冷凍 できる 野菜。 冷凍できない野菜はひとつだった!冷凍保存できる野菜の保存方法まとめ

保存期間や注意点も解説、冷凍できるメインのおかず9選

冷凍 できる 野菜

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 塩分控えめレシピ.

次の

野菜の冷凍保存マニュアル!種類別に適した方法や期間、解凍の仕方まとめ

冷凍 できる 野菜

まずは冷凍保存の基本的なテク 一番大切なのは「素早く冷凍させる」ことです。 冷凍時間がかかればかかるほど、食材の中の水分が大きくなり、風味が落ちてしまいます。 冷凍庫の温度設定を「強」にする こうやってとにかく素早く冷凍させましょう。 冷凍庫の扉もなるべく開けないようにしてください。 トレイなどを上手に使う 金属トレイに乗せて冷凍庫に入れたり、保冷剤などの上に置いておくとさらに早く冷凍できるので上手に使ってみてください。 凍ったまますりおろしてトマトソースにしたり、スープなど潰して使う料理に使いやすくなります。 また、皮剥きも一度凍らせて半解凍した時点で行うと、簡単にできます。 ちなみに、冷凍したトマトにはちみつなどをかけてそのまま食べるのも、シャーベットみたいでおいしいんだそう。 野菜を上手に冷凍して、時短料理に活用しちゃおう。 冷凍すると栄養価がアップする野菜もあるよ! Pouch[ポーチ] 千切りにして生のまま冷凍しておくと、繊維が壊れやすくなるために、炒めるときに「飴色たまねぎ」が簡単に作れるそうです。 新ワザ発表!冷凍で肉も野菜も美味に変える! : ためしてガッテン - NHK 普通に冷凍して解凍しただけで、茹でたものよりもおいしくなるんだそう。 さらに、ビタミンCも一度冷凍したほうが高くなるんです。 新ワザ発表!冷凍で肉も野菜も美味に変える! : ためしてガッテン - NHK きゅうりはそのまま冷凍するとグチャグチャになりますよね。 しかしスライスして、酢と砂糖を加えて冷凍すればシャキシャキ感がそのままなんです。 大根の冷凍保存 - 蓼科田舎暮らし ~ 晴耕雨楽 by Poran 大根もそのまま冷凍するとガクーンと味が落ちます。 しかし切ってから、醤油や砂糖などの調味料と一緒に冷凍保存袋で冷凍しとけば、そのままよりも味がしっかり染みこむので煮物料理などに便利です。 はなまる 冷凍保存 の新常識! 野菜ごろごろ 毎日ごはん レシピ キャベツもシャキシャキ感を残したまま冷凍保存することが可能です。 まず5cm角のざく切りにして冷凍保存用袋に入れ、できるだけ平らになるように手で押さえて、空気をしっかり抜いて冷凍する。 そして解凍するときにお湯をかけ(これがポイント!)、水気を切って使います。

