ビビッドアーミー チート。 ビビッドアーミー攻略wiki

ビビッドアーミーのアカウントデータ、RMTの販売・買取一覧

ビビッドアーミー チート

ビビッドアーミーのダイヤを集める裏技をご紹介します。 英雄招集や体力回復、アイテム交換などに使うダイヤ。 いくらあっても足りないですよね。 本記事ではダイヤをびっくりするくらい入手できる裏技を大公開します! さらに、この裏技を応用すれば、 月パス、週パス、成長基金など、 全ての課金アイテムを無課金で入手できちゃいます! ビビッドアーミー ダイヤを裏技で獲得!? ダイヤはゲームをしながらコツコツと貯めることもできます。 しかし英雄招集をしたり、体力を回復させたり、アイテムと交換したりしているとすぐに使い切ってしまいますよね。 それで攻略が途中で止まってしまうとイライラしてしまうことも…… そんなことが続くと、ついつい「 課金してしまおうか」とか「 もうビビッドアーミーは辞めてしまおうか」なんて思ってしまうプレイヤーも少なくないでしょう。 でもちょっと待ってください。 ビビッドアーミーにはダイヤをお金をかけずに入手する裏技があるんです! この裏技を使えば、 ダイヤを使ってですぐに攻略を進めたい!と言ったときに非常に助かります。 私も実際にこの方法で驚くほどたくさんのダイヤを入手することができました! ビビッドアーミー ダイヤでランチゲット ダイヤを裏技で入手できたので、英雄招集を何十回としてみました。 その結果、欲しかった ランチやエリザベスなどSSRキャラをゲットすることができました! 私が行った裏技は誰でも行うことができます。 ダイヤが足りなくて困っている時はこの方法を試してみると良いでしょう。 具体的なやり方については以下にまとめています。 ビビッドアーミー ダイヤを集める裏技 ビビッドアーミーのダイヤを集める裏技とは「 ポイントサイトを利用する」というものです。 ポイントサイトとは、会員に対してアプリなどを紹介し、その度にポイントを付与してくれるサイトのことです。

次の

ビビッドアーミーの大破絵・イラストレーターについて。

ビビッドアーミー チート

ビビッドアーミーの最新情報 1周年記念生放送のスライドをまとめています。 生放送を見逃した方は是非参考にしてください!ツイッター... 英雄招集とスキル研究について詳しく解説しています。 英雄招集の種類や破片の使用方法などを正しく理解... 兵営と海軍・空軍基地について詳しく解説していきます。 戦力の強化に深く関わる3つの基地ユニットを正し... 「住宅」に関する基礎知識を詳しく解説していきます。 住宅にまつわるユニットや効率的な金貨の回収方法... 「部品強化」とは何か、部品の獲得方法とおすすめの部品装着について解説しています。 陸海空軍それぞれ... ビビッドアーミーの世界マップには何があるのか、「NPC」や「資源地」について解説しています。 また他の... 陸軍、海軍、空軍ごとに最強英雄をピックアップしています。 この最強英雄ランキングに掲載されている英... ビビッドアーミーとは?.

