あっ と ゆー ま。 “あっとゆー間”の10年。そして第2章へ。遊助、感謝の日本武道館公演を完走!|株式会社ソニー・ミュージックレーベルズのプレスリリース

EA歴7年の私が思う初心者にオススメしないEAとは|あっとゆー@FX自動売買で生活するぞ!|note

あっ と ゆー ま

この節のが望まれています。 ベスト・アルバムとしてはに発売された『』があるが、他のアーティストとコラボレーションした楽曲から選曲されており、全ての楽曲からという意味では本作が初のベスト・アルバムとなる。 アルバムには新曲2曲(通常盤と初回生産限定盤Bのみそれぞれ収録)と2009年に発売されたシングル「」から2019年に発売された最新シングル「」までの楽曲が収録されている。 新曲は、2019年がデビュー10周年となるため、歌詞などそれにちなんだ楽曲となっている。 3形態あり、初回生産限定盤Aにはそれまでシングルやアルバムに特典DVDで収録されたものとディスク化されていない最新シングル「砂時計」のミュージックビデオがBlu-ray DISCに収録されている。 初回生産限定盤Bには、DISC 3に『History盤』と題し、既発6曲と新曲1曲の「History」シリーズが収録されている。 通常盤はDISC 2枚のみであるが、限定盤A・Bには収録されていない新曲が収録されている。 新曲 [ ]• もう10年 遊turing 10年前の俺• 通常盤に収録されている「もぉ10年 遊turing 10年前の俺」は、2009年に発売された1枚目のアルバム『』に収録された「10年 遊turing 童子-T」を新たに歌詞や編曲したものとなっている。 基本的には新たに歌い直しているが、サビの1行目と3行目は10年前の声をそのまま使用していたり、10年前の声と現在の声を重ねている部分がある。 遊助は『あの・・こんなんできましたケド。 』の頃からこういうことをしたいと考えていたが、「まさか本当に10年前の自分の声と音を重ねる日が来るとは思わなかったけど(笑)、改めて10年経ったし、10年前の自分と会話してみようと」とインタビューで話している。 歌詞には10年前の「ひまわり」(その部分は「ひまわり」のメロディーを引用してる)を初披露した頃やライブのことなど、10年前のことが綴られている。 History VII• 初回生産限定盤Bに収録されている「History VII」は、3枚目のアルバム『』からアルバムに収録されている「History」シリーズの第7弾となっている。 「History」は、役者を志した18歳の頃から歌手デビューなど上地雄輔の物語を歌詞に綴っており、VIIは10周年を迎えた気持ちを歌ったものとなっている。 歌詞の最後には「第2章の始まり」というフレーズがあり、楽曲について遊助は「自分の気持ちをちゃんとここで宣言して、次に向けていざ出陣と思って」と話している。 販売形態 [ ]• 初回生産限定盤A• トレカ4種のうち1種ランダム封入• オリジナルデザインバンダナ付き• 初回生産限定盤B• CD3組• トレカ4種のうち1種ランダム封入• 通常盤• CD2組• 初回仕様盤のみトレカ4種のうち1種ランダム封入 収録内容 [ ] 初回生産限定盤A [ ] DISC 1• 作詞:、作曲:• 2009年に発売されたデビュー曲。 作詞:遊助、作曲:遊助・・• 2ndシングル。 作詞:遊助、作曲:遊助・HASE-T• 2ndシングル。 作詞:遊助、作曲:N. 2ndシングル。 作詞:遊助、作曲:遊助・Daisuke"D. I"Imai• 3rdシングル。 作詞・作曲:遊助• 4thシングル。 作詞:遊助、作曲:遊助・N. 5thシングル。 作詞:遊助、作曲:遊助・• 6thシングル。 作詞:遊助、作曲:• 7thシングル。 作詞:遊助、作曲:木村有希• 8thシングル。 作詞:遊助、作曲:河田総一郎()・遊助• 9thシングル。 作詞:遊助、作曲:N. 9thシングル。 作詞:遊助、作曲:N. 10thシングル。 作詞:遊助、作曲:• 1stミニアルバムに収録。 作詞:遊助・Soulife、作曲:ARCOVERDE SHARON ACIOLY・CERQUEIRA ANTONIO CARLOS PAIM・TEIXEIRA AMANDA GRASIELE MESQUITA・AMANDA CRUZ・DA FONSECA ALINE MED• 11thシングル。 の楽曲「」の日本語カバー曲。 作詞:遊助、作曲:• 12thシングル。 