アマゾネス 映画。 ギリシア神話の戦闘民族「アマゾネス」恐怖の伝説とは

アマゾネス (映画)

アマゾネス 映画

女性達は狩猟や戦を得意とし、ギリシア神話中多くの戦闘に参加していました。 そして、年頃になる前、弓などの武器を使う時に邪魔となる右の乳房を切り落とすなど、なによりも戦闘を第一に考え、過激なことも行っていたと言われています。 明確な語源は現在でも不明ですが、「戦士」を意味するペルシア語の「ha-mazan-」などからきたという諸説もあります。 その戦闘力は凄まじく、一時は北アフリカやインドまで勢力を広げたとも。 しかし、紀元前5世紀のペルシア戦争でギリシア人に敗れて以降その勢力は次第に縮小し、やがてその伝説に幕を閉じたとされています。 (出典:upload. wikimedia. org) スポンサード リンク アマゾネスはどこに住んでいた? アマゾネスはどこに住んでいたのでしょうか? 神話上では軍神アレスとニュンペーのハルモニアーを祖とする部族とされ、当時のギリシア人にとっては北方の未開の地カウカソス、スキュティア、トラーキア北方などの黒海沿岸に住んでいたとされています。 ちなみに黒海は「アマゾン海」と呼ばれていたこともあります。 アマゾネスは黒海沿岸の他、アナトリア(小アジア)や北アフリカに住んでいました。 近年、考古学的発掘により、当時、アマゾン海と呼ばれていた黒海沿岸には、アマゾン女戦士が多数存在していたことが明らかになっているものの、あくまでも伝説の民族とされており、実在した母系部族をギリシア人が誇張した姿と考えられています。 この地域の女性の墓からは剣や弓と言った武器類が多数出土。 それらは副葬品として遺体とともに埋葬されたようで、中には戦闘中に命を落としたであろう無惨にも矢が頭蓋骨に突き刺さったままのものもあると言われています。 神話上における描写として伝えられている姿は次にあげられます。 基本的に女性のみで構成された狩猟部族• 子を産むときは他部族の男性の元に行き交わる• 男児が生まれた場合は川に投げ込み殺すこともある• 男児が生まれたら国外追放もある• 男児が生まれたら手足に障害を負わせて奴隷とすることもある• 父親の元に引き渡す• 女児のみを後継者として育てた 女児達は、優秀な戦士になるための一連の武器の扱い方、馬術などが徹底的に教え込まれました。 女戦闘民族を目撃したスペイン人は語ります。 「アマゾネスの闘争心は凄まじいばかりであった。 彼女らは、一人で男10人分の活躍をする。 総数12人 ほどのアマゾネスが先頭に立って戦いを指揮していた。 アマゾネスは、もし、戦闘中に逃げる者あれば、それを捕らえて容赦なく殴り殺すのである。 まさに、鬼気迫る衝撃的な光景が目の前にあった」。 この後、この女だけの部族が支配した河川一帯 が、アマゾニアと呼ばれるようになり、やがて、その密林を流れる大河のことを、アマゾン川と呼ばれるようになります。 まとめ 謎の女戦闘民族の謎は終わらない この不思議な女戦士集団、アマゾネスの話は古代ギリシアの神話の中から抜け出し、伝説となり、今では世界の各地に伝わっています。

次の

映画「アマゾネスプリンセス 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

アマゾネス 映画

この映画のタイトルを教えてください。 ずいぶん前ですが、テレビ東京で深夜に放映されたのを断片的に観ました。 女性刑務所が舞台のエロチック物の洋画で、次のようなシーンがありました。 ・ヒロインはブロンドの若い女性で、無実の罪か軽犯罪を犯したかは覚えていませんが、刑務所に入れられてしまう。 ・刑務所には少し精神を病んだ少女が入所していて、ヒロインを慕うようになり、ヒロインは対立するグループから少女を守っていた。 ・ヒロインは刑務所に勤める男を誘い、トラックの荷台で性行為をし、そのまま荷台に隠れて脱走をはかるが、男に裏切られ、刑務所の出口で警備員に突き出されてしまう。 ・脱走をはかったヒロインは、白衣を着た太った看守の女ボスから凄惨な暴行を受ける。 ・ヒロインのいない間に、少女は対立グループにトイレで押し倒され、全裸にさせられ、尻に焼きを入れられる。 ・少女が隠れて飼っていた猫が、看守の女ボスに見つかり、踏み殺されてしまい、ショックを受けた少女は、刑務所の運動場に建てられたやぐらから飛び降りて自殺する。 ・少女の自殺をきっかけに、囚人たちが一斉に暴動を起こし、看守の女ボスは自分が一番偉いんだなどと叫びながらやぐらに上るが、やぐらに火をつけられ死んでしまう。 ・ラストは囚人仲間に見送られながら、ヒロインが出所する場面で終わる。 この映画をご存知の方いませんか?.

