インスタ デフォルト 上位。 インスタの検索方法を徹底解説!4種類の検索方法で見たい投稿を探そう。

【完全保存版】Instagram

インスタ デフォルト 上位

アフィリエイトやブログの記事を書いていると、なかなかネタが思いつかなかったり、この記事がライバルよりも検索上位に表示されるのか、読者が求めている情報がまとまらない時があります。 そんなときは、 「Headline Checker ヘッドラインチェッカー 」という無料ツールを使うことで検索キーワード上位10サイトの「・タイトル・見出し・文字数」を一括で取得して調べることが出来ます。 上位10サイトは検索1ページ目の記事なのでGoogleが「検索キーワードの答えに最も近い」と判断している優れたコンテンツが表示されています。 「ユーザーの検索意図」を調べるために、ライバルの記事を分析するのにとても役立ちます。 共起語は、それぞれの記事に共通して頻出するキーワードが並んでおり、関連性の高いものが多く出ているため意識して記事に盛り込んでおきましょう。 【3】Excel・CSVファイルをダウンロードする 検索結果一覧はExcel・CSVファイルとしてダウンロードすることが出来ます。 今回はCSVファイルをダウンロードしてExcel(スプレッドシート)で開いてみましょう。 「」にアクセスして「スプレッドシート」を作成します。 「アップロード」タブを選択してアップロードするファイルを選択します。 ファイルをインポートする方法で 「新しいシートを挿入する」にチェックを入れてデータをインポートします。 すると、記事URLと見出し一覧がセットになったものが一覧で表示されます。 Excelに読み込むことで自由に関数やフィルターなどでデータを弄ることが出来ますが、見出し番号がなくなっているので使いやすさはイマイチかもしれません。 ただ、無料ツールでここまでサポートしているものはなかなか無いので、ぜひ 記事づくりのアイデアの参考にしてくださいね。 Headline Checkerはこうやって使うのがおすすめ おすすめの使い方• 記事の見出しが決まらない時• リライトで共起語をプラスしたい時• 「」でも解説している通り、記事づくりは先に記事の設計と見出しづくりが重要です。 足りない見出しが無いか、逆に不要な見出しを入れていないかといった情報を検索上位の記事を参考に調整しています。 Headline Checkerの口コミ・評判 リライトする時に役立つツール 1. サーチコンソール…超王道 2. FindWord…指定したキーワードで上位表示されている記事と比較し、自分の記事に足りない共起語を出力 3. Headline checker…キーワードを入力し、上位10サイトのタイトルと見出しを取得 — かっつー kattu0403 特定キーワードに対して、検索結果上位10ページのタイトル・見出しタグを一括抽出できるツールを作ろうとしたら、もうあった。 記事構成のアイデアの寝る時に便利。 開発者の方、ありがとうございます。 【まとめ】リライトをする時の参考にしよう 検索上位を狙うならやはりライバルの記事の分析をすることはとても大切です。 闇雲に記事の構成を考えるよりも、Googleが上位表示している記事が 「なぜ上位に来ているのか」内容をチェックすることで、ユーザーの検索意図や求めている情報のヒントを記事に反映することが出来ます。 リライトをする時は、足りない共起語を調べられる 「」もセットで使うのがおすすめです。

次の

インスタのフォロワー・フォローの順番はどう決まる?表示順序の法則を解説!