作詞:遊助、作曲:• 13thシングル。 作詞:遊助、作曲:Soulife• 13thシングル。 DISC 2• 作詞:遊助、作曲:• 14thシングル。 作詞:遊助、作曲:N. 14thシングル。 作詞:遊助、作曲:• 15thシングル。 作詞:遊助、作曲:Soulife• 16thシングル。 作詞:遊助、作曲:たなかひろかず• 16thシングル。 作詞:遊助、作曲:石見直明• 17thシングル。 作詞:遊助、作曲:SoichiroK・佐々木望• 17thシングル。 作詞:遊助・Jack Norworth、作曲:遊助・・Albert Von Tilzer• 18thシングル。 作詞:遊助、作曲:• 19thシングル。 作詞:遊助・、作曲:Kobasolo・遊助・RED RICE• 20thシングル。 作詞:遊助、作曲: 木村有季• 21stシングル。 作詞:遊助、 作曲:Kafu Satoh• 22ndシングル。 作詞: 遊助、作曲:木村有希• 23rdシングル。 作詞:遊助、作曲:佐藤嘉風・野崎有真• 24thシングル。 作詞:遊助、作曲:Yuuki Kimura・遊助• 25thシングル。 作詞:遊助、作曲:HINATAspring・遊助• 26thシングル。 DISC 3 Blu-ray• ひまわり Music Video• たんぽぽ Music Video• 海賊船 Music Video• いちょう Music Video• Music Video• ライオン Music Video• ミツバチ Music Video• Music Video• 全部好き。 Music Video• 雄叫び Music Video• イナヅマ侍 Music Video• Music Video• Baby Baby Music Video• VIVA! Nossa Nossa Music Video• 檸檬 Music Video• Music Video• Music Video• Music Video• とうもろこし Music Video• Earth Child Music Video• V ボルト Music Video• 時給850円のサンタクロース Music Video• いるよ Music Video• Music Video• Sunshine Music Video• きみ Music Video• ひとつ Music Video• Take me out to the ball game〜あの・・一緒に観に行きたいっス。 お願いします! 〜 Music Video• Music Video• サヨナラマタナ Music Video• お前しかいねぇ 遊turing RED RICE from 湘南乃風 Music Video• Music Video• Music Video• Music Video• 凛 Music Video• 流れ Music Video• Music Video• Music Video• 雑草より Music Video• みんな頑張ってる Music Video• Music Video• Music Video• 俺と付き合ってください。 Music Video• 砂時計 Music Video 初回生産限定盤B [ ] DISC 1• 初回生産限定盤AのDISC 1と同じ DISC 2• 初回生産限定盤AのDISC 2と同じ DISC 3• 作詞:遊助、作曲:N. B 3rdアルバム収録。 作詞・作曲:遊助 4thアルバム収録。 作詞:遊助、作曲:遊助・N. B 5thアルバム収録。 作詞:遊助、作曲:HINATAspring 6thアルバム収録。 作詞:遊助、作曲:KEN for 2SOUL MUSIC, Inc. ・Philip Woo・kyte。 7thアルバム収録。 作詞:遊助、作曲:遊助・N. B 8thアルバム収録。 通常盤 [ ] DISC 1• 初回生産限定盤AのDISC 1と同じ DISC 2• V ボルト• 時給850円のサンタクロース• いるよ• Sunshine• メガV メガボルト• ひとつ• Take me out to the ball game〜あの・・一緒に観に行きたいっス。 お願いします! サヨナラマタナ• お前しかいねぇ 遊turing RED RICE from湘南乃風• 雑草より• みんな頑張ってる• 俺と付き合ってください。 砂時計• 脚注 [ ] [].