次の

映画『ワンダーウーマン』に登場するアマゾネスの島、セミッシラの歴史が判明!

アマゾネス 映画

実は、今回紹介するのは劇場公開作品では無い。 5月2日よりDVDレンタルが開始された、オリジナルビデオ作品にして問題作。 それがこの『未来世紀アマゾネス』だ。 レンタル店の棚で見たら、思わず手を伸ばさずにはいられないそのジャケットデザイン!記事のタイトル通り、半裸の女戦士達が文字通り地球の未来を賭けて闘うという本作を、今回はDVDリリース前のイベント上映で鑑賞してきた。 伺ったイベントは、阿佐ヶ谷ロフトAで定期的に開催されている「東京電撃映画祭」。 4月29日に開催された第16回のこのイベントで、監督・出演キャストによる生オーディオコメンタリー付き!という理想的な上映での鑑賞となった本作だが、果たして過激なジャケットデザイン通りの内容だったのか、それとも? 予告編 ストーリー 荒廃した未来世界。 そこは女族アマゾネスが支配する、女だけの都市国家だった。 異性間のセックスは禁止。 男は人工授精用の精子を採取された後、殺されるか奴隷になるか…。 そんな独裁政権を倒し、男女間の恋愛を復活させようとするレジスタンスと、女族アマゾネスとの対決に巻き込まれていく二人の運命は……。 ハダカと残酷が売り物の映画と思わせて実は!その深い内容と変わらぬ監督の主張とは? 長期に渡る傑作映画『レイプゾンビ』シリーズで、荒廃した近未来社会の極限状況下における、男女の関係・恋愛を描き続けて来た友松直之監督が、新たに世に問う問題作、それがこの『未来世紀アマゾネス』だ。 友松直之監督作品の特徴、それはズバリ、ハダカと残酷という、確実に観客の興味を引き付ける内容でありながら、実は毎回確かな主義主張を入れ込んで、常に観客の予想を遥かに超えた傑作を生み出して来る!という点。 事実本作でも、終盤のアマゾンシティ襲撃における、キャストの意外な真剣さと迫力に、それまで油断して見ていた観客は思わず身を乗り出すことになる。 もちろん、「え、それはあまりに唐突な?」というトンデモ展開や、血しぶき飛び散る残酷描写も見所なのだが、実は本作にはそれだけでは無い魅力があるのだ。 本作の舞台となる女尊(アマゾン)シティには女しかおらず、男は男であるというだけで罪であり、ペットとして生かされるのはイケメンだけでそれ以外は屠殺され缶詰の材料、つまりたいていの男は文字通り女の食い物にされてその命を終えるという設定。 友松直之監督の作品に度々描かれてきた「女性の身勝手さ」と、「犠牲になるのは男である」という主張が見事に炸裂するラストまで、最初はある種の先入観で見始めた観客をも、最後にはその作品世界に強引に引きずり込むその面白さ! 普段、「この手の映画はちょっと……」そう思っている方にこそ、是非見て頂きたい作品。 男性だけで無く、女性にも是非オススメします! 最後に ポスタービジュアルと予告編の印象からは、ハダカとグロの低予算映画、そんな印象を持たれる方が多いと思うが、友松直之監督の前作である『KINBAKU 緊縛』にも代表されるように、常に観客の予想を完全に覆すその内容と、作品の根底に流れる決してブレない彼の主張は、見た人々を確実に虜にしてきた。 劇場での公開と違い、オリジナルビデオとしてレンタル出来る本作は、より多くの観客に見て頂き易くなっているので、ジャケットのデザインに惹かれた方、「何か面白そうかも?」と興味を持たれた方は、是非レンタル店でパッケージを手にして頂ければと思う。 実は本作『未来世紀アマゾネス』のサイドストーリーとしての姉妹編『未来戦士アマゾネス」も、6月にリリースされることが既に決定している。 それを記念して、来る5月27日の深夜0時より、阿佐ヶ谷ロフトAにおいて開催される「第17回・東京電撃映画祭」において、『未来戦士アマゾネス』の上映と出演キャストによるトークイベントが行われる。

次の