インスタ デフォルト 上位

InstagramのSEO対策とは InstagramのSEO対策(検索エンジン最適化)は以下の6つを最適化することを指します。 ユーザー名• プロフィール• ジオタグ• 投稿時のテキスト• ハッシュタグ• 継続した投稿 GoogleのSEO対策と異なり、やることはたった6つ。 とてもシンプルです。 また、意外と対策を行っていない企業や店も多く、この6つの最適化の重要性に気付いていないのは非常にもったいないことです。 同業他社より一歩先に行くためにも、この記事を読んだら早速実行することをお勧めします。 それではそれぞれを解説していきましょう。 Googleの検索ユーザーの立場と考え方は基本的に同じで、SNSのユーザーの中でもInstagramとTwitterに関しては、各SNS内で検索して情報を集める傾向が強くあります。 一度Instagram内で検索して実感してみましょう。 例なのでキーワードは何でも良いのですが、この記事を書きながら無性に餃子が食べたいので、「餃子」で検索してみます。 作業効率上、PCから検索していますがスマホからでも構いません。 PCでの検索はスマホ検索の「上位検索結果」にあたります。 上位検索結果として1位ハッシュタグ「 餃子」、2位から「餃子のラスベガス」「餃子一鉄」「餃子李」・・・と店舗のジオタグ(位置情報)が続いた後画面には見えていませんが、「myeongdonggyozakalguksu」とユーザー名に「餃子」が含まれるアカウントがヒットしています。 Googleの検索時と同じく、やはり上位に表示される検索結果の方がタップする確率は高い傾向にあるため、Instagramのユーザーの意図、行動心理を考えれば自ずと上位に表示される方が良いのは理解できるでしょう。 あなたサービスをInstagram内で検索するユーザーに一人でも多く見つけてもらえるようにするには、ユーザー名にあなたが取り扱うメインサービスや商品が深く関係しているものが含まれる方が望ましいことがわかります。 プロフィールの最適化には複数の目的と効果があります。 まず1つめの目的は、Instagram内の検索ユーザーが初めてあなたのアカウントを見つけた際に、あなたのアカウント、サービス共々魅力を伝え、フォローしてもらうためです。 最適化することで「フォロワーの増加に繋がる」=「アカウントの価値が上がる(ブランディング)」といったメリットがあります。 2つめの目的は、Instagramのプロフィール欄を充実させることで、あなたのホームページや商品、サービスへの購入への導線を作るためです。 あなたが投稿した画像や動画、フォロワー、ユーザーの投稿から辿ってきた新たな見込み客に、あなたの魅力を伝える手段として利用できます。 3つめの目的は、Instagram内のSEO対策のためです。 例に挙げた「餃子」で検索した際の上位はハッシュタグ、次にジオタグ(位置情報)でしたが、他のキーワードで検索した際にユーザー名やプロフィールに含まれるキーワードが検索上位にヒットすることも多くありました。 つまり、もしあなたが餃子屋さんでアカウント名に「餃子」が含まれていないとしても、プロフィール欄には含む必要があるということです。 現在、プロフィール欄には、「テキスト、URL(1つ)」の掲載が可能です。 150文字以内のテキストと1つ添付できるURLで魅力を伝えると共にホームページやブログ、ECサイトへの誘導でコンバージョンを高めるようなテキストの記載をしましょう。 また、ビジネスでInstagramの運用を行っている方は「ビジネスプロフール」に切り替えることを強くお勧めします。 位置情報自体は ハッシュタグよりも重要度は劣りますが、SEOの観点だけでなく、 ユーザビリティで考慮すれば自ずと注力すべきポイントになることは間違いないでしょう。 2つめのプロフィールの最適化でも挙げたように、Instagramのビジネスプロフィールに切り替えることで位置情報(スポット)を正確に表示できます。 ジオタグ(位置情報)と同様に、ハッシュタグほどの重要度はないものの、検索結果に影響を及ぼしていることは確かです。 SEO面でみると、ホームページやブログでいう「見出しタグ以外のテキスト部分」と捉えるとわかりやすいのではないでしょうか。 Instagramにおいてハッシュタグがいかに重要だということは別記事でも解説しましたが、理解していますか? 関連記事>> 様々なキーワードでしてみるとわかりやすいですが、ハッシュタグは 基本的に上位に表示されます。 つまり、あなたのアカウントやサービス、投稿に関連するハッシュタグを付けることで、Instagram内の検索ユーザーに対してアピールできるということです。 また、ハッシュタグの特性として、ハッシュタグ自体にリンクが付いていますので他社の投稿からの流入が見込めます。 SEO面で注目すると、 ハッシュタグが検索結果に最も大きく影響するということです。 先程はPCで検索をしましたが、InstagramのユーザーのほとんどはスマホのアプリからInstagramを利用しています。 デフォルトでは「上位検索結果」となっており、ついでアカウント、タグ、スポットとタブが並んでいます。 つまりいかに「上位検索結果」に表示されることが、InstagramのSEOに効果的であると共に、Instagramの運用すべてにおいて最も注力すべき項目となります。 ストック型のサービス、つまりホームページやブログなどで作成するコンテンツを最適化して積み重ね、それを評価するGoogle。 一方、フロー型のサービス、つまり新しいものが優先され、評価されるのがInstagramと、Google、Instagramのサービス形態の違いから、とるべき行動は自ずと違ってきます。 GoogleやYahooはストック型に対してInstagramはフロー型のため、ホームページやブログなどのメディアと深く関係するGoogleのSEOとInstagramのSEOは別物と考えましょう。 別記事も解説したように、Instagramのアルゴリズムでもこのように評価すると言われています。 近年のInstagramのアルゴリズムは以下を中心に採用しています。 コメントしたり、メンションをつけたり、タグ付けしたりと、接触する回数が多い点でも優先します。 これら「関心度」「新鮮さ」「関係性」の3つの要素を元にInstagramのアルゴリズムは形成されています。 参照元: よって、InstagramのSEO対策の1つとして新しい投稿を継続的に行うことが挙げられることとなります。 最後に 今回はInstagramの運用において特に「SEO(検索エンジン最適化)」について解説しましたが、いかがでしたか? これまでの解説してきたInstagramの関連記事にしっかり目を通し、少しでも多くの売上に繋げることができるよう、PDCAサイクルを回しながら日々、頑張りましょう。 繁盛マーケティングでは、Instagramの運用代行サービスも展開しておりますので、ご興味がある方は一度お問い合わせください。 WEB初心者のためのInstagramハッシュタグのメモ帳.