次の

“あっとゆー間”の10年。そして第2章へ。遊助、感謝の日本武道館公演を完走!|株式会社ソニー・ミュージックレーベルズのプレスリリース

あっ と ゆー ま

2019年2月28日 木 日本武道館にて遊助がソロデビュー10周年を記念したライブ「10th Anniversary Live -偶然!? -」を開催した。 遊助は上地 雄輔(かみじ ゆうすけ )として俳優・タレントとしても活動しているアーティストで、 2009年3月に1stシングル「ひまわり」でソロデビュー。 そして昨日2019年2月27日 水 に10周年を迎えた遊助の集大成にして始まりとも言えるベストアルバム 「遊助 BEST 2009-2019 ~あの・・あっとゆー間だったんですケド。 ~」をリリースしたばかり。 ライブ、そして第2章の始まりを待ちわびるCrewで埋め尽くされた会場内は既にとてつもない熱気を帯びていた。 黄色いサイリウムを振りながらお決まりの「かっとばせー!遊助!」と言うコールの中、OP映像が流れ、本人登場。 10年の歴史の始まりと言える『ひまわり』で幕を開けた本公演。 ここで『ひまわり』を歌い上げた遊助から誰もが予想しなかったこと一言が発せられる。 「次がラストソングです!あっとゆー間の時間だったけど本当にありがとう!本当にラストソングだからな!」 会場に悲鳴にも似た大歓声と笑いが巻き起こった。 その後遊助ライブでは毎回最後に歌われる『みんなのうた』がパフォーマンスされ、ライブは本当に終了した。 日本武道館が割れんばかりの笑いに包まれ、Crewはもちろん大歓声で「かっとばせー!遊助!」とアンコールを送る。 そこで本人が再登場し、『Yellow Bus』がスタート。 10周年のAnniversaryライブと言う事で遊助のヒットナンバーが目白押しになっているのも今回のコンセプトの一つ。 『ミツバチ』や『たんぽぽ』、そして昨年スマッシュヒットを飛ばした『俺と付き合ってください。 』、『檸檬』等、キラーチューンの連続に観客も声援で応える。 遊助のライブは老若男女が歌って踊れることも醍醐味の一つ。 1人1人が最高の笑顔と汗をかき、遊助と一体感を作る。 『一笑懸命』、『チャンピオン』で会場のボルテージを最大級に上げると、アンコールの幕を閉じた。 だが、本編を2曲で終わらせられたCrewの熱は当然冷める訳無く、 会場には、本日3回目の「かっとばせー!遊助!」コールが巻き起こる。 期待を裏切らない遊助は再度登場すると、ギター一本を持ってステージ中央に登場。 ストリングスをバックに『砂時計』をエモーショナルに歌い上げた。 そしてWアンコール2曲目の『いちょう』でCrewとの結束を更に高める。 最後は遊助らしく、関わってくれたすべてのスタッフ、パフォーマーに感謝を告げ、パフォーマーがステージから降りると、「我流でずっとここまで来たけど、これからもいろんなこといろん人に教わりながら、遊助としても上地雄輔としても成長していきたいです。 5年後10年後いつになるか分からないけど、またみんなに拍手をもらえるように、 この武道館があったから今の俺がいますって言えるように、これからも頑張っていきます。 みんな本当に今日はどうもありがとう!今日の事を忘れないで欲しいです。 10周年。 それは区切りでもあるが、遊助にとっては通過点に過ぎない。 今日からまた第2章が始まるのだ。 -」セットリスト 2019年2月28日 木 @日本武道館 1. ひまわり 2. みんなのうた EN1. Yellow Bus EN2. ミツバチ EN3. たんぽぽ EN4. 銀座線 EN5. 俺なりのラブソング EN6. 俺と付き合ってください。 EN7. わがまま 遊turing TEE EN8. 檸檬 EN9. ルーレット 遊turing Mummy-D EN10. 今夜は無礼講 遊turing 餓鬼レンジャー EN11. わんぱく野球バカ EN12. 全部好き。 EN13. ライオン EN14. ひと EN15. 一笑懸命 EN16. チャンピオン WEN1. 砂時計 WEN2. いちょう WEN3. ~』お買い上げ頂いたお客様に、応募ハガキをお渡し致します。 ハガキに必要事項と希望の部を明記の上、ご応募頂いた方の中から抽選で上記プレミアムイベントにご招待致します。 詳しくは店舗へお問い合わせください。

