小豆 茶 効能。 小豆の煮汁は捨てないで!小豆の栄養と煮汁の効能・効果

あずき茶の女性に嬉しい効果効能とは?小豆茶の作り方・レシピも紹介

小豆 茶 効能

その小豆茶の効果と効能ですが、 冷え性やむくみ改善、貧血改善に疲労回復、便秘解消、アンチエイジングと女性に嬉しい効果が満載! その理由として、小豆に含まれるカリウム、ミネラル、ビタミンB群、食物繊維、小豆ポリフェノールと呼ばれるカテキングルコシドなどの成分が体にいい働きをしてくれるからです。 terrylee. 腎臓病の方はリンを排出する機能が低下するため、利尿作用がある小豆茶が リンを尿へ排出する手助けもしてくれます。 リン自体は人の十大元素でエネルギーの運搬、細胞膜の構成成分になったり、カルシウムと一緒に骨の大事な成分になったりと欠かせない成分です。 リンが多く体に蓄積すると高リン血症になり、骨が弱くなったり、石灰化を引き起こしたりして腎臓病や心筋梗塞、脳卒中などを引き起こす事態につながるので、リンを体に貯めずに排出することが大事になってきます。 目安は7分から10分ほどですが、軽く煎ると甘味が強く、強めに煎ると香ばしさが増します。 お好みで煎る時間を調節してくださいね。 飲むときは煎った小豆を沸騰したお湯に入れ7分ほど煮だすと出来上がりです。 【動画】 自分好みの小豆茶を作るもよし!今は通販でも小豆茶が手に入りますので、 通販で購入するのも手軽でいいですね。 飲み終わった後の小豆茶、残りの小豆も食べるとさらに食物繊維摂取することができ、便秘改善には効果てき面です。 野菜スープに入れてもよし、豆のサラダにしてもよしと煮出した小豆茶としてもお料理にも無駄なく使えます。 また小豆茶は ノンカフェインですので、妊婦さんや授乳中のママにもいいですよ。 小豆 50g• 水 400ml 【作り方】• 小豆は水洗いしてからアルミホイルに並べます。 この時重ならないようにしましょう。 トースターで5分加熱する。 (2)を容器に入れて水を注ぎます。 500wの電子レンジで10分加熱して完成! あさイチで紹介されたあずき茶の作り方・レシピ あさイチでも紹介されていました。 こちらもぜひ参考にしてみてくださいね。 【材料】• 小豆 適量• 水 適量 【作り方】• 小豆は水で綺麗に洗い、水に一晩漬けておく。 水気を切った小豆を天板に広げて、オーブン(160度)で30分焼く。 あとはやかんで煮出すなどして飲みましょう。 あずき茶の飲み方やいつ飲むのが効果的? 特に決まりはありませんが、ダイエット効果をより高めたいなら タイミングが大切です。 <食前> 効果アップには食前がおすすめです。 前日にお茶を作っておいておくといいですよ。 <1日に5杯> 食物繊維がたっぷりですが、飲み過ぎには注意です。 下痢になることがありますよ。 様子を見ながら加減しましょう。 <1ヶ月継続する> すぐに効果が出るものではありませんので、最低でも1ヶ月は続けましょう。 その間に食生活を見直すことも大切です。 小豆茶の出し殻 大さじ4• セロリ 2本• キュウリ 1本• お好きなハーブ 適量 <A>• すし酢 大さじ2• マスタード 小さじ1• オリーブオイル 大さじ1弱• 塩コショウ 適量 【作り方】• 玉ねぎは粗みじんに切り、すし酢に30分以上漬けておく。 野菜は7mm角に切り、ハーブ類はみじん切り。 ボウルに小豆、野菜、玉ねぎ、ハーブを入れて塩を軽く振って混ぜ、<A>を加えてよく混ぜたら冷蔵庫でしばらく寝かせて完成。 デリ風のサラダですが、お好きな野菜で作ってみてください。 大葉などを加えてもさっぱりとして美味しいですよ。