次の

ビビッドアーミーさん、中学生を性的搾取する広告を出してしまう

ビビッドアーミー チート

ビビッドアーミーのリセマラは必要? 『ビビッドアーミー』は、リセマラ不要で遊べるゲームです。 一日に数回、無料でガチャを回せるタイミングがやってきますが、 キャラの欠片だけでなく、他のアイテムも排出されるため、リセマラは非効率的。 バトルは基本的に 戦闘兵器のレベルによって勝敗が左右されるため、ガチャにこだわる必要はありません。 ビビッドアーミーってどんなゲーム? 『ビビッドアーミー』は基地の育成と、 ポップな世界観で描かれるバトルが魅力のストラテジーゲームです。 好きな建物を好きな場所に配置できる箱庭システムで、個性に磨きをかけるのもよし。 バトルから建築、ミッションに至るまで、全てワンタップで操作が可能なので、 どんな人でも気楽に遊べるのも魅力! 可愛い英雄キャラクターとともに、自分だけの基地づくり&戦争バトルを堪能しましょう。 ビビッ島で起きたバグから始まるストーリー 鮮やかな色が特徴的な島 「ビビッ島」では、人々が平和に暮らしていました。 しかし、突如発生した 「バグ」のせいで、その平和は一瞬にして消え去ることに。 畑を耕すクワは銃に、トラクターは戦車へと変化した世界で、 バグを治すために戦う使命を全うする英雄たち。 仲間とともに成長し、 いつかバグが直って世界に平和が再来することを祈りつつ、今日もあなたは銃を構えます。 陸・海・空で繰り広げる戦場バトル 戦闘はポップな見た目の兵士や戦車がオートで攻撃し合う、完全自立型戦場バトル。 バトルの舞台となるのは、 「巡洋艦」や 「航空機」なども活躍する陸・海・空の3つの異なるフィールド。 バトルで破損した兵器は修理が必要になるなど、非常にリアルなシステムになっているのも臨場感があります。 面白い点と残念な点の評価レビュー ビビッドアーミーの特徴や魅力など面白い点とプレイ中に気になった残念な点を紹介します。 配置を自由に変えられる建物合体 ビビッドアーミーの最大の魅力は、 基地内を自由にアレンジできる建築システム。 人々を住まわせて金貨を回収する 「住宅」や、各戦闘兵器を製造する「兵営」を中心に、 「リンゴの木」など個性的な装飾アイテムも登場します。 また、同じ系統の建物同士を 「合体」することで、上位ランクの建物へと進化! 合体するごとに見た目も派手になっていくので、たくさんの建物を次々とくっつけて、レベルアップさせていくのが楽しいです。 可愛いデザインの英雄キャラクター 戦場を取り仕切るのは、 可愛い見た目で兵士たちに癒しを届ける英雄キャラクターたち。 迷彩服に身を包んだ少女や、でっかい注射器を持ったナース服の少女など、個性豊かなキャラが登場します。 ただ可愛いだけかと思いきや、英雄たちは独自の 「スキル」で戦闘をサポート! 「高速修理」や 「採取速度アップ」など、バトルや建築で役立つ便利な能力です。 世界マップで挑むプレイヤー同士の攻防 自分の基地の周りには、他のプレイヤーの基地や反乱軍、傭兵組織など、物騒な敵がうじゃうじゃ。 世界マップでは、ストレス発散にプレイヤー基地に攻撃を仕掛けてみたり、 建築に必要な素材を採取したりすることができます。 また、攻撃したい相手を探すときに便利なのが、 「検索」機能。 レベルの上限でサーチをかけることができ、自分の基地から最も近い距離にある相手を探してくれるため、非常に効率よく戦えます。 画面を動かしづらいのがやや欠点 画面を縦横に動かす際、建物も一緒に動かしてしまうことがあり、 スクロール操作に気を使わなければならないのが少し残念。 ゲームを進めていくと、建物を配置できるスペースが広がりますが、その分画面を動かす機会が増えるため、ややストレスに感じることも出てきます。 できるだけ建物を密集させないように整理整頓したり、拡大・縮小で建物以外の場所をタッチできるよう工夫したりすれば、対処することは可能です。 放置要素はないので注意! ビビッドアーミーは基地を育ててライバルたちと戦うのが目的ですので、放置収益といった放置要素がないことには注意が必要。 他のブラウザゲームにはブラウザを閉じていても経験値が入るものが多いため期待しがちですが、基本的に育成はプレイ中に行う仕様です。 その代わり、プレイヤー同士の攻防は全世界リアルタイムで常に行われているため、再ログインしたら連敗していた!といったドキドキを味わうことはできます。 初心者向け序盤攻略のコツ ビビッドアーミーを始めたばかりの初心者の方向けに、遊び方や序盤を効率良く進める方法を紹介します。 ミッションをクリアするのが基本的な進め方 ビビッドアーミーの基本的なプレイスタイルは、 チュートリアルを兼ねたミッションをクリアすること。 「Lv10の住宅を所持」といった具合に、次に何をすればいいのかを示してくれるため、ゲームをサクサク進めることができます。 また、 プレイヤーレベル10に到達すると、戦闘をスキップできる機能が解放。 領地を拡大する際に行う戦闘が格段に楽になるため、まずはレベル10を目指してプレイするのが良いでしょう。 建物はどんどん建築しても大丈夫 一般的な箱庭ゲームでは、建築するのに莫大なコストが必要になったりしますが、ビビッドアーミーでは どんどん建築してもOK。 ゲーム内の金貨は、住宅から回収したり、初心者ボーナスでもかなりの量の金貨をもらえたりするので連続で建てても全く問題ありません。 むしろ たくさんの建物を建てて一気に合体させることで、新たな建物も解放され、金貨の回収効率も上がるなどメリットばかり。 コストを気にせず、配置スペースの許す限り建物を建てていきましょう。 研究して効率の良い建築を目指そう! ゲームをある程度進めたら、何度も同じ建物を建ててくっつける…という作業が面倒になってきます。 そんな時は 「科学センター」と呼ばれる建物で技術を研究して、効率よく建物合体ができるようにしましょう。 例えば、 「住宅建造」という技術を研究すれば、最初から上位ランクの住宅を建築可能に! レベル1の住宅から合体していくよりも、建物育成の効率をかなり上げられるため、時短テクの一つとして研究を忘れないようにするのが序盤攻略のコツです。 ビビッドアーミーを遊んでみた感想まとめ 合体すると見た目が変化していく建物建築が楽しく、 気が付いたらハマっているゲーム。 ポップな世界観にも関わらず、バトルは戦闘力で優劣が決まる本格的なものなので、箱庭づくりが好きな人も、バトルアクションが好きな人も十分楽しめる作品です。

次の