次の

インフォメーション

あっ と ゆー ま

この節のが望まれています。 ベスト・アルバムとしてはに発売された『』があるが、他のアーティストとコラボレーションした楽曲から選曲されており、全ての楽曲からという意味では本作が初のベスト・アルバムとなる。 アルバムには新曲2曲(通常盤と初回生産限定盤Bのみそれぞれ収録)と2009年に発売されたシングル「」から2019年に発売された最新シングル「」までの楽曲が収録されている。 新曲は、2019年がデビュー10周年となるため、歌詞などそれにちなんだ楽曲となっている。 3形態あり、初回生産限定盤Aにはそれまでシングルやアルバムに特典DVDで収録されたものとディスク化されていない最新シングル「砂時計」のミュージックビデオがBlu-ray DISCに収録されている。 初回生産限定盤Bには、DISC 3に『History盤』と題し、既発6曲と新曲1曲の「History」シリーズが収録されている。 通常盤はDISC 2枚のみであるが、限定盤A・Bには収録されていない新曲が収録されている。 新曲 [ ]• もう10年 遊turing 10年前の俺• 通常盤に収録されている「もぉ10年 遊turing 10年前の俺」は、2009年に発売された1枚目のアルバム『』に収録された「10年 遊turing 童子-T」を新たに歌詞や編曲したものとなっている。 基本的には新たに歌い直しているが、サビの1行目と3行目は10年前の声をそのまま使用していたり、10年前の声と現在の声を重ねている部分がある。 遊助は『あの・・こんなんできましたケド。 』の頃からこういうことをしたいと考えていたが、「まさか本当に10年前の自分の声と音を重ねる日が来るとは思わなかったけど(笑)、改めて10年経ったし、10年前の自分と会話してみようと」とインタビューで話している。 歌詞には10年前の「ひまわり」(その部分は「ひまわり」のメロディーを引用してる)を初披露した頃やライブのことなど、10年前のことが綴られている。 History VII• 初回生産限定盤Bに収録されている「History VII」は、3枚目のアルバム『』からアルバムに収録されている「History」シリーズの第7弾となっている。 「History」は、役者を志した18歳の頃から歌手デビューなど上地雄輔の物語を歌詞に綴っており、VIIは10周年を迎えた気持ちを歌ったものとなっている。 歌詞の最後には「第2章の始まり」というフレーズがあり、楽曲について遊助は「自分の気持ちをちゃんとここで宣言して、次に向けていざ出陣と思って」と話している。 販売形態 [ ]• 初回生産限定盤A• トレカ4種のうち1種ランダム封入• オリジナルデザインバンダナ付き• 初回生産限定盤B• CD3組• トレカ4種のうち1種ランダム封入• 通常盤• CD2組• 初回仕様盤のみトレカ4種のうち1種ランダム封入 収録内容 [ ] 初回生産限定盤A [ ] DISC 1• 作詞:、作曲:• 2009年に発売されたデビュー曲。 作詞:遊助、作曲:遊助・・• 2ndシングル。 作詞:遊助、作曲:遊助・HASE-T• 2ndシングル。 作詞:遊助、作曲:N. 2ndシングル。 作詞:遊助、作曲:遊助・Daisuke"D. I"Imai• 3rdシングル。 作詞・作曲:遊助• 4thシングル。 作詞:遊助、作曲:遊助・N. 5thシングル。 作詞:遊助、作曲:遊助・• 6thシングル。 作詞:遊助、作曲:• 7thシングル。 作詞:遊助、作曲:木村有希• 8thシングル。 作詞:遊助、作曲:河田総一郎()・遊助• 9thシングル。 作詞:遊助、作曲:N. 9thシングル。 作詞:遊助、作曲:N. 10thシングル。 作詞:遊助、作曲:• 1stミニアルバムに収録。 作詞:遊助・Soulife、作曲:ARCOVERDE SHARON ACIOLY・CERQUEIRA ANTONIO CARLOS PAIM・TEIXEIRA AMANDA GRASIELE MESQUITA・AMANDA CRUZ・DA FONSECA ALINE MED• 11thシングル。 の楽曲「」の日本語カバー曲。 作詞:遊助、作曲:• 12thシングル。 作詞:遊助、作曲:• 13thシングル。 作詞:遊助、作曲:Soulife• 13thシングル。 