次の

小豆の煮汁は捨てないで!小豆の栄養と煮汁の効能・効果

小豆 茶 効能

小豆は医薬品として使われていたほどの薬効がある食材 小豆の歴史はとても古く、世界最古の中国の薬学書である「神農本草経」にも登場します。 小豆の煮汁には解毒作用があるとされ、当時は食べ物というよりも薬としての側面が強かったようです。 日本には3世紀頃伝わり、古事記や日本書紀にも小豆が登場します。 小豆の名の由来は諸説ありますが、8世紀頃には日本でも栽培されるようになり、暮らしの中に浸透していったようです。 この赤い色にとても重要な意味があり、魔除けなど呪術的な力があると信じられていました。 赤は太陽、生命などを象徴する色。 原産地の中国では厄よけの意味を込めて食べたり、お祝い事の席でよく料理に使われていたそうです。 日本では江戸時代になって、おめでたいことがあった時に小豆を炊き込んだお赤飯を食べる風習が広まりました。 小豆は栄養食品!小豆の栄養素の効能を知ろう 小豆は小さな粒でも栄養の宝庫。 ビタミン、ミネラルなど豊富な栄養素を含む健康食品なのです。 もっと日々の食卓に取り入れて欲しいです。 主成分は必須アミノ酸を含むタンパク質 小豆の約22%は良質なタンパク質です。 免疫系の機能を助けエネルギー源となるグロブリンなどを含んでいます。 大豆に比べるとたんぱく質の量自体は少ないのですが、アミノ酸スコアは82と高く、栄養価の高い食材であるといえます。 アミノ酸スコアとは 最高値を100として必須アミノ酸が含まれるバランスを数値化したものです。 <例>• 卵や肉類は100• 米は61~65• じゃが芋は73 アミノ酸スコアだけを見れば、お米よりも栄養価は優れているんですね。 小豆はごぼうの3倍の食物繊維が含まれている 食物繊維は腸内環境を整えて善玉菌の活動を活発にするために欠かせないものですが、 小豆には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維がバランスよく含まれています。 食物繊維の主なはたらきは下記の通りです。 便秘の解消• 大腸がんの予防• 血糖値の急上昇を防ぐ• コレステロール値を下げる• 動脈硬化の予防 などの健康効果が期待できます。 特にデトックスには欠かせない栄養素です。 エネルギー代謝には欠かせないビタミンB群 糖の代謝を助けてエネルギーを作り出すビタミンB1は小豆100g中に0. 45mg含まれています。 糖分は脳の唯一のエネルギー源なので、ビタミンB1が不足すると糖の代謝が出来ずにエネルギー不足になってしまいます。 また、脳や神経機能の働きに影響が出て、• イライラする• 精神的に不安定になる こともあります。 そして ビタミンB2は脂質と糖質の代謝に欠かせない栄養素。 小豆100g中に0. 16mg含まれています。 皮膚や髪の成長も促すので、不足すると• 皮膚や粘膜が敏感になる• 口内炎、口角炎、舌炎が増える• 肌荒れ、皮膚炎を起こす などの肌トラブルが増えるといわれています。 肌荒れを防いで美肌を保つためには欠かせない栄養素です。 食べるならこしあんよりは粒あんの方がサポニンはたくさん摂れますよ。 新しい細胞を作るために必要な亜鉛 亜鉛は新しい細胞を作ったり、皮膚や骨格の発育のためには欠かせないミネラルです。 特に成長期の子供には必要ですが、ホルモンの活性化にも影響を与えるので女性にも必要な栄養素です。 亜鉛が不足すると• 傷の回復が遅れる• 爪に白い斑点が出来る• 味覚障害 などの症状が出ることがあります。 ダイエット中で食事制限をしている方などは不足しないよう注意したいですね。 