次の

インスタグラムのフォローやフォロー解除の方法や基本マナーを解説

インスタ デフォルト 上位

検索画面へのアクセス方法• インスタアプリの下部メニューにある 検索アイコンをタップする。 画面上部に表示されている 検索ボックスをタップする。 以上の手順を踏むことで、検索画面へアクセスできます。 この状態から、検索ボックスの下に表示される 上位検索結果・ アカウント・ タグ・ スポットのいずれかを選んでタップすると、各検索方法を使えます。 ユーザー名から検索する【アカウント検索】 1種類目のインスタ検索方法は、 アカウント検索です。 アカウント検索では、インスタのユーザー名を基に検索します。 前述の画面下表示から アカウントをタップして、探したいユーザーの名前を打ち込んでみましょう。 検索結果がリストで表示されます。 あとは、探したかったユーザーが結果に表示されているかを確認するだけです。 連絡先やFacebookから友達を探すこともできる アカウント検索を使ってユーザーを追加する以外にも、インスタではスマホに入っている連絡先やFacebook(フェイスブック)を連携させて、インスタアカウントを持っている友達を検索できます。 インスタでは、投稿を行う際に (ハッシュタグ)をつけてキーワードを設定できます。 ハッシュタグ検索は、そのキーワードを利用して投稿を検索する方法です。 例えば、ハッシュタグ「 ディズニー」で検索を行ってみましょう。 すると検索したかった「 ディズニー」はもちろんのこと、それ以外に「 ディズニーランド」「 ディズニーシー」「 ディズニーコーデ」などといった関連ハッシュタグも結果に表示されます。 最近気になったキーワードで、インスタ内にどのような写真や動画がアップされているかを見てみたい場合に使える検索方法です。 場所名から検索する【スポット検索】 3種類目のインスタ検索方法は、 スポット検索です。 スポット検索では、人気の場所やスポットに関連した投稿を検索できます。 検索ボックスに「お台場」や「新宿」といった地名を打ち込む以外にも、スマホの位置情報をオンにすれば、現在地付近の投稿をチェックすることも可能です。 「最近気になっているあのスポットって実際どんな雰囲気なんだろう?」 そんなときに使える検索方法です。 3種類の検索方法を一括検索する【上位検索結果】 4種類目のインスタ検索方法は、 上位検索結果です。 「上位検索結果」の表示パターンは、大きく2つに分かれます。 自分がフォローしていてよく見るアカウント• 「いいね!」をしたアカウント• 過去に自分の投稿につけたハッシュタグ• また、上位検索結果を選択し検索ボックスにキーワードを入れた状態では、前述3種類(アカウント・タグ・スポット)の検索が一括で行えます。 キーワードに引っかかりそうなインスタ投稿をマルッと探したい際に、オススメな検索方法です。 インスタの検索履歴はバレない 「インスタの検索履歴は、相手にバレる?」 インスタの検索履歴はバレません。 例えば、アカウント検索で特定のユーザー名を打ち込んで検索した履歴が、その対象のユーザーに知られることはありません。 自分がインスタでとった行動(足跡)のうち相手が分かるものは、大きく次の行動です。

次の