次の

野菜で冷凍保存できるものとできないもの&きのこ 賞味期限もご紹介

冷凍 できる 野菜

冷凍できる食材一覧 野菜 野菜の下ごしらえが一番時間がかかるので、まとめて切って冷凍しておくと料理がすぐできるのでおすすめです。 しょうがやにんにくなどの薬味も冷凍しておくと、日持ちするし、調味料代わりに手軽に使えて便利です。 そのまま料理に入れる。 ちょっとしなっとなります。 食べるときに茹でる。 茹でてから冷凍すると、食感はやや落ちるがすぐ使えて便利。 かぼちゃ 〇 種をとり、3~5mmにスライス。 煮物なら大きめに。 冷凍のまま揚げ焼き。 小さめに切っておき、スープやシチューにも。 硬くて切れない時はレンジでチンすると切りやすい。 そのまま料理に入れる。 切ると場所を取るので、ある程度使った残りのみ冷凍。 べちゃっとなるので、炒め物には向かない。 栗 〇 生のまま皮をむくか、茹でて皮をむいて冷凍。 そのまま炊飯器に入れて栗ご飯に。 栗ペーストにしてから冷凍しても便利。 そのまま料理に入れる。 煮物や味噌汁がおすすめ。 下ごしらえが面倒なので、まとめてやって冷凍しておくと便利。 そのまま料理に入れる。 味噌汁や炒め物など何でもOK。 気軽に使えるので、常備しておくと便利。 塩こしょうで味付けしておくと便利。 解凍後チーズをのせてポテトグラタンなどに。 そのままだとポソポソになるので必ず潰す。 解凍後はべちゃっとしているので、ポテサラには不向き。 すりおろしでもOK。 そのまま料理に。 マーボー豆腐やからあげなど大活躍。 固まりやすいので平たくする。 そのまま料理に。 炒めたりスープに入れたり。 くっつくので1回に使う分で分けておくと便利。 大根 〇 皮をむいて、いちょう切り。 すりおろすと大根おろしに。 そのまま料理に入れる。 煮物や汁物がおすすめ。 柔らかくなるので、炒め物でも食べやすくなる。 ふにゃっとなるので、シャキシャキさせたい料理には不向き。 逆に煮物などは早くできる。 たけのこ 〇 アク抜き後、食べやすい大きさに切る。 そのまま料理に入れる。 たけのこご飯用には小さく、煮物用には大きくと用途別に分けておくと便利。 たまねぎ 〇 皮をむき、芯を取って、用途に合わせて切る。 そのまま料理に入れる。 ハンバーグに入れる場合はレンジで解凍する。 ハンバーグ用にはみじん切り、肉じゃが用にはくし切りと用途別に分けておくと便利。 たまねぎ(炒め) 〇 たまねぎをみじん切りにし、炒めてから冷凍する。 レンジで解凍してからカレー作りに利用。 たまねぎが大量にある場合に便利。 カレー作りが時短できる。 そのまま4等分してもOK。 冷凍コーンと同様に使える。 スープや炒め物など。 解凍するとべちゃっとなるので単体で食べるなら冷凍前の方がおいしい。 そのまま料理に入れる。 味噌汁やカレーやトマト煮など。 味が染みやすくなる。 炒め物にはあまりおすすめしません。 そのまま料理に入れる。 ネギと間違いやすいので、切る大きさを変えたほうがいい。 (我が家では皮むきません) そのまま料理に入れる。 味噌汁やカレーなど。 炒め物よりは煮る料理の方がいい。 ふにゃっとなるので、硬めが好みの方にはおすすめしません。 小さいタッパーで保存。 そのまま料理に。 マーボー豆腐やからあげなど大活躍。 我が家では香りを残すために使用直前に切ります。 そのまま味噌汁や納豆に。 固まりやすいので平たくする。 そのまま料理に入れる。 切ると場所を取るので、ある程度使った残りのみ冷凍。 べちゃっとなるので、炒め物には向かない。 パスタにかけたり、ピザにのせたり、トマトと相性抜群。 冷凍後、手でもむと砕けて便利です。 ブロッコリー 〇 水洗いして小房に分け、レンジで1分程加熱してジッパー袋に入れる。 電子レンジで解凍。 煮込む料理はそのまま入れる。 冷蔵より日持ちする。 水っぽくなるので、スープやシチューなど煮込み料理がおすすめ。 凍ったまま炒め物や汁物に。 湯通ししてサラダに。 しなっとするのでシャキシャキにはならない。 レンコン 〇 皮をむいて、輪切りかいちょう切りし、水にさらす。 そのまま料理に入れる。 煮物や炒め物がおすすめ。 そのままソテーしてもOK。 味が染みやすくなる。 わらび 〇 アク抜き後、食べやすい大きさに切る。 そのまま料理に入れる。 味噌汁やわらびご飯など冷凍しておくといつでも食べられて便利。 きのこ きのこは冷凍させると細胞壁が壊れ、細胞の中にあるうま味成分や栄養素が溶け出しやすくなるため、冷蔵保存よりも買ってきたらすぐに冷凍保存が特におすすめです。 そのまま料理に。 汁物から炒め物まで何でもOK。 冷凍するとうま味が増す。 そのまま料理に。 汁物から炒め物まで何でもOK。 ソテーしてもおいしい。 冷凍するとうま味が増す。 そのまま料理に。 汁物から炒め物まで何でもOK。 冷凍するとうま味が増す。 そのまま料理に。 汁物から炒め物まで何でもOK。 冷凍するとうま味が増す。 そのまま料理に。 汁物から炒め物まで何でもOK。 冷凍するとうま味が増す。 そのまま料理に。 汁物から炒め物まで何でもOK。 独特の香りがあるので注意。 冷凍するとうま味が増す。 肉、その他 我が家では肉や魚は基本的には生協の冷凍されているものを利用しています。 ここではそれ以外で冷凍するものをまとめています。 冷蔵庫で解凍してから使用する。 味をつけてから冷凍すると、すぐに料理できて便利。 固まり肉は切る。 冷蔵庫で解凍してから使用する。 味をつけてから冷凍すると、すぐに料理できて便利。 炒めてから冷凍してもOK。 冷蔵庫で解凍してから使用する。 解凍品が多いので、再度冷凍は傷みやすく、あまりおすすめしない。 炒めてから冷凍した方がいい。 そのまま料理に。 味噌汁がおすすめ。 固まりやすいので平たくする。 ちりめん 〇 パックそのまま。 そのまま卵に混ぜて焼いたり、トッピングしたり。 解けやすいので出し入れは素早く。 そのままお好み焼きなどに。 冷凍すると開封後も湿気無いので便利。 そのままおにぎりなどに。 冷凍すると開封後も湿気無いので便利。 白ごはん 〇 炊いた後、1食分ずつラップで包み、冷ましてから冷凍。 レンジでチンする。 炊き立てより味は落ちる。 長期間保存するとパサパサになる。 トースターで約2分焼く。 厚いと表面は焼けても中は凍ったままになるので注意。 冷凍食材で時短 我が家でよく冷凍するものをご紹介しました。 買ってすぐに下ごしらえして冷凍しておけば、腐らせることもないし、料理が時短できて一石二鳥です。 意外と何でも冷凍できるので、いろいろ試してみてください。

次の