むくみの予防に小豆のカリウム 余分な塩分や水分を排出してむくみの予防にも良いカリウム。 バナナ、メロンなど生のフルーツに含まれていることが多いのですが、実は小豆にも豊富に含まれています。 100g中のカリウムの量を比べると小豆はこんなにすごい! 食品 カリウム含有量 小豆(乾燥) 1500mg バナナ 360mg メロン 350mg アボカド 720mg と、断然高いのがおわかりいただけるでしょう。 カリウムは汗とともに流れ出やすいので、暑い季節は特に気をつけて摂りたいものです。 貧血を防ぐ鉄分も豊富 女性は毎月の生理で鉄分が失われやすく、男性よりも積極的に摂る必要のあるミネラルです。 鉄分の役割は赤血球のヘモグロビンの成分となり、酸素を身体の隅々まで運ぶこと。 鉄分が不足すると酸素が身体の各器官に行き渡らないため身体が酸欠状態になり貧血となるのです。 植物性の鉄分はとても吸収率が悪いのですが、 ビタミンCと一緒に摂ると吸収率がアップします。 フルーツあんみつなどは鉄分の摂取にもいいかもしれませんね。 丈夫な骨を作るカルシウム 小豆には米やパンよりもずっと多くのカルシウムが含まれています。 カルシウムは骨や歯を作る以外にも、• 筋肉の収縮• 精神の安定 にも関わっているので、不足するとイライラしたりすることが多くなります。 日本人に不足しがちなカルシウムはビタミンDと結びつくことで吸収がよくなります。 ビタミンDは紫外線を浴びることで作られるので、カルシウムを効果的に吸収するには、日焼けをしない程度の適度な日光浴が必要ですね。 小豆は女性に嬉しいダイエット向きの食材 小豆にはカリウムが豊富に含まれるので、 利尿作用によりダイエット効果が期待できます。 とくにむくみやすい体質の方は、余分な水分を排出してすっきりしたボディラインを作るサポートが出来るでしょう。 また、 サポニンや食物繊維の働きで腸の蠕動運動を促し便秘を解消!便秘とは、いらないものを腸の中に溜め込んでいる状態です。 GI値とは グリセミック・インデックス(Glycemic Index)の略で、食べたものがブドウ糖に変わって血糖値が上昇するまでのスピードを数値化したもの。 ブドウ糖を100として、55以下が低いものとされています。 GI値が低いほど血糖値の上昇を抑える食品ということです。 糖分を取ると肥満ホルモンとも呼ばれるインスリンが分泌されます。 インスリンは糖分を各器官に運びつつ、余った分は中性脂肪として溜め込む働きがあります。 血糖値が上がらないということはインスリンが分泌されにくいということ。 つまり、脂肪を溜め込みにくくなるので、太りにくい体を作ることが出来る、ということです。 そのうえ、糖尿病の予防効果も期待できます。 ただしこれは「小豆」の場合ですから、あんこにしてしまうと砂糖が加わりGI値は80前後になってしまいます。 血糖値のことを考えてたべるなら、砂糖はなしで食べた方が良さそうです。 糖質制限ダイエットにはあまり向いていない ダイエットには色々なやり方がありますが、糖質制限ダイエットをしている方には小豆は不向きかもしれません。 豆は事実上の主食でカロリーも比較的高め。 食物繊維やポリフェノールのなどの栄養価の効果を期待して食べるのはいいのですが、その分別の糖質を控えるなど、糖質の摂取量を加減する必要があるでしょう。 小豆の美容効果とは?小豆はアンチエイジング対策にピッタリの食材 小豆は女性に嬉しい美容効果が高い食材です。 おやつとしてより「美容食品」として利用してみて欲しいですね。 腸内環境を整えて美肌を作る 小豆の食物繊維は便秘の解消だけでなく、腸内環境を整えることにより美肌効果も期待できます。 