっとした悪戯したり、気難しそうな麻生尊をいじったり、ベンチ・チームを明るくするのが得意のため、3年生の夏のベンチ入りして欲しいという声がチームから上がるほどでした。 右投げ左打ち(右打ち?)• ポジション:遊撃手(ショート) 中田中は、2年生秋からベンチ入りします。 しかしショートには同じ学年の倉持洋一という絶対的レギュラーがいるため、試合にはなかなか出場できません。 3年生になると、実力をメキメキと伸ばしてきた2年生の高津広臣と、ベンチ入りを争います。 中田中は守備力に磨きをかけ、大事な試合で見事な堅守によりチームにリズムをもたらすと、なんとか最後の3年生の夏のベンチ入りを果たします。 中田中は、倉持洋一とはゲーム仲間で、合宿時には倉持洋一の部屋で一緒にゲームをしています。 またモブキャラであるため、左打ちで描かれたり、右打ちで描かれたり、漫画でもアニメでもミスが目立つため、右打ちなのか左打ちなのかはっきりしないキャラでもあります。 「ダイヤのA act2」中田 中(なかた あたる)の口癖 中田中はショートの控え一番手として描かれているため、口癖が「だな〜」「なんだな〜」という特徴を持つ強い個性をもったキャラとして登場しましたが、その後は出番があまりありません。 右投げ左打ち• ポジション:二塁手(セカンド) 木島澪は、2年生秋からベンチ入りします。 体格に恵まれていないことにコンプレックスを持っていますが、似た体格で青道高校で見事にレギュラーを勝ち取った小湊亮介を尊敬しています。 そういった背景もあり、小湊亮介のプレイスタイルを真似していますが、片岡監督からは小湊亮介の真似をするのではなく自分のプレイスタイルを築くように言われています。 木島澪は3年生になっても小湊春市を超えることはできませんが、試合に出場すれば守備でしっかりとアピールを行い3年生最後の夏のベンチ入りを勝ち取っています。 「ダイヤのA act2」木島 澪(きじま れい)の実力 木島澪の守備力が高く、粘り強いバッティングで、チームメイトからは高い評価を得ています。 ようやく1軍に昇格した2年生の秋からは、小湊亮介の弟である小湊春市にポジション争いで負け、結局レギュラーには定着できていません。 木島澪は3年生になっても公式戦での出場はほとんどなく、練習試合でアピールする時間が続きます。 しかし1軍をかけて1年生の瀬戸拓馬と争いますが、自慢の守備で安定感を見せつけ、見事3年生最後の夏のベンチ入りを勝ち取りました。 右投げ右打ち• ポジション:一塁手(ファースト) 山口健は、2年生秋からベンチ入りします。 筋肉むきむきの力自慢ですが、一年生の時は少食でした。 同室の先輩だった宮内啓介の影響もありプロテインに詳しくなり、今では人一倍栄養にこだわっています。 山口健は、2年生の春の甲子園で調子を崩した前園健太の代わりにレギュラーとして出場しますが、3年生になったあとは再びレギュラーを奪われます。 それでも練習試合に出場すれば、自慢のパワーを見せつけアピールし、3年生の最後の夏もしっかりと1軍ベンチ入りを勝ち取りました。 「ダイヤのA act2」山口 健(やまぐち けん)の実力 山口健は前園健太と一塁手のレギュラーを争っていますが、2年生秋の大会ではベンチを温めています。 しかしその実力は青道高校のレギュラーに最も近い実力を持っています。 その証拠に3年生春の甲子園大会では、調子を崩した前園健太にかわり、山口健はレギュラーとして試合に出場しました。 3年生になったら前園健太が復調し、再びベンチ要員に戻ってしまいます。 それでも出場した試合ではしっかりとアピールを続け、とくに全国区の実力を誇る西邦高校のエース明石聖也から長打を放ったり、その実力があることを示しています。 右投げ右打ち• ポジション:外野手 渡辺久志は、一般入試で青道高校に入学し、野球部に入部しましたが、青道高校の高いレベルについていけず、ベンチ入りはおろか2軍にも入れません。 しかし観察力と分析力に長け、偵察を任されたり、相手のクセを見抜きチームを救ったり、青道高校に欠かすことができない戦力となります。 渡辺久志が3年生になれば、自慢の観察力と分析力に磨きがかかります。 偵察には必ず片岡監督やキャプテン御幸一也に指名されたり、沢村栄純など投手陣のミーティングに参加したり、コーチ的な立ち位置までこなすようになります。 渡辺久志の実力だけでいえばレギュラーになることはできませんが、青道高校での発言力はかなり影響がある人物の一人です。 愛称は「なべちゃん」。

次の

HyperDia

ダイヤ の a 白州

白須健二郎は青道高校の三年生 右翼手 です。 身長:176cm、体重:66kg、血液型:AB型、誕生日:4月23日の17歳です。 堅実な守備に、 走力もあり、 ミート力も高く、小技もできる という、攻守ともにバランスのとれた選手で、地味ながらも青道の主力メンバーの一人です。 落合コーチからも、「 一見目立たないが、 俺ならクリーンアップを打たせるね」と評価されており、 また稲代実業の原田も「 地味ながらも一番青道でバランスのとれた選手」と賞賛されています。 そして実際に作中では結構活躍しています。 攻守に、出塁率の高い打撃も光ります。 個人的には1番の 倉持より打撃力いいような・・・。 また、地味で無口ながらも実は内に闘志を秘めており、2年生夏の地区大会決勝で 成宮から内野安打を打った際は雄叫びを上げ、チームを驚かせています。 まさに、 いぶし銀のような選手で、地味ながらも青道高校にはなくてはならない存在となっています。 白州の名言 無口な白洲の名言は少なかったのですが、その中でもいくつかピックアップしてご紹介します。 当たり前のように試合に出続ける これがどれだけ凄いことか しかもキャプテンで4番 誰にも真似できやしないー せめて俺もプレーで貢献したいー 怪我を推して試合に出続ける御幸一也に対して思った白洲です。 やはり内は熱い男です。 がんばります! 小声で言った感じがなんかいいです。 ゾノ・・・やめとけ 御幸の胸ぐらをつかむ前園に対して言った一言。 口数は少ないですがインパクトがあります。 空は飛べないぞ アホ発言をする沢村への一言。 ツッコミも冴えています。 白洲 まとめ 白州健二郎という選手 ミート力が高く、バント等の小ワザも出来、足も速く守備もいい。 2年生からレギュラーの青道高校では最もバランスのとれた選手と言えるのかもしれません。 また、地味ながらも闘志に溢れ、その発言には存在感を感じざるを得ません。 現在は2番打者として打線に座っているので、 小湊、御幸につなぐ 2番という打順の重要性を考えれば結構適正なのかもしれません。 一方で長打を打つ描写が少なく、この先プロを目指すということなのであれば筋力をつけることは必須になると思われます。 こちらもどうぞ!.

次の