DISC 2• 作詞:遊助、作曲:• 14thシングル。 作詞:遊助、作曲:N. 14thシングル。 作詞:遊助、作曲:• 15thシングル。 作詞:遊助、作曲:Soulife• 16thシングル。 作詞:遊助、作曲:たなかひろかず• 16thシングル。 作詞:遊助、作曲:石見直明• 17thシングル。 作詞:遊助、作曲:SoichiroK・佐々木望• 17thシングル。 作詞:遊助・Jack Norworth、作曲:遊助・・Albert Von Tilzer• 18thシングル。 作詞:遊助、作曲:• 19thシングル。 作詞:遊助・、作曲:Kobasolo・遊助・RED RICE• 20thシングル。 作詞:遊助、作曲: 木村有季• 21stシングル。 作詞:遊助、 作曲:Kafu Satoh• 22ndシングル。 作詞: 遊助、作曲:木村有希• 23rdシングル。 作詞:遊助、作曲:佐藤嘉風・野崎有真• 24thシングル。 作詞:遊助、作曲:Yuuki Kimura・遊助• 25thシングル。 作詞:遊助、作曲:HINATAspring・遊助• 26thシングル。 DISC 3 Blu-ray• ひまわり Music Video• たんぽぽ Music Video• 海賊船 Music Video• いちょう Music Video• Music Video• ライオン Music Video• ミツバチ Music Video• Music Video• 全部好き。 Music Video• 雄叫び Music Video• イナヅマ侍 Music Video• Music Video• Baby Baby Music Video• VIVA! Nossa Nossa Music Video• 檸檬 Music Video• Music Video• Music Video• Music Video• とうもろこし Music Video• Earth Child Music Video• V ボルト Music Video• 時給850円のサンタクロース Music Video• いるよ Music Video• Music Video• Sunshine Music Video• きみ Music Video• ひとつ Music Video• Take me out to the ball game〜あの・・一緒に観に行きたいっス。 お願いします! 〜 Music Video• Music Video• サヨナラマタナ Music Video• お前しかいねぇ 遊turing RED RICE from 湘南乃風 Music Video• Music Video• Music Video• Music Video• 凛 Music Video• 流れ Music Video• Music Video• Music Video• 雑草より Music Video• みんな頑張ってる Music Video• Music Video• Music Video• 俺と付き合ってください。 Music Video• 砂時計 Music Video 初回生産限定盤B [ ] DISC 1• 初回生産限定盤AのDISC 1と同じ DISC 2• 初回生産限定盤AのDISC 2と同じ DISC 3• 作詞:遊助、作曲:N. B 3rdアルバム収録。 作詞・作曲:遊助 4thアルバム収録。 作詞:遊助、作曲:遊助・N. B 5thアルバム収録。 作詞:遊助、作曲:HINATAspring 6thアルバム収録。 作詞:遊助、作曲:KEN for 2SOUL MUSIC, Inc. ・Philip Woo・kyte。 7thアルバム収録。 作詞:遊助、作曲:遊助・N. B 8thアルバム収録。 通常盤 [ ] DISC 1• 初回生産限定盤AのDISC 1と同じ DISC 2• V ボルト• 時給850円のサンタクロース• いるよ• Sunshine• メガV メガボルト• ひとつ• Take me out to the ball game〜あの・・一緒に観に行きたいっス。 お願いします! サヨナラマタナ• お前しかいねぇ 遊turing RED RICE from湘南乃風• 雑草より• みんな頑張ってる• 俺と付き合ってください。 砂時計• 脚注 [ ] [].

次の