便秘が続くと腸の中で悪玉菌が増殖し、有毒ガスが発生します。 そのガスが血管を巡り、最終的に皮膚から外へ出ようとするため、肌荒れや吹き出物の原因になるんですね。 ですから便秘を解消するということはダイエットに良いだけでなくお肌のためにもいいことなのです。 ポリフェノールでシミやシワを防ぐ そして 赤ワインよりも多いポリフェノールで細胞の老化を防ぎ、シミやシワを改善するアンチエイジング効果も期待できるのです。 最近小じわが気になる• 外出が多く紫外線をよく浴びる• あまり紫外線対策をしてこなかった という方は積極的に小豆を食べて欲しいですね。 細胞の老化を防ぐことが出来れば、病気の予防にもつながりますよ。 小豆を食べて健康に!小豆の健康効果も見逃せない! こんなに栄養価の高い小豆ですが、具体的にはどのような健康効果が期待できるのでしょうか。 コレステロール値をさげて動脈硬化を予防 小豆のサポニンは便秘に良いだけでなく、 中性脂肪の生成をおさえてコレステロール値も下げてくれるという働きがあります。 脂っこいものがお好きな方には嬉しい食材ですね。 そして 小豆の赤い色に含まれるアントシアニンには血液サラサラ効果も。 動脈硬化の予防効果が期待できます。 最近ちょっと食生活が乱れているかも、と健康が気になる方はおやつに小豆を取り入れてみるのもいいかもしれません。 疲労回復にも小豆がいい 小豆にはビタミンB群が豊富に含まれていますから、疲労回復にとても有効です。 エネルギーを効率よく作り、疲労物質を軽減することで疲れにくい身体を作ることができます。 もっと知りたい!小豆の利用法~おかずにデザートに大活躍 小豆は他の豆類に比べて火が通りやすく調理しやすいお豆です。 あんこを作る以外にもこんな利用法があります。 簡単!小豆調理のポイント。 基本の茹で方 一度茹でておけば色々アレンジが出来ます。 砂糖を加えれば自分であんこを作ることも出来るので、市販品よりはぐっとカロリーを抑えられますよ。 小豆は変色しているものなどをのぞきさっと洗い、ざるに上げて水気を切ります。 鍋にたっぷりの水と小豆を入れて火にかけます。 沸騰したら弱火にして1時間ほど茹でます。 水が少なくなってきたら適宜足して、小豆が煮汁からでないようにします。 渋みが気になる場合は数回茹でこぼしをしても良いのですが、 ポリフェノールやサポニンが煮汁に流れ出てしまうので、出来ればそのまま茹でた方が栄養価は高くなります。 また、圧力鍋を使えば調理時間はグッと短くなりますね。 何も味を付けずに煮汁ごと食べると、小豆本来の味が楽しめておいしいですよ。 この茹で小豆を使って、色々なレシピに挑戦しましょう。 疲労回復に!小豆のキーマカレー ビタミンB1が豊富な小豆と豚肉の組み合わせで、疲労回復カレーを作りましょう。 人参は賽の目に切って茹でるかレンジでチンします。 黄色のパプリカも人参と同じくらいの大きさに切ります。 ブロッコリーは食べやすい大きさに切って茹でます。 茹で小豆を好きなだけ混ぜて、好みのドレッシングをかけて出来上がり。 混ぜるだけの小豆アイス バニラアイスなどを少し室温において柔らかくし、茹で小豆を混ぜましょう。 ヘルシーなデザートの出来上がりです。 あんこ以外に色々使える小豆をもっと食べよう 甘いあんこももちろん美味しいですが、小豆本来の味を楽しみながら美容に健康にいい小豆をもっと食べて欲しい! 小豆は皮にも栄養素がたっぷりで、丸ごと食べた方が効能も高くなります。 食物繊維やポリフェノールも豊富な小豆を毎日食べてエイジングケアしませんか。

次の

あずき茶のすごい美容効果4つと作り方。むくみ解消に最適。|半熟ダイアリー

小豆 茶 効能

Social Problem あなたの周りで起きている問題• Your Problems あなたのお悩み• Healthy Food 健康的な食生活• Hot Topics 人気の話題• Organic Recipe 今日食べたいオーガニックレシピ• Organic Shop オーガニック・ベジタリアン店• 国際薬膳師/登録ランドスケープ・アーキテクト(RLA) 自身の体調不良がきっかけで薬膳を学び、「まちづくり」から「食」の道へ。 「忙しい方にこそ、食べることを大切にしてほしい」という想いを胸に、2014年8月より「養生キッチン ふうど」として活動をスタート。 2018年春に出産し、子育てに奮闘する傍らで食の活動を展開中。 wixsite. facebook. お赤飯やあんこの原料として親しまれている「小豆」。 IN YOU読者の方や マクロビオティックを実践している方にとっては、 「小豆南瓜」や「酵素玄米」などの料理でもお馴染みの食材ですね。 素朴な味と自然な甘さ。 小さな粒に秘められた栄養価とデトックス力が女性には嬉しい小豆。 今回は、小豆の歴史や効能とともに、 今すぐ作りたくなる簡単・小豆レシピをお伝えします! 古くから受け継がれてきた、小豆のパワーと食習慣 小豆のデトックス力は、2000年前から認められていた! 小豆が日本に伝わったのは今から約2000年前。 原産は東アジア。 世界最古の薬学書「神農本草経」によれば、当時の中国では小豆の煮汁を解毒剤として使っていたことが記されています。 古代中国では、小豆のような赤色は血や火を連想させる特別な色とされ、魔除けや厄除けとして使われてきました。 陰陽五行では赤色には「南」「陽」と深く関係しています。 中国の習慣が日本にも伝わり、「(一年のなかで最も陰気が多くなる)冬至の朝に小豆粥を食べると一年中風邪をひかない」という言い伝えが残っている地域もあります。 1日と15日は「小豆ごはんの日」 2年ほど前に私が主宰する料理教室で「小豆」を使った料理を紹介しようとして色々と調べていた時に、 「旧暦では1日と15日に小豆ごはんや小豆粥を食べる習慣があった」という歴史を知りました。 「1日」は月が膨らみ始める頃、「15日」は月が丸くなり満月を迎える頃のこと。 月の満ち欠けを祝いながら小豆を食べて、栄養補給と体内の解毒をしていたそうです。 とても素敵な習慣だなと思い、それ以来、私も出来るだけ実践するようにしています。 昔から続く食習慣に想いを馳せて。 慌ただしい毎日のなかにあって、心身がほぐれていく時間です。 美肌の女性が多い韓国でも、小豆は人気の食材 中国や日本だけでなく、韓国でも小豆はよく食べられています。 小豆を茹でて濾したものを入れるシンプルな「小豆粥(パッチュッ)」を始め、木の実や団子、スパイスの入った「甘い小豆粥(タンパッチュッ)」もあります。 少し前から日本で話題になっている「小豆水」ですが、韓国でもダイエット中の女性を中心に人気があります。 上の写真は、昨年12月に韓国に行った時に食べた、市場にある食堂の小豆粥。 大きな鍋でグラグラと長時間煮ているので、小豆と米が一体化した、何とも言えないやさしい甘さ。 朝一番の身体にもすんなり入ってきました。 この他、小豆や木の実などを使ったお餅や饅頭なども。 韓国と言えば美肌の女性が多い国として有名ですが、実際に行ってみて小豆を使った料理が多いこともうなずけます。 韓国料理にはキムチやチゲ鍋などの辛い料理が多い印象ですが、現地に行くと小豆粥などの甘味のあるやさしい料理も多く、もともと胃腸が丈夫ではない(私のような)体質の方にも心強いですね。 小豆のパワーを最大限に生かすためのポイント 小さな粒に秘められた、素晴らしい効能 小豆は、利尿作用と解毒作用が強く、体内に溜まった余分な水分を排出することから、むくみ対策におすすめの食材です。 また、小豆に豊富に含まれるビタミンB1は糖質の代謝に、ビタミンB2は脂質の代謝に役立ちます。 つまり、小豆を上手く取り入れることで、糖質と脂質がきちんと代謝でき、太りにくい身体づくりにつながります。 「じゃあ、まずお汁粉を作ろう!」と思った方は、ちょっと待ってください。 一般的なレシピだと、お汁粉にはたくさんの量の砂糖を使います。 食養生の考え方では、小豆に砂糖を加えると、小豆の効能が無くなってしまうとされています。 例えば、 むくみ対策に小豆を取り入れたいと思うなら、同じく水分代謝を助けてくれる「」と組み合わせるのがおすすめです。 少量ので小豆を煮たものを作っておくと、ごはんに乗せたり、和え物やサラダに混ぜたりと重宝します。 デトックス作用を期待するなら、食物繊維が豊富なゴボウなど根菜類と組み合わせてみるのもいいですね。 これなら続けられる!小豆を使った簡単レシピ 小豆に限らず、日々の食事に何かの食材を取り入れるには、お茶にするかごはんに炊き込むかのどちらかの方法が続けやすいと思っています。 そこで、小豆を使ったお茶とごはんのレシピをご紹介します! 【簡単レシピ1】小豆茶 ペットボトルなどでも小豆茶がブームになっているようですが、 簡単に手づくりできます。 保温ポットを使うと煮出す時間が短縮でき、 お豆の風味がしっかり感じられるので、忙しい方にもおすすめです。 朝用意しておけば、オフィスに到着する頃には美味しい小豆茶がいただけます! 小豆茶の作り方• 2個分 材料 小豆・水・保温ボトルだけです。 分量は、400cc位入る保温ボトルであれば、 小豆大さじ2、水350㏄が目安です。 小豆は自然栽培のものを選びましょう 作り方 小豆をよく洗って、水と一緒に小鍋に入れて加熱します。 沸騰したら弱火にして5分~10分位加熱したら、熱いうちに保温ボトルへ。 そのまますぐに飲むこともできますが、1~2時間ほど経つと小豆の風味が出てきます。 最後には、保温ボトルのおかげで、小豆も柔らかくなっています。 小豆の粒まで美味しく召し上がっていただけます。 *小豆(粒)をすぐに食べない場合には、 少量の塩をまぶして、常備菜にするのもおすすめ。 1回の調理で、お茶と常備菜の2つが作れていいですね! 小豆と昆布のごはんの作り方• 作り方 1.小豆は水につけて半日~一晩おく。 しっかり吸水したら、ザルにあげて水気を切る。 2.お米は炊く30~1時間前に研いでおく。 昆布は、キッチンバサミなどで5ミリ角に切る。 3.炊飯器に、お米と2合分の水を入れて水加減を整え、他の材料も全て加えて、普通に炊く。 小豆と昆布を炊き込んだごはんです。 昆布は、薬膳ではむくみ解消の効果が期待できる食材です。 材料の下準備をしておけば、 後は炊飯器のスイッチを押すだけ! こちらも、とても簡単につくれます。 炊き込む時に塩を少し混ぜていますが、 お好みで、器に盛ってから塩をひとつまみ加えると、素材の味がより引き立ちます。 【アレンジしてみよう!】 お茶やごはんが美味しいなぁと感じた方は、もうひと手間加えてアレンジしてみましょう。 乾燥した小豆をフライパンに入れて、油はひかずに弱火で5~10分煎った「煎り小豆」を使うのもおすすめです。 香ばしい風味が楽しめます。 自然食品のお店などでは、深煎りの小豆をパウダーにした「ヤンノー」というものも売られています。 忙しい時には、こうしたパウダーを利用するのもおすすめ。 パウダーに熱湯を加えるだけで、とても手軽に小豆茶が出来上がります。 小豆をもっと食べたいという方のために…小豆の活用法(応用編) 少し変わった小豆の食べ方をご紹介しますね。 小豆はカレーに入れても美味しくいただけます。 こちらは、2年前の夏に料理教室で作ったナスと小豆のカレーです。 北インドには「ダール・マッカニー(小豆カレー)」というベジタリアン向けの料理がありますが、 そこからヒントを得て考えたレシピです。 カレーに小豆を加えると、素朴な甘さと風味が加わります。 いつものカレーに加えるとまた違った雰囲気になるので、ぜひ試してみてくださいね。 上の写真は、砂糖を使わないでつくった「あんこ」。 「砂糖を加えると、小豆の効能が無くなってしまう」ということで、小豆に干し柿とさつまいもを加えてコトコト煮て自然な甘さを引き出しています。 この餡をベースにして、和菓子を作ってもいいですね。 小豆をいただく時の注意点は? 副作用も知っておこう! 身体にうれしいことがいっぱいの、小豆。 お豆のパワーをまるごといただきたいので、ぜひ素材にもこだわりたいですね。 自然食品のお店などで、無農薬など安心できるものを選ぶのがおすすめです。 また、小豆に限ったことではありませんが、どんなに良いものであっても、食べ過ぎは禁物です。 特に小豆は効能が強いので、小豆茶であれば一日につき5杯くらいまでにしましょう。 身近なところでは「小豆茶を飲み始めたら、急にトイレが近くなった」という声もあるので、 最初は少量から飲み始めて、様子を見ながら量を増やしていくようにしてください。 小豆茶は、時間が経つとお豆の風味が落ちやすいため、数日分の作り置きはしないほうが良いです。 面倒かもしれませんが、その日に飲み切る分を作るようにしましょう。 今回は、私も大好きな小豆について、記事を書かせていただきました! 美味しく楽しく食べて、今日も明日も皆さまが健やかでありますように。 オーガニック食品やコスメをお得に買えるオーガニックストアIN YOU Market 小豆でデトックス!IN YOUおすすめの、小豆料理と合わせて使える商品.

次の